五黄土星 本命で自分を知ろう! ~運勢・性格・恋愛・仕事・金運~

五黄土星の生涯全般的な運勢

五黄土星は、五行は、土。土星=土の性。

イメージ画像が「破壊的」なイメージなので五黄土星の方にとって気持ちの良いイメージでなく申し訳ございません。
しかし、破壊と腐敗の星が五黄土星なのです。
九星イチ!運が強くそのパワーは、破壊的なくらい強いのです。

五黄土星は、基本中央にいる星ですから独裁者的な帝王です。
しかし、あまりその面が表に出ると「裸の王様」になりかねません。周りの意見を聞く余裕を心に持ちましょう。

運勢としては、波乱万丈なので苦労も多い事でしょう。しかし、その苦難を乗り越える事によって「粘り強さ」と、「不屈の精神」を得るのです。独立独歩で実力主義なので、一国一城の主となる能力をもっています。

スポンサーリンク

五黄土星の開運ポイント

人が嫌がる事を処理したり、トラブルを改善するような事をすると開運に繋がります。

五黄土星 大まかな運の流れ

「若い時の苦労は買ってでもせよ」と言われますが、五黄土星にとっては、まさにその通りなのです。
42歳頃までは、苦労が絶えず、実力が発揮し始める頃は、43歳より後になるでしょう。

中年期あたりまで苦労が多かった五黄土星ほど、晩年に開運する「晩年運タイプ」です。
幸運の最盛期は、52歳頃から始まり55歳頃まで続きます。
その幸運期は、再び61歳頃から始まり64歳頃まで続きます。

スポンサーリンク

五黄土星の基本的な性格

  • 見た目は不愛想だが愛情深い。
  • 腐りやすいが、打たれ強い。
  • 偏屈で気難しが、人を好きになりやすい。
  • 大胆で豪気に見えても内面は繊細。

五黄土星の恋愛傾向

九星占い 恋愛運少し近寄りがたい印象の五黄土星ですが、異性関係に興味がないのではありません。

むしろ、非常に深い愛情を持っています。

好きになった人には、とことん尽くします。独占欲も強く、好きになった人を自分のだけのものにしたい!独り占めした!そんな気持ちでいっぱいです。

とことん愛するので、その恋が終わっても未練タラタラにはなりません。

完全燃焼で終わるからです。そんな気質の為、人の好き嫌いも激しくです。

五黄土星の人間関係

好き嫌いが激しく、自己顕示欲が強いため「癖ある人物」と思われがち、ちょっと損する五黄土星。

しかし、一度親しくなれば驚くほど愛情いっぱいで情が深いのが特徴です。

それまでの印象とは反対になり、非常に情に厚く、優しい心の持ち主です。

気の合う友人とは、親友としてトコトン仲良く付き合いますが、そうでない人とは全く関わりません。

五黄土星の愛情はとても豊かで良い事なのですが、自分の価値基準で与える愛情は相手にとっては迷惑になる事もあります。

人間関係で良い関係を保つためには、相手を支配しない!相手の立場を考える事が大切です。

五黄土星の仕事

強烈なパワーで仕事をこなす五黄土星。結果も極端に表れます。

典型的な大器晩成型。苦労して苦労して、その知識と経験を財産に、力を高めていきます。

失敗を恐れては五黄土星らしくありません!確かに腐りやすい性格もありますが、打たれ強い気質をもっているのですから必ず苦労の分だけ晩年に運は開きます。

「帝王の星」と言われる五黄土星だけあって、目的を達成の為には手段を選ばない…そんな強引さが出来るのは五黄土星だけと言っても過言ではありません。

最終的には、独立独歩の道を歩むでしょう。

五黄土星の金運と金銭感覚

細かい出費を気にしない為、周りからは金銭感覚がルーズな人だ!と思われることもあるでしょう。

しかし、一攫千金に縁がある五黄土星。

幼少期に苦労して育った場合は、五黄土星は堅実な金銭感覚の持ち主です。

お金のありがたみを実感しているため、無駄事に浪費する事はありません。

また、苦労の末、成功を収めたご五黄土星は、人や社会に利益を還元することで、さらに開運するでしょう。

スポンサーリンク

月命星・傾斜宮・蔵気表

誕生月 月命星 傾斜宮 蔵気
2月立春から 二黒土星 艮宮 八白土星
3月啓蟄から 一白水星 離宮 三碧木星
4月清明から 九紫火星 坎宮 七赤金星
5月立夏から 八白土星 坤宮 二黒土星
6月芒種から 七赤金星 震宮 六白金星
7月小暑から 六白金星 巽宮 一白水星
8月立秋から 五黄土星 男性は中宮兌宮
女性は中宮乾宮
九紫火星
9月白露から 四緑木星 乾宮 九紫火星
10月寒露から 三碧木星 兌宮 四緑木星
11月立冬から 二黒土星 艮宮 八白土星
12月大雪から 一白水星 離宮 三碧木星
1月小寒から 九紫火星 坎宮 七赤金星

 

本命星・月命星・傾斜宮の関係

本命星・月命星・傾斜宮で何がわかるかと言いますと…

  • 本命星…その方の基本的なものの考え方。
  • 月命星…その方の行動パターン。
  • 傾斜宮…その方の内面的(精神・心理)な傾向。
  • 蔵気…自分の中に隠れている才能や素質。

本命星だけで判断するのではなく、自分自身を知るためには「本命星・月命星・傾斜宮」を考慮して理解する必要がありあます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ