五黄土星 2015年4月の運勢 人脈を広げるチャンスがいっぱい!

五黄土星 4月の運勢(4月5日~5月5日まで)

2015年盤【年盤】 2015年 五黄土星(兌宮)

五黄土星 2015年4月の運勢 ~全体運~

2015年4月 五黄土星
【月盤】 2015年4月 五黄土星(兌宮)

2015年4月は年盤、月盤が揃う月、このような月は、知らず知らずに「気」の影響は強く受けています

4月の五黄土星は、兌宮に入ります。方位は西。(上記の月盤の黄色部分)

2015年は、吉神と同座する非常に悦び多い一年です。
そして、4月は同じく悦び多い月なのです。

とくに、人間関係(人脈)が広がるので必然的に飲み会やお食事会などの機会が多くなります。
その出会いは、仕事に繋がる人脈でもあり、男女の出会いでもあります。
出会いのきっかけとしては、遊びや趣味を通じての出会いやサイドビジネスを通じての出会い、飲み会などの飲食の場での出会いでしょう。
非常に楽しい一ヵ月ではありますが、羽目を外さないように注意!
ついつい、気持ち的にも浮かれがちになりやすのですが、基本的には運気は下降状態に入っています。
今月(4月)の中旬までは浮かれ気味でも良いでしょうけど、後半あたりからは引き締めて過ごしましょうね。

スポンサーリンク

【五黄土星 4月の仕事運】

仕事運今年(2015年)の一年間はレジャー運や遊びを通じでラッキーチャンスが巡る年。
そして今月(4月)は、さらにその様な傾向が強く表れやすい月です。
お仕事のお付き合いで飲み会やレジャーが絡むお付き合いが増えるでしょう。
お付き合いを通じて新しい人脈や情報を入手するチャンスに恵まれます。
情報に関しては、実態のない話しや目新しい情報が多いでしょう。
情報に振り回されないように裏付けを取ってから行動しましょう。
仕事好きの方も、今月(4月)はオンとオフのメリハリをつけて「大統領のように働き 王様のように遊びましょう!」遊びを通じて得ることもありますよ!
また、やたらに「言葉」に説得力が表れますから、クロージングもビシッと!決まりそうです。
ただ、理論的な表現は良いのですが、理屈っぽくならないように注意しましょう!

 

 

【五黄土星 4月の恋愛運】

恋愛2015年は、恋愛運が好調な一年
そして、今月(4月)は特に好調!
あなた自身も愛嬌が表れ、冗舌になる時期なのです。
その様な状況ですから必然的に周りの人々を楽しませることが出来ます。
あなたの周りには笑いが絶えないでしょう。
新しい出会いを求めている方には、絶好の大チャンスです!
特に飲み会や食事会などの飲食での出会いが好調です。

シングルの方には良いのですが…既婚者の方には…浮気心が表れる可能性が秘めています。(^^;)
お二人の絆がしっかりと結ばれているのなら大丈夫なのですが…
気持ちがどうしても外交的なので、意識が外へ外へとなりがちです。
恋人同士やご夫婦の場合は、家に引きこもりにならないようにしましょう!
共通の趣味があるのなら二人で徹底的に楽しみましょう!

 

【五黄土星 4月の金運】

金運金銭面では、出入りの多く、とくに交際費がウエイトを占める一年です。
そんな一年の今月(4月)は、特に出費が増える傾向があるでしょう。

毎月収入が一定の方にとっては、上手にやり繰りをして乗り切りましょう。
常日頃からサイドビジネスなどを行い努力をされている方は、臨時収入や収入アップもありそうです。
今月(4月)は、大風呂敷を広げたり、軽い気持ちでお金の貸し借りをするのはやめましょう!

 

【五黄土星 4月の健康運】

健康運五黄土星の今月(4月)は、身体的には問題はありませんが無理をすると後々辛くなります。
飲み過ぎ、食べ過ぎに注意です。
特に40代以上の方は、休肝日を設けて肝臓を労わってあげましょう。
肝機能の低下は、「飲酒」だけが原因ではありません。
上手にストレス解消を行うようにしましょう!

五黄土星 2015年7月の運勢

五黄土星の月運を恋愛運・仕事運・金運・健康運のカテゴリー別に詳しく記載しています。

 

五黄土星 2015年6月の運勢

五黄土星の月運を恋愛運・仕事運・金運・健康運のカテゴリー別に詳しく記載しています。

 

五黄土星 2015年5月の運勢

五黄土星の月運を恋愛運・仕事運・金運・健康運のカテゴリー別に詳しく記載しています。

 

五黄土星 2015年4月の運勢

五黄土星の月運を恋愛運・仕事運・金運・健康運のカテゴリー別に詳しく記載しています。

 

五黄土星 2015年3月の運勢

五黄土星の月運を恋愛運・仕事運・金運・健康運のカテゴリー別に詳しく記載しています。

 

五黄土星 2015年2月の運勢

五黄土星の月運を恋愛運・仕事運・金運・健康運のカテゴリー別に詳しく記載しています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ