2018年 南西吉方位の開運効果とその象意

2018年 開運方位 南西

「南西」吉方における、2018年特有の象意を紹介します。

自分の吉方位へ旅行をする祐気取り、引っ越しをして運気を上げる方位取り。

一番強い効果を期待できるのは、やはり引っ越しですが。

開運吉方旅行も効果ありです!

2018年、万人が使うことが出来な凶方位は、北の五黄殺・南の暗剣殺・南東(辰)の歳破殺です。

それ以外の方位は、本命星にとって相性の良い吉星が入る方位は「吉方」として使用することが出来ます。

その吉方位には、それぞれの吉象意がり、自分に欠けてい部分を補填してくれたり、長所を伸ばしてくれる効果を期待することが出来ます。

吉方位へ良好や引っ越しをするだけで開運する事が出来るわけではありません。
必ず、成果を得る為の努力継続力が必要です。
また、他者を思いやる気持ち精霊潔白な精神が必要であることが大前提です。

スポンサーリンク

2018年 南西 吉方位

2018年「南西」吉方位の効果とその象意

南西の宮は「坤宮(こんきゅう)」といいます。

2018年は、この宮に六白金星が入ります。

このタイミング(2018年)に得られる吉方位の効果は、大衆からの要望を上手に捉えて成果に繋げることが期待できます。

その結果、上司や実力者などの権力のある方からの引き立てに恵まれます
事業運営者の方なら自社の展開に恵まれます。

坤宮(南西)を吉方として使うと継続力が身につきます
その継続が自己肯定感を促し、生き甲斐を得ることが出来ます。
その結果、人生の充実感に満たされます。

坤宮は「育み」の方位ですから、人を育てる自己の技術を育てる力に恵まれます。

坤宮が象徴する人物的象意は、母・妻です。
そこに入る六白金星が象徴する人物的象意は、父・夫です。
この二者が同じ宮で、2018年の一年間過ごします。

家庭の基盤となる「母と父」、「夫と妻」に関わる象意に恵まれるわけですから、「家内安全」の効果は大きいです。

婚活中の方は、良い配偶者に恵まれる吉方位です。

継続と勤勉を促す「南西(坤宮)」に、2018年は社会的ステイタス向上を促す六白金星が入りすますから、仕事が安定と繁栄に期待できます。

 

スポンサーリンク

2018年「南西」が吉方位となる方

2018年「南西」を吉方として使える方を「本命星」に「月命星」を加味して下記のリストに表示しています。
吉方を取る日としては、年盤・月盤・日盤が同じ九紫中宮が重なる日が最も強い祐気効果(良い効果)があると言われています。

2018年は7月が開運月

本命星が一白水星の方

本命星が一白水星5月(立夏から芒種の前日まで)生まれの方には、特に!おススメの「南西」吉方位です。

この生まれの方は、組織を引っ張る優れた能力を持っています。

しかし…

  • その能力を十分に発揮出来ていない方。
  • 何事も持続力に欠けている…と感じている方。
  • 仕事が安定しな(転職回数が多い)方。
  • 組織のリーダーと対立しやすい…。

などの問題を抱えている方には是非お試し下さい!

方位取り・祐気取りを行う際の注意点

この生まれの方は、方位取りや祐気取りを行う際に「魔」(邪魔が入ること)が入りやすく、開運行動を起こすチャンスを逃しやすい傾向があります。
準備と計画をしっかり行い、思考を行動へ繋げましょう!

スポンサーリンク

本命星が二黒土星の方

本命星が五黄土星の方

 

本命星が七赤金星の方

本命星が七赤金星で2月(立春~)・3月(啓蟄~)・11月(立冬~)・12月(大雪~)生まれの方にはおススメの「南西」吉方位です。

この生まれの方は、組織を引っ張る能力を持っています。
しかし、その能力を十分に発揮することが出来ていない。
仕事が安定しな(転職回数が多い)。
組織のリーダーと対立しやすい…。
などの問題を抱えている方には是非!お試しあれ!

方位取り・祐気取りを行う際の注意点

この生まれの方は、方位取りや祐気取りを行う際に「魔」(邪魔が入ること)が入りやすく、開運行動を起こすチャンスを逃しやすい傾向があります。
準備と計画をしっかり行い、思考を行動へ繋げましょう!

本命星が八白土星の方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ