東日本豪雨の被災者の皆様へ

この度の東日本豪雨により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

お亡くなりになられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、被災地域の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

東日本豪雨 命名

東日本豪雨と、命名されていたのですね。
正直、9月14日になって初めて知りました。

実は、私もその「東日本豪雨」の被災者の一人なんです。
被災した本人は、目の前の事で精一杯。
「灯台下暗し」状態なのです。

東日本豪雨 発生当日

9月10日早朝、午前3時頃から避難勧告の放送が町中に響きました。
私は、寝ぼけていたので『何のことやら』っと思いながらもボーっとしていました。

‎2015‎年‎9‎月‎10‎日撮影

すると、午前5時頃には、パトカーが巡回しながら避難勧告。

もしかしたら…ヤバいかも?!
嫌な予感が…

強行突破で水から逃げる

私の場合、避難場所に行かず水が襲ってきた中、車で強行突破したのです。
その様な非難の仕方が良いのか悪いのか…

正当ではないと思います。

では、何故?早くに避難命令が出ていて逃げる時間は、たっぷりあるのに?

私には、ペットがいるので避難場所には行けない…

戸惑いながら…
濡れては困るものを二階に運び、数日分の着替えとペットの備品を車に積み始めようとした瞬間!
水がやって来たので「強行突破」と言う手段しかなかったのです。

被災地の町から逃げたのは良いのですが。

しかし…

家がどんな状態なのか?全くわからな状態。
しかし、家が気になる…
交通規制の為、地元には戻れない。

地元に戻ったところで…。

どうせ戻っても、平常通りの暮らしには戻れない。
確実に二日や三日で通常の生活に戻れない。
一ヵ月、三ヶ月?
それとも、もっと?
ペットはどうする?
 

 

引っ越しを決意!!

常日頃から「引越しは、開運のチャンス!」っと謳っている私が突発的な引越しをしなければならない事態に!!

そうです! ご察しの通り!
吉方位ではありません。

こんな特別な事態でなくても、転勤など…絶対断ることが出来ない引越しが発生することはあります。

そこで、凶方位への引越しの対処法をご紹介します。

詳しい記事は、 こちら をご覧ください。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ