四緑木星 今月の運勢

四緑木星 毎月の運勢

この記事では、四緑木星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星が四緑木星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は、四緑木星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”四緑木星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和17年(1942)2月4日 19時49分~昭和18年(1943)2月4日
昭和26年(1951)2月5日 00時14分~昭和27年(1952)2月4日
昭和35年(1960)2月5日 04時23分~昭和36年(1961)2月3日
昭和44年(1969)2月4日 08時59分~昭和45年(1970)2月3日
昭和53年(1978)2月4日 13時27分~昭和54年(1979)2月3日
昭和62年(1987)2月4日 17時52分~昭和63年(1988)2月3日
平成8年(1996)2月4日 22時08分~平成9年(1997)2月3日
平成17年(2005)2月4日 02時43分~平成18年(2006)2月3日
平成26年(2014)2月4日07時03分 ~平成27年(2015)2月3日

九星気学では、立春(節分)で新たな年に変わります。
1月1日から2月の立春までに生まれた方は、五黄土星生まれでございます。
五黄土星の方は、こちら をご覧ください。

四緑木星 今月の運気

四緑木星 2017年1月の運勢
頂上運の月
暗剣殺
2017年1月5日(小寒)~2月3日まで
【月盤】本命星:離宮(南)。
グレーは、凶方位

年盤の吉方は、南東・北西
月盤の吉方は、北東・北西
年盤・月盤共に方位:北西

各生まれ月の1月の吉方位
詳細については、こちら をご覧ください。

九星気学では、2月(立春)から次の年に変わります。
従って、運気においても同じです。
2017年1月5日(小寒)~2月3日(立春の前日)までは、まだ2016年の運気の中にいます。
しかし、「気」というモノは突然コロッと変わるモノではなく徐々に切り替わります。
その為、気の早い方ならもう既に2017年の運気による象意を感じている方もいらっしゃるでしょう。
九星気学では、年の運気をベースに月運が存在していると捉えています。
2017年 四緑木星の運勢も視野に入れ、近い将来を意識しつつ「2017年1月の運勢」をご覧ください。

スポンサーリンク

四緑木星 2017年1月の運勢
感情は理性でキープ!謙虚さアップで運気アップ!

今月(1月)の四緑木星は、「離宮(りきゅう)」という南にある宮に入ります。(上記月盤参照)
四緑木星が離宮に入る際は、対面(坎宮)に五黄土星が巡る為、必ず暗剣殺となります。

月運においては、9ヶ月サイクルで訪れる現象です。
期間としては1ヶ月間だけですから、必要以上に怯える必要はありません。
ただし、何事においても慎重な行動を心掛けることが大切です。

世間一般的には1月は年初めですが、九星気学的には年の終わりであり「締めくくりの月」であります。

締めくくりを行いつつ、2017年に訪れる「変動運」を受け入れなければならない時期なのです。
その運気を敏感に感じている人は、もう既に秋頃から感じているかもしれませんね。

勘定は、”感情” で決めないことが吉!

今月(12月)の四緑木星は、感受性が豊かな状態です。
その恩恵から得るものとしては、頭脳の働きが良く、アイディアも浮かびやすく、先見の明に恵まれています。

しかし、月運の勢いとしての強さには欠けています。

そのギャップの影響もあって ”感情” の起伏が激しくなる傾向があります。
また、何となく理不尽さを感じるような事柄に振り回さているような…
そんな気分にも陥りやすい為、更に感情的になるのかもしれません。

しかし!”感情的になっても何も解決はしない” そんなことは九星イチ理解している方(四緑木星)ですから基本的に大爆発することはないでしょう。

ただ、イライラや不満が「言葉」に表れ、表現が強くなる傾向があるので注意しましょう。

とくに上司や目上の方との衝突は避けた方が無難です。

基本的にポッと燃え上がって、直ちに何事もなかったように平静となるのですが…。
この時期は、後味の悪い状況になったり、心の傷になりかねません。

感情よりも”理性”を優位に働かせるように、心がける事で良い結果へ繋がります。

スポンサーリンク

四緑木星 1月の仕事運

九星占い 仕事運

何事も表面化しやすい運気の為、現れた事柄に何らかの評価を受ける事が多くなるでしょう。

嬉しい評価もあれば…ダメ出しを食らうこともあるかもしれません。
ダメ出しされた際は、逆切れをしたり、反論するような反抗的な態度は慎みましょう。

良くも悪くも、評価は「評価」です。
その評価の中に更なる飛躍のチャンスが隠されています
率直な評価には感謝し、謙虚に受け止める事が運気アップの開運行動です

仕事というものは直ぐに成果を出さなければならない…そんな空気とプレッシャーが職場では漂っている会社もあるかもしれません。

焦る必要はありません。
成果は必ず後からついてきます。

しかし…現実は、のんびりとしていられる運気でもないのです。

来月(2月)は、心情的には落ち着きが現れますがモチベーションが上がり辛くなりやすいので、単純に素早く処理できることはサッサと済ませるようにしましょう。

ただし! 大切な決断や勝負する時期ではない事だけは心得ておきましょう。

四緑木星 1月の恋愛運

九星占い 恋愛運

今月(1月)の四緑木星は華やかでオシャレも映える運気です。

合コンや飲み会などの出会いの場ではモテモテになるかもしれません。
ただ、「モテる=ご縁」となるかというと…そこは慎重に行動する必要があります。

離宮に本命星が入るこの時期は、「離合集散」の象意が強く現れやすい時期です。

交際中の方は、ちょっとした口論から破局…。
なんてことに、ならないように気を付けましょう。
勢いで破たんしても、今は感情が優先になっている為、傷つくことは少ないかもしれません。
しかし、後々傷心的な気持ちに陥るかもしれません。

どんなに ”仲の良い恋人同士” でも衝突する時もあって当たり前、決して悪い事ではありませんが、必要以上に相手を傷つけるような表現は控えましょう。

四緑木星 1月の金運

九星占い 金運

今月(1月)の四緑木星は、美意識が高く、高級志向的な気持ちに偏りがちです。
美しいモノに触れ、美術品を鑑賞したり、書物から知識を吸収するなどは非常に良いことなのですが…。

それが金銭面に及ぶと…
高級志向的な金銭感覚となり勘定がルーズになったり…
感情的にお買い物を楽しもうとする傾向が現れやすい運気です。

基本的にお買い物が好きな方や買い物がストレス解消となっている方は要注意!です。

今月(1月)は買い物を控え、以前から購入を考えているモノは来月(2月)に判断しても良いでしょう。
比較的購買意欲の熱が収まり、落ち着て物事の本質をしっかり考える余裕が現れます。

金銭面においても ”謙虚” な心構えで過ごすことで有意義なお金の使い方ができるでしょう。

四緑木星 1月の健康運

九星占い 健康運

体力的には持久力が発揮できる運気ではないようです。
持久力よりも瞬発力が優勢になっているようです。
その為、疲れがスグに現れるかもしれません。

身体の奥に疲れが蓄積して潜んでいるよりも表面に表れる方がケアもやりやすいはずです。

隠れていたものが表面化しやすい象意を受ける月運を上手に利用してみましょう。
健康診断や人間ドックでしっかり検査を受けるタイミングとしては良い時期です。

眼精疲労からくる頭痛に注意。

 

恵方参りで智慧とチャンスを手に入れよう!

2017年の恵方は、北北西微北

その年の「徳」を授けて下さる有難い姫神「歳徳神さま」が、居られる方位です。

詳細は、こちら の記事に記載しています。
是非、ご覧下さいませ。!(^^)!

スポンサーリンク

四緑木星 2016年 毎月の運勢

2016年の月運バックナンバー
四緑木星 運勢下記のリストは詳細記事にリンクしています。

 

九星気学 四緑木星 運勢カレンダー

福来る 運勢カレンダー

 

四緑木星 2017年から9年間の運気!運の波に乗る開運法…適職 転職 仕事 結婚の旬を知る

四緑木星 2017年から9年間九星気学では、9年サイクルで運気が巡っています。ここでは、2017年から9年間の運気をダイジェスト的にご紹介しています。詳細は、こちら をご覧ください。

 

2016年 四緑木星の吉方位

運が巡ってくるのを「待つ」のは消極的過ぎます。

最高の開運法「引越し」(方位取り)で運を積極的に掴みに行きましょう!
2016年 四緑木星の吉方」詳細は、こちらを ご覧ください。

四緑木星 2017年 日盤 吉方位カレンダー

*** お知らせ ***

2017年 ”毎日の吉方位” が一目で分かる、カレンダーを作成しました。

日盤吉方カレンダーでは、本命星月命星が共に吉方となる最大吉方と…
”本命星のみの吉方位”も追加(11/21)しました!

生まれ月別で記事を作成しています。

 

四緑木星 2017年の運勢 冷静沈着な判断と正攻な活動が吉策!

四緑木星 運勢

四緑木星 2017年の運勢 仕事・転職・恋愛・健康・金運の各ジャンルを詳しく紹介しています。
詳細記事は、こちら をご覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ