七赤金星 今月の運勢

七赤金星 毎月の運勢

この記事では、七赤金星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星七赤金星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は間違いなく、七赤金星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”七赤金星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和5年(1930)2月4日~昭和6年(1931)2月4日
昭和14年(1939)2月5日~昭和15年(1940)2月4日
昭和23年(1948)2月5日~昭和24年(1949)2月3日
昭和32年(1957)2月4日~昭和33年(1958)2月3日
昭和41年(1966)2月4日~昭和42年(1967)2月3日
昭和50年(1975)2月4日~昭和51年(1976)2月4日
昭和59年(1984)2月5日~昭和60年(1985)2月3日
平成5年(1993)2月4日~平成6年(1994)2月3日
平成14年(2002)2月4日~平成15年(2003)2月3日
平成23年(2011)2月4日~平成24年(2012)2月3日

表中の日付を見て頂くとお分かりのように、一年の区切りは1月1日ではありません
九星気学では、一年の始まり(運勢)は、立春(節分)から始まります

七赤金星 今月の運勢

七赤金星 2019年1月の運勢
2019年1月6日
(小寒)~2月3日まで
七赤金星2019年1月の運勢【月盤】本命星:離宮(南)。
グレーは、凶方位

年盤の吉方は、北西・南西
月盤の吉方は、南東・北東
年盤・月盤共に吉方は、なし

上記の方位は月命星を考慮していません。
詳細は、吉方カレンダーをご覧ください。

2018年の年盤年運や方位の「気」は2月3日まで2018年の年盤の影響を受けています。

2019年の年運については、「七星金星 2019年の運勢」をご覧ください

七赤金星 2019年1月の運勢
謙虚で低姿勢が運気を上げる開運法!

新年を迎えて、一般的には2019年が始まる月ですが。

年運としてのベースは未だ2018年の運気を引きずる月なのです。

その一方で…

1月は新たな運気「2019年」の気配が漂う月なので、意識は2019年に向けていきましょう!

2019年の好機に向けて改めるて意識づくり

2017年から始まった高運期(成長期)も、いよいよ2019年で3年目となりピークを迎えます。

今月(1月)は、これまでの努力が評価され、周囲からも認められる運気に恵まれています。

人気運が上がり、講壇に立つような依頼も飛び込んでくるかもしれません。

今月(1月)の七赤金星は、勘に優れ、豊かな感受性にも恵まれているのでクリエイティブな活動においては非常に良い結果を得られるでしょう。

ただ、活気に満ちて好調な月運のように思える運気なのですが…

月の半ばあたり(1月の土用期間あたり)から活気が薄らぐ傾向が現れます。

なので、今月中に片付けたいことは、早めに早めに片付けるようにしましょう。

七赤金星の開運ポイント

ここ大事!

今月(1月)だけに限ったことではなく、幸せな人生の歩み方です。

七赤金星は西にある「兌宮(だきゅう)」という宮が定位置(実家のような場所)です。

自然界で表すと「兌宮」は「沢」を表します。

七赤金星は、「沢」の特性を使いこなす能力に長けています。

「沢」は水が溜る場所(低い土地)ですから、その水を求めて人が集まり、文明が栄え、経済も発展します。

水は「情やお金」を意味します。

従って、七赤金星は人々に対し「謙虚で低姿勢」でいることで、人が集まり、人脈に恵まれ、そして経済的にも豊かになります。

感情的な言動は運気を損ねる

今月(1月)の七赤金星は、人気運が高まりますから目立ちやすくなります。

周囲から称賛されて、おごり高ぶると周りの人々が散り散りに引いてしまうかもしれません。

このような状況を自然界で表すと、高い土地(気位が高い人)では水が流れ出る様子を表しています。

今月(1月)の七赤金星は「謙虚で低姿勢」で過ごし、怒りの感情が込み上げて来たときは「怒りの根源」を冷静に捉え対処することがポイント!

2019年の高運をしっかり活かす為の「意識づくり」を行いましょう!

スポンサーリンク

七赤金星 1月の仕事運

九星占い 仕事運

今月(1月)の七赤金星は、先見の明に恵まれ、頭の回転も快調!

創造的なアイディアが浮かびやすい月運に恵まれていますから、オリジナリティーを活かした仕事で能力を発揮できそうです。

自分の能力を即発揮させたい衝動が起こりやすい状態なのですが…独断専行はNG!

職場の仲間や上司からの意見も取り入れなければなりません。

協調性が重要!

チームワークを乱すと人間関係に問題が起こり運気も損ねてしまう可能性を上げてしまいます。

何事も相談と話し合いが大事です!

今月(1月)は、情熱による勢いが強く現れる運気でもあります。

情熱は活気を促し波動も高めるので非常に良いのですが「情熱と冷静」のバランスがとても大切になります。

また、過去の問題やミスも表面化することもあるかもしれません。

面倒がらずにヤルベキことは片付けてしまいましょう!

七赤金星 1月の恋愛運

九星占い 恋愛運

人間関係は「離合集散」。

今月(1月)の七赤金星は、出会いと別れが起こりやすいかもしれません。

「別れ」と言っても様々ですから、悲観的になる必要はありません。

暗く落ち込むような運気ではないので大丈夫!

全体運でも述べましたが今月(1月)は「感情」キーになるようです。

「感情」があるからこそ、親しい関係。

なので、親しい間柄には必ず「感情」が絡むものです。

ちょっとした、言葉や態度で感情的にならないように気を付けましょう。

新たな出会いを求めている方にとっては、ドラマティックな出会いのチャンスあり!

今月(1月)の七赤金星は直観力に冴えているので、ビビッとくるお相手に出会うと「運命の人かも!?」と、一目ぼれするかもしれません。

スポンサーリンク

七赤金星 1月の金運

九星占い 金運

今月(1月)の七赤金星は、美意識が高まり、志向的にも高級路線へ進みやすいようです。

それは決して悪いことではないのですが…

普段から、お買い物でストレスを解消する傾向が強い方は、今月のお買い物は控えた方が良いでしょう。

浪費に注意です。

この時期の七赤金星は、先を見通す力に恵まれ、何事にもセンスとアイディアを活かす運気に恵まれています。

この機会に自分にとって、どのようなお金の使い方が「浪費」であるか…

お金はエネルギーでもありますから、そのエネルギーをどこへ向かわせることで発展するか…

など、しっかりお金と向き合い思考を働かせてみましょう。

七赤金星は「沢」の恩恵を活用させる星の下に生まれているのです。

だから「金星=銭」を表すのです。

今月(1月)は未来のイメージを描き、2月は下準備、そして3月から成長運気に入ります。

七赤金星 1月の健康運

九星占い 健康運

情緒的安定が健康増進を促します。

美しいものや感動する映画などを鑑賞すると良いでしょう。

自分にとって「ここに居ると気分がスーッとする」ような感じがする場所(神社仏閣など)にも積極的に出向きましょう。

また、読書を通じて今まで気づかなかった「気づき」も得られるかもしれません。

ただ、読書やネットサーフなど目を使いすぎると眼精疲労を感じるかもしれません。

早めにサプリメントや目薬でケアしましょう!

スポンサーリンク

 2019年 七赤金星の運勢を繁栄に向ける!開運法

七赤金星 2019 運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢や月運の流れ

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

2019年 七赤金星のバイオリズムグラフ

揺るぎない決意と自信でポジティブに歩む年の運気の流れと上手に活用しよう!

七赤金星 2019 運勢バイオリズムグラフ2019年を上半期と下半期に分けて月運のエネルギーの活用法を こちら で記事で紹介しています。

 

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

七赤金星 月の運勢

七赤金星 運勢

 

七赤金星 2018年 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

酉年 午年 卯年 子年
1957年(昭和32)
2月4日 10:55~
1958年(昭和33)
2月3日まで
丁酉年
1966年(昭和41)
2月4日 15:38~
1967年(昭和42)
2月3日まで
丙午年
1975年(昭和50)
2月4日 19:59~
1976年(昭和51)
2月4日まで
乙卯年
1984年(昭和59)
2月5日 0:19~
1985年(昭和60)
2月3日まで
甲子年
1993年(平成5)
2月4日 4:37~
1994年(平成6)
2月3日まで
癸酉年
2002年(平成14)
2月4日 9:24~
2003年(平成15)
2月3日まで
壬午年
2011年(平成23)
2月4日 13:33~
2012年(平成24)
2月3日まで
辛卯年
2020年
2月4日 18:04~
2021年
2月3日まで
庚子年

この記事は、生まれ月別で作成しています。

七赤金星 2019年 日盤 吉方位カレンダー

七赤金星 2020年 日盤 吉方位カレンダー

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ