六白金星 2017年 上半期から下半期の運勢バイオリズムと運気

六白金星 運勢2017年の六白金星を大まかに上半期と下半期に分けて、運勢と運気の流れを月運毎に紹介します。

2017年 六白金星 上半期
2017年2月4日から8月6日まで

運勢と運気の流れ

2017 六白金星 上半期2017年の年運が陥入期に入り、暗剣殺の年になります。
しかし、年明け2月~3月は好調な運気。
4月頃から「対立」が起こりやすい運気になりそうです。

上記の図では、運の勢いが強まると「上昇」、弱くなると「下降」で表しています。(運勢)
月破暗剣殺のような凶神、天道(吉神)が巡る月をお天気マークで表しています。(運気)

六白金星 2月の月運と運気

2月4日から3月4日まで
147y02b03-sin新しい年の運気が始まる月「2月」。
正確には立春からスタートです。

2月の六白金星は、月盤の東にある「震宮(しんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)
先月(1月)は手間が掛かるわりには進展がイマイチな運気でしたが。
2月に入ると何事も反応が良く、曇り空が一気に快晴に向かうような運気となります。

何事も穏便に!軽はずみな行動は慎むことが吉策
情報伝達が盛んになる運気です。
情報伝達は丁寧に扱い、柔らかい物腰と対応が大切になります。
また、新しい事チャレンジしたい気持ちになり、興味も湧きやすい運気です。

六白金星 3月の月運と運気

3月5日から4月3日まで

147y03b04-son「3月」の六白金星は、月盤の南東にある「巽宮(そんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いは、先月(2月)よりアップします。
運気も好調で頭脳の働きがアップする運気です。

交渉事に恵まれる
今までの努力が認められ良い評価に得られるでしょう。
その結果、信用も得られ、交渉後は良い結果へ繋がるでしょう。
しかし、謙虚さを失うと対立が起こる可能性があるので”天狗”ならないように心が得ることが良い結果に繋がります。

 

六白金星 4月の月運と運気

4月4日から5月4日まで
147y04b05-tyu「4月」の六白金星は、月盤の中央にある「中宮(ちゅうきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いとしては、非常に強い状態ではありますが…。
欲が強く現れるが…一筋縄ではいかぬ運気です。

押してもだめなら引いてみな
何事もゴリ押しが通用する運気ではありません。
無理矢理押し通しても対立が生じ、無駄に事態を悪化させるだけです。
相手の懐に飛び込み浸透する方が良い結果に繋がるでしょう。

スポンサーリンク

六白金星 5月の月運と運気

5月5日から6月4日まで
147y05b06-ken「5月」の六白金星は、月盤の北西にある「乾宮(けんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いは、先月(4月)と同レベルで最盛です。
本来、真面目な性格の六白金星ですが更に努力を惜しまず真面目な姿勢が現れる運気です。

固執し過ぎに注意
本来、公明正大で心の広い六白金星ですが…。
5月に限っては、拘りが強く現れているようです。

 

六白金星 6月の月運と運気

6月5日から7月6日まで
147y06b07-da「6月」の六白金星は、月盤の西にある「兌宮(だきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いは、徐々に衰え始めますが、人間関係が好調な運気です。

話し上手は聞き上手
人間関係のモヤモヤが一気に落ち着き、あなた自身も温厚な気持ちになるでしょう。
その結果、人とのコミュニケーションが楽しく、飲み会にも誘われることが増えるでしょう。
ただ、不用意な発言を慎むように心がけ、聞き上手に回る方が健全な人間関係の輪が広がります。

 

六白金星 7月の月運と運気

7月7日から8月6日まで
147y07b08-gon「7月」の六白金星は、月盤の北東にある「艮宮(ごんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いは、先月(6月)より衰えます。
物事の変化が生じやすい運気です。

変化を受け入れることも大事
真面目で努力家の六白金星は、少々保守的な面があるようです。
長所でもありますが、場合によっては新しい可能性やチャンスを逃すかもしれません。
しかし、何かと難しい選択が発生しそうです。
柔軟に対応し臨機応変に対処しましょう。

スポンサーリンク

2017年 六白金星 下半期
2017年8月7日から2018年2月3日まで

運勢と運気の流れ

2017 六白金星 下半期2017年の上半期後半は波乱の多い三ヶ月でしたが。
下半期10月からは運気が回復し11月・12月は2017年の好機到来です!

六白金星 8月の月運と運気

8月7日から9月6日まで
147y08b09-ri「8月」の六白金星は、月盤の南にある「離宮(りきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いとしては、先月(7月)よりも衰えが現れますが、変化に振り回された状態からは脱出できそうです。
運気としては悪くはありません。

自己を見つめ直す
5月と7月に凶神の月破が巡った為、気分的に浮き沈みが激しい期間が続きました。
そんな影響もあって、8月のあなたは少々感情的になりやすい傾向があるでしょう。
ベクトルを他者に向け責任転換的な発想をすると「感情」と言う炎に油を注ぐだけです。

一旦、心をかき乱す事柄から離れ、自分自身に向き合うと良いでしょう。
8月は頭脳の働きも良い運気です。
その働きを自分磨きと自己メンテに使うことで後に訪れる好機に活かすことが出来るでしょう。

六白金星 9月の月運と運気

9月7日から10月7日まで
147y09b
01-kan「9月」の六白金星は、月盤の北にある「坎宮(かんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いとしては、最も低調時期に入ります。
六白金星が坎宮へ入る時期は必ず暗剣殺となります。

9月だけど「冬」の月運
六白金星は毎回厳しい「冬の時期」(坎宮回座)を迎えますが、そのお蔭で強い精神力と強運が養われます
2017年9月は年運・月運ともに「冬の時期」となりますから、気分は塞ぎ込みがちになるかもしれませんが…

しかし、この時期だからこそ自分の腑に落とし込むことが出来ます。

物事を深く探究する能力に恵まれる運気です。
精神性を高める為に奥深く学ぶ事でチャンスに恵まれる心を養う良い機会です。

 

六白金星 10月の月運と運気

10月8日から11月6日まで
147y10b02-kon「10月」の六白金星は、月盤の南西にある「坤宮(こんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いが最も低調な時期は過ぎ去りました!
10月からは運勢・運気共に上昇します。
好機到来の始まりです!

手抜き御法度!正攻法が吉策
8月に自己メンテを行い、10月に精神性を高め知識を深める。
この2ヶ月間の努力と経験を活かすチャンスにめぐまれ、上手に発揮することができるでしょう。
物事に対する拘りや人に対する好き嫌いをコントロールすることで益々運気はアップしチャンスに恵まれます

スポンサーリンク

六白金星 11月の月運と運気

11月7日から12月6日まで
147y11b03-sin「11月」の六白金星は、月盤の東にある「震宮(しんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いは、急激にアップ!
運気においても、晴々とした気分に満ちた運気です。

肩の力を抜いて良し!
寒い冬の時期(運気)は、常に肩に力が入っています。
11月は肩の力を抜いて軽やかに物事す進める方が良い結果に繋がるでしょう。
新しい事にチャレンジしたい気分が湧き、新しい世界へ飛び込みたくなる感情に溢れます。
水面下での計画がしっかり出来上がっているのなら挑んでみると良いでしょう。

 

六白金星 12月の月運と運気

12月7日から2018年1月4日まで
147y12b04-son「12月」の六白金星は、月盤の南東にある「巽宮(そんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いは、先月(11月)よりも勢いが増し、運気においても、好調です。

勘が冴え頭脳明晰
12月の六白金星は、非常に頭の働きが良いです。
その結果、素晴らしいアイディアも飛び出します。

運気の良さも助けとなって健全な精神が際立ちます。
異質な考えを持った人に対しても理解する余裕すら現れます。

六白金星 2018年1月の月運と運気

2018年1月5日から2月3日まで
147y01b 05-tyu「1月」の六白金星は、月盤の中央にある「中宮(ちゅうきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

九星気学では、年運が切り替わる時期が「立春」です。
その為、2018年1月は、まだ2017年の年運です。
従って、2018年1月は、2017年を締め括る月であります。

運の勢いは、先月(12月)より強く「最盛」です。
11月・12月の流れからの影響で「強気」感が現れるでしょう。
しかし、一旦立ち止まって「見直し・点検」を行う運気です。

春の訪れは目前!
2017年も厳しい「冬」の時期ではありましたが、例年よりも比較的波乱は少なかったと思います。
確かに…9年前の事を思い出すのも大変ですよね。(^^)
11月・12月の好機をしっかり活かし、2018年に向かうことが大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ