四緑木星 福来る 運勢カレンダー 2017年11月・12月・2018年1月

四緑木星 運勢カレンダー
2017年11月・12月・2018年1月
まで

日々の努力を効率よく、結果に繋げるには…
事前に「運気」を知る!ことも一つの方法です。

前向きな ”思考” を現実化さえることが、”開運の秘訣” です!
毎日の積み重ねの結果が、一年後、三年後、十年後を変えます。

運勢カレンダーで今日の運勢をチェックして、今日も一日頑張りましょう!

2017年 11月(辛亥)四緑木星の運勢カレンダー

11月7日から12月6日まで

11/7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

※*
18

19

20

21

22

23

△*
24

25

26

27

28

29

30

12/1

2

3
天赦日

4

5

6

運勢カレンダーの記号の説明

  • ◎と◯…良い日です!
    ◎は、周り(人や気)から協力を得られます。
    ◯は、人々に尽くす事で良い結果に繋がる良い日です。
  • △・▽…普段よりちょっと注意が必要な日。
    決まり事はしっかり守り、気持ちに余裕を持ちましょう!
  • …暗剣殺の略。不可抗力的なトラブルや受動的にトラブルに巻き込まれやすい日。注意力強化日
  • …日破殺の略。約束事が成就し辛い日です。突発的な予定変更が起こりやすい日。何事も余裕をもって行動するように心がける必要がある日。注意力強化日
  • -…あなたの短所が少し目立ちやすい日です。慢心は禁物。
    健康管理をしっかり行いましょう!
  • *…記号の右に小さくアスタリスク「*」がついている日は、周りから助けが得られたり打開策が表れやすい日です。だだし、あまり自信過剰にならないようにしましょう。

線路の日(発展の法則)

四緑木星の方は、卯・午・酉・子の日が、「線路の日」です。
習い事やダイエット、積立貯金などの個人の目標や良い習慣を始める日に相応しいとされています。

「線路の日」は、物事は始めると継続し発展に繋がる日と言われています。

暗剣殺日の過ごし方

  • 高価な物は買わない。
  • 旅行の出発日に設定しない。(旅行先が吉方位ならOK!)
  • スケジュールには余裕を持って行動する。
  • 大切な契約事は避ける。
  • 普段通りの生活をおくる。
  • 争いごとは避けましょう!「逃げるが勝ち」です。
  • 無理はしない。

日破殺の過ごし方

  • 大切な約束や契約事を行わない。
  • 規則を守る。規則を守ることが自分の身を守ることになります。
  • 感情的になりやすいので気持ちに余裕を持つように心がけましょう。

四緑木星 2017年11月 運勢

体調管理とモチベーションアップが運気アップに繋がります。
探究力が冴える月運です。
自分の好きなことに集中してみるのも良いでしょう。四緑木星 11月 運勢の続きを読む…

スポンサーリンク

2017年 12月(壬四緑木星の運勢カレンダー

12月7日から2018年1月4日まで

12/7

〇*
8

9

10

11

12

13

14

〇*
15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

2018年
1/1

2

3

4

運勢カレンダーの記号の説明

  • ◎と◯…良い日です!
    ◎は、周り(人や気)から協力を得られます。
    ◯は、人々に尽くす事で良い結果に繋がる良い日です。
  • △・▽…普段よりちょっと注意が必要な日。
    決まり事はしっかり守り、気持ちに余裕を持ちましょう!
  • …暗剣殺の略。不可抗力的なトラブルや受動的にトラブルに巻き込まれやすい日。注意力強化日
  • …日破殺の略。約束事が成就し辛い日です。突発的な予定変更が起こりやすい日。何事も余裕をもって行動するように心がける必要がある日。注意力強化日
  • -…あなたの短所が少し目立ちやすい日です。
    また、八方美人になると八方塞がりになるので注意。
  • ※…強引さを慎み、目上や後援者など大切な方を立てる事が吉策!
  • *…記号の右に小さくアスタリスク「*」がついている日は、周りから助けが得られたり打開策が表れやすい日です。だだし、あまり自信過剰にならないようにしましょう。

線路の日(発展の法則)

四緑木星の方は、卯・午・酉・子の日が、線路の日です。
習い事やダイエット、積立貯金などの個人の目標や良い習慣を始める日に相応しいとされています。

「線路の日」は、物事は始めると継続し発展に繋がる日と言われています。

今月(12月)は、丙午。
月」ですから、事始めに非常に良い月「線路の月」です。

さらに!2017年は、丁ですから「線路の年」です。
年・月・日が「線路」となる、最高の事始めチャンスに恵まれている運気です。

暗剣殺日の過ごし方

  • 高価な物は買わない。
  • 旅行の出発日に設定しない。(旅行先が吉方位ならOK!)
  • スケジュールには余裕を持って行動する。
  • 大切な契約事は避ける。
  • 普段通りの生活をおくる。
  • 争いごとは避けましょう!「逃げるが勝ち」です。
  • 無理はしない。

日破殺の過ごし方

  • 大切な約束や契約事を行わない。
  • 規則を守る。規則を守ることが自分の身を守ることになります。
  • 感情的になりやすいので気持ちに余裕を持つように心がけましょう。

四緑木星 2017年12月 運勢

飲み会や宴会など飲食の機会が増えるシーズンです。
友人や職場の人々との集いは積極的に参加することをおススメします。
親睦が深まるチャンスに恵まれている月運です。

スポンサーリンク

2018年 1月(癸丑)四緑木星の運勢カレンダー

1月5日から2月3日まで

1/5

6

7

8

9

10

11

12

※*
13

14

15

16

17

18

19

△*
20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

2/1
天赦日

2

3

運勢カレンダーの記号の説明

  • ◎と◯…良い日です!
    ◎は、周り(人や気)から協力を得られます。
    ◯は、人々に尽くす事で良い結果に繋がる良い日です。
  • △・▽…普段よりちょっと注意が必要な日。
    決まり事はしっかり守り、気持ちに余裕を持ちましょう!
  • …暗剣殺の略。不可抗力的なトラブルや受動的にトラブルに巻き込まれやすい日。注意力強化日
  • …日破殺の略。約束事が成就し辛い日です。突発的な予定変更が起こりやすい日。何事も余裕をもって行動するように心がける必要がある日。注意力強化日
  • -…あなたの短所が少し目立ちやすい日です。慢心は禁物。
    健康管理をしっかり行いましょう!
  • *…記号の右に小さくアスタリスク「*」がついている日は、周りから助けが得られたり打開策が表れやすい日です。だだし、あまり自信過剰にならないようにしましょう。

線路の日(発展の法則)

四緑木星の方は、卯・午・酉・子の日が、線路の日です。
習い事やダイエット、積立貯金などの個人の目標や良い習慣を始める日に相応しいとされています。

「線路の日」は、物事は始めると継続し発展に繋がる日と言われています。

暗剣殺日の過ごし方

  • 高価な物は買わない。
  • 旅行の出発日に設定しない。(旅行先が吉方位ならOK!)
  • スケジュールには余裕を持って行動する。
  • 大切な契約事は避ける。
  • 普段通りの生活をおくる。
  • 争いごとは避けましょう!「逃げるが勝ち」です。
  • 無理はしない。

日破殺の過ごし方

  • 大切な約束や契約事を行わない。
  • 規則を守る。規則を守ることが自分の身を守ることになります。
  • 感情的になりやすいので気持ちに余裕を持つように心がけましょう。

四緑木星 2018年1月 運勢

運気は先月よりも更にアップ!
気力に恵まれパワー全開ではありますが…
軽はずみな言動には注意しましょう。

スポンサーリンク

九星気学 四緑木星 運勢カレンダー

福来る 運勢カレンダー

 

四緑木星 2018年の運勢

四緑木星 2018年の運勢(2018年2月4日~2019年2月3日まで)を仕事・転職・恋愛・結婚・健康・金運のジャンルに分けて こちらで詳しく紹介しています。

 

四緑木星 2017年 上半期から下半期の運勢バイオリズムと運気

2017年 毎月訪れる月運を 運勢バイオリズムと運気 にフォーカスして2017年2月から2018年1月までの月運を紹介します。
詳細記事は、こちら をご覧ください。

 

四緑木星 2017年の金運アップ財布


2017年に相応しいカラーや素材、お財布の使い始めに相応しい日を紹介しています。
詳細記事は、こちら をご覧ください。

 

四緑木星 2017年 日盤 吉方位カレンダー

”毎日の吉方位” が一目で分かる、吉方位カレンダー

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。
生まれ月別で記事を作成しています。

四緑木星 2018年 日盤 吉方位カレンダー

四緑木星 2019年 日盤 吉方位カレンダー

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ