九星気学 当たる!究極の相性!四緑木星12月生まれと最良の方は…

一般的には本命星だけで相性の良し悪しを判断される場合が多いようです。
しかし、それでは大雑把ですよね。

気持ちや潜在意識には、月命星や傾斜宮などの影響を受けています。
なので、人の性格にも影響があり、必然的に「相性」にお影響が現れます。

この相性表は、本命星・月命星・傾斜宮などを加味し表した相性表です。
的中率は非常に高く、ちょっとガッカリされる方や「ケンカするほど仲がいい」と言われることに確信を持てる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
自然の恩恵から生まれた「九星気学」の占法を最大限に使った相性診断の結果を一目で分かるように表にしました。

四緑木星 12月生まれ

あなたと相性の良い方は、ズバリ!この方です。↓

その前に、表の見方を説明します。

相性図の説明(図)九星気学 究極の相性表

(例)のようにお相手の本命星と誕生月で見ます。

上記の場合、お相手の本命星が「六白金星」で「3月生まれ」なら上記の図のようにピンクで示すライン上がクロスする欄(テーブル)をご覧ください。

スポンサーリンク

誕生月について

九星気学では月が切り替わるのは毎月一日ではなく「説入り」です。
説入り頃に生まれた方は「節入り早見表」で こちらで要チェックです!
生まれた時間も必要になる場合があります。

  • 2月生まれ…2月立春~3月啓蟄の前日まで
  • 3月生まれ…3月啓蟄~4月清明の前日まで
  • 4月生まれ…4月清明~5月立夏の前日まで
  • 5月生まれ…5月立夏~6月芒種の前日まで
  • 6月生まれ…6月芒種~7月小暑の前日まで
  • 7月生まれ…7月小暑~8月立秋の前日まで
  • 8月生まれ…8月立秋~9月白露の前日まで
  • 9月生まれ…9月白露~10月寒露の前日まで
  • 10月生まれ…10月寒露~11月立冬の前日まで
  • 11月生まれ…11月立冬~12月大雪の前日まで
  • 12月生まれ…12月大雪~翌年の1月小寒の前日まで
  • 1月生まれ…1月小寒~2月立春の前日まで

スポンサーリンク

四緑木星12月生まれ「究極の相性表」の表記説明

☆…最高に良い相性。一つ屋根の下で一緒に暮らせる関係。
◎…良い相性。
P…Personの「P」ビジネスパーソンやお友達として良い相性。
F…Foreverの「F」全ての関係を含み、長いお付き合いになる関係。
N…Nothingの「N」とくに何もない相性。
▲…悪いです。▲2つの場合は近づかない。

一白
水星
二黒
土星
三碧
木星
四緑
木星
五黄
土星
六白
金星
七赤
金星
八白
土星
九紫
火星
2月 ◎◎

◎◎
◎◎
▲◎ ◎◎☆
P▲

◎P
◎▲
3月 P☆
P▲
FP ◎▲ P▲ P◎
4月 ☆P

▲▲
▲▲ ▲◎
☆P
☆P
▲◎ ☆P
▲◎
▲▲
☆P
◎P
5月 ◎◎
◎◎
☆P
◎◎P ▲▲
◎◎
◎◎
▲◎
6月 PP F◎
F◎ ☆P
7月 ☆P
▲◎
◎◎ ☆☆
PP
▲▲
▲P ◎◎
☆P
▲▲
▲◎
8月 ▲▲
◎☆
◎◎
◎▲
▲▲
男性
◎◎
◎◎
◎◎
女性
9月 ◎▲ F◎ P◎ F☆
P▲
P◎
F▲
10月 ▲◎ ◎☆
P▲
☆P
▲P
▲▲
◎▲ ☆▲
PP
◎◎ ☆P
11月 ◎◎▲
◎◎
◎◎◎ ▲◎ ◎◎☆
P▲

◎P
◎▲
12月 P☆
P▲
FP ◎▲ P▲ P◎
1月 ◎☆

▲▲
▲▲ ▲◎
☆P
☆P
▲◎ ☆P
▲◎
☆P
▲▲
◎P

四緑木星12月生まれと六白金星との関係

六白金星の方に惹かれやすく、お友達としても意気投合する関係でもありますが、しかし!意見がかみ合わない、微妙な表現が伝わり辛いなどのすれ違いや対立も生じやすい関係です。

四緑木星12月生まれと二黒土星との関係

約束が成就しにくい関係になりそうです。
大切なことは、書面にした方が無難です。

四緑木星12月生まれと九紫火星との関係

邪魔が入ったりトラブルが生じやすい関係になりがちです。

スポンサーリンク

九星気学 究極の相性表についての注意点

  • 「▲▲」の相手だから無視する!…なんて大人げない態度はNGです!ビジネスライクで接しましょう!
    「▲P」の場合はビジネスライクの関係で十分です。気が合う関係でも共同経営は避けるほうが無難です。
  • 住居やお財布が一緒になる恋人やご夫婦の場合、☆印がついているほうがベストです。
  • Fがついている関係は、「腐れ縁」のような悪い関係ではありませんが、「F▲」の場合は腐れ縁になりがちです。
  • お相手が五黄土星の8月生まれの場合、お相手が男性の場合は男性の枠をみて、お相手が女性の場合は女性の枠を見て下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ