四緑木星 2017年 上半期から下半期の運勢バイオリズムと運気

四緑木星 運勢2017年の四緑木星を大まかに上半期と下半期に分けて、運勢と運気の流れを月運毎に紹介します。

2017年 四緑木星 上半期
2017年2月4日から8月6日まで

運勢と運気の流れ

2017 四緑木星 上半期3月から急激に運気アップ!好機到来!
そのまま3月・4月・5月の三ヶ月間は2017年の好機となります。

上記の図では、運の勢いが強まると「上昇」、弱くなると「下降」で表しています。(運勢)
月破暗剣殺のような凶神、天道(吉神)が巡る月をお天気マークで表しています。(運気)

四緑木星 2月の月運と運気

2月4日から3月4日まで
147y02b01-kan新しい年の運気が始まる月です。
2017年に起こる変化は、これから未来を決める事になるでしょう。

その一年の始まりの月「2月」の四緑木星は、月盤の北にある「坎宮(かんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)
運の勢いとしては最も低調です。
しかし、この時期に四緑木星は、落ち着きがあり、水面下での計画と活動に適した運気に恵まれます。

スキルアップや教養を深める

2017年の四緑木星は何事においても変化が伴いやすい運気です。
変化に対応するにおいて大切なのは、しっかりとした「軸」です。
また、色んな状況になっても活かされる知識や教養も大事です。
探究心が旺盛となり集中力もアップする時期です。
学びや良い習慣を始めるタイミングとしては良い時期です。

四緑木星 3月の月運と運気

3月5日から4月3日まで

147y03b02-kon「3月」の四緑木星は、月盤の南西にある「坤宮(こんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

低調な陥入月の月運から活動期に入ります。
2017年3月は急激に運気がアップし、清廉な行いであれば、あるほど運気がアップする運気に恵まれています。

大衆から学ぶ得られるチャンス

人間関係が好調な運気です。
職場では同僚からの協力が得られ、多くの方々からの意見があなたを成長させてくれます。
逆に、あたなが周囲(社会)の人々に尽くすことも大切になります。
善の行動が開運の種子となります。

四緑木星 4月の月運と運気

4月4日から5月4日まで
147y04b03-sin「4月」の四緑木星は、月盤の東にある「震宮(しんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いが先月よりアップ!
何事においても成長を感じさせる運気です。

冒険心は控えて…

運勢・運気共に好調な為、山師的な気持ちも芽生えやすい運気です。
何事もしっかりとしたリサーチと準備(基礎)が必要です。
安易な思いつきや目先の得だけで冒険へ進むことはおススメできません。
蓄財運良好。

スポンサーリンク

四緑木星 5月の月運と運気

5月5日から6月4日まで
147y05b04-son「5月」の四緑木星は、月盤の南東にある「巽宮(そんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いとしては、先月(4月)よりも力強さが現れます。
運気としても、好調で頭脳が冴え先を見通す能力にも恵まれる運気す。

結果に繋げるチャンスに恵まれる

物事が順調に発展しやすい運気です。
企画やプレゼンも採用されやすく結果に繋げるチャンスです。
出版やセミナーなどの戦略も吉!
具体的に結果に繋げる活動を積極的に行う時期に相応しい時期ですから、綿密な計画と準備が重要になります。
それに伴う重要書類にはしっかり目を通すように心がけましょう。

 

四緑木星 6月の月運と運気

6月5日から7月6日まで
147y06b05-tyu「6月」の四緑木星は、月盤の中央にある「中宮(ちゅうぐう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いが、最も強い状態ではありますが…
都合よく物事を進めることはおススメできない運気です。

静観姿勢と自己メンテ

運気の良い状態が続くと人間は強気になり、欲深くなりがちです。
4月は周囲の状況を良~く見て把握する時期です。
一進一退になりやすい運気です。
環境や他者の影響ではなく、自己を振り返り見つめ直すことで「原因」が見えてきます。
次に訪れるチャンスを逃さない為にもしっかり足元を固めておきましょう!

 

四緑木星 7月の月運と運気

7月7日から8月6日まで
147y07b06-ken「7月」の四緑木星は、月盤の北西にある「乾宮(けんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いとしては、最盛状態です。
誠意を尽くせば成果に恵まれる運気です。

誠心誠意

7月は非常に忙しい月になりそうです。
急ぎの仕事が舞い込み処理に追われるでしょう。
誠心誠意取り組んでいる姿と誠実な人柄がで真正面からぶつかってみましょう。
仕事・援助運好調な月運です。

スポンサーリンク

2017年 四緑木星 下半期
2017年8月7日から2018年2月3日まで

運勢と運気の流れ

2017 四緑木星 下半期8月から運の勢いが衰退し、12月から再び勢いが現れます。
10月の暗剣殺、11月の落ち込み以外は比較的安定した運気です。

四緑木星 8月の月運と運気

8月7日から9月6日まで
147y08b

07-da「8月」の四緑木星は、月盤の西にある「兌宮(だきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いは、8月から衰退へ向かいます。
しかし、人間関係が好調な運気に恵まれているため衰退を感じる運気ではありません。

不言実行

的確な情報と伝達は大切です!
ただ、自己の目標達成においての活動は不言実行でいきましょう!
7月の発言は少々大げさに伝わる傾向があるようです。
その為、不平不満や批判は厳禁!
プラス的な表現を活用することで運気がアップします!
自信を持って物事を積極的に押し進めるチャンスに恵まれる月。

四緑木星 9月の月運と運気

9月7日から10月7日まで
147y09b

08-gon「9月」の四緑木星は、月盤の北東にある「艮宮(ごんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いは、先月よりも弱くなりますが…
チャンスに繋がる変化に恵まれる運気です。

風評に惑わされない

チャンスなのか…そうではないのか?
何かと迷いが生じやすい月です。
地味に現れるのが、チャンスなので”迷い”が生じても仕方がないでしょう。
過去の事例や経験を洗い出し、物事の根本から外れないように検討しましょう!
風評に惑わされたり、見た目の素晴らしさに騙されない、本物を見抜く「眼力」が必要です。
専門家や経験者からのアドバイスも重要!

 

四緑木星 10月の月運と運気

10月8日から11月6日まで
147y10b09-ri「10月」の四緑木星は、月盤の南にある「離宮(りきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

四緑木星が離宮に回座すると暗剣殺となります。

運の勢いは、弱い状態ですが”感受性”が強まる運気です。
自分をいつわらず誠実であることが大切。

感情のコントロール

感受性が豊かになる反面、感情の起伏も増しやすい運気です。
しかし、感情のコントロールが出来れば無駄に体力を消耗することはありません。
怒りの感情が現れたら、なぜイライラするか?「怒りの目的」を考えてみましょう。
感情的な行動は人間関係を悪化させ、次に訪れる運気にも影響します。
家族や恋人など心を許すことが出来る人物には甘えてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

四緑木星 11月の月運と運気

11月7日から12月6日まで
147y11b01-kan「11月」の四緑木星は、月盤の北にある「坎宮(かんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

運の勢いは、最も低調な月。
運気においては、悪い状態ではありません。
集中力がアップする運気です。
モチベーションがアップしにくい状態ならば、好きなことや趣味に没頭するのも一つの手です。

何事も深める運気

先月(10月)に感情のコントロールを行い、心を許す人物に甘える事が出来た方は、更に親睦を深めるチャンスに恵まれるでしょう。
11月は体調管理を強化させましょう。
自分の体への思いやり、パートナーへの思いやり、趣味の没頭など「深める」ことに恵まれている運気です。

 

四緑木星 12月の月運と運気

12月7日から2018年1月4日まで
147y12b02-kon「12月」の四緑木星は、月盤の南西にある「坤宮(こんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

低調な陥入月の月運から活動期に入ります。
気力・体力もアップする運気です。

12月楽しいイベントが目白押し

12月に入り、気力・体力が表れ持久力もアップ!
更に友人関係などからのお誘いやイベントの多い季節。
イベントのお手伝いに参加したり、お世話役も楽しめる運気です。
その影響から自然に優しい気持ちになれ、運気アップへ繋がります。

四緑木星 2018年1月の月運と運気

2018年1月5日から2月3日まで
147y01b03-sin「1月」の四緑木星は、月盤の東にある「震宮(しんきゅう)」と言う宮に入ります。(上記月盤参照)

九星気学では、年運が切り替わる時期が「立春」です。
その為、2018年1月は、まだ2017年の年運です。
従って、2018年1月は、2017年を締め括る月であります。

運の勢いに力強さが現れます。
清々しい気分で新年を迎える運気です。

2018年を視野に入れて…

2018年の四緑木星は、離宮に入ります。
従って、2018年は暗剣殺の一年(年運)となります。
ヤルベキ事は先延ばしにしないで、堅実的に整理していきましょう!
正攻法が吉策です!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ