七赤金星 福来る 運勢カレンダー 2017年8月・9月・10月

七赤金星 運勢カレンダー
2017年 8月7日~11月7日
まで

2017年の下半期の初月にあたる8月は低調な運気からのスタートになりますが。
モチベーションを上げて前向きに活動することで開運に恵まれます。
その後、9月・10月順調に運気アップ!

たただ、11月は謙虚さを失い好戦的な態度になるとトラブル勃発!
8月にしっかり精神性を高めておくようにしておきましょう!

やり方次第て毎日がハッピー!

捉え方と「気持ち」次第で「気」が変わり、「運気」が変わります。
毎日の積み重ねの結果が、一年後、三年後、十年後を変えます。

運勢カレンダーで今日の運勢をチェックして、今日も一日頑張りましょう!

2017年 8月(戊申) 七赤金星の運勢カレンダー

147y08b8月7日(立秋)16:40から9月6日まで
月運が始まる「節入り日」をスタートとして、運勢カレンダーを制作しています。

8/7

8

〇*
9

〇*
10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

〇*
24

25

△*
26

27

28

29

30

31

△*
9/1

2

3

4

5

6

運勢カレンダーの記号の説明

  • ◎と◯…良い日です!
    ◎は、周り(人や気)から協力を得られます。
    ◯は、人々に尽くす事で良い結果に繋がる良い日です。
  • △…普段よりちょっと注意が必要な日。
  • …暗剣殺の略。他動的または突然のトラブルに注意です。
  • …日破殺の略。約束事が成就し辛い日です。
  • -…あなたの短所が少し目立ちやすい日です。自己の拘りに固執しないように心掛けると吉。
  • *…記号の右に小さくアスタリスク「*」がついている日は、周りから助けが得られたり打開策が表れやすい日です。だだし、あまり自信過剰にならないようにしましょう。

七赤金星 2017年8月の運勢

8月7日~9月6日まで

運気としては低調な月運ですが…
今月はしっかり足元を固めておきましょう!
集中力も探究力も活用できる運気に恵まれています。七赤金星 8月 運勢の続きを読む…

線路の日(発展の法則)

運勢カレンダーに「物事は始めると継続し発展に繋がる」と言われる「線路の日」を加えました。

七赤金星の方は、卯・午・酉・子の日が、「線路の日」です。
習い事やダイエット、積立貯金など良い習慣を始めるには良い日とされています。

暗剣殺日の過ごし方

  • 高価な物は買わない。
  • 旅行の出発日に設定しない。(旅行先が吉方位ならOK!)
  • スケジュールには余裕を持って行動する。
  • 大切な契約事は避ける。
  • 普段通りの生活をおくる。
  • 争いごとは避けましょう!「逃げるが勝ち」です。
  • 無理はしない。

日破殺の過ごし方

  • 大切な約束や契約事を行わない。
  • 規則を守る。規則を守ることが自分の身を守ることになります。
  • 感情的になりやすいので気持ちに余裕を持つように心がけましょう。

スポンサーリンク

2017年 9月(己七赤金星の運勢カレンダー

147y09b9月7日(白露)19:35から10月7日まで
月運が始まる「節入り日」をスタートとして、運勢カレンダーを制作しています。

9/7

8

9

10

11

12

13

△*
14

〇*
15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

※*
29

30

〇*
10/1

2

3

4

5

6

〇*
7

運勢カレンダーの記号の説明

  • ◎と◯…良い日です!
    ◎は、周り(人や気)から協力を得られます。
    ◯は、人々に尽くす事で良い結果に繋がる良い日です。
  • △…普段よりちょっと注意が必要な日。
  • …暗剣殺の略。他動的または突然のトラブルに注意です。
  • …日破殺の略。約束事が成就し辛い日です。
  • -…あなたの短所が少し目立ちやすい日です。周囲に気を配ると運気アップ!
  • ※…一見好調でも気分を引き締める日。私利私欲を控えて公明正大に!
  • *…記号の右に小さくアスタリスク「*」がついている日は、周りから助けが得られたり打開策が表れやすい日です。だだし、あまり自信過剰にならないようにしましょう。

七赤金星 2017年9月 運勢

9月7日~10月7日まで

友人とのコミュニケーションが楽しめる月運です。
職場の人間関係も好調です。
その為、交際費の出費がふえるかも!七赤金星 9月 運勢の続きを読む…

線路の日(発展の法則)

運勢カレンダーに「物事は始めると継続し発展に繋がる」と言われる「線路の日」を加えました。

七赤金星の方は、卯・午・酉・子の日が、「線路の日」です。
習い事やダイエット、積立貯金など良い習慣を始めるには良い日とされています。

今月(9月)は、己酉。「月」ですから、事始めに非常に良い月「線路の月」です。
さらに!2017年は、丁酉ですから「線路の年」です。
年・月・日が「線路」となる、最高の事始めチャンスに恵まれている運気です。

暗剣殺日の過ごし方

  • 高価な物は買わない。
  • 旅行の出発日に設定しない。(旅行先が吉方位ならOK!)
  • スケジュールには余裕を持って行動する。
  • 大切な契約事は避ける。
  • 普段通りの生活をおくる。
  • 争いごとは避けましょう!「逃げるが勝ち」です。
  • 無理はしない。

日破殺の過ごし方

  • 大切な約束や契約事を行わない。
  • 規則を守る。規則を守ることが自分の身を守ることになります。
  • 感情的になりやすいので気持ちに余裕を持つように心がけましょう。

スポンサーリンク

2017年 10月(庚戌) 七赤金星の運勢カレンダー

147y10b10月8日(寒露)11:24から11月6日まで
月運が始まる「節入り日」をスタートとして、運勢カレンダーを制作しています。

10/8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

〇*
20

△*
21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

11/1

2

3

△*
4

5

〇*
6

運勢カレンダーの記号の説明

  • ◎と◯…良い日です!
    ◎は、周り(人や気)から協力を得られます。
    ◯は、人々に尽くす事で良い結果に繋がる良い日です。
  • △…普段よりちょっと注意が必要な日。
  • …暗剣殺の略。他動的または突然のトラブルに注意です。
  • …日破殺の略。約束事が成就し辛い日です。
  • -…あなたの短所が少し目立ちやすい日です。感情のコントロールが吉となる。
  • ※…言葉遣いに気を配りましょう。
  • *…記号の右に小さくアスタリスク「*」がついている日は、周りから助けが得られたり打開策が表れやすい日です。だだし、あまり自信過剰にならないようにしましょう。

七赤金星 2016年10月の運勢

10月8日~11月6日まで

前向き!元気!ヤル気!が大きく運気を上げる月運です。
何事も率先して行動する!
指示待ち人間になると運気を損ねます。

線路の日(発展の法則)

運勢カレンダーに「物事は始めると継続し発展に繋がる」と言われる「線路の日」を加えました。

七赤金星の方は、卯・午・酉・子の日が、「線路の日」です。
習い事やダイエット、積立貯金など良い習慣を始めるには良い日とされています。

 

暗剣殺日の過ごし方

  • 高価な物は買わない。
  • 旅行の出発日に設定しない。(旅行先が吉方位ならOK!)
  • スケジュールには余裕を持って行動する。
  • 大切な契約事は避ける。
  • 普段通りの生活をおくる。
  • 争いごとは避けましょう!「逃げるが勝ち」です。
  • 無理はしない。

日破殺の過ごし方

  • 大切な約束や契約事を行わない。
  • 規則を守る。規則を守ることが自分の身を守ることになります。
  • 感情的になりやすいので気持ちに余裕を持つように心がけましょう。

スポンサーリンク

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!福来る 運勢カレンダー

 

七赤金星 2017年の運勢

七赤金星 運勢

七赤金星 2017年の運勢仕事・転職・恋愛・健康・金運の各ジャンルを詳しく紹介しています。
詳細記事は、こちら をご覧ください。

 

七赤金星 2017年 上半期から下半期運勢バイオリズムと運気

2017 七赤金星 上半期2017年 毎月訪れる月運を 運勢バイオリズムと運気 にフォーカスして2017年2月から2018年1月までの月運を紹介します。
詳細記事は、こちら をご覧ください。

2017年 七赤金星 吉方位カレンダー

2017年 七赤金星の吉方位は、北西 です。
しかし、生まれた月によっては、凶方位になる方もいらっしゃいます。

本命星と月命星から導き出した
”しっかりとした吉方位” を知ることが大切!

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方と本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。
生まれ月別で記事を作成しています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ