2018年 西吉方位の開運効果とその象意

2018年 開運方位 西

「西」吉方における、2018年特有の象意を紹介します。

自分の吉方位へ旅行をする祐気取り、引っ越しをして運気を上げる方位取り。

一番強い効果を期待できるのは、やはり引っ越しですが。

開運吉方旅行も効果ありです!

2018年、万人が使うことが出来な凶方位は、北の五黄殺・南の暗剣殺・南東(辰)の歳破殺です。

それ以外の方位は、本命星にとって相性の良い吉星が入る方位は「吉方」として使用することが出来ます。

その吉方位には、それぞれの吉象意がり、自分に欠けてい部分を補填してくれたり、長所を伸ばしてくれる効果を期待することが出来ます。

吉方位へ良好や引っ越しをするだけで開運する事が出来るわけではありません。
必ず、成果を得る為の努力継続力が必要です。
また、他者を思いやる気持ち精霊潔白な精神が必要であることが大前提です。

スポンサーリンク

2018年 西 吉方位

2018年「西」吉方位の効果とその象意

西の宮は「兌宮(だきゅう)」といいます。

2018年は、この宮に二黒土星が入ります。(上記年盤参照)

兌宮は七赤金星の本座で七星金星のホームグランドのような宮です。
2018年は、その兌宮に二黒土星が一年間入り、土生金(どしょうごん)の影響が現れます。

土生金は、「金(鉱物・金属)は土から生まれる」と言った意味です。(五行説)

七赤的な象意と二黒的な象意が相まった象意に恵まれます。

持久力に欠けている方は、体力や気力をづくりを育む方法に恵まれ習慣化される。

「大衆」がターゲットであるお仕事をされている方は、大衆からの要望をしっかりキャッチして、営業力に繋げる事に恵まれます。

技術者にとっても勤勉さが向上しますから、働くことが生き甲斐(楽しみ)となって働き者になります。

そもそも「西」=「お金」は鉄板です!
そこに二黒的象意の「産む、育む」が加わるのですから、金運アップの効果は期待大です。

「西」は交友関係も司る方位です。
趣味やレジャーを通じて良い人間関係構築に恵まれます。
恋愛運アップにも繋がります。

スポンサーリンク

2018年「西」が吉方位となる方

2018年「西」を吉方として使える方を「本命星」に「月命星」を加味して下記のリストに表示しています。
吉方を取る日としては、年盤・月盤・日盤が同じ九紫中宮が重なる日が最も強い祐気効果(良い効果)があると言われています。

2018年は7月が開運月

本命星が五黄土星の方

本命星が五黄土星で5月(立夏から芒種の前日まで)生まれの方にはおススメの「西」吉方位です。

この生まれの方は、コツコツ努力する事で上司や有力者などの方から認められ引き上げて貰えるチャンスに恵まれています。
その影響は金運にも繋がりますから、安定的な金運アップに恵まれます。
急激な発展ではないかもしれませんが、堅実的な発展に恵まれます。

スポンサーリンク

本命星が六白金星の方

本命星が六白金星で2月(立春~)生まれの方にはおススメの「西」吉方位です。

この生まれの方は、「口論」は極力避けましょう。
誰でもちょっとした口喧嘩くらいはするものですが、この生まれの方は事が大きくなりやすい傾向があるのです。
頭が良く、プライドも高いので、打てば響くタイプですから、感情に刺激してしまうのでしょう。
ほど良く鈍さと柔順さを取り入れる良い吉方位です。

賭け事(場合によっては株やFXも含む)はおススメできません。
見栄を張ったり、華美になるのも控えた方が運気アップに繋がります。

 

本命星が八白土星の方

本命星が八白土星で8月(立秋~)生まれの方にはおススメの「西」吉方位です。

この生まれの方は、地味でも日々の努力が上司や有力者などの方から認められます。
ただ、身内が絡まない環境の方が成果が現れやすいようです。
運気アップのアシストに「南西」吉方も使うと良いでしょう。

本命星が九紫火星の方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ