三碧木星 今月の運勢

三碧木星 毎月の運勢

この記事では、三碧木星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星三碧木星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は、三碧木星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”三碧木星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和9年(1934)2月4日~昭和10年(1935)2月4日
昭和18年(1943)2月5日~昭和19年(1944)2月4日
昭和27年(1952)2月5日~昭和28年(1953)2月3日
昭和36年(1961)2月4日~昭和37年(1962)2月3日
昭和45年(1970)2月4日~昭和46年(1971)2月3日
昭和54年(1979)2月4日~昭和55年(1980)2月4日
昭和63年(1988)2月4日~平成元年(1989)2月3日
平成9年(1997)2月4日~平成10年(1998)2月3日
平成18年(2006)2月4日~平成19年(2007)2月3日
平成27年(2015)2月4日~平成28年(2016)2月3日

表中の日付を見て頂くとお分かりのように、一年の区切りは1月1日ではありません
九星気学では、一年の始まり(運勢)は、立春(節分)から始まります

三碧木星 今月の運勢と吉方位

三碧木星 9月 運勢と吉方位
2020年9月7日~10月7日まで三碧木星 9月本命星: 西(兌宮回座)
9月の吉方位:南東・北東(天道)

年盤・月盤共通の吉方位:北東
遠方旅行・移転・引っ越し吉方位

2020年の吉方位:北東・南西
2020年 三碧木星 年盤

 

 

三碧木星 2020年9月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

南東

九紫火星が巡る 9月の南東の祐気エネルギー

年盤では南東殺気殺ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

  • 権威者からの引き立てに恵まれる
  • 教養や知識の活性化し知恵に恵まれる

9月の三碧木星九紫火星と同会する月ですから、9/7日から10/7日までの一ヵ月間は月盤上の同会吉方となります。

但し、5月生まれ・7月生まれの方は除きます。(月命殺もしくは月命的殺の為)

同会吉方については下記リストの記事をご覧ください。

 

北東(天道)

年盤・月盤共に吉方位です。長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

四緑木星が巡る 9月の北東の祐気エネルギー

  • 蓄えていた能力や蓄財などが発展や拡大に繋がるご縁に恵まれる
  • 俯瞰力が高まり、交渉力が大きく成長する

9/7日から10/7日までの一ヵ月間は天道吉方となります。

但し、3月生まれ・ 9月生まれ・12月生まれの方は除きます。(月命殺もしくは月命的殺の為)

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

三碧木星 生まれ月別(月命星)の吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

運勢 関連記事

 

三碧木星 2020年9月の運勢
喜悦運に恵まれる月

三碧木星 9月「月盤と年盤の関係」
兌宮回座により九紫同会。坎宮にて六白被同会(上記の年盤と月盤参照)

9月の月盤では、三碧木星は酉(西方位)に「兌」と書かれている「兌宮(だきゅう)」という宮に入ります。

9月 吉神 月盤

兌宮(西)は、喜悦を担当する七赤金星の本座(定位置)です。

主に「口(くち)」に関わる事柄を担当するので、「会話、飲食」を通じて人々と集い、楽しむことを象徴します。

また、西の宮ですので季節としては「実りの秋」に通じ、現代的には「収穫=お金」とされています。

なので、兌宮は本命星が入る月運のエネルギーとしては、ピークが過ぎ、成果を手に入れた後の「宴」のような運気となります。

開運ワードは「次のステージに向けて不足を認め補う」

 

楽しみと悦びを共有する人間関係が広がる月

暦の上では立秋(8月)から秋なのですが、やはり体感的に9月頃から秋を感じるようになります。

秋は何と言っても「レジャー」を楽しむ季節!

三碧木星の月運においても「趣味やレジャー」を心置き無く楽しむことが出来る月運に恵まれます。

先月(8月)は課せられた責務を果たすために非常に忙し月だったと思います。

今月(9月)は、忙しさや義務感から解放され、心にゆとりが現れるでしょう。

緊張感から解放されることは素敵なことなのですが。

緩み過ぎないように適度な緊張感は保つように心がけて下さい。

 

承認欲求や虚栄心は無用!

今月(9月)の三碧木星は、「喜悦・趣味・飲食」を担う「兌宮(だきゅう)」(方位は西)に滞在するので「心の底から悦びを感じる感性」が高まる運気に恵まれます。

趣味に熱中したり、気の置けない仲間との食事会を開いたり、集まりに招かれる機会があれば積極的に参加すると良いでしょう。

共通の趣味や嗜好を通して、楽しい会話が弾み「心」も満たされます。

ただ、趣味や知識などを他者に自慢したり、見栄を張って優越感を得ようとすると…

途端に口調が強くなり、場の空気も一変します。

冗談でも他者をディスってウケを狙うような話題は厳禁です!

今月(9月)の月盤では、三碧木星は西の「兌宮」に入ります。

そして、年盤では一年間(2月立春から翌年2月節分まで)九紫火星が滞在し、九紫に暗剣殺が付いています。

「口や会話」を担う兌宮にて、「名誉や華美」を担当する九紫の上に三碧が乗るので、華やかで楽しい会話が弾むのですが。

九紫的な凶象意である「見栄・自慢」を表現すると、九紫が抱えている「暗剣殺」が発動します。

そもそも、三碧木星が抱えている暗剣殺ではないので露骨に理不尽な禍を被るわけではないのですが…

同会する星のネガティブな象意を活用すると、その星が抱えている影響が現る可能性はあります。

逆に同会する星をポジティブに活かすことは全く問題なく、むしろ然るべき開運行動へ繋がります

穏やかで喜悦運に恵まれる月運ですので、過度に人と張り合ったり、自分を実質以上に見せる必要はありません。

また、「悦びの気」に恵まれているので、その「悦び」を他者に与えることが開運行動となるので、ポジティブな表現で明るい話題を他者に提供すると良いでしょう。

なので、話題や言葉選びは重要なポイントとなります。

 

三碧木星 9月の日運グラフ

9月7日から22日まで

三碧木星 9月 日運グラフ9月22日から10月7日まで
三碧木星 9月 日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

スポンサーリンク

 

三碧木星 9月の仕事運

仕事運

今月(9月)は、気持ちに「ゆとり感」が現れる反面、主張感が緩みやすくなる傾向が現れるので、仕事に関しては緊張感の維持を心掛けて下さい。

小さなケアミスが多きなトラブルに発展する可能性が「ゼロ」ではありません。

今月(9月)は「酉月」ですので、酉方位(西)に光が当たるので、ポジティブな事柄には明るさが増し、ネガティブな陰の部分が色濃く現れます。

なので、仕事上のコミュニケーションや情報のやり取り、また重要な書類の取り扱いは一つひとつ丁寧に確認しながら進めるようにしましょう。

今月(9月)は午前中に集中力が高まる運気に恵まれています。

なので、翌日に即仕事に取りかかる事が出来るように前日の業務終了前には、次の日の段取りをきちんと済ませておきましょう。

今年(2020年)の年盤では、三碧木星は北の「坎宮」という宮に一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在し、そして9月は六白金星がひと月滞在するので、三碧の上に六白が被る状態となります。(六白被同会)

  • 周囲の話を聞かない
  • 独断専行
  • 情報報告の共有を拒む

このような行動は控えて下さい。

被同会となる六白の暗剣殺による影響を受けるかもしれません。

「完成・充実・本物」を担う六白を活用するには「公明正大」であることが一番の活用法です。

 

 

三碧木星 9月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今月(9月)の三碧木星は「悦び・飲食・交際」の気が高まる兌宮に滞在する月ですので、積極的に行動することで、異性と知り合うチャンスも高まります。

趣味やレジャー、飲食などがきっかけとなって出会うチャンスに恵まれます。

ただ、この時期の三碧木星の方は、少々熱しやすく冷めやすい傾向があるようです。

衝動的な感情で突っ走らないようにしましょう。

また、感性が高まる月なのですが…

情熱的なエネルギーが「怒り」の方に向かうと怒りの炎が燃えがる事もあるかもしれません。

しかし、何事も感情的に反応すると解決どころか、人間関係がこじれてしまいます。

とは言え、無理やり「怒り」をコントロールしても、根本的解決にはならず、自分の心がこじれます。

今年(2020年)は、目に見えない「人生の根の部分を成長させる年」ことがテーマなので、この機会に「怒りの根源」と向き合ってみると良いでしょう。

そもそも、怒りは自己防衛から発動する「防衛本能」ですから「自尊感情の低下」が起こっている可能性があります。

もし、「怒り」を感じたら、感情を表現する前に『なぜ、自分は怒るのだろうか?』と分析してみましょう。

その際には「他責思考」ではなく「自責思考」で分析することがポイントです。

「怒り」は恋愛のみならず人間関係全般に大きく影響を及ぼす感情ですから、次のステージへステップアップする気を活用して自己成長に繋げましょう!

 

スポンサーリンク

 

三碧木星 9月の金運

金運

今月(9月)は交際費やレジャー費などの出費が多くなるかもしれません。

とは言え、季節柄も運気においても「楽しみ」に恵まれる月ですから、我慢する必要はないです。

特に! 北東は天道吉方がとれる月、そして南東は同会吉方が取れる月、しかも9月は三連休もあります。

近場で開運旅行に出かける程度なら大きな出費にはならないでしょう。

三碧木星の方だけに限る象意ではないのですが…

今月(9月)は、北東に天道が巡り四緑木星が滞在します。

なので、お天道様からの光から得られる気を活用すると良いので、四緑の吉象意である「万事調う」を意識して「帳尻を合わせる」金銭感覚を発動させましょう!

来月(10月)は変化運が訪れ「転換期」を迎えますから、この時期はしっかり帳尻を合わせて整えましょう。

 

スポンサーリンク

 

2020年 三碧木星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

秋財布 2020年 三碧木星に相応し金運財布と購入日

秋財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

三碧木星 9月の健康運

健康運

月運エネルギーとしては、ピークが過ぎ衰退へ向かう時期に入ります。

「衰退=体力が衰える」わけではなく、健康的な身体づくりを充実させる時期であります。

ただ、季節柄どうしても夏の疲れが出やすい時期ですので、日頃の食事には気を使うことをお勧めします。

人の体は「食べ物」によって作られますから、初物を食することが秋の体づくに繋がります

なので、積極的に初物を日常の食事のメニューに加えると良いでしょう。

秋鮭のホイル焼きにスダチはお勧めです!

眼精疲労から発生する頭痛に注意!

 

 

2020年 三碧木星の運勢

三碧木星 2020年の運勢

三碧木星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら三碧木星 2020年の運勢」御覧下さい。

2020年 三碧木星の月運

九星気学 三碧木星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

九星気学 9月の運勢

九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

三碧木星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

三碧木星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

三碧木星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

丑年 戌年 未年 辰年
1961年(昭和36)
2月4日 10:23~
1962年(昭和37)
2月3日
辛丑年
1970年(昭和45)
2月4日 14:46~
1971年(昭和46)
2月3日
庚戌年
1979年(昭和54)
2月4日 19:13~
1980年(昭和55)
2月4日
己未年
1988年(昭和63)
2月4日 23:43~
1989年(昭和64)
2月3日
戊辰年
1997年(平成9)
2月4日 4:03~
1998年(平成10)
2月3日
丁丑年
2006年(平成18)
2月4日 8:27~
2007年(平成19)
2月3日
丙戌年
2015年(平成27)
2月4日 12:59~
2016年(平成28)
2月3日
乙未年
2024年2月4日
17:27~
2025年2月2日
甲辰年

 

関連記事(一部広告含む)

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ