三碧木星 今月の運勢

三碧木星 毎月の運勢

この記事では、三碧木星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星三碧木星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は、三碧木星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”三碧木星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和9年(1934)2月4日~昭和10年(1935)2月4日
昭和18年(1943)2月5日~昭和19年(1944)2月4日
昭和27年(1952)2月5日~昭和28年(1953)2月3日
昭和36年(1961)2月4日~昭和37年(1962)2月3日
昭和45年(1970)2月4日~昭和46年(1971)2月3日
昭和54年(1979)2月4日~昭和55年(1980)2月4日
昭和63年(1988)2月4日~平成元年(1989)2月3日
平成9年(1997)2月4日~平成10年(1998)2月3日
平成18年(2006)2月4日~平成19年(2007)2月3日
平成27年(2015)2月4日~平成28年(2016)2月3日

表中の日付を見て頂くとお分かりのように、一年の区切りは1月1日ではありません
九星気学では、一年の始まり(運勢)は、立春(節分)から始まります

三碧木星 今月の運勢と吉方位

三碧木星 7月 運勢と吉方位
2020年7月7日~8月6日まで三碧木星 7月本命星: 中央(中宮回座)
7月の吉方位:南西・北西

年盤・月盤共通の吉方位:南西
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:北東・南西
2020年 三碧木星 年盤

 

 

三碧木星 2020年7月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

夏の土用期間:7月19日から8月6日

土用殺方位:南西(夏の土用期間のみの凶方位)

 

南西

九紫火星が巡る 7月の南西の祐気エネルギー

年盤・月盤共に吉方位です。長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

  • 先見の明が高まる
  • 多くの人々(大衆)が必要とすることを見出す知恵に恵まれる

 

北西

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では北西死気方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

四緑木星が巡る 7月の北西の祐気エネルギー

  • 信用運アップ
  • 物事を調え、成果(完成)へ導くチャンスに恵まれる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

三碧木星 生まれ月別(月命星)の吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

運勢 関連記事

 

三碧木星 2020年7月の運勢
見直しと改善で足固めを行い収穫期に備える

三碧木星 7月「月盤と年盤の関係」
中宮回座により七赤同会。坎宮にて八白被同会(上記の年盤と月盤参照)

7月の月盤では、三碧木星は盤の中央に「三」と書かれている「中宮(ちゅうぐう)」という宮に入ります。

7月 吉神 月盤

中宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「最強」となります。

しかし、その強いエネルギーを対外的に発動するのではなく!

「内容(自己)の充実」を図るための強いエネルギーです。

開運ワードは「周囲への気配り」

 

一旦立ち止まって振り返り改善を施し足元を強固に固める

2020年の年運が2月(立春)から始まり、上半期最終月となる7月に入ります。

早いもので…今年もそろそろ半分が終わりお迎えようとしています。

そんな時期を迎える三碧木星は、九星気学における中間地点となる「中宮(ちゅうぐう)」に入ります。

今月(7月)の三碧木星は、今年一年間の計画や進捗状態を一旦立ち止まって見直す月運が巡ります。

4月から始まった成長期のエネルギーによって、何事も進展が促され、意識的に何事も「前進」させることへエネルギーが費やされていたと思います。

その為、もう少し丁寧にやりたかったことを流れのままやり過ごしたり…

または、本当にこの状態(ルーティーン)を続けてて良いのか?…と、疑問を抱いたまま前進していた状態を止めて見直す最適な月となります。

この一ヵ月間(小暑~立秋前日まで)滞在する中宮は、結実の宮ですから、これまでの活動の結果が「結実として現れる」タイミングなのです。

また、中宮に入る本命星(三碧)は、中心的存在となりますから、四方八方がよく見渡すことが出来ます。

そして、年盤の中宮には、次のステージへ意識(思考)を向けることを促す「七赤金星」が一年間滞在し、三碧木星と同会ています。(七赤同会)

なので、この時期の三碧木星は、周囲を見て必要なことは受け入れ、改めるべきところは改善する。

その活動を通して、今年の目標や方向性を見直すことが課題となります。

今年の三碧木星は一年間、北の「坎宮(かんきゅう)」という宮に滞在しているので、何らかの不安を抱えやすい状態なので、この時期に迎える「振り返り」や「改善」には不安的な事柄がきっかけとなるかもしれません。

一見、ネガティブなイメージを抱くかもしれませんが…

それは、決してネガティブではなく、堅実に目標へ向かう為の足固めなので、有益な状態へ促し継続する。

それが、成果へ向かう最も大切なステップなのです。

 

積み重ねた努力を見直し建設的に未来を構築する

2月(立春)から翌年2月(節分)まで滞在している北の「坎宮」には、今月(7月)は「変化」を象徴する八白が被る状態(八白被同会)となります。

なので、周囲や外的な事柄に変化が起こるでしょう。

その影響を被る三碧木星(八白被同会)には、新規事の話が持ち上あがり、気持ちに変化が起こるかもしれません。

本来、好奇心旺盛な三碧木星ですから、その好奇心が刺激されて新たな事柄に気持ちが傾く傾向が現れるかもしれません。

しかし、物事(目標)を根底的にひっくり返し、更地から物事(目標)を始める時期ではなく、「振り返りと改善を通じて充実を図る」ことにエネルギーを注ぐ時期です。

八白土星が象徴する「引き継ぐ」「積み重ね」を通して「刷新的な改善」に意識を向けると良いでしょう。

未熟な点を改善して強化することで、2020年の後半に迎える充実期と収穫に備えましょう。

 

三碧木星 7月の日運グラフ

7月7日から22日まで

三碧木星 7月 日運グラフ7月23日から8月6日まで
三碧木星 7月 日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

スポンサーリンク

 

三碧木星 7月の仕事運

仕事運

9年サイクルでステージアップを迎えた一年(2020年)も半ばを迎え、未熟さや不足している能力や知識を知ることで2020年後半の三碧木星は大きく成長します。

今月(7月)の月運としてのエネルギーとしては、最高に強さが極まる月を迎えます。

その強さは、他者に向けるものではなく、自分の不足に気づき、それを補い改善を施すことで今後の仕事運が上昇します。

自分の未熟さを知ることは少々辛い気分になるかもしれませんが…

しかし、良くも悪くも自分を認める「自己受容」こそが、ポテンシャルを引き出す重要な取り組みです。

今年は自己内観の能力に優れている一年に迎える「振り返りの月」ですから、今後の発展に貢献するチャンスを自分の中から生み出しましょう!

日々の仕事においては、これまで励んだことが結実として現れる月運に恵まれます。

ただ、ここで現れた結実は、まだ完成ではないので、気を緩めず雑にならないように心がけて下さい。

職場では周囲の行動や状況など全てがよく見える月なので、人の欠点や状況の不備も気になるでしょう。

それを「不平不満」のような言葉で表現するのではなく、建設的な表現を心掛けることで「言霊」のエネルギーがレバレッチとなって大きな効果をもたらします。

コミュニケーションは、確認や復唱を上手に活用すると良いでしょう。

また、書類や作業のチェックも意識的に言葉で表現することでミスの軽減に繋がります。

 

 

三碧木星 7月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今月(7月)の月盤では、悦び・楽しみなど快楽的な要素を象徴する「七赤金星」と同会するつきです。

交遊やレジャー面に大きく影響を促しますから、飲食やレジャーなどに誘われる機会が増えるでしょう。

月運のエネルギーも高まっている月ですから、思いっきり楽しめるでしょう。

周りの様子がよく見える三碧木星は、逆に周囲からも注目を集めやすい月運です。

なので、恋活中の方にとってはチャンスの多い月となるでしょいう。

ただ、その注目は三碧木星に忖度した内容の注目ではありませんから、自分にとって対象外となる人からも注目されることもあるでしょう。

今月(7月)の三碧木星は、語彙力の引き出しからポンポン言葉が出てきて周囲を楽しませる話術が高まっています。

人を楽しませるような「悦びの言霊」を発することで引き寄せ力が高まります。

なので、そのエネルギーと能力をネガティブな使い方をすると…大きくネガティブな結果を引き寄せるので表現には注意しましょう。

カップルの方は、パートナーと一緒に食事を作るなどの「食」を通じたコミュニケーションで楽しい時間を共有することが出来るでしょう。

 

スポンサーリンク

 

三碧木星 7月の金運

金運

繰り返しになりますが…

今月(7月)は、「見直しと改善」に相応しい絶好のタイミングですから、金銭面においても「見直しと改善」を施すと良いでしょいう。

このコロナ禍で、収入に変化が起こった方は多数いらっしゃると思います。

この変化は、もう後戻りすることのない変化ですから、長期スパンで支払を抱えている方は余裕のあるうちに「見直しと改善」を施すことをお勧めします。

月運としては、レジャー運が好調な月なので交遊費に費やすお金が発生するでしょう。

この出費は、その一回だけのことですから課題の範疇ではないのですが…

毎月の出費となる保険や通信費など見直す余地のあるものは、しっかり見直してみましょう。

今月(7月)の三碧木星は、周囲の状態がよく見える状態ですから、全体を把握して判断する能力が高まっています。

この運気とご自身の状態を上手に活用することで、素晴らしい経済の運用計画を立てることが出来るでしょう。

今年(2020年)は、基盤を固める一年で、さらに今月(7月)の足固めで経済的ガードを固めましょいう。

見落としがちな「金利」や「手数料」さらに「費用対効果」のチェックも行うことをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

2020年 三碧木星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

春財布 2020年 三碧木星に相応し金運財布と購入日

春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

三碧木星 7月の健康運

健康運

月運のエネルギーが強い時期ではありますが…

何事においても「結実」となる月運ですから、エネルギーが集中した事柄や身体的部位に「結実」が現れやすい月運です。

これまでに、偏った食生活や不規則な生活をされた方は、何らかの支障が現れるかもしれません。

今月(7月)は、夏の土用があり、その期間は7/19~8/6です。

土用の前に季節の気が最も高まり、その気が終息して新しい季節の気に引き継ぎます。

その変わり目となる時期が土用ですので、人間の身体にも影響が現れやすい期間となります。

なので、体調を崩された方は、季節の切り替わりを機に自分の身体にも「根本的な改善」を施すような取り組みをされると良いでしょいう。

 

 

2020年 三碧木星の運勢

三碧木星 2020年の運勢

三碧木星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら三碧木星 2020年の運勢」御覧下さい。

2020年 三碧木星の月運

九星気学 三碧木星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

九星気学 7月の運勢

九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

三碧木星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

三碧木星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

三碧木星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

丑年 戌年 未年 辰年
1961年(昭和36)
2月4日 10:23~
1962年(昭和37)
2月3日
辛丑年
1970年(昭和45)
2月4日 14:46~
1971年(昭和46)
2月3日
庚戌年
1979年(昭和54)
2月4日 19:13~
1980年(昭和55)
2月4日
己未年
1988年(昭和63)
2月4日 23:43~
1989年(昭和64)
2月3日
戊辰年
1997年(平成9)
2月4日 4:03~
1998年(平成10)
2月3日
丁丑年
2006年(平成18)
2月4日 8:27~
2007年(平成19)
2月3日
丙戌年
2015年(平成27)
2月4日 12:59~
2016年(平成28)
2月3日
乙未年
2024年2月4日
17:27~
2025年2月2日
甲辰年

 

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ