八白土星 2023年の運勢 在りたい自分を見出す

八白土星 2023年の運勢と吉方位
九星気学 2023年 八白土星の運勢手離すことで開運へ

八白土星 2023年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2023年2月4日から2024年2月3日まで

立春の節入り時刻は、2月4日11時42分からです

吉方位東・北東

 

二黒土星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 足元を固めて飛躍に挑戦する気力を得られる。

七赤金星が回座する北東の祐気エネルギー効果

  • 副業などの副収入で手取りの増加が期待できる。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。
下記、表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。
注意! 生まれ月は、二十四節気の節入り前に生まれた方は前月生まれとなります。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

八白土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

2023年の恵方は「南南東のやや南(丙)」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

北から0度の一周360度を二十四分割して表す「二十四方位(にじゅうしほうい)」では、「 南から東へ15度」で十干の「 」の方位です。

一般的には二十四方位ではなく「16方位」で表されていることが多いので、異なる表現をされると混乱するかもしれませんが、南より東で南東の範囲に入らない辺りです。

恵方(歳徳神)は、十干の陽干「甲・丙・庚・壬」に付きます。

「戊(つちのえ)」においては「中央」の十干ですので方位はありません。

干合干合図
真向いの十干と干合して五行が変わる

十干が陰干の年「乙・丁・己・辛・癸」は、陽干と干合(かんごう)する十干に付きます。(本年は癸)

干合とは、互いに剋する関係の「相剋(そうこく)」でありながら陰陽で融合し、虚の状態で別の五行に化けます

2023年は「癸」ですので、融合するパートナーの「戊」と干合します。(上記図参照)

その作用で、癸と戊が共に「火性化」して、 「丙」となります。

従って、2023年の恵方は「丙(ひのえ)」となります。

ただ、「戊」の中央にも歳徳神さまがおられる意識は持っている方が良いでしょう。

個人の中央は自宅です。

神は不浄を嫌いますから、自宅は常に清潔を保ち、四緑象意の「風」の恩恵を得られるように整えることをお勧めします。

窓ガラスを綺麗に保ち、常に陽の光(陽の気)が入るようにしましょう。

また、空気の流れが滞らないように換気扇のほこりや油汚れの除去を心掛けることをお勧めします。

 

2023年 八白土星の年盤解説

基本的に記載されないが、年盤の下に存在する「後天定位盤」「2023年の年盤」を表した図です。

八白土星2023 同会と被同会

2023年の三合は「卯・未・亥」の三合木局

2023年は「癸卯の年」ですので、「卯」太歳が付きます。

木の五行を担う「卯」、土の五行を担う「未」、水の五行を担う「亥」は、各々異なる五行で異次元の結合によって三合木局が形成され、そして強力な五行の「木」を創ります

この現象は地支(十二支)で生じるので、生まれ年・月・日に「卯・未・亥」を持つ方は、物事や思考性が広がるような事柄が生じます。

2023年「酉」の歳破

の向かい側の「酉」には歳破が付きます。

八白土星の「酉年生まれ」は存在しないので、生まれ月・日に「酉」を持つ方に影響が生じる傾向があるでしょう。

歳破」は本年一年間の「」で、つまり「やぶる、やぶれる、こわす、こわれる」ことを表します。

その象意を能動的に用いる場合と受動的な状態、または傍観的立場で体験するので、ネガティブな印象を受けるかもしれません。

しかし、長い目で捉えると「あの時の体験が今に活かされている」と、思える日が必ず訪れます。

「経験値を高める為の効果的なイベントの一つ」として、捉えることで運が開きます。「歳破」は本年一年間の「破」で、つまり「やぶる、やぶれる、こわす、こわれる」ことを表します。

その象意を能動的に用いる場合と受動的な状態、または傍観的立場で体験するので、ネガティブな印象を受けるかもしれません。

しかし、長い目で捉えると「あの時の体験が今に活かされている」と、思える日が必ず訪れます。

「経験値を高める為の効果的なイベントの一つ」として、捉えることで運が開きます。

 

八白土星 2023年の運勢

2023年2月3日(立春)~2024年2月3日(節分)までの全体運

 

昨年(2022年)は、周囲の環境や人間関係などに変化が現れる一年を過ごされたと思います。

この様々な変化によって、ご自身の心情や価値観にも変化が生じたでしょう。

ここ数年、世の中全体が大変化の大波にもまれている状態です。

その最中に訪れる「変化の年」は、あらがう余裕もなく変わらざるを得ない状況だったと思います。

九星から離れますが…

占星術では、これまでの約200年は物質的価値観の主流だった「地の時代」から精神的価値観が主流となる「風の時代」に2020年12月22日に移り変わり、人々の集団意識に変化が生じています。

例えば、仕事では自分の好きなことで収入を得る方法を模索している人が増えました。

もう時代が逆戻りすることはなく、これからドンドンその方向へ進化します。

もはや、変化は必然でこのプロセスを経て意識改革が成されたはずです。

 

顕在化が得られる

今年(2023年)の八白土星は南に位置する「離宮(りきゅう)」に回座し、離宮象意の「離」から生じる環境におかれます。

「離は明なり」と言われ、何事も明らかになることを言います。

これまで曖昧だったことが明らかになり、そして的確な判断が促されるので「必要」と「不必要」の判断も容易にできます。

今年(2023年)の八白土星は、頭脳明晰で先見の明に恵まれる年ですので、殆どの判断に間違いはないでしょう。

ただ、感情が乱れると適切な判断が得られ辛くなるので、平常心を心掛けるようにして下さい

 

執着を手離す最高のタイミング!

日頃は「なりたい自分」の方に意識が向かいがちなので、自分を支える軸となる自分軸の「ありたい自分を得られずに過ごしているかもしれません。

普段はあまり気づかないかもしれませんが。

2023年の八白土星は、何事も明らかになる「離」の象意によって「ありたい自分」を見つける機会が得られるでしょう。

これまでに属性や他者からの評価で刷り込まれた自分の特徴を「自分」と思い込み、さらに「そうあるべき」と思うことで生じた「執着」を手離すことで「ありたい自分」が明確にあらわれ、そして「本当の自分」が得られるでしょう。

今年(2023年)の八白土星は易経の「山火賁(さんかひ)」を得ています。

その意味は、端的に「賁」からの「飾る」です。

「ありたい自分」の本質を活かした飾り、つまり「飾りの在り方」が問われます。

中身が全くないのに飾る「虚飾」や、悪い内容を見せないように飾る「粉飾」といった見栄は捨てなければなりません

また、そのような「飾り」を的確に見抜く能力を高めたり、用いたりする場面を体験するかもしれません。

 

八白土星 2023年の月運バイオリズムグラフ

八白土星2月~翌年1月までの月運図上記の図は、月運の勢いを可視化した図です。

回座宮の解説

下記の図は、回座する各宮の主な事象をコンパクトに一言でまとめた遁甲盤で、丸数字は飛泊する順序を表した数字です。

勢力盤

2023年の年運は2月立春から始まります。

 

中宮回座2月は月盤の「中宮(ちゅうぐう)」に本命星が回座します。(⑤結実)

これまでの取り組み「結実」が得られますが改善と問題解決が必要になるでしょう。

周囲の人々と連携して取り組むことが大事です。

 

乾宮回座3月は月盤の「乾宮(けんきゅう)」に本命星が回座します。(⑥完成)

月運における完成の機運によって、何事も「完璧さ」を求められるかもしれません。

 

兌宮回座4月は月盤の「兌宮(だきゅう)」に本命星が回座します。(⑦収穫)

月運における運気は下降局面に入りますが、運気は強いです。

 

艮宮回座5月は月盤の「艮宮(ごんきゅう)」に本命星が回座します。(⑧変化)

月運における変化運が巡ります。

それに伴って変化が持ち込まれますが、受け入れる方が開運に繋がるでしょう。

 

離宮回座6月は月盤の「離宮(りきゅう)」に本命星が回座します。(⑨分離)

先月の変化による対応が続きます。

拘りや執着を手離すための整理を行うと良いでしょう。

 

坎宮回座7月は月盤の「坎宮(かんきゅう)」に本命星が回座します。(①陥入=坎入)

今年一年間で最も運気が低下する月運が巡ります。

体調管理に徹して、疲れたら早めの就寝を心がけて下さい。

 

坤宮回座8月は月盤の「坤宮(こんきゅう)」に本命星が回座します。(②播種=種蒔き)【暗剣殺】

月運は再び上昇局面に入るのですが、明るい兆しの訪れは遅いようです。

 

震宮回座9月は月盤の「震宮(しんきゅう)」に本命星が回座します。(③萌芽)【月破】

9月に入り運気は一気に回復を得ます。

焦りが生じると本来のパフォーマンスが発揮できなくなるので、何事も堅実に進めることを心がけて下さい。

 

巽宮回座10月は月盤の「巽宮(そんきゅう)」に本命星が回座します。(④開花)【月破】

運気は先月よりさらに上昇し、月運における「状況局面のピーク」を迎えます。

不用意な発言は慎む方が無難です。

 

 

 

八白土星 2023年の仕事運

仕事運

今年(2023年)の八白土星は南に位置する「離宮」に回座します。

離宮が担う時間帯は、午前11時から午後1時の二時間で「午の刻」に当たります。

とても明るく強い陽の光を浴びることを表し、その象意が事象となって現れます。

仕事面で生じる事象では、これまでの努力と貢献が認められて名誉や名声、昇進、昇格が得られるでしょう

その反面、強い光が当たれば、影が色濃く現れるので「闇」の部分まで露呈するような事象が生じるかもしれません

2023年は「飾り」を良くも悪くも用いる傾向があるので、利己的な都合で「虚飾や粉飾」を行うと「離」が担う「火」によって「炎上」が生じるので「不誠実な飾り方は御法度」であることを心掛けて下さい。

このような事象はご本人に生じるだけでなく、環境にも生じるので地位や能力の高い学者や専門家、社内では上司と関わる機会が増えるでしょう。

今年(2023年)の八白土星は、様々な物事がよく見え、そこから得られる推測や推理においても的確ですので、相手の間違いや整合性の合わない状態によく気が付きます。

つまり、他者や組織の闇がよく見えるので、憤りを覚えるかもしれません。

しかし、この状況に気づいているのが本人一人だけだと孤軍奮闘を強いられ、心に抱いた憤りを感情にあらわしてしまうかもしれません。

感情を露わにしても解決は得られないので、一人で抱えず周囲を巻き込んで解決する方法を模索することを心掛けて取り組むと良いでしょう。

 

資格試験や昇進試験にチャレンジ!

今年(2023年)の八白土星は、頭脳の回転が良く、さらに知的好奇心が燃え上がり上昇志向が高まります

なので、スキルの向上だけでなく、資格試験や昇進試験は積極的にチャレンジされると良いでしょう

その取り組みにおいては、打算や妥協なく「最高」を目指すことをお勧めします。

物質的欲求や承認欲求から生じる努力ではなく、素直に「ありたい自分」を目指して勇敢に挑戦できる年運に恵まれているので是非試みて下さい。

八白土星が回座する離宮に内包されている「丙(ひのえ)」は恵方を担い、本年の福徳を司る「歳徳神」からの応援が得られてます

そして、八白土星を象徴する「山」を更に高く創り上げるためのご加護も得られています。

八白土星 2023年からの9年運

上記の図は、2023年から2032年までの八白土星の年運を可視化した図です。

2024年から20年間続く「第九運」にはいるので、これまでの「第八運」2023年で終わります

 

 

スポンサーリンク

 

八白土星 2023年の人間関係

結婚運 恋愛運 人間関係

今年(2023年)に回座する離宮による「離」の象意は人間関係においても事象が現れます。

この事象は「離れる」だけでなく「離合集散」となるので、転勤、転職、引っ越しなど様々なことが原因でご縁が離れても、また新たな人とのご縁が生じるので「寂しさ」は一時的でしょう。

「離」の象意を上手に活用する方法として「あえて距離を置く」ことに用いることができます。

悪い縁を断ち切るには絶好のタイミングです。

また、険悪でも完全に断ち切ることが出来ない人間関係は一時的でも「距離を置く」ことも有効ですから試みる価値はあります。

ただ、その際の対応で感情的になるとトラブルに発展して、事が大きくなる可能性があるので冷静な対応を心がけて下さい。

 

他者を飾る

今年(2023年)の八白土星は「飾る」ことがテーマとなり、その在り方は重要となります。

人間関係においては自分が引き立て役になって、他者の飾りになることで良い結果が得られます。

物理的な見た目の引き立て役だけでなく、むしろ「心を花で飾る」ような精神的な引き立ての方が重要かもしれません。

他者に対して「ありのままの存在価値を認める」ことを心がけて下さい。

称賛の年運に恵まれている八白土星が「称賛を与える」ことで、因果応報のサイクルが生じ、そして再び八白土星に巡ります

 

出会い運

今年(2023年)の八白土星は、目立つ存在となり得るので派手目のお洒落を心がけて下さい。

八白土星の定位置である北東の「艮宮(ごんきゅう)」には、喜悦を担う七赤金星が回座しているので飲食に関わるイベントやパーティーなどの招待があるかもしれません。

華やかな場所やイベントの参加は出会いの機会がグッと上がり、今年の八白土星にピッタリのシーンですので積極的に参加されると良いでしょう

また、スキルを磨くための勉強会やセミナーなど、趣味や学びを通しての出会いも期待できるでしょう

 

結婚運

今年(2023年)の八白土星は離宮が担う「火」のエネルギーによって、感情の起伏が激しくなる傾向があります。

年間通して心に様々な感情が渦巻き、その雑念によって的確な判断が得られなくなって感情的になるかもしれません。

このような状態はあらゆるシーンで生じるのですが…

気心の知れた間柄で最も親密なのは恋人ですから、遠慮なく自分の感情をぶつけてしまうかもしれません。

「離」の作用が生じやすい一年ですから、後悔しない対応を心がけて下さい。

今年の八白土星は、何事も明らかになり物事がはっきり見える年運に恵まれています。

なので、クリアな心で下す判断は的確ですから、ベストな進路を選ぶことが出来るはずです。

 

 

 

 

八白土星 2023年の金運

金運

金銭に関することは細心の注意を払う

今年(2023年)の年盤は、「金銭」を担当する西の方位に「歳破」が付くので金銭に関する事は「調査と管理」に徹底する必要があります

特に! 西の兌宮には大金を回す「六白金星」が一年間滞在するので、年間通して高額の取引や購入に関しては契約書などを理解した上で行うことを心掛けて下さい。

この事象は八白土星に限った事象ではありません。

社会情勢として現れる可能性の一例です。

とは言え、「2023年「酉」の歳破」の件で、酉月生まれの方酉の日生まれの方は少々気になるかもしれませんし、何らかの策を講じたいと思われるでしょう。

歳破は年間通して「破壊」が生じやすいのですが。

「何事も一度で成果が得られない」だけで「壊れたままで終わる」わけではありません

なので、事にあたる際には二度目の試みが必要になることを考慮した上で取り組むことを心がけて下さい。

その際には必ず工夫と改善を施した上で再び試みることが大事です。

ただ、金銭に関わる事は何度もトライすると無駄が生じ、最悪資金不足に陥るかもしれません。

なので、調査は徹底的に行い、関係者との話し合いと重要書類の扱は慎重に行いましょう。

うまい儲け話は、鵜呑みにせず「疑う」くらいの意識は必要かもしれません

 

これまでの努力と貢献が認められ、それに伴って収入アップや臨時収入が得られる可能性があるでしょう

ただ、来年の年運は今年より落ち込むので、何事にも停滞感が現れ、金銭の流動性も滞る傾向が現れます。

なので、この時期に得た収入は来年に備えることをお勧めします。

また、この時期に贅沢をしたり、固定費を増やしたりすると来年に響く可能性があります

特に!「固定費は増やさない」ことを心がけて下さい。

 

スポンサーリンク

 

八白土星 2023年のラッキーカラー

レッド・パープル

2023年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「離宮」の象意カラーは今年一年間のラッキーカラーです。

本命星(八白土星)の象意カラーは「イエロー・ベージュ・ブラウン」です。

 

八白土星の生まれ月別ラッキーカラー

下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

良い環境とご縁の拡大が期待できるラッキーカラーです。

生まれ月 ラッキーカラー
2月・11月 イエロー・ベージュ・ブラウン
3月・12月 シルバー・ホワイト
4月・1月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)
5月 レッド・パープル
6月 レッド・パープル
7月 ブラック・ホワイト
8月 イエロー・ベージュ・ブラウン
9月 ブルー・ネイビー
10月 グリーン

2023年のラッキーカラーは今年に限ったラッキーカラーです。

長期的に使用するのなら、生まれ月別ラッキーカラーをお勧めします。

上記表中のカラーは、本命星と月命星を合わせて導き出したラッキーカラーですので、生涯用いることが出来るラッキーです。

いずれのカラーを選んで頂いても良いので、ご自身の直感でお選びください。

 

 

スポンサーリンク

 

八白土星 2023年の健康運

健康運

今年(2023年)に得る「離」の作用を健康面に活かすチャンスです!

長年続けた悪習慣を正すには最も適した一年です。

健康とお財布のためにも禁煙にチャレンジしたい方は試みる価値はあります。

生活習慣を見直し、お菓子を食べる習慣を「果物」などの健康に良い食べ物に置き換えて習慣を正す取り組みを始めると良いでしょう。

また、手離すことで生じたスペースに新たな価値になり得るモノが「離合集散」のように得られます。

この機にダイエットで無駄な脂肪を手離して、健康美を手に入れる挑戦にトライするのも良いでしょう!

何事も明らかになる年運に恵まれているので、この機会に毎年受けている健康診断のグレードを上げて人間ドックでの検査を受けられると良いでしょう。

 

八白土星 2023年の運勢 在りたい自分を見出す

2023年 癸卯 八白土星 運勢手離すことで開運へ
八白土星 2023年の運勢仕事・人間関係・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら「2023年 八白土星の運勢」御覧下さい。

八白土星の月運

九星気学 八白土星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

九星気学 2023年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2023年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

八白土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

八白土星 2023年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

申年 巳年 寅年 亥年
1956年(昭和31)
2月5日 5:13~
1957年(昭和32)
2月3日まで
丙申年
1965年(昭和40)
2月4日 9:46~
1966年(昭和41)
2月3日まで
乙巳年
1974年(昭和49)
2月4日 14:00~
1975年(昭和50)
2月3日まで
甲寅年
1983年(昭和58)
2月4日 18:40~
1984年(昭和59)
2月4日まで
癸亥年
1992年(平成4)
2月4日 22:48~
1993年(平成5)
2月3日まで
壬申年
2001年(平成13)
2月4日 3:30~
2002年(平成14)
2月3日まで
辛巳年
2010年(平成22)
2月4日 7:48~
2011年(平成23)
2月3日まで
庚寅年
2019年(平成31)
2月4日 12:14~
2020年
2月3日まで
己亥年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ