八白土星 今月の運勢

八白土星 毎月の運勢

この記事では、八白土星毎月の運勢を紹介しています。

運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星八白土星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は、八白土星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”八白土星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和4年(1929)2月4日~昭和5年(1930)2月3日
昭和13年(1938)2月4日~昭和14年(1939)2月4日
昭和22年(1947)2月5日~昭和23年(1948)2月4日
昭和31年(1956)2月5日~昭和32年(1957)2月3日
昭和40年(1965)2月4日~昭和41年(1966)2月3日
昭和49年(1974)2月4日~昭和50年(1975)2月3日
昭和58年(1983)2月4日~昭和59年(1984)2月4日
平成4年(1992)2月4日~平成5年(1993)2月3日
平成13年(2001)2月4日~平成14年(2002)2月3日
平成22年(2010)2月4日~平成23年(2011)2月3日

表中の日付を見て頂くとお分かりのように、一年の区切りは1月1日ではありません
九星気学では、一年の始まり(運勢)は、立春(節分)から始まります

 

 

八白土星 今月の運勢と吉方位

八白土星 2月 運勢と吉方位
2020年2月4日~3月4日まで八白土星 2月 運勢と吉方位本命星: 中央(中宮回座)
2月の吉方位:東・南東・北西

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:なし
2020年 八白土星 年盤

 

八白土星 2020年2月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

年盤では東:五黄殺南東:本命的殺北西:本命殺となるので、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

六白金星が巡る 2月の東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • 気力が漲る
  • 目上や権威者との関係性が活性化する

 

南東

七赤金星が巡る 2月の南東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • ご縁・出会いの機会が高まり恋愛運向上を促す。
  • 金運上昇に繋がる取引のチャンスに恵まれる。

 

北西

九紫火星が巡る 2月の北西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • これまでに積み重ねた知識から良い知恵が促される。
  • クリエイティブ能力の発揮。称賛運上昇。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

八白土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

八白土星 2020年2月の運勢
人を思うは身を思う

八白土星 2月「月盤と年盤の関係」

中宮回座により七赤同会。乾宮にて九紫被同会。(上記の年盤と月盤参照)

2月の月盤では、八白土星は中央に「八」と書かれている「中宮(ちゅうぐう)」という宮に入ります。

中宮は「帝王の座」と言われるほど宮です。

2月 吉神 月盤

その中宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「最強」となります。

しかし、その強いエネルギーを対外的に発動するのではなく!

「内容(自己)の充実」を図るための強いエネルギーです。

開運ワードは「周囲への気配り」

 

来月(3月)に備えてメンテンナンス強化の月

2020年の年運は2月(立春2/4)から始まります。

昨年は年運のエネルギーが強く、そのエネルギーを「自己の内省充実」に注いだ八白土星は、いよいよ「本領発揮」となる一年を迎えます。

その年運が始まる2月は、まだ「本領発揮」の月運ではありません。

むしろ、強い月運のエネルギーを「内省充実」に発動させる月運です。

ただ、同じような「内省充実」ではなく、少し具体化した「内省充実」です。

なぜなら、一ヵ月間で出来る「内省充実」ですから、出来ることは限られます

なので、より実践的で具体的である方が良いです。

具体的な一例としては…

今年(2020年)の八白土星は、これまでの努力と活動の成果を得る「収穫期」となる年を迎えます。

なので、活動においては、これまで以上に活動量が増ます。

その行動量と比例して「出費」も多くなるので、身の回りの「財政状態」をしっかり把握して、整理整頓といった処理をしておくと良いでしょう。

来月(3月)には、物事が大きく動き、エンジン全開で挑むような運気を迎えるので、この時期の「内省充実」は非常に大事です!

 

長期の強化トレーニングを終えた八白土星

八白土星は、2016年からの3年間は成長期でしたが。

その間、2016年は暗剣殺、2017年は歳破、2018年も歳破、そして内省充実の中宮年の2019年でした。

年運としては高運でありながら、一筋縄ではいかぬ「負荷」を抱えた状態で歩んでいました。

しかし、2020年からは、その「負荷」から解き放たれた状態となります。

このような星回りを体験して八白土星が創られるので、「不屈の精神の持ち主」と言われのでしょう。

これまでの努力の積み重ねを仕上げる最後の月が「2月」であります。

 

八白土星 2月の日運グラフ

2月4日から18日まで
八白土星 2月 日運グラフ

2月19日から3月4日まで
八白土星 2月 日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

スポンサーリンク

 

八白土星 2月の仕事運

仕事運

昨年11月から上昇運気を迎え、好調な月運に恵まれ、人との繋がりや人脈も広がっています。

そのような状況で迎える今月(2月)は、八白土星は中心的存在となる機会が多く、周囲の人々も八白土星を頼りにしています。

しかし、「中心的存在」としての役割としては「周囲のサポート役」です。

金銭的な事柄や不平不満などの話を聞くことも多く、若干「めんどくさ~」と感じることもあるかもしれませんが…

上司や権威者など、自分より上の立場の人々は、こっそり八白土星の活動ぶりを期待しながら見ています。

なので、「面倒だから引き受けない」そのような態度は宜しくありません。

損得勘定は抜きにして周囲をサポートしながら仕事をする意識を心掛けることが開運行動となります。

ただ、強い月運に恵まれている時期ですから、自己評価が実質以上に高くなる傾向があります。

自信過剰は「自爆」を促す危険性を高めます。

また、何事も独断的な判断で物事を推し進めないように気を付けて下さい。

 

 

八白土星 2月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今月(2月)の八白土星は、中心的存在となる機会に恵まれます。

なので、コミュニティ内では目立つ傾向があります。

また、コミュニケーション力も高まり、普段以上にボキャブラリーや話術のセンスが高まり、周囲を楽しませる存在となるでしょう。

そのような月運に恵まれているので、新たな出会いを求めている方にとってはチャンスに恵まれるでしょう。

ただ、交際中のカップルやご夫婦の場合、外向的な意識が高まるとパートナーが不安を抱くかもしれません。

パートナーがいらっしゃる方は、二人の関係を良好な状態を保つことも「内省充実」に含まれることを心がけて下さいね。

片思いの方は、お相手とも距離感を縮めることで、告白のチャンスが高まります。

そもそも、今月(2月)の八白土星は、相手を思いやる意識が高まれば、高まる程、他者を引き付けるエネルギーが増します

 

スポンサーリンク

 

八白土星 2月の金運

金運

2月の八白土星は、流動的な金銭に関わる機会が高まります。

自分の趣味やレジャーなどの交際費が通常よりも多くなったり…

流動的な金銭の流れの中に「不足」を発生させる「原因」を見つける…

など、人によって、それぞれとなりますが。

流動的な金銭に対する意識を高めると良いでしょう。

2020年の年盤では「七赤金星」が中宮に入るので、今年一年「七赤的な事柄」が起こりやすい一年です。

七赤は「日常的な金」を担当する星です。

そこで、一例ですが…

日常的に使う「クレジットカード」などを改めて見直してみましょう。

支払いが一定額となる「リボ払い」を常時利用している方は「金利」を改めて計算してみましょう!

欲しい商品を購入する際に10%の消費税を支払い、さらにクレジットカードでリボ払いをすると約15%程の金利が加算されます。

欲しい商品をより安く手に入れる為に走り回っても結局「金利」を見落としていては元も子もありません。

ご自身が利用しているクレジットカードが「自動リボ」の設定されていないか!要確認を!

「七赤金星」は悦楽を担い「不足」の象意を持っています。

これは、八白土星だけでなく世の中全体に漂う象意ですから、マネーリテラシーの強化は必須です!

 

スポンサーリンク

2020年 八白土星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

春財布 2020年 八白土星に相応し金運財布と購入日

春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

八白土星 2月の健康運

健康運

強い月運に恵まれているので、健康面においても「最強」…でもありません。

逆に健康ではない訳でもありません。

そもそも、中宮に入る時期は「これまでの結果」が現れやすい運気となるので「これまでのあり方」次第となります。

これまで暴飲暴食されていた方は体重のチェックを行い、理想と違う結果が現れたら、過去数ヶ月を振り返って「頻繁に食べていたモノ」を見つけ出すことで「原因」が見つかります。

このように健康管理においても「振り返りと改善」を通じて健康管理能力を高めることが出来ます。

日常的には、強い月運に恵まれているので少々無理をしてしまう傾向があるでしょう。

睡眠不足は著しくパフォーマンスと免疫低下を促すので質の高い睡眠を確保するように心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

九星気学 2月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

2020年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

八白土星 関連のコンテンツ紹介

2020年 八白土星の運勢

九星気学 2020年 八白土星の運勢と開運吉方位八白土星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 八白土星の運勢」御覧下さい。

2020年 八白土星の月運

九星気学 八白土星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

八白土星 2020年 バイオリズムグラフで有意義な好機を創る

八白土星2020年バイオリズムグラフ年間通して強い運気に恵まれる!
八白土星 2020年 バイオリズムグラフで有意義な好機を創る

詳細は下記リストをクリックして記事をご覧ください。

 

八白土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

八白土星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    申年 巳年 寅年 亥年
    1956年(昭和31)
    2月5日 5:13~
    1957年(昭和32)
    2月3日まで
    丙申年
    1965年(昭和40)
    2月4日 9:46~
    1966年(昭和41)
    2月3日まで
    乙巳年
    1974年(昭和49)
    2月4日 14:00~
    1975年(昭和50)
    2月3日まで
    甲寅年
    1983年(昭和58)
    2月4日 18:40~
    1984年(昭和59)
    2月4日まで
    癸亥年
    1992年(平成4)
    2月4日 22:48~
    1993年(平成5)
    2月3日まで
    壬申年
    2001年(平成13)
    2月4日 3:30~
    2002年(平成14)
    2月3日まで
    辛巳年
    2010年(平成22)
    2月4日 7:48~
    2011年(平成23)
    2月3日まで
    庚寅年
    2019年(平成31)
    2月4日 12:14~
    2020年
    2月3日まで
    己亥年

     

    関連記事(一部広告含む)

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ