九紫火星 今月の運勢

九紫火星 毎月の運勢

この記事では、九紫火星毎月の運勢を紹介しています。

運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星九紫火星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は、九紫火星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”九紫火星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和3年(1928)2月5日~昭和4年(1929)2月3日
昭和12年(1937)2月4日~昭和13年(1938)2月3日
昭和21年(1946)2月4日~昭和22年(1947)2月4日
昭和30年(1955)2月4日~昭和31年(1956)2月4日
昭和39年(1964)2月5日~昭和40年(1965)2月3日
昭和48年(1973)2月4日~昭和49年(1974)2月3日
昭和57年(1982)2月4日~昭和58年(1983)2月3日
平成3年(1991)2月4日~平成4年(1992)2月3日
平成12年(2000)2月4日~平成13年(2001)2月3日
平成21年(2009)2月4日~平成22年(2010)2月3日

表中の日付を見て頂くとお分かりのように、一年の区切りは1月1日ではありません
九星気学では、一年の始まり(運勢)は、立春(節分)から始まります

九紫火星 今月の運勢と吉方位

九紫火星 1月 運勢 と 吉方位
2020年1月6日
2月3日
結実の月
(中宮)

九紫火星 1月 運勢 吉方位

年盤の吉方位:北・南
月盤の吉方位:南東・北東・西天道
年盤・月盤共に吉方:なし

2019年九紫火星 開運福来るinfo年運や方位は2020年2月3日(立春前日)まで
2019年の年盤による「気」の影響を受けています。

 

 

九紫火星 2020年1月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

南東

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

八白土星が巡る 1月の南東の祐気エネルギー

  • 八白の象意「心機一転」の祐気エネルギーの恩恵を得る
  • 人間関係の好転に恵まれる
  • 俯瞰力が高まり、あらゆる情報に右往左往せずに判断力向上

 

北東

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

三碧木星が巡る 1月の北東の祐気エネルギー

  • 適応力にスピード感が増す
  • 改革・改善から才能を見出す
  • 行き詰った問題解決の糸口に恵まれる

 

西(天道

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

二黒土星が巡る 1月の西の祐気エネルギー

  • 話力に包容力が加わり説得力向上
  • 金運と蓄財意識向上
  • 恋愛運アップ

 

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

九紫火星 生まれ月別(月命星)2020年1月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、上記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

 

運勢 関連記事

2020年の初詣と恵方参り

初詣は恵方参り二年参りと正月三が日の「初詣の恵方参り」についての記事は下記リンクからご覧ください。

 

九紫火星 2020年1月の運勢
万全に期する為の整備と改善で運を強化

年が明け、2020年が始まる一月の月運は二十四節気の「小寒(しょうかん)」から始まります。

運気としては2019年の年運の中、2020年の年運が押し寄せてくる時期となります。

まるで、満潮時に海水が川に流れ込み、河川が海水と真水が混ざる感潮区間(かんちょうくかん)のような感じをイメージして頂けたら分かりやすいかと思います。

九紫火星の2020年は、これまでの努力の結果が成果となり、そのご褒美を味わう「悦び」に恵まれる一年を迎えます。

現時点では、年明け早々ですから、感覚的に「味わう」まで至ってないかもしれませんが。

時間と共に「2020年の気」が訪れます。

 

自己メンテと改善を通じて充実を図る

2019年の九紫火星は、無我夢中になって目標(成果)に向かって突き進んでこられ、先月(12月)の月運も好調で様々なご縁を通じて人と関わる機会が多い月でした。

年が明けて、年始のご挨拶や新年会など「人と関わるイベント」が控えいるが…。

九紫火星(本人)としては、ゆったりと平穏な時間を過ごしたい、その反面、さらなる野望に向けて何らかのアクションを起こした気持ちも半分…

と、いった、ちょっと複雑な思考が意識下で渦巻いているかも…

しかし、今月(1月)は、これまでに努力や活動の結果が「結実」として現れる月運です。

積み上げた成果の内容を充実させ、付け入る隙もないくらいの完成形に向けて整備と改善を施す月運なのです。

今月(1月)の月盤では、九紫火星は中央にある「中宮(ちゅうぐう)」という宮に入り、月運のエネルギーも強く、少々「強気モード」に入っています。

その「強いエネルギー」を外向的に放つのではなく、内向的に活かし「充実」させることが今月のテーマであります。

ただ、「外向性の発動」を控えることで、九紫火星の長所となる「明るさ」や「切れの良さ」を自ら排除する必要はありません。

若干の停滞感や気分が一時的に途切れ、モチベーションが下がるなどの気分に苛まれたら、一旦、自分と感情を切り離して、自分を俯瞰的に眺めてみましょう。

現状、現れている感情や事柄など「原因は自分」であることを腑に落として、改めて見直し、考え直すことで「改善策」が見つかります。

現れた感情や事柄は全て「外的要因」として処理を行うと、自己都合を優先する思考が発動します。

従って、ドラえもんに登場する人物「ジャイアン」のように支配欲が発動され、周囲をコントロールする傾向が現れます。

その結果、「八方ふさがり」への道を歩むことになります。

来月(2月)は、公私ともに多忙となる月運が巡ってきますから、「整備と改善」で充実を促し、少しでも完成形に近づけておきましょう。

 

スポンサーリンク

九紫火星 1月の仕事運

九星気学 仕事運

月運において、昨年の10月から好調な上昇運気が始まり、11月は飛躍、12月は発展と拡大と共に物事が具体的に調う運気でした。

その運気とこれまでの活動による恩恵が「結実」として現れる月運が巡っています。

なので、これまでの活躍が買われ、九紫火星に対する需要が依頼が殺到するでしょう。

ただ、全体運の件でも申し上げましたが…

この時期は「結実」した事柄を「充実」するタイミングです。

なので、発展や拡大と言った「攻め」の要素が強い活動は、キャパオーバーに陥る可能性があるので、キャパを超えない程度に抑えることをお勧めします。

「濡れ手に粟」のような、上手い儲け話や好条件過ぎる案件は、しっかり精査した上で上司や経験豊富な方、若しくは専門家に相談しましょう。

自分の能力を過信せず、周りの状況も把握して仕事に取り組みましょう。

「転勤・転業・転職」と言った、話が持ち上がりやすい月運ですが、冷静な判断と慎重な対処が必要になるでしょう。

 

 

九紫火星 1月の恋愛運

恋愛運 開運福来るinfo

2020年はの九紫火星は「人間関係」が重要なポイントとなる年

「収穫祭」のようなムードの年運ですから、趣味やレジャーを通じてプライベートが満喫できる楽しい一年。

独りで楽しむより、気の合う仲間や家族、恋人と楽しむ機会が多くなるはずです。

そんは年運が始まろうとしています。

そして迎える今月(1月)の九紫火星は、月運のエネルギーが強いせいか?

何かと「欲」が強くなる傾向があります。

その欲求を相手(他者)に向けると支配欲が強く現れるので気を付けましょう。

自分の理想や自分にない資質を相手(他者)に投影すると支配欲が高まり、欲求が満たされない場合は不満が現れます。

自らが産み出した「欲求」により「不満的感情」を引き起こす事で人間関係にヒビが入ります。

今月(1月)の九紫火星は自分自身の欲求と向き合うことで豊かな人間関係に恵まれます。

これまでの活躍ぶりで自己肯定感が高まっていますから、他者から見て九紫火星は輝い見えるでしょう。

なので、コンディションの良い状態ですから異性の注目が集まるでしょう。

新たな出会いを求めて恋活・婚活中の方にとっては、お相手を見つけるチャンス月です。

ただ、色んな人からのアプローチされるでようけど…

しっかり、お相手を見定める必要がありそうです。

お相手に恋人がいたりすると…たちまち三角関係になる可能性もあるので、ある程度の距離感と客観視する眼力が必要になるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

九紫火星 1月の金運

九星占い 金運 開運福来るinfo

昨年(2019年)は、金銭の巡りが非常に激しく、出ても入る状態でした。

それは、とても活気に溢れ恵まれた金運なのですが…。

現状の状態と自分自身の状態、そして現在の金銭感覚と向き合ってみましょう。

『お金が出て行っても自動的に入ってくる』と、いった思い込みが「習慣化」されていないか?

振り返る必要があるでしょう。

2020年も金運としては、悪くはありません。

しかし、昨年(2019年)のような「巡り」は期待できな年運に入ります。

今月(1月)は、整理整頓と整備を通じて「改善点」を見つける「気づき」に恵まれる月運です。

なので、この機会に日々のコストや費用対効果などをシビアに分析してみましょう!

意外に損失のとなり得る「穴(あな)」が見つかるかもしれません。

今月(1月)の収入などの金銭面では順調なのですが、出費が多くなる傾向があるようです。

ただし!うっかり、価値と見合わない物をかったり、一獲千金を狙って投機的な投資やギャンブルは大きな損失に繋がる可能性があるので金銭感覚を改め、堅実さを心掛けましょう。

2020年 九紫火星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

2020年の春財布購入と使い始めに相応しい日を解説!

金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

九紫火星 1月の健康運

九星占い 健康運 開運福来るinfo

何事も「これまでの積み重ねが表面化する」月運が巡っています。

さらに、この時期は「正月太り」の危険性が高いシーズンです。

ウエイトダウンを目指している方は、毎日食べた物を記録に残すと良いでしょう。

毎日、食した品や量を記録していると『あれ?食べ過ぎ?』とか『栄養偏ってる!』など気づくことが簡単にできます。

それに加えて、毎日の体重測定は欠かさずに行うことをお勧します。

もう既に体重の増加が気になる方は、過去三ヶ月くらいの記憶をさかのぼって頻繁に食べていた物が何だったか探ってみましょう。

案外、高カロリーだったり、糖質が高かったりするかも?

また、胃腸系のスタミナ(消化機能)に自信がなく、どちらかと言えば丈夫ではないと感じられている方は、特に!暴飲暴食にならないように自制しましょう。

 

スポンサーリンク

九星気学 1月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

2020年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

九紫火星 関連コンテンツ

2020年 九紫火星の運勢

2020年九紫火星の運勢

九紫火星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 九紫火星の運勢」御覧下さい。

九紫火星の月運

九星気学 九紫火星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

 

九紫火星 2020年の運勢バイオリズムグラフ

九紫火星2020年バイオリズムグラフ
九紫火星 2020年の月運バイオリズムグラフを活用して喜悦運をさらに!アップ

詳細は下記リストをクリックして記事をご覧ください。

 

九紫火星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

九紫火星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

未年 辰年 丑年 戌年
1955年(昭和30)
2月4日 23:18~
1956年(昭和31)
2月4日まで
乙未年
1964年(昭和39)
2月5日 4:05~
1965年(昭和40)
2月3日まで
甲辰年
1973年(昭和48)
2月4日 8:04~
1974年(昭和49)
2月3日まで
癸丑年
1982年(昭和57)
2月4日 12:46~
1983年(昭和58)
2月3日まで
壬戌年
1991年(平成3)
2月4日 17:08~
1992年(平成4)
2月3日まで
辛未年
2000年(平成12)
2月4日 21:41~
2001年(平成13)
2月3日まで
庚辰年
2009年(平成21)
2月4日 1:50~
2010年(平成22)
2月3日まで
己丑年
2018年(平成30)
2月4日 6:29~
2019年(平成31)
2月3日まで
戊戌年

 

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ