七赤金星 2019年12月の運勢 習慣の改善と達成の反復で運気アップ

七赤金星 12月 運勢吉方位
12月7日
2020年1月5日まで
資質を育む

七赤金星 12月 運勢と吉方位

年盤の吉方:・西
月盤の吉方:・北西
年盤・月盤共に吉方:

七赤金星2019年 歳破 巽宮

 

 

七赤金星 2019年12月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

八白土星が巡る 12月の東の祐気エネルギー

年盤・月盤共に吉方位です。移動距離は長距離、引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

12月22日は冬至です。
この機会に今年の恵方「東北東」に恵方参りもおススメです。

  • 刷新力アップ。
  • 斬新な計画力が向上する

 

北西

二黒土星が巡る 12月の北西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • 上からの引き立てに恵まれる

 

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

七赤金星 生まれ月別(月命星)12月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、上記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

七赤金星 2019年12月の運勢 ~全体運~

七赤金星の今年(2019年)は、物事が調う「福運の年」。

ただ、巳が歳破となるので七赤金星には歳破が付きます。

なので、当てが外れたり、想定外の状況に何らかの対処を施さなければならない状態に陥ることも経験されたと思います。

そんな年も早いもので12月を迎えます。

九星気学における「年運」は、来年2月(立春)から始まりますから、あとラスト二ヶ月!

その内の一ヵ月である、12月の月運は、7日19時18分から二十四節気の「大雪」以降から始まります。

 

2020年に活用するアイテムを手に入れる!

先月(11月)の月運は、9ヵ月サイクルで迎える最も低調な月運でした。

ただ、ベースとなる年運においては高運なので「低調」と言われても、自覚はあまり感じなかったと思います。

そして、今月(12月)に入り、月運は上昇運気に入ります。

この上昇運気は、来月(1月)、さらに2月、三ヶ月連続の高運で成長期となります。

この運気を活かして、「良い習慣」を癖づけ、そして継続させる取り組みを行うタイミグとしては良い月運です。

なぜなら、今月(12月)の月運のテーマは「継続」。

その内容は、これまでよりもレベルを上げる、若しくは改善を施した上で継続することが開運行動となります。

自らの力で「改善」そして「成し遂げる」と言った「成功体験」を反復することで「自己肯定感」が育まれます。

2020年の七赤金星は年運のエネルギーとしては、最も強いため「自制力と原因帰属意識」が重要となります。

まずは、必要な基礎体力となる自己肯定感を養いましょう。

2020年に大活躍となる原因帰属とは

行動の結果(結実)の原因は「どこ(誰)」にあるのか?を推測する心的過程のことを言い、大きく二つに分類されます。

  • 内的要因…原因は自分を「自己解決型」として捉える
  • 外的要因…原因は環境もしくは他者「他者依存型」として捉える

ネガティブな結果(結実)は「原因は自分」と捉え自らが前向きに改善と対処行おう。

ポジティブな結果(結実)は、環境や他者への感謝「おかげさまマインド」を発動させる。

そうすることで、2020年の運が開かれ後の運気にも良い影響を与えます。

個人の力でどうにもならない事を全て引き受け自己解決しようとすると「自己犠牲」を伴うので的確な判断が大前提です。

従って、自分を信じる「自己肯定感」がとても大切になります。

自分を信じることで他者(パートナー)を信頼する心が養われます。

今月(12月)は、自己成長に必要な資質を堅実的に育てる運気に恵まれています。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 12月の仕事運

九星気学 仕事運

低調な運気が好転し始め「継続は力なり」のことわざ通りの運気に恵まれます。

業務に取り組むモチベーションも上がり、勤勉さも高まり、何事もストレスを感じることなく成し遂げることが出来るでしょう。

ただ、良くも悪くも「継続」しやすい運気ですから、「手を抜く」とか「やっつけ作業で片付ける」といった、見かけだけの帳尻合わせのような仕事は宜しくありません。

スピードより質と安定を心掛けましょう。

今月(12月)は、チームや仲間を支える補佐役として活動することで良い結果が得られます。

また、それなりに経験を積まれた方は、後輩や新人育成など「人材育成」を任されるでしょう。

一見、手間の割には「華やかさ」に欠ける役回りですが…。

堅実で安定感のある仕事ぶりが評価されるでしょう。

来月(1月)は、新たな案件など新規事が発生する運気に恵まれます。

 

 

 

七赤金星 12月の恋愛運

恋愛運 開運福来るinfo

今月(12月)は「安定感と継続」に恵まれる月運ですから、恋愛に関しては「ドラマティック」なムードは欠けるかもしれませんが…

地に足の着いた恋愛を意識してパートナー探しされている方はチャンスに恵まれるでしょう。

12月は、何かとイベントの多い時期ですから、あらゆるシーンでも出会いのきっかけとなる可能性があります。

華美になる必要はありませんが、オシャレに対する意識は高めの設定の方が良いかもしれません。

今月(12月)の七赤金星は、堅実性が高く、何事も実質的価値をしっかり見極めたい意識が高まっています。

なので、七赤金星ご本人にとっても、パートナー選びには最適なタイミングです。

ただ、自身の価値観を正当化させたり、理想を相手に投影させないことがポイントになります。

現在、交際中方は結婚へのステップを歩み始めるタイミングとしては良い月運です。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 12月の金運

九星占い 金運

12月は、一般的に「ボーナス」シーズン。

自営やフリーランスの方は「ボーナス」はないのですが…

12月の繁華街は華やかで、購買意欲を盛り上げるムードでいっぱいです。

しかし、今月(12月)の七赤金星は、蓄財意識の方が盛り上がる傾向があるようです。

とはいえ、やはり年末年始は交際費による出費が発生しやすいシーズンです。

なので、無理なくお金を積み立てる方法や資産の運用などの方法を学び、少しずつでも継続的にお金を増やす計画を立ててみると良いでしょう。

今月(12月)の月盤では、七赤金星は南西にある「坤宮(こんきゅう)」という宮に入り、何事も「育み」が促される月運に恵まれています。

従って、何事も一足飛びに成長することはありませんから、地に足が付いた「堅実性」が大切な開運マインドとなります。

金運アップも同じく、地道にコツコツです。

 

 

七赤金星 12月の健康運

九星占い 健康運

12月は飲食の機会が多く、栄養のバランスも偏りがち、さらに暴飲暴食となると…

胃腸に負担が掛かりやすくなります。

飲み会などの外食意外での食事は、極力健康的なメニューに拘るようにしましょう。

外食では不足しがちな食物繊維と発行食品は、積極的に摂取することをお勧めします。

今月(12月)の七赤金星は、何事もしっかり粘り継続のエネルギーが大事です。

なので、この「ねばり」を食品からも取り入れると良いでしょう。

めかぶや納豆は食物繊維もたっぷりで、納豆は発酵食品です。

積極的に摂取して健康増進に繋げましょう!

家族と過ごす時間を増やし、一家団欒を通じて絆を深めることでメンタルヘルス向上に繋がり健康運アップにも直結します。

 

スポンサーリンク

 

2020年 七赤金星の運勢

七赤金星 2020年 運勢

七赤金星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

2019年 七赤金星の運勢を繁栄に向ける!開運法

七赤金星 2019 運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢と月の運勢運気の流れ

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

2019年 七赤金星のバイオリズムグラフ

揺るぎない決意と自信でポジティブに歩む年の運気の流れと上手に活用しよう!

七赤金星 2019 運勢バイオリズムグラフ2019年を上半期と下半期に分けて月運のエネルギーの活用法を こちら で記事で紹介しています。

 

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

九星気学 12月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

七赤金星の吉方位

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

酉年 午年 卯年 子年
1957年(昭和32)
2月4日 10:55~
1958年(昭和33)
2月3日まで
丁酉年
1966年(昭和41)
2月4日 15:38~
1967年(昭和42)
2月3日まで
丙午年
1975年(昭和50)
2月4日 19:59~
1976年(昭和51)
2月4日まで
乙卯年
1984年(昭和59)
2月5日 0:19~
1985年(昭和60)
2月3日まで
甲子年
1993年(平成5)
2月4日 4:37~
1994年(平成6)
2月3日まで
癸酉年
2002年(平成14)
2月4日 9:24~
2003年(平成15)
2月3日まで
壬午年
2011年(平成23)
2月4日 13:33~
2012年(平成24)
2月3日まで
辛卯年
2020年
2月4日 18:04~
2021年
2月3日まで
庚子年

七赤金星 2019年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

七赤金星 2020年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ