七赤金星 2021年10月の運勢 決断と完成の月

七赤金星 10月 運勢と吉方位
2021年10月8日~11月6日
まで七赤金星 10月本命星: 北西(乾宮回座)暗剣殺
10月の吉方位:北・西・南

年盤・月盤共通の吉方位:北・西・南
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北・西・南
2021年 七赤金星の吉方位

七赤金星 2021年10月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

寒露の節入り時刻は、2021年10月8日10時36分です。

 

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

二黒土星が巡る の祐気効果

  • 潜在能力を育成し、顕現化に向かわせる力が高まる。
  • 親しい人間関係がより深まり、特に夫婦縁高まる。

 

西

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

八白土星が巡る 西の祐気効果

  • 金運・蓄財・不動産運アップ。
  • 全ての「引継ぎ」ごとが円滑に進む機運に恵まれる。

 

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

一白水星が巡る の祐気効果

  • 蓄えた知識や教養を知恵に繋げる頭脳が高まる。
  • 改善したい執着心を手離す気づきに恵まれる。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

月命星も加味したて吉方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    七赤金星 2021年10月の運勢 ~全体運~

    九星気学 10月 運勢

    2022年の年運の特徴が色濃く現れる特別な月

    九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

    回座と同会について

    10月の月盤上では「乾宮(北西)」に本命星が回座します。

    年運を示す年盤上では、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)兌宮に本命星が回座しています。

    従って、10月は六白中宮の月盤と六白中宮の年盤が重なる月となります。

    九星の配置が同じ年盤と月盤が重なる現象は九ヵ月に一度、必ず起こる現象です。

    2022年の七赤金星は年間通して乾宮回座による「六白象意」から派生する事象が課題となります。

    乾宮回座による主な六白象意

    天、宇宙、剛健、完全、完成、公共性、統率、権力、威厳、寛容、神仏、信仰、高級、円、勝負、決断、充実、予算超過、乗り物、大統領、支配者、権威者、父、夫

    易では「沢天夬 ☱☰」に相当し、一言で表すと「夬=きめる」。

    何事も成り行きで解決や好転することは期待できず「決意や決断」が必要であることを示しています。

    2022年は「完成」の機運が高まり、その要素が強く現れる月であります。

     

    スポンサーリンク

     

     

    暗剣殺を恐れず封じ込める

    今年(2021年)の七赤金星は北西に位置する「乾宮(けんきゅう)」に一年間(2月立春から翌年2月節分まで)本命星が回座中で「暗剣殺」が付いています。

    七赤金星の場合、「乾宮」に本命星が回座する期間は必ず「暗剣殺」が付きます

    周期としては9サイクルで「年・月・日・時間」各々に発生する現象です。

    「暗剣殺」の文字を見ると「暗殺」のような怖いイメージ抱かれると思います。

    基本的には「凶神」とし捉えられているので必然的に「悪い年で悪い月」を思われるでしょう。

    しかし、「運」というモノは自らが「運ぶ」ことで生じるものです、そして良し悪しにおいても個人の主観で決まります。

     

    ネガティブバイアスからの脱却

    先ほど申し上げたように暗剣殺の年は9年ごとに訪れるのですが、前回は2012年でした。

    では、2012年の出来事を思い出して、何らかのトラブルが起こりましたか?

    改めて過去を振り返ると「暗剣殺」はそんなに恐ろしい運気をもたらす「凶神」ではないことを実感できると思います。

    人間の脳はポジティブな情報よりもネガティブな情報を敏感に察知して記憶に残す習性があります。

    そこに自己成就予言が加わり、過度な思い込みや固定観念に縛られて不運の原因を「暗剣殺にして本当の原因から外れてしまう傾向があります。

     

    暗剣殺の対処

    暗剣殺期間に起こり得る可能性の高い現象としては「想定外の出来事に遭遇する」ことです。

    これは、七赤金星だけでなく五黄土星以外の九星を本命星に持つ方に起こり得る事柄で、決して「悪いこと」ではないのです

    しかし、人は「想定外」の出来事を嫌う傾向があるのですが…

    その出来事にどう反応するか?

    また、どう対処するか?

    その反応と対処によって「暗剣殺」が「発動するor発動しない」が決まります

    暗剣殺を発動させる可能性を高めてしまう「主な原因」は「怒り」です。

    怒りは人間の原初的な感情の一つで、様々な要因で爆発させてしまいます。

    今年(2021年)の七赤金星は「完成の年」を迎え、月運においても「完成の月」を迎えているので非常に目的意識が強く「達成させたい!」気持ちが強く現れるでしょう。

    しかし、その目的達成に何らかの障害が発生すると、その責任の所在を感情的に外部に向けてしまう傾向があるので何事においても「感情的な言動」は慎むことを強く勧めます

    また、「感情」は「無意識(潜在意識)」の領域から発動することが多く、そのため自覚なく発動させてしまう可能性もあります。

    言葉や行動などに派生する根源である「意識」は常に自覚することを心掛けて下さい

     

    完成の機運がピークを迎える

    運気においては年運・月運共に強い月運と完成の機運に恵まれているので、予想以上の成果を得る可能性は大いにあります。

    良い成果をもたらす開運行動通しては

    • 人々に喜びを提供するために全力を尽くしましょう!

    七赤金星は「喜悦の星」であり「悦びを与える」ことが開運に繋がります。

    怒りや争いの中には「悦び」はないのです。

    • 機嫌の悪そうな顔はご法度!

    喜悦の星を担当する七赤金星には「不機嫌な顔」は不要です。

    無理に冗談を言ってウケをねらう必要はありません。

    元気で明るい表情を絶やさないで下さい。

    • 決意したことを成し遂げる

    「完成、公共性、決断」を担う乾宮に年盤・月盤共に本命星が回座するので完成の機運を活かすための決断も重要です。

    横暴で独断専行な方法ではなく、周囲の人々を束ねて取り組むことを心掛けて下さい。

     

    2021年の特徴が強まり、ゆっくり2022年の気が生じ始める

    8月の立秋から2021年の後半に入りました。

    そして、二ヶ月経ち10月は年盤と月盤が同じ盤が重なる月を迎えます。

    今年(2021年)の年運の事象が強く現れる月を迎え、その後から来年(2022年)の年運の気がゆっくりと生じ始めます。

    下記の図は、2022年から始まる10年間の年運を可視化したモノです。

    七赤金星 9年運

    2022年は七赤金星の定位置である「兌宮(だきゅう)」に回座し、プレッシャーや忙しさから解放され、プライベートな時間を楽しめる年運を迎えます。

     

    世の中全体で大きな運気が入れ替わる過渡期

    今年(2021年)は、2004年2月の立春から始まり2024年2月の節分で終わる「第八運」で、その20年間の終盤となります。

    20年周期で巡る運気が入れ替わる「過渡期」なので、世の中全体的が「大きく変容する」状況下であります。

    過渡期に迎える「暗剣殺の年」ですので苦戦することもあるかもしれませんが。

    この時期に得た知識や経験は「貴重な無形財産」とおなり、2023年から迎える転換期と共に迎える「第九運」に活かされるでしょう

     

    三元九運説の表

    十干十二支が一回りする60年を「上元・中元・下元」の三周期で180年です。

    現在は、下元の第八運の終盤で2024年立春から20年間は第九運が始まることを表した表です。

    三元 九運 期 間
    上元
    60年間
    第一運(20年間) 1864年2月(立春) 一白 甲子 から
    1884年2月(節分) 九紫 癸未 まで
    第二運(20年間) 1884年2月(立春) 八白 甲申 から
    1904年2月(節分) 七赤 癸卯 まで
    第三運(20年間) 1904年2月(立春) 六白 甲辰 から
    1924年2月(節分) 五黄 癸亥 まで
    中元
    60年間
    第四運(20年間) 1924年2月(立春) 四緑 甲子 から
    1944年2月(節分) 三碧 癸未 まで
    第五運(20年間) 1944年2月(立春) 二黒 甲申 から
    1964年2月(節分) 一白 癸卯 まで
    第六運(20年間) 1964年2月(立春) 九紫 甲辰 から
    1984年2月(節分) 八白 癸亥 まで
    下元
    60年間
    第七運(20年間) 1984年2月(立春) 七赤 甲子 から
    2004年2月(節分) 六白 癸未 まで
    第八運(20年間) 2004年2月(立春) 五黄 甲申 から
    2024年2月(節分) 四緑 癸卯 まで
    第九運(20年間) 2024年2月(立春) 三碧 甲辰 から
    2044年2月(節分) 二黒 癸亥 まで

    10月の月運の記事にも関わらず、随分未来の事が含まれたお話になりましたが…

    世の中全体的に今までに経験したことのないことを体験し、世の中全体的な変化が顕著に表れてるのは下元「第八運」終盤で「変化の気」が強く現れ、さらに!今年(2021年)は完全性をもつ六白金星が中宮に回座していることが大きく影響しているのでしょう。

    七赤金星 10月の日運グラフ

    10月8日 寒露(10時36分)から
    七赤金星 10月の日運グラフ

    10月23日 霜降(13時51分)から
    七赤金星 10月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    七赤金星 10月の仕事運

    仕事運

    今月(10月)に回座する「乾宮」は「丸いもの」を象徴します。

    丸ものとは「白熱する太陽」や「フル回転するもの」を表し、それを表すように忙しい月となりそうです。

    特に年齢に関係なく権力者や実力者、または目上など自分よりも地位の高い人との関係がとても重要な月となります。

    これまで以上に重い責任を負うような事態も発生する可能性がありますが。

    正に「乾宮」の象意を受けている状態と言えるので気後れせずに決意を固めて取り組むと良いでしょう

    何事においても「決断」を下す場面が多く発生する可能性があります。

    七赤金星の方全てではないのですが…

    基本的には平和主義ですが、それが行き過ぎると「事なかれ主義」となる傾向があります。

    ただ、この時期は職場の秩序を乱すような事や不正においては公明正大な対処が必要となります。

    その際にも感情的に反応して言い争わないこと決意して対処に取り組んで下さい

    セクハラやパワハラなどはしっかり証拠を確保してしかるべき処置とることも必要になるかもしれません。

    本命星が回座する「乾宮」には「公共性」があり、何事もオープンにして処理することが最善の方法であることを示しています

    陰でこっそり処理を行うとそれが裏目になって「暗剣殺」の発動を促す可能性があるので注意してください

     

    スポンサーリンク

     

    七赤金星 10月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    今月(10月)はプライベートよりも公的な事柄で忙しく、恋愛モードはオフになる傾向があるようです。

    ただ、仕事を通して編成されたチームやグループ内での同じ人生観をもった同志の中から恋愛感情へ芽生えるかもしれません。

    ムードメーカー気質をもった七赤金星の方は、笑顔を絶やさず、周りの士気を盛り上げるサービス精神に惹かれる方が現れるかもしれません。

    恋愛そのもの運気としては来月(11月)の方が好調です

    今月(10月)に良好な人間関係を構築することは後の恋愛運アップに繋がるかもしれません

    年間通して「統率力」を発動させる年運の最中にいるので、そのリーダー的な能力に惹かれる方が現れる可能性もあります。

    ただ、本来の自分ではないにも関わらず、相手に求められたキャラクターになろうとして迎合すると拗らせた恋愛に発展させる可能性もあるので「偽らない」ことを心掛けて下さい。

     

    スポンサーリンク

     

    七赤金星 10月の金運

    金運

    今月(10月)はとても忙しい月ではありますが。

    仲間と集まって飲食を楽しむこと機会を設けてみると良いでしょう。

    7月から8月にかけて驚くような感染大爆発から急激に感染者が減少した、この機会に仲の良い仲間と少人数で集うと良いでしょう。

    今月(10月)の七赤金星は年盤の乾宮に七赤金星が回座し、その上に月盤の乾宮に七赤金星が乗る月ですので、「喜悦の星」が重なる状態となります。

    なので、羽目を外さない程度の飲食を心掛けて下さい。

    また、お家計も同様でお財布に優しいプランで見栄を張らないようにして下さい。

    「決断と勝負」の気が高まっているのでギャンブルに関しても強い勝負欲が発生するかもおしれませんが、正直お勧めできません

    投資においても堅実さとリスク管理を強化させて下さい。

    また、設備投資や自己投資においてもチャンスに恵まれます

    ただ、今年(2021年)はコロナの影響で様々な面で流れが変わり、世界のあちこちでスタグフレーション(stagnation=停滞とinflation=インフレーションの合成語)が起こり、その影響も日本にも起こる可能性は大いにあります。

    収益性が見込めるのなら良いのですが。

    収益性のない私的な買い物においては金利を支払ってまで購入する価値があるのか? 冷静に判断する必要があることを心掛けて下さい

     

    スポンサーリンク

     

    2021年 七赤金星 金運アップの財布

    九星別 金運財布

    2021年 七赤金星に相応し金運財布と購入日

    金運アップに相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    七赤金星 10月の健康運

    健康運

    身体的には一日の疲れを翌日に持ち込み疲労負債をためなければ概ね問題はないでしょう。

    ただ、重い責任を負わされるポジションに就いている方は肉体的な疲れより心的な要因で疲れをためてしまうかもしれません。

    何事においても「余裕」がなくなるとイライラが生じ、それが感情に影響すると事故やケガに発展する可能性があります。

    六白象意の丸くて回転するモノの扱いについては細心の注意を払うように心掛けて下さい。

    自動車の運転や自転車、高速で回転するモノが付いた機械などの操作の一つ一つは意識づけしながら行いましょいう!

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 10月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    七赤金星 2021年の運勢

    2021年 辛丑 七赤金星の運勢

    七赤金星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

    七赤金星の月運

    九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー

     

    七赤金星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    七赤金星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    七赤金星 2022年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    酉年 午年 卯年 子年
    1957年(昭和32)
    2月4日 10:55~
    1958年(昭和33)
    2月3日まで
    丁酉年
    1966年(昭和41)
    2月4日 15:38~
    1967年(昭和42)
    2月3日まで
    丙午年
    1975年(昭和50)
    2月4日 19:59~
    1976年(昭和51)
    2月4日まで
    乙卯年
    1984年(昭和59)
    2月5日 0:19~
    1985年(昭和60)
    2月3日まで
    甲子年
    1993年(平成5)
    2月4日 4:37~
    1994年(平成6)
    2月3日まで
    癸酉年
    2002年(平成14)
    2月4日 9:24~
    2003年(平成15)
    2月3日まで
    壬午年
    2011年(平成23)
    2月4日 13:33~
    2012年(平成24)
    2月3日まで
    辛卯年
    2020年
    2月4日 18:04~
    2021年
    2月3日まで
    庚子年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ