三碧木星 2023年の運勢 高運期のピーク

三碧木星 2023年の運勢と吉方位
九星気学 2023年 三碧木星の運勢発展と整えの機運に恵まれる年

三碧木星 2023年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2023年2月4日から2024年2月3日まで

立春の節入り時刻は、2月4日11時42分からです

吉方位北・南西

 

九紫火星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 自分の未熟な部分に気づき克服するきっかけが得られる。

一白水星が回座する南西の祐気エネルギー効果

  • フラットな人間関係が広がり親和的な関係が得られる。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。
下記、表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。
注意! 生まれ月は、二十四節気の節入り前に生まれた方は前月生まれとなります。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

三碧木星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

2023年の恵方は「南南東のやや南(丙)」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

北から0度の一周360度を二十四分割して表す「二十四方位(にじゅうしほうい)」では、「 南から東へ15度」で十干の「 」の方位です。

一般的には二十四方位ではなく「16方位」で表されていることが多いので、異なる表現をされると混乱するかもしれませんが、南より東で南東の範囲に入らない辺りです。

恵方(歳徳神)は、十干の陽干「甲・丙・庚・壬」に付きます。

「戊(つちのえ)」においては「中央」の十干ですので方位はありません。

干合干合図
真向いの十干と干合して五行が変わる

十干が陰干の年「乙・丁・己・辛・癸」は、陽干と干合(かんごう)する十干に付きます。(本年は癸)

干合とは、互いに剋する関係の「相剋(そうこく)」でありながら陰陽で融合し、虚の状態で別の五行に化けます

2023年は「癸」ですので、融合するパートナーの「戊」と干合します。(上記図参照)

その作用で、癸と戊が共に「火性化」して、 「丙」となります。

従って、2023年の恵方は「丙(ひのえ)」となります。

ただ、「戊」の中央にも歳徳神さまがおられる意識は持っている方が良いでしょう。

個人の中央は自宅です。

神は不浄を嫌いますから、自宅は常に清潔を保ち、四緑象意の「風」の恩恵を得られるように整えることをお勧めします。

窓ガラスを綺麗に保ち、常に陽の光(陽の気)が入るようにしましょう。

また、空気の流れが滞らないように換気扇のほこりや油汚れの除去を心掛けることをお勧めします。

2023年 三碧木星の年盤解説

基本的に記載されないが、年盤の下に存在する「後天定位盤」「2023年の年盤」を表した図です。

三碧木星2023 同会と被同会

2023年の三合は「卯・未・亥」の三合木局

2023年は「癸卯の年」ですので、「卯」太歳が付きます。

木の五行を担う「卯」、土の五行を担う「未」、水の五行を担う「亥」は、各々異なる五行で異次元の結合によって三合木局が形成され、そして強力な五行の「木」を創ります

この現象は地支(十二支)で生じるので、生まれ年・月・日に「卯・未・亥」を持つ方は、物事や思考性が広がるような事柄が生じます。

2023年「酉」の歳破

の向かい側の「酉」には歳破が付きます。

三碧木星の「酉年生まれ」は存在しないので、生まれ月・日に「酉」を持つ方に影響が生じる傾向があるでしょう。

歳破」は本年一年間の「」で、つまり「やぶる、やぶれる、こわす、こわれる」ことを表します。

その象意を能動的に用いる場合と受動的な状態、または傍観的立場で体験するので、ネガティブな印象を受けるかもしれません。

しかし、長い目で捉えると「あの時の体験が今に活かされている」と、思える日が必ず訪れます。

「経験値を高める為の効果的なイベントの一つ」として、捉えることで運が開きます

 

三碧木星 2023年の運勢

2023年2月4日(立春)~2024年2月3日(節分)までの全体運

今年一年間に三碧木星は南東の「巽宮(そんきゅう)」に一年間滞在します。

巽宮が担う季節は晩春から初夏にあたり、一日の時間帯では午前7時から11時の二時間です。

人が一番活動しやすい季節であり、人が一番移動している通勤ラッシュの時間帯にあたります。

三碧木星は、このような「気」による恩恵を得られる一年間を過ごします。

 

物事が整う機運に恵まれる年

過去の努力と忍耐でしっかり基礎を固め、昨年(2022年)は「陰の努力が陽の目を浴びる一年」を経て、いよいよ実現に向かわせる「開花の年」を迎えます。

さらに! 運気としては「初夏」に向かう時期にあたるので、もう冷え込むことはありません。

それに加えて、巽宮の自然象意の「風」が追い風となって三碧木星の運気が上昇します。

そして、開花した花は「風」の恩恵を受けて受粉が果たされ、実を付け始めます。

このような自然象意が三碧木星の現実社会の事象となって現れるので、物事が整う機運が得られる一年となります。

ただ、この段階では未だ実をつけ始めた頃ですので「継続」は重要な原動力であります。

 

不変の真理を腑に落とす

自然現象になぞらえた「象意」は「現象」を表すものですから、個人の「吉凶」は思考や行動で得ることになります。

今年(2023年)の三碧木星は「追い風に乗る」機運に恵まれる一年なのですが…

しかし、自分軸と不変の真理をしっかり所有しておかないと「風に飛ばされる」可能性も起こり得るでしょう。

また、様々な方向から風を受けるので流されるままでは意図しない方向へ進む場合もあります。

 

2023年の三碧木星は、易経における「雷風恒(らいふうこう)」を得ています

ザックリとした説明になりますが、「恒常」つまり「常に変わらない道」という意味を表します。

風を読んで、流されずその力を上手に利用するには、変化を受け入れて臨機応変に対応することが必要です。

なので、変化を受け入れる必要性を十分理解し「不変は継続」させることを心掛けて下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

三碧木星 2023年の月運バイオリズムグラフ

三碧木星 月運グラフ

上記の図は、月運の勢いを可視化した図です。

回座宮の解説

下記の図は、回座する各宮の主な事象をコンパクトに一言でまとめた遁甲盤で、丸数字は飛泊する順序を表した数字です。

勢力盤

チャレンジによって飛躍運がさらに!極まる年運を迎え、月運の勢いも「勢いの強い月運」からスタートします。

 

離宮回座2月は月盤の「離宮(りきゅう)」に本命星が回座します。(⑨分離)

月運の勢いとしては衰退しているのですが、頭脳が冴える月運に恵まれています。

人を見下すような態度は慎み、謙虚さを心掛けることで運が開きます。

 

坎宮回座3月は月盤の「坎宮(かんきゅう)」に本命星が回座します。(①陥入=坎入)

今年(2023年)で最も月運が低下する月なので、体調管理をしっかり行って下さい。

この月は「手離す」と「止める」を利用することで自己成長の底上げが期待できます。

 

坤宮回座4月は月盤の「坤宮(こんきゅう)」に本命星が回座します。(②播種)

運気は月運における高運期に入り始めるのですが。

その立ち上がりはスローペースです。

様々な事柄が「解決へ」向かう機運に恵まれています。

 

震宮回座5月は月盤の「震宮(しんきゅう)」に本命星が回座します。(③萌芽ほうが)

月運に明るさが現れ、自然に前向きな気分が沸き上がる月運に恵まれます。

何事も豫め準備を整え、行動する事を心掛けて下さい。

 

巽宮回座6月寒露は月運の勢いが強いく、本命星が巽宮に回座する月を迎えます。(④開花)

月の運気は強く、勢いに乗って物事を整えて結果へ繋げましょう!

「好機魔多し」の傾向が現れるかもしれません。

慌てず、焦らず対処することで運気を損ねない対応策となるでしょう。

 

中宮回座7月は月盤の「中宮(ちゅうぐう)」に本命星が回座します。(⑤結実)

これまでの活動による結果が現れる月運です。

これまでの振り返りと保守保全を行う良いタイミングです。

 

乾宮回座8月は月盤の「乾宮(けんきゅう)」に本命星が回座します。(⑥完成)

『イニシアティブに活動したい』と思う程の気力が現れる月運に恵まれます。

スピード感よりも正確で確実に進めることを心掛ける方が良い結果が得られるでしょう。

 

兌宮回座9月は月盤の「兌宮(だきゅう)」に本命星が回座します。(⑦収穫)

月運の勢いはやや下降気味に入りますが、運気の強さはあります。

その影響のせいか?強引なやり方は慎み、周囲の意見にも耳を傾けることを心掛けて下さい。

 

艮宮回座10月は月盤の「艮宮(ごんきゅう)」に本命星が回座します。(⑧変化)

月運における「転換期」に入り、周囲で変化が生じその対応に追われるかもしれません。

変化と不変を区別して、変化を受入れましょう!

 

 

 

三碧木星 2023年の仕事運

仕事運

今年(2023年)の三碧木星は「成長」の局面にいながら「整える」段階に入る年運です。

成長と発展は大切な取り組みですが「結果」に繋げなければ収穫が得られません。

しかし、結果を得るための強行突破は危険な冒険となり、問題が生じるかもしれません。

とは言え、優柔不断の風任せでも目的にたどり着けません。

運が強い時期ほど「舵取り」が重要です!

 

一時的な流行りに振り回されない

今年(2023年)は四緑木星が中宮に回座するので、世の中の中心は四緑的な事象が起こりやすい一年となります。

そして、三碧木星は四緑木星の定位置である南東の「巽宮」に一年間滞在するので「世情」の影響を得やすい年であります。

もともと、世の中の流行りに敏感な三碧木星ですので『トレンドの追い風に乗りたい!』と思うでしょう。

また、強い運気に恵まれているので、自信に満ち溢れている状態でもあります。

なので、仕事では『大きく勝負に挑みたい』気持ちも高まるかもしれません。

しかし、一時的な追い風では目的地にたどり着けず、後始末に時間と動力を費やす事になりかねません。

仕事においては、結果とその先の可能性を見据えた思考力が重要となるので、これまでに築いた基本路線から大きく外れないことを心掛けて下さい。

 

継続可能な目標設定

年運に影響をもたらす象意は「表裏一体」ですので、「整う」事象と「散る」事象も起こり得ます。

仕事では何らかの目標を設定する機会が多々あると思います。

その目標を定める際に盛沢山な内容を取り入れると「整い」の事象が得られ辛くなります。

持続可能な目標を定めて取り組まれることをお勧めします

三碧木星 2023年からの9年運

上記の図は、2023年から2031年までの三碧木星の年運を可視化した図です。

これまでの「成長期」は、2023年でピークを迎え「整い」を得て、2024年から「充実期」のフェーズに入ります。

それと共に2024年から始まる「第九運」の20年間が始まります。

 

 

スポンサーリンク

 

三碧木星 2023年の人間関係

結婚運 恋愛運 人間関係

今年(2023年)三碧木星が回座する南東の巽宮は「四緑木星の定位置」なので、四緑象意の「信用、縁談、仲介」といった人と繋がるような事象が生じやすい一年です。

ただ、三碧木星が回座する巽宮の向かい側には五黄土星が乾宮に回座しています。

なので、今年(2023年)の三碧木星には「暗剣殺」が付くのですが、無条件で「暗剣殺」が発動するわけではありません

しかし、周囲の意見に耳を傾けず、傲慢な態度で独裁的に物事を推し進めるような振る舞いは暗剣殺の発動を促すかもしれません。

家族や職場などの周囲の人々への配慮をされていたら問題は生じないので、必要以上に委縮したり、自らで行動に制限を掛けたりする必要はありません

 

行動範囲が広がる年

今年(2023年)回座する巽宮象意の「遠方」は物理的距離だけでなく、ご縁の遠い人とも繋がる機会にも恵まれるので、必然的に行動範囲が広がる傾向があります。

この事象は公私ともに生じ、四緑象意の「信用や仲介」が促され様々なシーンで多発的に起こり、その結果「高い評価を受ける人気」を獲得するでしょう。

人間関係は概ね良好です!

 

出会い運

出会いに関しても同様で、出会いを求めている方は積極的に活動することがマストです!

今年(2023年)は、自らが追い求めなくても「風が進入」するように、ご縁が得られるかもしれません。

しかし、状況次第では相手の言葉や人物を鵜呑みにしない警戒心も必要です。

メールや電話などの通信などのやり取り、もしくはコミュニケーション上のやり取りで誤解が生じるかもしれません。

冷静な対応を心掛けて下さい。

 

結婚運

結婚を視野に入れて交際されている方は、結婚へコマを進めると良いでしょう。

「信用第一」の年ですので、順序正しくことを進めることが良い結果に繋がる方法となります。

 

 

三碧木星 2023年の金運

金運

金銭に関することは細心の注意を払う

今年(2023年)の年盤は、「金銭」を担当する西の方位に「歳破」が付くので金銭に関する事は「調査と管理」に徹底する必要があります

特に! 西の兌宮には大金を回す「六白金星」が一年間滞在するので、年間通して高額の取引や購入に関しては契約書などを理解した上で行うことを心掛けて下さい。

この事象は社会情勢として現れる事柄です。

 

2023年の歳破は十二支の「酉」に付くので酉月生まれの方(9月白露から10月節入り前)と「酉の日」生まれの方は「歳破」に対する策を講じることをお勧めします。

「歳破」は破壊的な影響が起こり得る年を表します。

しかし、忌み嫌う程の恐ろしい出来事が起こるわけではありません。

簡単に言うと「物事を一回で成し遂げづらい」事象が生じやすいだけです。

なので、「何度も試みる」取り組みや挑戦が必要になるのですが、その行動は同じことを繰り返すのではなく工夫と改善を施しながら試みて下さい。

提案や交渉事なら時間と動力を費やしながらスキルや経験値が高まるので自己成長に繋がります。

ただ、金銭が絡むようなことに関しては、試みるだけでも資金が必要になります。

なので、徹底的な実体調査と資金回収の見込みなどを調べ尽くしてプランを練ってください。

計画の段階で資金を投入する前の「破壊的事象」が生じても大きな痛手を負うことはないでしょう。

 

「恒久・継続」と向き合う

今年(2023年)の三碧木星は「正しい継続」が今後の金運アップに繋がる開運ワードであります。

「継続は力なり」の一年なのですが…

その継続している「固定費」が本当に適切な出費なのか?

改めて検討して見ると良いでしょう。

また、逆に新たな固定費が発生する可能性もあるので、費用対効果が得られるのか? しっかり検討することも心がけて下さい。

 

スポンサーリンク

 

三碧木星 2023年のラッキーカラー

グリーン

2023年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「巽宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

 

三碧木星の生まれ月別ラッキーカラー

下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

良い環境と人脈の拡大・発展に恵まれるラッキーカラーです。

生まれ月 ラッキーカラー
2月・11月 ブラック・ホワイト
3月・12月 イエロー・ベージュ・ブラウン
4月・1月 イエロー・ベージュ・ブラウン
5月 グリーン
6月 イエロー・ベージュ・ブラウン
7月 シルバー・ホワイト
8月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)
9月 イエロー・ベージュ・ブラウン
10月 レッド・パープル

2023年のラッキーカラーは今年に限ったラッキーカラーです。

長期的に使用するのなら、生まれ月別ラッキーカラーをお勧めします。

上記表中のカラーは、本命星と月命星を合わせて導き出したラッキーカラーですので、生涯用いることが出来るラッキーです。

いずれのカラーを選んで頂いても良いので、ご自身の直感でお選びください。

 

 

 

三碧木星 2023年の健康運

健康運

健康面においては概ね良好です。

ただ、四緑象意の「長い」が生じると、寝込む程ではなくても「軽い風邪のような症状」が長く続く可能性があります。

体内では「長い」臓器は「腸」ですので、腸内環境を崩さないように日頃から食生活には気を付けて下さい。

食生活が乱れてお腹の調子を崩すと気分が乱れ、気分が落ち込むとお腹が痛くなるように、腸と脳は深く関わっています。

強い運気に最高のパフォーマンスを発揮する為にも「腸脳相関」を意識して、生活のリズムとバランスの良い食生活を心掛けて下さい。

生活環境においても「整った部屋」で過ごすことが運気アップに繋がります。

自転車や自動車などの回転しながら駆動する乗り物や機械の扱いは、常に点検と整備を心掛けて下さい。

古いモノを雑に扱い、手入れを怠ると、そのモノには五黄象意が生じます。

古いものでも大切に扱い、手入れを施して継続使用を心掛ければ吉象意が得られます。

 

九星気学 2023年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2023年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

三碧木星 関連のコンテンツ紹介

三碧木星 2023年の運勢 高運期のピーク

2023年 癸卯 三碧木星 運勢
発展と整えの機運に恵まれる年
三碧木星 2023年の運勢仕事・人間関係・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら「2023年 三碧木星の運勢」御覧下さい。

三碧木星の月運

    九星気学 三碧木星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    三碧木星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    三碧木星 2023年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    丑年 戌年 未年 辰年
    1961年(昭和36)
    2月4日 10:23~
    1962年(昭和37)
    2月3日
    辛丑年
    1970年(昭和45)
    2月4日 14:46~
    1971年(昭和46)
    2月3日
    庚戌年
    1979年(昭和54)
    2月4日 19:13~
    1980年(昭和55)
    2月4日
    己未年
    1988年(昭和63)
    2月4日 23:43~
    1989年(昭和64)
    2月3日
    戊辰年
    1997年(平成9)
    2月4日 4:03~
    1998年(平成10)
    2月3日
    丁丑年
    2006年(平成18)
    2月4日 8:27~
    2007年(平成19)
    2月3日
    丙戌年
    2015年(平成27)
    2月4日 12:59~
    2016年(平成28)
    2月3日
    乙未年
    2024年2月4日
    17:27~
    2025年2月2日
    甲辰年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ