五黄土星 2023年の運勢 貢献で成果を得る盛運の年

五黄土星 2023年の運勢と吉方位
九星気学 2023年 五黄土星の運勢満を持して完成を得る年

 

 

 

五黄土星 2023年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2023年2月4日から2024年2月3日まで

立春の節入り時刻は、2月4日11時42分からです

吉方位北・東・北東・南

 

九紫火星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 自分の未熟な部分に気づき克服するきっかけが得られる。

二黒土星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 足元を固めて飛躍に挑戦する気力を得られる。

七赤金星が回座する北東の祐気エネルギー効果

  • 副業などの副収入で手取りの増加が期待できる。

八白土星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 思考の変化が現れ、頭脳明晰が促される。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。
下記、表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。
注意! 生まれ月は、二十四節気の節入り前に生まれた方は前月生まれとなります。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

五黄土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

2023年の恵方は「南南東のやや南(丙)」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

北から0度の一周360度を二十四分割して表す「二十四方位(にじゅうしほうい)」では、「 南から東へ15度」で十干の「 」の方位です。

一般的には二十四方位ではなく「16方位」で表されていることが多いので、異なる表現をされると混乱するかもしれませんが、南より東で南東の範囲に入らない辺りです。

恵方(歳徳神)は、十干の陽干「甲・丙・庚・壬」に付きます。

「戊(つちのえ)」においては「中央」の十干ですので方位はありません。

干合干合図
真向いの十干と干合して五行が変わる

十干が陰干の年「乙・丁・己・辛・癸」は、陽干と干合(かんごう)する十干に付きます。(本年は癸)

干合とは、互いに剋する関係の「相剋(そうこく)」でありながら陰陽で融合し、虚の状態で別の五行に化けます

2023年は「癸」ですので、融合するパートナーの「戊」と干合します。(上記図参照)

その作用で、癸と戊が共に「火性化」して、 「丙」となります。

従って、2023年の恵方は「丙(ひのえ)」となります。

ただ、「戊」の中央にも歳徳神さまがおられる意識は持っている方が良いでしょう。

個人の中央は自宅です。

神は不浄を嫌いますから、自宅は常に清潔を保ち、四緑象意の「風」の恩恵を得られるように整えることをお勧めします。

窓ガラスを綺麗に保ち、常に陽の光(陽の気)が入るようにしましょう。

また、空気の流れが滞らないように換気扇のほこりや油汚れの除去を心掛けることをお勧めします。

 

2023年 五黄土星の年盤解説

基本的に記載されないが、年盤の下に存在する「後天定位盤」「2023年の年盤」を表した図です。

五黄土星2023 同会と被同会

2023年の三合は「卯・未・亥」の三合木局

2023年は「癸卯の年」ですので、「卯」太歳が付きます。

木の五行を担う「卯」、土の五行を担う「未」、水の五行を担う「亥」は、各々異なる五行で異次元の結合によって三合木局が形成され、そして強力な五行の「木」を創ります

この現象は地支(十二支)で生じるので、生まれ年・月・日に「卯・未・亥」を持つ方は、物事や思考性が広がるような事柄が生じます。

2023年「酉」の歳破

の向かい側の「酉」には歳破が付きます。

五黄土星の「酉年生まれ」は存在しないので、生まれ月・日に「酉」を持つ方に影響が生じる傾向があるでしょう。

歳破」は本年一年間の「」で、つまり「やぶる、やぶれる、こわす、こわれる」ことを表します。

その象意を能動的に用いる場合と受動的な状態、または傍観的立場で体験するので、ネガティブな印象を受けるかもしれません。

しかし、長い目で捉えると「あの時の体験が今に活かされている」と、思える日が必ず訪れます。

「経験値を高める為の効果的なイベントの一つ」として、捉えることで運が開きます。「歳破」は本年一年間の「破」で、つまり「やぶる、やぶれる、こわす、こわれる」ことを表します。

その象意を能動的に用いる場合と受動的な状態、または傍観的立場で体験するので、ネガティブな印象を受けるかもしれません。

しかし、長い目で捉えると「あの時の体験が今に活かされている」と、思える日が必ず訪れます。

「経験値を高める為の効果的なイベントの一つ」として、捉えることで運が開きます。

 

五黄土星 2023年の運勢

2023年2月4(立春)~2024年2月3日(節分)までの全体運

 

2019年から始まった年運における成長運によって、あらゆる方面で成長が得られ、それに伴って物事が拡大と発展へ導かれました。

ただ、この段階の発展と拡大は「調和・調達・調節」で成された状態です。

まだ完成に至っておらず、それどころか簡単に破壊しないように強化させる必要があります。

それを「点検・整備」を通して「充実させる年」が昨年(2022年)でした。

充実を図る為の時間や動力、それに加えて発展時に生じた問題解決などもあり、昨年は発展や成長に鈍りが生じ、物事の停滞を体験されたので「運」に不安を抱かれたかもしれません。

しかし、2022年は「運が悪い」とか「運が弱い」わけではありません

むしろ、運気は強く、価値ある停滞であり、昨年の課題である「充実」は重要なプロセスです。

その甲斐あって2023年は「完成の年」を迎えます。

 

機が熟す年

今年(2023年)に本命星の五黄土星が回座する「乾宮(けんきゅう)」は六白金星の定位置ですので、六白象意の「完成・成熟」を担います。

その乾宮に一年間滞在する五黄土星は「完成」つまり、「機が熟す」年運に恵まれます。

2023年の運気が本格的に始動するのは2月立春からです。

ただ、2022年の1月は低調な月運を過ごし、2月には月運における「成長期」を迎えるのですが、環境においては低調感が漂うのでスタートダッシュは期待できないかもしれません。

しかし、これまでの発展をしっかり充実させた蓄えは、相当大きく育っているはずです。

蓄えた「知識・技・財」などの様々なエネルギーを社会に役立たせる能力とパワーは満ちています

 

プレッシャーと期待

今年(2023年)に回座する乾宮の「完成と成熟」は、五黄土星のご本人だけでなく周囲の環境においても「完成と成熟」を帯びているので、成熟した人からの依頼や完璧さを求められる可能性が高いです。

それに伴って、周囲からの期待が大きいのでプレッシャーを感じることも多々あるかもしれません。

 

次元上昇

活躍シーンのレベルアップと共に「未知なる扉」を開く必要が生じるでしょう。

今年(2023年)は「卯年」で「卯・未・亥」の三支(三つの十二支)で異次元融合が生じ強力な五行の「木」が生じます。(三合木局

五黄土星は今年「亥」が内包される乾宮に回座するので異次元融合の一員であり「亥」は、積極的に働きかける資質を持っている四勢の十二支です

また、今年の十二支の「卯」「門を開く」意味を持ち、これまでとは違うステージの「未知なる世界」へ意識や活動の場が向かいます

なので、「異次元の要素」を用いて「未知の世界」での活躍によって「完成」が得られ、成果の獲得に繋がります

 

五黄土星 2023年の月運バイオリズムグラフ

五黄土星2月~翌年1月までの月運図上記の図は、月運の勢いを可視化した図です。

回座宮の解説

下記の図は、回座する各宮の主な事象をコンパクトに一言でまとめた遁甲盤で、丸数字は飛泊する順序を表した数字です。

勢力盤

2023年の年運は2月立春から始まります。

 

坤宮回座2月は月盤の「坤宮(こんきゅう)」に本命星が回座します。(②播種=種蒔き)

月運における「成長期」に入り運気は上昇局面を迎えるのですが、立ち上がりはゆっくりです。

周囲の状況や環境が冷え込んでいるようです。

スグに出来そうな小さな成功体験を積み重ねることで自信の底上げを試みると良いでしょう。

 

震宮回座3月は月盤の「震宮(しんきゅう)」に本命星が回座します。(③萌芽)

月運における「成長期」の半ばに入り、運気に明るさが本格的に現れます。

自分自身を自らで奮起させることで高運期に乗ることができます。

 

巽宮回座4月は月盤の「巽宮(そんきゅう)」に本命星が回座します。(④開花)

運気は先月よりさらに上昇し「成長運気のピーク」を迎えます。

不用意な発言は控えて、当たり障りのない言葉選びを心掛けて下さい。。

 

中宮回座5月は月盤の「中宮(ちゅうぐう)」に本命星が回座します。(⑤結実)

月運における「成長期」から「充実期」に入り、6月は月運における「完成」の機運が巡ります。

この機運に向けて、5月は内部の充実と改善をしっかり施す月です。

 

乾宮回座6月は月盤の「乾宮(けんきゅう)」に本命星が回座します。(⑥完成)

「完成の年」に「完成の月運」が巡り、今年の事象が最も高まる月運が巡ります。

その反面「慢心は禁物」何事も準備をしっかり整え、確認しながら堅実な歩みを心掛けて下さい。

 

兌宮回座7月は月盤の「兌宮(だきゅう)」に本命星が回座します。(⑦収穫)

月運における「収穫月」を迎え、上下関係で相互理解と協力が得られやすい月運に恵まれます。

これまでの人脈に応じて外からチャンスが得られるでしょう

 

艮宮回座8月は月盤の「艮宮(ごんきゅう)」に本命星が回座します。(⑧変化)

一見、有益性が得られない変化でも拒まず変化を受け入れると良いでしょう。

「損して得とれ」が生じる月運で、将来に期待できる変化かもしれません。

 

離宮回座9月は月盤の「離宮(りきゅう)」に本命星が回座します。(⑨分離)

頭脳明晰で先見の明に恵まれる月運が巡るのですが。

意識高い系に陥らないよう「謙虚さ」を心掛けて下さい。

 

坎宮回座10月は月盤の「坎宮(かんきゅう)」に本命星が回座します。(①陥入=坎入)

2023年の月運で最も低下する月ですが「悪い運気」ではありません

ただ、穴に入って物事を見るような環境におかれるので「粉飾」に気づきにくい傾向があるかもしれません。

大きな決断は控えて、調査とリサーチに力を注ぐ方が良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 2023年の仕事運

仕事運 転職運

全体運の「プレッシャーと期待」の件で述べた「成熟した人からの依頼や完璧さを求められる」ような事象が仕事面で顕著に表れるでしょう。

社運をかけて臨む一大プロジェクトを任され、雲の上にいる大物と関わる機会が得られるかもしれません。

プレッシャーを感じて少々不安を感じているぐらいなら、丁寧な仕事と謙虚さが維持されるのですが…

周囲の協力や心遣いに「感謝」の気持ちがなくなり「あたりまえ」のような感覚が現れると、他人の意見をかえりみず自分一人で勝手な判断を下して行動する傾向が現れます。

そうなると、周囲との分断が生じ、その結果せっかくの運気を損なうことになります。

常に「謙虚な気持ち」を持ち続け、そして周囲の意見を無視せず、また理解を得ながら要望にも応えることを心掛けて下さい。

今年(2023年)の五黄土星は、易経の「地天泰(ちてんたい)」で易象から天が地を思いやり、地が天を敬う「泰平」を得られている状態を表します。

この状態は良好な上下関係そのものですので「感謝の気持ち」を持ち続けることが仕事運に大きく貢献してくれる開運マインドです。

 

三合の応援を得る亥年生まれ

亥年生まれの方は社会面で周囲の協力や紹介などの機会に恵まれ、物事が広がりながら動き出す機運に恵まれます

しかし、広がり過ぎて資金ショートを起こしたり、技術力が追い付かなかったり、と言った問題を起こさない為の「先見力」を常に養いながら発揮することを心掛けて下さい。

五黄土星 2023年からの9年運

上記の図は、2023年から2032年までの五黄土星の年運を可視化した図です。

2024年から始まる20年間は「第九運」に入るので2023年で「第八運」が終わります

その後、発展と拡大を促す「三合や太歳」また「恵方」による恩恵が得られる年が2025年から連続して2029年まで続きます。

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 2023年の人間関係

結婚運 恋愛運 人間関係

今年(2023年)の五黄土星は公用で忙しい日々を過ごす年運が巡ります。

自己成長や成果の獲得に繋がるチャンスのほとんどが「外」にあるので、無意識に外向的な行動をとる傾向が現れるでしょう。

社会的な人間関係においては、活気にあふれ、その関係から得られる有益も期待できます。

その反面、プライベートな人間関係が疎遠になり、いつも一緒にいても心の距離が生じる可能性があります。

今年(2023年)の五黄土星は「天地がわかり合い安泰」を得る年運に恵まれているので、この恵みをプライベートな方面にも活かすことを心掛けて下さい

今年(2023年)の五黄土星は「完成」と共に地の気(十二支)による「発展と拡大」の機運も得ているので、この時期のご縁がきっかけで「完成と拡大」のチャンスを得る可能性も大いにあります。

自分より高い身分の人や自分にはない異質で優れた能力を持った人との相互理解と協力が得られるでしょう。

 

「第一印象」は大事

メラビアンの法則で人間の第一印象は、視覚情報が55%、聴覚情報が38%、言語情報が7%と言われ、殆ど見た目で第一印象が決定されると言われています。

なので、不機嫌な表情は意識的に消すことを日頃から心掛けて、大事な場面の第一印象に備えられると良いでしょう。

この取り組みが「大事な場面」だけでなく、身近な人間関係にも良い影響が生じ、五黄土星が回座する乾宮象意の「円満」が人間関係全てに得られます

 

出会い運

出会いの殆どが公用を通しての出会いなので、恋愛的な出会いではないかもしれません。

しかし、乾宮象意の「剛健」が得られるので、剛健な人物への憧れから恋愛へ発展するかもしれません。

逆に、ご本人の剛健さに惚れる人物が現れるかもしれません。

いずれにしても、仕事や公的な場での出会いに期待はあるでしょう。

 

結婚運

現在交際されている方で、結婚を考えているのなら縁談を進められると良いでしょう。

来年も結婚に相応しい年運が巡りますが、先延ばしにする理由がないのなら進めてしまいましょう!

 

 

五黄土星 2023年の金運

金運

金銭に関することは細心の注意を払う

今年(2023年)の年盤は、「金銭」を担当する西の方位に「歳破」が付くので金銭に関する事は「調査と管理」に徹底する必要があります

特に! 西の兌宮には大金を回す「六白金星」が一年間滞在するので、年間通して高額の取引や購入に関しては契約書などを理解した上で行うことを心掛けて下さい。

この事象は社会情勢として現れる事柄です。

 

五黄土星 9月生まれと酉の日生まれ

前述の「酉の歳破」で述べた、酉月生まれの方と酉の日生まれの方は「歳破」に何らかの策を講じたいと思われるかもしれません。

対策の一例としては、何事も一度の取り組みで解決や成果が得られないことをあらかじめ考慮に入れて、取り組まれると良いです。

二度目、三度目のトライは、必ず何らかの工夫と改善を施した上で試みることが重要です。

西の「酉」は「収穫」を表し、現代では「お金」にあたります。

西に位置する「兌宮(だきゅう)」には、常に回転している「お金」つまり「事業資金や運用資金」を担う六白金星が回座しているので、動かす資金も大金になるかもしれません。

何度もトライするのは厳しいはずですから、事前の調査をしっかり行い、いろいろな方法を駆使したプランを複数立てることを心掛けて下さい。

これはほんの一例に過ぎない方法の一つなので、ご本人にとって最適な方法で対策を講じて下さい。

 

手に入れるまで気を緩めない!

これまでに積み重ねた「知識・技・財力」を社会や人々の為に尽くして「成果を得る」年運が巡ります。

また、それを応援する協力も得られるので、大きな取引や融資も得られるでしょう。

このように「お金」の流れは激しく稼働するので、景気の良い流れを感じられるかもしれません。

ただ、この段階では可処分所得の増加が確定したわけではないので、気持ちを引き締めて事に当たる必要があります。

この事象は五黄土星に現れるのですが、ご本人の状況やおかれている環境によって金銭の流れ方に違いは生じます。

とは言え、五黄土星の運気は強く、それに伴ってお金の流動も激しくなるのは五黄土星に起こり得る事象ですから、「慢心しない」それに加えて「管理強化」を心掛けて下さい。

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 2023年のラッキーカラー

シルバー・ホワイト

2023年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「中宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

 

五黄土星の生まれ月別ラッキーカラー

下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

良い環境と人脈の拡大と発展に恵まれるラッキーカラーです。

生まれ月 ラッキーカラー
2月・11月 イエロー・ベージュ・ブラウン
3月・12月 レッド・パープル
4月・1月 ブラック・ホワイト
5月 イエロー・ベージュ・ブラウン
6月 ブルー・ネイビー
7月 グリーン
8月 (男性)ブルー・ネイビー
(女性)グリーン
9月 シルバー・ホワイト
10月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)

2023年のラッキーカラーは今年に限ったラッキーカラーです。

長期的に使用するのなら、生まれ月別ラッキーカラーをお勧めします。

上記表中のカラーは、本命星と月命星を合わせて導き出したラッキーカラーですので、生涯用いることが出来るラッキーです。

いずれのカラーを選んで頂いても良いので、ご自身の直感でお選びください。

 

 

五黄土星 2023年の健康運

健康運

今年(2023年)の五黄土星が回座する乾宮の「剛健」が得られ、やむことなく健やかな環境におかれるので、それに伴い健康面においても良好です。

ただ、常にフル回転のエンジン全開状態でやり過ごそうとする傾向が現れるので、ご自身の身体においても「慢心」は慎んで下さい。

生命維持に重要な役割を担う「臓器」は休みなく働いています。

とは言え、消化器官ならファスティング、肝臓なら休肝日を設けて労わる策を講じることは出来ます。

ただ、心臓においては常に鼓動を打ち続けていますから他の臓器より沢山働いています。

なので、ドキドキ・ハラハラしない環境に身を置き、ゆっくり横になる時間をしっかり確保して体を労わることを心掛けて下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

九星気学 2023年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2023年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

五黄土星 関連コンテンツ

五黄土星 2023年の運勢 貢献で成果を得る盛運の年

2023年 癸卯 五黄土星 運勢満を持して完成を得る年
五黄土星 2023年の運勢仕事・人間関係・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら「2023年 五黄土星の運勢」御覧下さい。

五黄土星の月運

    九星気学 五黄土星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    五黄土星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    五黄土星 2023年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    亥年 申年 巳年 寅年
    1959年(昭和34)
    2月4日 22:43~
    1960年(昭和35)
    2月4日まで
    己亥年
    1968年(昭和43)
    2月5日 3:08~
    1969年(昭和44)
    2月3日まで
    戊申年
    1977年(昭和52)
    2月4日 7:34~
    1978年(昭和53)
    2月3日まで
    丁巳年
    1986年(昭和61)
    2月4日 12:08~
    1987年(昭和62)
    2月3日まで
    丙寅年
    1995年(平成7)
    2月4日 16:13~
    1996年(平成8)
    2月3日まで
    乙亥年
    2004年(平成16)
    2月4日 20:56~
    2005年(平成17)
    2月3日まで
    甲申年
    2013年(平成25)
    2月4日 1:14~
    2014年(平成26)
    2月3日まで
    癸巳年
    2022年
    2月4日 5:51~
    2023年
    2月3日まで
    壬寅年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ