七赤金星 今月の運勢

七赤金星 毎月の運勢

この記事では、七赤金星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星七赤金星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は間違いなく、七赤金星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”七赤金星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和5年(1930)2月4日~昭和6年(1931)2月4日
昭和14年(1939)2月5日~昭和15年(1940)2月4日
昭和23年(1948)2月5日~昭和24年(1949)2月3日
昭和32年(1957)2月4日~昭和33年(1958)2月3日
昭和41年(1966)2月4日~昭和42年(1967)2月3日
昭和50年(1975)2月4日~昭和51年(1976)2月4日
昭和59年(1984)2月5日~昭和60年(1985)2月3日
平成5年(1993)2月4日~平成6年(1994)2月3日
平成14年(2002)2月4日~平成15年(2003)2月3日
平成23年(2011)2月4日~平成24年(2012)2月3日

表中の日付を見て頂くとお分かりのように、一年の区切りは1月1日ではありません
九星気学では、一年の始まり(運勢)は、立春(節分)から始まります

 

 

七赤金星 今月の運勢と吉方位

七赤金星 5月 運勢と吉方位
2020年5月5日~6月4日まで七赤金星 5月 運勢と吉方位本命星: 西(兌宮回座)天道
5月の吉方位:北・南西・北東

年盤・月盤共通の吉方位:北東
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:南東・北西・北東
2020年 七赤金星 年盤

 

七赤金星 2020年5月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

外出自粛要請は5月6日までが、5月末まで延長が確定しました。

従って、祐気取りにおいては、人混みを避けて日盤吉方をとる散歩程度をお勧めします。

 

一白水星が巡る 5月の北の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では死気方位ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

  • 人間関係が深まる。夫婦円満。

 

南西

二黒土星が巡る 5月の南西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では南西死気方位ですから、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

  • 身体健全と心の安定

 

北東

八白土星が巡る 5月の北東の祐気エネルギー

年盤・月盤共に吉方位です。長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

  • 俯瞰力が養われ、人生の大転換が促される
  • 小さな積み重ねが大勢へ促される

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

     

    七赤金星 2020年5月の運勢
    価値観が180度変わり刷新へ
    次のステージへのビジョンが見える!

    七赤金星 5月「月盤と年盤の関係」
    兌宮回座により九紫同会。中宮にて五黄被同会。(上記の年盤と月盤参照)

    5月の月盤では、七赤金星は「兌」と書かれている「兌宮(だきゅう)」という宮に入ります。

    5月 吉神 月盤

    兌宮は、悦楽を担当する七赤金星の本座(定位置)です。

    主に「口(くち)」に関わる事柄を担当するので、「会話、飲食」を通じて人々と集い、楽しむことを象徴します。

    また、西の宮ですので季節としては「実りの秋」に通じ、現代的には「収穫=お金」とされています。

    なので、兌宮は本命星が入る月運のエネルギーとしては、ピークが過ぎ、成果を手に入れた後の「宴」のような運気となります。

    開運ワードは「次のステージに向けて不足を認め補う」

     

    2020年の課題「改善」のチャンスが見つかる!

    今月(5月)の七赤金星は、多忙な状態から解放され、比較的穏やか運気に恵まれます。

    趣味やレジャーや人と関りが楽しめる運気でもあります。

    ただ、外出自粛や社会距離拡大戦略が発動しているので、思うような活動が出来ない状況下であります。

    本来なら、五黄土星が中宮に入るタイミングは九星全ての星が定位置に入る月。

    なので、七赤金星のみならず、皆が特性を活かして活動できる月運となります。

    しかし、このような現状は「宇宙からの課題」なのかもしれません。

    古い習慣・価値観を刷新

    今年(2020年)5月の七赤金星は、不必要になったモノを手放すことを担当する九紫火星と同会する月であります。

    限界を感じる状況や自分の中に秘めている気持ちなどを「改め・見直し・手放す」月運が巡っています。

    それには、価値観そのものを見直すことが必要になるかもしれません。

    改める必要性を感じていても「面倒だったり」「変わることへの恐れ」が発生すると踏み出すことが出来なくなります。

    2017年から高運期が始まり、順調に成長し続けてこられた方は無意識レベルでバイアスに囚われているかもしれません。

    今年(2020年)の七赤金星は、自己メンテナンスで改善を行う一年で、その最中に起こる「刷新」の運気なのです。

    この刷新は、悪習慣や悪い癖を断ち切るチャンスでもあります。

    人によっては、長年の洗脳により「植え付けられた価値観」から逃れるチャンスとなるかもしれません。

    この「刷新」を通じて自分自身が変わることで、見え方が変わり、景色も変わります

    ただ、今月(5月)の七赤金星は、感受性が高まる傾向があります。

    その影響から無意識(潜在意識)レベルの「感情」が込み上げ、「おりゃ~!」と…ちゃぶ台返しをやりたくなるほどの感情が現れるかもしれません。

    その感情を他者に向けたり、環境のせいにするのではなく、自分の中に存在する「怒りの根源」と向き合ってみましょう。

    理性的に対象することで、無意識をコントロールする顕在意識が発動します。

    天道が巡る月運ですから「天からの導き」得られる月。

     

    七赤金星 5月の日運グラフ

    5月5日から20日まで
    七赤金星 5月 日運グラフ

    5月21日から6月5日まで
    七赤金星 5月 日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

    スポンサーリンク

    七赤金星 5月の仕事運

    仕事運

    今月(5月)の月盤では、七赤金星は陽が沈む「西」の「兌宮(だきゅう)」という宮に入ります。

    基本的に人は日が沈むと、その日の仕事を終え、次の日に備えて準備をします。

    このように、運気においても「次のことを考え始める」フェーズに入ります。

    とは言え、これまでの活動をバッサリ止めて、全く新しい歩みを始めるわけではありません。

    刷新を通して、新たな展望を見出す流れから、業務内容や方針が変わるような次工程を歩みだします。

    今月(5月)は、離合集散を担う九紫火星と同会する月なので、職場では人事異動やチーム編成が変わることで、旧人と離れ、そして新たな仲間と出会うでしょう。

    契約書や重要な書類を扱う機会も増える月運ですから、常に集中力維持を心掛けましょう。

    感性が高まる月運に恵まれているので「学ぶ」「創造」といった、クリエイティブ能力が高まるので是非仕事にご活用下さいね。

     

    七赤金星 5月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    今年(2020年)の七赤金星は「結実の年」でありますから、何事においても「過去」の行いが表面化する一年であります。

    その年運の最中である今月(5月)は、過去の拘りを手放すチャンスとなります。

    どうにもならない「腐れ縁」を手放す。

    「未練」を手放すこともあるでしょう。

    未練においては、キレイさっぱり「忘れる」ことも手放すことなのですが…

    復縁もある意味、新たなスタートですから手放すことに通ずるのかもしれません。

    新たな出会いを求めて「恋活中」の方は、華やかな恋愛運気に恵まれているので、積極的に出会いの場に参加してみると良いでしょう。

    恋愛だけに関わらず、人間関係全般的に「言葉」の扱いには気を配りましょう。

    特に約束事は、中身をしっかり理解しないまま約束を交わすような行動は慎みましょう。

    キーパーソンは、九紫火星の人。

     

    スポンサーリンク

    七赤金星 5月の金運

    金運

    年間通じて運のエネルギーが強い一年ですから、慢心さえしなければ良好です。

    とは言え、「結実の年」ですから過去の運用が現在に「結実」として現れますから、七赤金星の人々全員が良好とは言えません。

    その最中に迎える今月(5月)は、意識や方針など様々な「切り替え」を起こすチャンスの月であります。

    イマイチ良好な結実を得られていない方は、そもそもの金銭感覚や価値観を変えることで本来の「お金」そのものがハッキリ見えてくるでしょう。

    物欲を満たす金銭感覚から無形資産への投資(構築)も視野に入れて取り組むことを検討してみましょう

    交遊関係が活発になる月運ですので、交際費などの出費が増える可能性があります。

    金銭感覚がルーズにならないように気持ちの引き締めは強めに!

     

    2020年 七赤金星 金運アップの財布

    新調財布使い始める日と種銭

    春財布 2020年 七赤金星に相応し金運財布と購入日

    金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    七赤金星 5月の健康運

    健康運

    月運のエネルギーとしてピークから緩やかに下降へ向かう時期になります。

    なので、健康面においても無理が利くほどパワフルな状態ではありません。

    健康管理に関しては意識を高めて過ごす必要があるでしょう。

    今月(5月)の七赤金星は「悦楽の月運」が巡り、その楽しみ方が「食」へ向かうと好きな食べ物ばかりを摂取したり、お酒を飲み過ぎる傾向が現れます。

    また、美意識が高まる月運でもありますから、その意識がダイエットに走るとダイエット食品の過剰摂取や過度な減量に走るかもしれません。

    規則正しい生活のリズムとバランスの取れた栄養を摂取することを心がけて下さい。

    悦楽の月運を効果的に向上させるには「言葉」に思いやりと楽しい言葉の響きがポイント!

    その響きが自分の心に跳ね返り「豊かな心」を促し健康アップに繋がります。

    今月(5月)に同会する九紫火星の「火」は太陽の光のことを表します。

    なので、日光を浴びる機会を増やすと良いでしょう。

     

    スポンサーリンク

    九星気学 5月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

     

    九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    2020年 縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    七赤金星 関連コンテンツ

    2020年 七赤金星の運勢

    七赤金星 2020年 運勢

    七赤金星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

    七赤金星の月運

    九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    2020年 七赤金星 月運バイオリズムグラフ

    七赤金星2020年バイオリズムグラフ

    2020年 七赤金星の月運バイオリズムグラフで強い年運を有意義に活用

    詳細は下記リストをクリックして記事をご覧ください。

     

    七赤金星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    七赤金星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

       

      節入り前に生まれた方へ

      誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
      九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
      下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

      九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
      従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

      酉年 午年 卯年 子年
      1957年(昭和32)
      2月4日 10:55~
      1958年(昭和33)
      2月3日まで
      丁酉年
      1966年(昭和41)
      2月4日 15:38~
      1967年(昭和42)
      2月3日まで
      丙午年
      1975年(昭和50)
      2月4日 19:59~
      1976年(昭和51)
      2月4日まで
      乙卯年
      1984年(昭和59)
      2月5日 0:19~
      1985年(昭和60)
      2月3日まで
      甲子年
      1993年(平成5)
      2月4日 4:37~
      1994年(平成6)
      2月3日まで
      癸酉年
      2002年(平成14)
      2月4日 9:24~
      2003年(平成15)
      2月3日まで
      壬午年
      2011年(平成23)
      2月4日 13:33~
      2012年(平成24)
      2月3日まで
      辛卯年
      2020年
      2月4日 18:04~
      2021年
      2月3日まで
      庚子年

       

      関連記事(一部広告含む)

      サブコンテンツ

      このページの先頭へ