七赤金星 今月の運勢

七赤金星 毎月の運勢

この記事では、七赤金星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星七赤金星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は間違いなく、七赤金星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”七赤金星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和5年(1930)2月4日~昭和6年(1931)2月4日
昭和14年(1939)2月5日~昭和15年(1940)2月4日
昭和23年(1948)2月5日~昭和24年(1949)2月3日
昭和32年(1957)2月4日~昭和33年(1958)2月3日
昭和41年(1966)2月4日~昭和42年(1967)2月3日
昭和50年(1975)2月4日~昭和51年(1976)2月4日
昭和59年(1984)2月5日~昭和60年(1985)2月3日
平成5年(1993)2月4日~平成6年(1994)2月3日
平成14年(2002)2月4日~平成15年(2003)2月3日
平成23年(2011)2月4日~平成24年(2012)2月3日

表中の日付を見て頂くとお分かりのように、一年の区切りは1月1日ではありません
九星気学では、一年の始まり(運勢)は、立春(節分)から始まります

 

 

七赤金星 今月の運勢と吉方位

七赤金星 12月 運勢と吉方位
2021年12月7日~2022年1月4日
まで七赤金星 12月本命星: 北東(艮宮回座)
12月の吉方位:東・西

年盤・月盤共通の吉方位:西
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北・西・南
2021年 七赤金星の吉方位

七赤金星 2021年12月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

大雪の節入り時刻は、2021年12月7日6時57分です。

 

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上のには四緑木星が回座し、年間通して殺気方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

二黒土星が巡る の祐気効果

  • チャレンジ精神が養われ、堅実的な推進力が得られる。

 

西

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

六白金星が巡る 西の祐気効果

  • 人脈に恵まれ事業運アップが期待できる。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

月命星も加味したて吉方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

七赤金星 2022年の運勢 好機到来!喜悦多い年

2022年 壬寅 七赤金星 運勢

七赤金星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

七赤金星 2021年12月の運勢 自己改革で開運!

九星気学 12月 運勢

七赤金星 12月の月盤と年盤の重なりについて

九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

回座と同会について

12月の月盤上では、北東の「艮宮」に本命星が回座し、年盤上の艮宮に回座している九紫火星の上に本命星が乗ります。(九紫同会

12月の七赤金星は、艮宮回座による「八白象意」と九紫同会による「九紫象意」が主な課題となります。

艮宮回座による主な八白象意

山、静止、高尚、変化、保守、停滞、閉塞、不動、蓄財、再起、復活、相続、継目、改修、強引、肥満、神主、少年、兄弟、親類縁者、相続人

九紫同会による主な九紫象意

火、光、陽気、美麗、目立つ、先見の明、頭脳明晰、学問芸術、露見、最高位、精神性、分離、訴訟、手離す、感情、喧嘩、移り気、中年女性、学者、アーティスト

被同会について

年盤上の乾宮(北西)に回座する本命星月盤上で回座する五黄土星が本命星の上に被ります。(五黄被同会

被同会は否が応でも五黄象意を他動的に被る事象が現れます。

五黄被同会による主な五黄象意

中心、支配、破壊、爆発、腐敗、戦争、毒物、中毒、荒野、天変地異、パニック、葬式、自滅、古い問題、再発、帝王、独裁者、野蛮な人物、古物を扱う

 

スポンサーリンク

 

2021年を締め括る月は「始まりの月」

12月の月支(月の十二支)は「子(壬子)」です。

「子(ね)」は、十二支で一番目の干支で「新たな始まり」を担う「地の気」であります。

そして、12月22日には「冬至」を迎えます

冬至のことを「一陽来復(いちようらいふく)」と言われ「易経」に出てくる言葉です。

意味としては「陰の気が極まった後に陽の気が少しずつ復る」また、「悪いことが続いた後に幸運に向かう」ことを言います。

暦法上では子月の後半に訪れる「冬至」が1年の始まりとされています。

そして、来年(2022年)は「壬寅の年」従って「天の気」は「壬(みずのえ)」です。

「壬」は、糸巻きの真中が太くなった様子を表わす象形文字です。

その文字に人(女性)を足す「妊」に通じ「陽気を下に姙(はら)む」という意味があります。

「天の気」を担う十干が「壬の年(孕む年)」を迎える前にしっかり締め括り、そして12月の「子月」による地の気のエネルギーを用いて「新たな創造」へ歩む月となります。

 

月運における転換期が始まる

今年(2021年)の年盤では乾宮に回座し、年間通して「決断する」機会があったと思います。

その最中に迎える今月(11月)は「変化と改革の月」を迎えます。

人は基本的に安定を好む生き物ですから、自らが積極的に変化しようとはしません。

何らかの問題や障害を乗り越える為に「変化することを選択する」消極的選択が殆どです。

 

意識から改革が始まる

2021年「完成の年」のピークが終わり、2022年の年運に向かう運気が生じ始めています。

立秋以降から様々な事柄で決断する機会に触れ、その体験を通して将来の見通しを考えることもあったと思います。

今月(12月)は北東に位置する「艮宮(ごんきゅう)」に本命星が回座します。

艮宮は八白象意を担う宮で主な象意としては「山、変化、保守、蓄積」です。

日常で経験した体験や記憶が蓄積され、それが「山」となって何らかのカタチで、その蓄積した事柄と向き合うタイミングを迎えることがこの時期です。

そして、今年一年間年盤上の艮宮に滞在中の九紫火星と同会するので、今月(12月)の七赤金星は先を見通す力とヒラメキ力が高まります

これまで積み重ねた実績や努力の結果を客観的に見て、将来の見通し、そして思案する絶好のタイミングです。

また意識的にも「目指したい未来」を描いて舵を切りたいと感じるでしょう

 

変化は外からもやってくる!

今月(12月)は自分の中から発生する「変化」だけでなく、周囲や家族から「変わること」を要求されるかもしれません。

家族から広い家に引っ越したい!とか…

職場では方針転換や新しい仕事に就く等の外的な事柄から「変化」がやってくることもあるでしょう。

外からやってきた「変化」においては、心の準備が出来ていないせいか?

保守的思考の方が優位になるかもしれません。

頑なに現状維持を推し通すと、この先の成長は期待できない事態へ自らが向かわせるかもしれません

チェンジをチャンスと捉えて前向きに取り組むことをお勧めします

 

改革・変化は根気強く

今月(12月)の七赤金星は、俯瞰力と先見の明が高まる月運に恵まれているので、これから歩む方向や取り組むべき事など、様々な気づきを得ることが出来るでしょう

その気づきを通して、心の中に立てた目的・目標に向かって進む決心されると良いでしょう。

ただ、改革を急いで無計画に始めるたり、形だけの変化では成し遂げることは出来ません

調査と計画そして、その後の効果をしっかり考慮してから実行に移してください。

変化の内容にもよりますが、粘り強さが必要になりますから費やす時間においてもそれなりに費やすことを決意して進めて下さい

 

七赤金星 12月の日運グラフ

12月7日 大雪(06時56分)から
七赤金星 12月の日運グラフ

12月22日 冬至(00時59分)から
七赤金星 12月の日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 12月の仕事運

仕事運

今年(2021年)の七赤金星は「完成の年」の影響を受けるので年間通して「決する」ことが多く発生する一年。(来年2月節分まで)

その最中に迎える今月(12月)は改革や変更が発生する月運が巡るので、仕事運においても決意して変化に取り組むことが必要になるかもしれません。

今年(2021年)は「辛丑の年」で、「天の気」担う十干は「辛」文字通り「辛い」という意味が含まれています

天の気は万人に及ぼす「気」ですので、主に世の中全体の社会情勢に影響が現れるので七赤金星だけに限った話ではありません

とは言え、「仕事」においては社会情勢の影響を大きく受ける傾向がありますから、人によっては大小様々な辛さを感じるかもしれません

現状の仕事を継続しつつ、更なる高みを目指すための変化も起こり得る月運です。

この時期に徹底した業績管理を行い、強化するべきところや無価値になったことなどをしっかり見極めて、改修を施しながら改革を進めると良いでしょう

その際には、「改革!」のスローガンだけを掲げるのではなく、改革の効果をシミレーションした上で試みて下さい

また、多人数の関係者を集めて意見を出し合い、相談しながら改革を進める事が成功への近道です。

七赤金星の物質的象意は「貨幣・金属製品・刀」などの「叩いて、削って、磨いて仕上げる金属」のことを表します。

なので、七赤金星の性質的にも「打たれ強さ」と「磨けば輝く性質」を持っています

その資質を活かせば、時間が掛かっても成し遂げることが出来るでしょう

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 12月の恋愛運

恋愛運・人間関係

変化運は恋愛などの人間関係にも影響が現れます。

これまで、異性とのご縁がなく長期間シングルで過ごされた方は勇気を出して恋活されると良いでしょう。

行動を変えると出会うご縁も変わります

見た目を変えることも有効ですので、ヘアースタイルやメイクなどのイメージチェンジを大胆にされると良いです!!

 

今月(12月)は「親和と離散」が極端に現れる傾向があるので、三角関係が発覚すると辛い結果となるかもしれません

 

今月(12月)の人間関係においては「同じ属性でも質が違う」とか「性質は違うが志が同じ」と言った身近な人との意思疎通が好調な月運に恵まれます

目的に向けて取り組む際には良い刺激を受けながら活動が出来るでしょう

ただ、好き嫌いをハッキリさせてしまう傾向があるので、相手に理解してもらえる説明と対案をセットにして建設的に話し合うことを意識づけして下さい。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 12月の金運

金運

今月(12月)に回座する「艮宮」が担う八白象意である「蓄財・保守意識」が高まるでしょう。

「改革と保守」といった一見相反するエネルギーがごっちゃになる感覚をイメージされると思いますが…

大切なものを守るため変わる「改革」ですので「本質的な志」としては同じです。

ただ、金銭面においては「扱い方」次第で大きく結果が変わる場合もあるので、希望的観測で判断を下さないようにして下さい。

今年一年間、本命星が滞在している年盤上の「乾宮(けんきゅう)」に今月(12月)は五黄土星が回座して、七赤金星の上に被ります

過去の問題や破壊したモノを再建するような問題を持ち込まれる可能性があります。

乾宮は「資本金」即ち「回す目的のあるお金」を担う宮ですので、その分野に関わる金銭問題については慎重に取り扱うことを心掛けて下さい。

金銭だけに関わらず、重要な書類の扱いは慎重に丁寧に熟考した上で処理を行うようにして下さい

 

スポンサーリンク

 

2021年 七赤金星 金運アップの財布

九星別 金運財布

2021年 七赤金星に相応し金運財布と購入日

金運アップに相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

七赤金星 12月の健康運

健康運

自己改革は開運行動!

しっかり目的をもって、変わる意味とその後の結果でもたらす有益性をしっかり考慮した上で行う「自己改革」は試みると良いでしょう!

その方針と志を健康面に活かす事で更なる健康増進が期待できます。

眼精疲労や肩こりが起こりやすい月です。

この種の症状は慢性化しやすく、症状に慣れてしまう傾向があるようです。

これまでに対症療法で処置をされていた方は、根本的な解決法に取り組んでみると良いでしょう

例えば…

栄養学的な方面からアプローチや日々の姿勢等の身体的アプローチから取り組むことを試みて下さい。

循環器系の疾患を持病でお持ちの方はケアに徹底して下さい。

 

スポンサーリンク

 

九星気学 12月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2022年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
建築事に用いられる十二直の吉凶も記載!
詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

七赤金星 2022年の運勢 好機到来!喜悦多い年

2022年 壬寅 七赤金星 運勢

七赤金星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

七赤金星 2021年の運勢

 

七赤金星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

七赤金星の月運

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

七赤金星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

七赤金星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

酉年 午年 卯年 子年
1957年(昭和32)
2月4日 10:55~
1958年(昭和33)
2月3日まで
丁酉年
1966年(昭和41)
2月4日 15:38~
1967年(昭和42)
2月3日まで
丙午年
1975年(昭和50)
2月4日 19:59~
1976年(昭和51)
2月4日まで
乙卯年
1984年(昭和59)
2月5日 0:19~
1985年(昭和60)
2月3日まで
甲子年
1993年(平成5)
2月4日 4:37~
1994年(平成6)
2月3日まで
癸酉年
2002年(平成14)
2月4日 9:24~
2003年(平成15)
2月3日まで
壬午年
2011年(平成23)
2月4日 13:33~
2012年(平成24)
2月3日まで
辛卯年
2020年
2月4日 18:04~
2021年
2月3日まで
庚子年

 

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ