七赤金星 今月の運勢

七赤金星 毎月の運勢

この記事では、七赤金星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星七赤金星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は間違いなく、七赤金星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”七赤金星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和5年(1930)2月4日~昭和6年(1931)2月4日
昭和14年(1939)2月5日~昭和15年(1940)2月4日
昭和23年(1948)2月5日~昭和24年(1949)2月3日
昭和32年(1957)2月4日~昭和33年(1958)2月3日
昭和41年(1966)2月4日~昭和42年(1967)2月3日
昭和50年(1975)2月4日~昭和51年(1976)2月4日
昭和59年(1984)2月5日~昭和60年(1985)2月3日
平成5年(1993)2月4日~平成6年(1994)2月3日
平成14年(2002)2月4日~平成15年(2003)2月3日
平成23年(2011)2月4日~平成24年(2012)2月3日

表中の日付を見て頂くとお分かりのように、一年の区切りは1月1日ではありません
九星気学では、一年の始まり(運勢)は、立春(節分)から始まります

 

 

七赤金星 今月の運勢と吉方位

七赤金星 8月 運勢と吉方位
2020年8月7日~9月6日まで七赤金星 8月本命星: 北(坎宮回座)天道

8月の吉方位:南東

年盤・月盤共通の吉方位:南東
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:南東・北西・北東
2020年 七赤金星 年盤

 

 

七赤金星 2020年8月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

南東

一白水星が巡る 8月の南東の祐気エネルギー

年盤・月盤共に吉方位です。長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

  • 新たな取引先やご縁に恵まれる
  • ご縁や人脈を深く繋がるチャンスに恵まれる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

     

    七赤金星 2020年8月の運勢
    理論と根拠に従う

    七赤金星 8月「月盤と年盤の関係」
    坎宮回座により三碧同会中宮にて二黒被同会(上記の年盤と月盤参照)

    8月の月盤では、七赤金星は「坎」(北)と書かれている「坎宮(かんきゅう)」という宮に入ります。

    8月 吉神 月盤

    坎宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「低調運」となります。

    しかし「低調=悪い運」ではなく、むしろ今後は必ず上昇運気を迎えます。

    従って、必ず訪れる好機に備えて「計画と下準備」のタイミングです。

    開運ワードは「リサーチ力を最大限に活用」

     

    ジャンプの前に一回しゃがむ

    今年(2020年)の七赤金星は、9年周期で巡る最も強い年運エネルギーの最中にいます。

    ただ、この強いエネルギーは「我欲を満たす」ためのエネルギーではありません。

    自分自身を省察し、来年(2021年)に迎える「完成の年」に備えて充実を図る大切な一年なのです。

    その年運の真っ只中に迎える今月(8月)の月運としては最も月運エネルギーが弱くなります。

    「弱い=悪い」ではなく、気持ちが盛り上がらないとか、人によっては体調が優れないので通常よりパワーが出ないかもしれません。

    今月(8月)の月盤では、落ち込む・くぼみ(陥入)を担う坎宮(方位は北)に滞在する時期の訪れる影響なので悲観的に捉えないで下さい。

    そして、天からのサポートを表す「天道」が七赤金星に付くので、あらゆる場面で七赤金星に光りが当たります。

    具体的な事象は、人によってそれぞれなのですが。

    主に、落ち込んでいる状態や状況に陽の光が差すので、そこにチャンスの元となり得るヒントが潜んでいます。

    来月(9月)から盛運に向けて上昇する月運となるので、8月に持ち込まれた問題やトラブルは発展に向かう「きっかけ」となります。

    人が成長するきっかけの殆どは、何らかの「問題」がきっかけとなります。

    コミュニケーションがキーポイント!

    今年(2020年)の年盤では、坎宮(方位は北)に一年間(2月立春から翌年2月節分まで)三碧木星が滞在しています。

    なので、今月(8月)の七赤金星は、「声・音」を象徴する三碧に乗っかる状態(三碧同会)で「親密」を象徴する坎宮に滞在します。

    従って、腹を割った本音の話が聞けたり、本質的な改善や解決に繋がる意見や情報を得られるます。

    家庭内では、家族との会話の中に安定的な家庭円満のヒントがいっぱいあります。

    社会的に方面では、部下や自分を支えている環境(現場や下請け)の人々からの意見は「目から鱗が落ちる」かもしれません。

    自分の心(潜在意識)と向き合って、自問自答も良いでしょう。

    これまで足枷になっていた「執着」に気づき、囚われから解放されることで、新たな自己成長を見出すかもしれません。

     

    七赤金星 8月の日運グラフ

    8月7日から22日まで
    七赤金星 8月の日運グラフ

    8月22日から9月6日まで
    七赤金星 8月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    七赤金星 8月の仕事運

    仕事運

    今月(8月)の七赤金星は、モチベーションが上がりにくい傾向が現れやすいでしょう。

    それが決断力に影響を及ぼすので、発展が期待できるイメージを見出すことがし辛いかもしれません。

    今月(8月)は「人に合わせる」とか「誰かに従う」ことで発展になり得る情報やヒントが得られます。

    七赤金星は「悦び」を担当する星ですので「相談事を聞く」「問い合わせに対応する」ことで他者へ「悦びを提供する」活動を通じて、発展となり得る小さな芽吹きに気付くことが出来るでしょう。

    特に自分より下の人の意見や前工程を担当している人々からの意見は貴重な意見が得られます。

    このように「意見に従う」ことが多く発生するので、「どの意見に従うか」と言った見極めが大事になります。

    今月(8月)の七赤金星は「決断力は低下」しているものの…

    思慮深い思考力は冴えているので「判断力」は優れています。

    新たな計画や案件などが始まる8月。

    取引先の状態や過去の事例など、様々なデータを駆使し、仲間との意見交換を経て判断するをお勧めします。

    迎合や忖度を軸にすると思考停止に陥ります。

    行動と言葉が一致しない人やあらゆる面で曖昧さが際立っている人に従う必要はありません。

     

    七赤金星 8月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    自らが積極的に行動するほどの情熱が湧かない月ではありますが…

    そもそも七赤金星は「ロマンス(色恋)」を担う星で、今年は中心的存在となる年。

    そして、今月(8月)は「親密さ」を担う坎宮(方位は北)に入るので恋愛チャンスに恵まれるでしょう。

    この時期の七赤金星の行動としては「従う」傾向が強く現れるので、雰囲気や甘い言葉に流されないように気を付けて下さい。

    8月に出会った人で

    • 自分のことを話したがらない人
    • 話のつじつまが合わない人
    • 一貫性がなく整合性がない(都合の良い自己擁護)
    • 主張に対する根拠がなく、方向性がコロコロ変わる

    上げるとキリがないのですが、このような人は少し警戒して様子を見ましょう。

    今月(8月)は、意気投合すると一気に盛り上がり、親密な関係に発展しやすい月運ですので、しっかりお相手を見て判断するようにしましょう。

    ご夫婦や以前からお付き合いされているカップルは、パートナーとの関係がより深まる月です。

    二人で過ごす時間を大事にし、楽しいコミュニケーションを図りましょう!

     

    スポンサーリンク

     

    七赤金星 8月の金運

    金運

    今月(8月)の七赤金星が滞在する坎宮(かんきゅう)は、元々一白水星の定位置(北)とされている宮です。

    一日の時刻では午後11から午前1時の「子の刻」ですので、昨日の終わりと今日の始まりを表します。

    この「気」を大いに活用して、金運アップの足を引っ張るような「原因」をきっぱり終わらせ、金運アップになり得ることを水面下で計画する絶好のタイミングです。

    年間通して「振り返り」と「見直し」を施す一年ですから、8月の取り組みはやり方次第では大きな結果に繋がるかもしれません。

    今月(8月)は探求能力が高まり、物事を深く知るような学びに最適な月です。

    この学びによって新たな気づきが促され、これまでの価値観による足枷が外れるかもしれません。

    増税とコロナによって、起こった経済的混乱はこの先も続くと思われるので、この機会の学びは重要かもしれません。

     

     

    2020年 七赤金星 金運アップの財布

    新調財布使い始める日と種銭

    秋財布 2020年 七赤金星に相応し金運財布と購入日

    金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    七赤金星 8月の健康運

    健康運

    今月(8月)は、疲れからくる気力低下になるかもしれません。

    夏の疲れは熱中症のリスクを高める可能性があるので、質の高い睡眠をしっかりとりましょう!

    入浴はシャワーのみで済ませるのではなく湯船にしっかり浸かって体温を上げましょう。

    その後、体温が下がることで質の良い睡眠を促します。

    また、夏は過剰な冷房や冷たい飲食を摂る機会が多く、肌の露出も増えるので想像以上に身体を冷やします。

    その結果、内臓機能が低下、そして、免疫機能低下に繋がります。

    暑くても温かいものを食べるようにしましょう。

    汗をかくことで汗と一緒にミネラルを体外に放出するので、ミネラル豊富な海藻類や麦茶を摂取することを心がけて下さい。

     

    スポンサーリンク

    九星気学 8月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

     

    九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    2020年 縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    七赤金星 関連のコンテンツ紹介

    2020年 七赤金星の運勢

    七赤金星 2020年 運勢

    七赤金星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

    2020年 七赤金星の月運

     

    九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー

     

    七赤金星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    七赤金星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    七赤金星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

       

      節入り前に生まれた方へ

      誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
      九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
      下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

      九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
      従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

      酉年 午年 卯年 子年
      1957年(昭和32)
      2月4日 10:55~
      1958年(昭和33)
      2月3日まで
      丁酉年
      1966年(昭和41)
      2月4日 15:38~
      1967年(昭和42)
      2月3日まで
      丙午年
      1975年(昭和50)
      2月4日 19:59~
      1976年(昭和51)
      2月4日まで
      乙卯年
      1984年(昭和59)
      2月5日 0:19~
      1985年(昭和60)
      2月3日まで
      甲子年
      1993年(平成5)
      2月4日 4:37~
      1994年(平成6)
      2月3日まで
      癸酉年
      2002年(平成14)
      2月4日 9:24~
      2003年(平成15)
      2月3日まで
      壬午年
      2011年(平成23)
      2月4日 13:33~
      2012年(平成24)
      2月3日まで
      辛卯年
      2020年
      2月4日 18:04~
      2021年
      2月3日まで
      庚子年

       

      関連記事(一部広告含む)

      サブコンテンツ

      このページの先頭へ