七赤金星 今月の運勢

七赤金星 毎月の運勢

この記事では、七赤金星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星七赤金星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は間違いなく、七赤金星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”七赤金星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和5年(1930)2月4日~昭和6年(1931)2月4日
昭和14年(1939)2月5日~昭和15年(1940)2月4日
昭和23年(1948)2月5日~昭和24年(1949)2月3日
昭和32年(1957)2月4日~昭和33年(1958)2月3日
昭和41年(1966)2月4日~昭和42年(1967)2月3日
昭和50年(1975)2月4日~昭和51年(1976)2月4日
昭和59年(1984)2月5日~昭和60年(1985)2月3日
平成5年(1993)2月4日~平成6年(1994)2月3日
平成14年(2002)2月4日~平成15年(2003)2月3日
平成23年(2011)2月4日~平成24年(2012)2月3日

表中の日付を見て頂くとお分かりのように、一年の区切りは1月1日ではありません
九星気学では、一年の始まり(運勢)は、立春(節分)から始まります

 

 

七赤金星 今月の運勢と吉方位

七赤金星 11月 運勢吉方位
11月8日
12月6日まで
念入りな下準備が開運策

七赤金星 11月 運勢と吉方位

年盤の吉方:東・西
月盤の吉方:なし
年盤・月盤共に吉方:なし

七赤金星2019年 歳破 巽宮

七赤金星 11月 吉方位

11月の月盤吉方はありません。

従って、11月は日盤吉方をご利用下さい。詳細記事は下記のリストからご覧ください。

移動距離は短く、散歩感覚で出来ますから、運動不足解消で行うウォーキングコースにされると良いですよ!

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

七赤金星 生まれ月別(月命星)11月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、上記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

七赤金星 11月の運勢 学びと探求が楽しい月
ゆっくりでも堅実に歩んで運気アップ

11月8日(2:24~)から二十四節気の「立冬(りっとう)」に入ります。

2019年も残り三ヶ月(2月立春前日まで2019年の運気)となり、11月の月運がスタート!

2019年の七赤金星は非常に高運な年運に恵まれる一年です。

その終盤となる11月の月運は、運のエネルギーが弱く、ゆっくり充電したい月。

 

発展の根源は探求力にあり!

2019年の運気が2月(立春)から始まり、9ヵ月が過ぎました。

従って、月運としては九ヵ月サイクルが一回りして、再び次のサイクルが始まる月(11月)を迎えます。

今年の運気を背負いつつ、2020年に向けての始まりとなります。

今月(11月)の七赤金星は、北の「坎宮(かんきゅう)」という宮に入りますから、正に水面下のスタートとなる月運なのです。

今月(11月)は、何かと迷い事が発生するかもしれません。

しかし、このは立ち止まるのではなく、ゆっくりでも確実に歩みを止めない方が良いでしょう。

ただ、強引に物事を推し進めるのではなく「慎重姿勢」は大事!

迷いや自信喪失は、リスクマネジメント力を手に入れるチャンスです。

むしろ「ポジティブな根拠ない自信」の方がリスクが高まり、最悪は同じ失敗を繰り返す事になります。

自信は実力の担保にはならないのです。

今月(11月)の七赤金星は、思慮深さが高まる月運に恵まれるので、この運気をしっかり活かして、何事にも裏付けやエビデンスなどのデータ分析を行い、確実性が高まる「根拠」を入手する取り組みを行いましょう。

信頼できる経験者や専門家からのアドバイスも有効です。

今月(11月)に手に入れた、確実性の高い水面下の取り組みは、来月(12月)の運気を力強く押し上げてくれます。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 11月の仕事運

九星気学 仕事運

仕事に取り組む動力に比例して成果が期待できないかもしれません。

しかし、今月(11月)の取り組みが「骨折り損のくたびれ儲け」になるわけではありません。

むしろ、実力の底上げが養われますから、焦らず丁寧に取り組みましょう!

探求力を発動させて、これまでに身に着けた知識や技能を改めておさらいするのも良いでしょう。

クリエイティブ能力を深めるチャンスに恵まれていますから、より深く学び能力を極めることで仕事運の底上げが促されます。

同じような関連の業種や全く関連性がなくても取り入れる価値のある要素をもった業種の集まりがあれば参加して学んでみるも良いです。

今時は、わざわざ出向かなくてもインターネットを利用したオンラインサロンやスカイプなどで手軽に繋がることでも出来る利便性も大いに活用すると良いでしょう。

今まで腑に落ちなかった事や知らなかった事が理解することができ、後の仕事に有益性をもたらしてくれるかもしれません。

 

 

七赤金星 11月の恋愛運

恋愛運 開運福来るinfo

今月(11月)は、交際運が良好な月運に恵まれます。

自ら積極的にアプローチが出来る程のエネルギーには少々欠けているかもしれませんが…

「当たって砕けろ!」とか「雷に打たれてときめく」ような華やかな出会いより、じんわりと気持ちが通じ合う自然な流れのような恋愛にチャンスがあるでしょう。

もし、気になる人がいらっしゃるのなら、その方とお話する機会は積極的につくりましょう!

そして、相手の方がノリノリで話が出来るような状況をつくりましょう。

ハーバード大学の研究結果で「人間は自分の話をしている時、快楽中枢が刺激されている(自己開示)と発表しました。

その証拠にFacebookやツイッターの8割が自分の話(意見)で、投稿するたびに快楽が得られているのです。

なので、世界中に広がるのですが…度を超すとSNS依存になるので要注意。

話を戻すと、相手の話を聞いてあげることは「悦ばせ効果絶大」なのです。

今月(11月)の七赤金星は、人の気持ちの奥深くに寄り添う「共感能力」が高まる月運に恵まれます。

口説くなら「アタック」よりも良い意味での「ステルス的」な方法の方が結果が期待できます。

現在、お付き合いされているカップルの場合、この方法で愛を深めるチャンスです!

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 11月の金運

九星占い 金運

今月(11月)の月運におけるエネルギーとしては、低調で今後訪れる好機に備えて下準備を行って基盤をしっかり固めることがテーマとなる月です。

なので、収支のバランスとしては「出費」の方が多くなるかもしれません。

しかし、11月の七赤金星は、公私ともに人との交流が多くなる月運に恵まれています。

全て有益なご縁とは限りませんが、必要性が全くないご縁ではありません。

交際費は必要経費とみなして、収支のバランスをしっかり管理して、お付き合いも大切にしましょう!

月運としては、来月(12月)から運気は上昇し、そのまま2020年1月、そして2月は高運期の三ヶ月となります。

ただ、この好機は「月運」です。

2020年は、これまでの活動やあり方が「結実」として現れる一年(年運)を迎えるので、改善や見直しが発生する可能性もあるでしょう。

如何なる状況でも対応できる「経済力」と「金銭感覚」をしっかり身に着けておく「準備期間(11月~2020年2月)」として活用することをお勧めします。

 

七赤金星 2019年 金運アップの財布

金運アップ財布 2019 七赤金星

2019年に受ける「気」を上手に生かして金運アップ!
立秋から冬至までに新調するお財布は秋財布

「金」の気が強い 9月(酉月)は実り財布
特に! 金融・食品関連で報酬を得られてる方の金運アップのお手伝い

金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、こちらに詳しくこちらの記事に記載しています。

また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む種銭の作り方」は、こちらで紹介しています。

 

七赤金星 2019年のラッキーカラー

グリーン
この一年間に受ける「気」をしっかり捉えて活動する事が開運に繋がります。
その気を象徴するカラーを上手に活用するのも一つの方法です。

 

 

七赤金星 11月の健康運

九星占い 健康運

今月(11月)だけに限らず健康管理は積極的に心掛けて実行することは必要なのですが…

特にこの時期は普段よりも強く心掛けましょう。

体は冷やさないことを心掛け、質の高い睡眠を得られるように取り組みましょう。

今月(11月)の七赤金星は、北の「坎宮(かんきゅう)」という宮に入ります。

この宮は一白水星の定位置なので、一白水星が担う「水」と、味においては「塩」を上手に活かして健康アップに繋げましょう。

そもそも、新たな事を水面下で始めることは「吉」とされていますから、日常の食生活において「塩分摂取の健全化」に取り組んでみると良いでしょう。

英国では成人に推奨される塩分摂取量は1日6グラム未満、それに対し日本人の平均摂取量が1日で男性:11.0g、女性:9.2gです。

ほぼ、例外なく日本人の殆どが塩分摂取過多状態に陥ってます。

塩分の多い食事を取ると睡眠中に尿意を感じて起きる回数が増えます。

これでは、質の高い睡眠を得られず、それどころか高血圧など様々な病気を引き起こすリスクを上げてしまいます。

この機会に調味料を「減塩」にしたり、醤油や塩の容器を変えてドバドバ使う癖を改善すると良いでしょう。

2020年の七赤金星は「結実の年」を迎えるので、今から少しずつ健康管理意識を習慣化させて健康運アップに繋げて行きましょう!

 

スポンサーリンク

 

 2019年 七赤金星の運勢を繁栄に向ける!開運法

七赤金星 2019 運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢や月運の流れ

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

2019年 七赤金星のバイオリズムグラフ

揺るぎない決意と自信でポジティブに歩む年の運気の流れと上手に活用しよう!

七赤金星 2019 運勢バイオリズムグラフ2019年を上半期と下半期に分けて月運のエネルギーの活用法を こちら で記事で紹介しています。

 

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

七赤金星 月の運勢

七赤金星 運勢

 

七赤金星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

酉年 午年 卯年 子年
1957年(昭和32)
2月4日 10:55~
1958年(昭和33)
2月3日まで
丁酉年
1966年(昭和41)
2月4日 15:38~
1967年(昭和42)
2月3日まで
丙午年
1975年(昭和50)
2月4日 19:59~
1976年(昭和51)
2月4日まで
乙卯年
1984年(昭和59)
2月5日 0:19~
1985年(昭和60)
2月3日まで
甲子年
1993年(平成5)
2月4日 4:37~
1994年(平成6)
2月3日まで
癸酉年
2002年(平成14)
2月4日 9:24~
2003年(平成15)
2月3日まで
壬午年
2011年(平成23)
2月4日 13:33~
2012年(平成24)
2月3日まで
辛卯年
2020年
2月4日 18:04~
2021年
2月3日まで
庚子年

 

七赤金星 2019年 日盤 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

七赤金星 2020年 吉方表と吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ