八白土星 2021年12月の運勢 自己啓発力が高まる月

八白土星 12月 運勢と吉方位
2021年12月7日~2022年1月4日
まで八白土星 12月本命星:南(離宮回座)月破
12月の吉方位:東・西・北東

年盤・月盤共通の吉方位:北東
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北・北東
2021年 八白土星の吉方位

 

八白土星 2021年12月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

大雪の節入り時刻は、2021年12月7日6時57分です。

 

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上のには四緑木星が回座し、年間通して殺気方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

二黒土星が巡る の祐気効果

  • チャレンジ精神が養われ、堅実的な推進力が得られる。

 

西

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上の西に本命星が回座し、年間通して本命殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

六白金星が巡る 西の祐気効果

  • 人脈に恵まれ事業運アップが期待できる。

 

北東

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

七赤金星が巡る 北東の祐気効果

  • 変化を通して人生の新陳代謝に繋がるチャンスに気づきが得られる。
  • 北東(艮宮)は八白土星の本座(定位置)で、12月大雪以降の運気を象徴する九紫火星が年盤上で回座している方位ですので「啓蒙や教育」のような知識活動向上が期待できるでしょう。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

八白土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

八白土星 2022年の運勢 変化で進化!吉兆のサイン

2022年 壬寅 八白土星 運勢

八白土星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 八白土星の運勢」御覧下さい。

八白土星 2021年12月の運勢 ~全体運~

九星気学 12月 運勢

八白土星 12月の月盤と年盤の重なりについて

九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

回座と同会について

12月の月盤上では、本命星が南の宮「離宮(りきゅう)」に回座し、年盤上の一白水星と同会します。(一白同会

12月の八白土星は、離宮回座による「九紫象意」と一白同会による「一白象意」が主な課題となります。

離宮回座による主な九紫象意

火、光、陽気、美麗、目立つ、先見の明、頭脳明晰、学問芸術、露見、最高位、精神性、分離、訴訟、手離す、感情、喧嘩、移り気、中年女性、学者、アーティスト

一白同会による主な一白象意

水、穴、苦悩、忍耐、思考、内観、孤独、親和、流動性、物事の始まり、溺れる、秘密、不倫、色情、妊娠、睡眠、中年男性、部下、子ども

被同会について

年盤上の兌宮に回座する本命星には月盤上の六白金星が上に被ります。(六白被同会

被同会は否が応でも六白象意を他動的に被る傾向が現れます。

六白被同会による主な六白象意

天、宇宙、剛健、完全、完成、公共性、統率、権力、威厳、寛容、神仏、信仰、高級、円、勝負、決断、充実、予算超過、乗り物、大統領、支配者、権威者、父、夫

 

スポンサーリンク

 

2021年を締め括る月は「始まりの月」

12月の月支(月の十二支)は「子(壬子)」です。

「子(ね)」は、十二支で一番目の干支で「新たな始まり」を担う「地の気」であります。

そして、12月22日には「冬至」を迎える月です。

冬至のことを「一陽来復(いちようらいふく)」と言われ「易経」に出てくる言葉です。

意味としては「陰の気が極まった後に陽の気が少しずつ復る」また、「悪いことが続いた後に幸運に向かう」ことを言います。

暦法上では子月の後半に訪れる「冬至」が1年の始まりとされています。

そして、来年(2022年)は「壬寅の年」従って「天の気」は「壬(みずのえ)」です。

「壬」は、糸巻きの真中が太くなった様子を表わす象形文字です。

その文字に人(女性)を足す「妊」に通じ「陽気を下に姙(はら)む」という意味があります。

「天の気」を担う十干が「壬の年(孕む年)」を迎える前にしっかり締め括り、そして12月の「子月」による地の気のエネルギーを用いて「新たな創造」へ歩む月となります。

 

感性を知性に活用して開運に繋げる

今月(12月)に回座する「離宮(りきゅう)」は九紫象意を担う宮に回座します。

月運の勢いとしては弱めではありますが…

九紫象意の「先見の明、頭脳明晰、学問芸術」などの方面においては優れたセンスや能力が高まる月運に恵まれます

そして同会する九星においては、年盤上で一年間(2月立春から翌年2月節分まで)回座している一白水星と同会する月です。

火性の九紫象意を担う離宮に水性の一白水星が回座している環境に本命星が回座します。

「熱い炎と冷たい水」による温度差が精神面に現れると感情の波が激しく上下するかもしれません。

単純に感情のコントロールを行えば良いのですが…

ただひたすら自分を抑えるだけではストレスを溜めて疲弊するだけです。

知的活動を有効に活用することが出来る月運を大いに活用してみましょう!

ありったけの博識を駆使して自己コントロールを試みると良いでしょう。

 

アウトプットこそ学び

今月(12月)の八白土星は頭脳明晰で先見性と物事を思慮深く探る洞察力に優れています。

なので、幼稚で未熟な人や間違った行動をする人を見るとイライラする傾向があるようです。

しかし、折角の頭脳と洞察力を苛立つ感情で消耗するのは非常にもったいない!

なので「啓蒙と教育」に活用すると良いでしょう

善悪の二元論で他者を責めるのではなく、適切に理解してもらえる方法で教えることを試みて下さい。

また、人に教えることは自分自身の知識を深め、アウトプットになるので自分自身の勉強にもなります

博識な八白土星は小さな可能性からヒントを見出し、成果に繋げようとします

 

八白土星 12月の日運グラフ

12月7日 大雪(06時56分)から

12月22日 冬至(00時59分)から
八白土星 12月の日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

八白土星 12月の仕事運

仕事運

今月(12月)は周りの人の未熟さが視界に入り気になる傾向があります。

知識や経験不足の人と関わる機会が多くなるので仕方ないかもしれません。

その反面、自分の未熟さも目立ちやすい状況におかれているので、上司や指導者の忠告や助言は真摯に受け止め、速やかに是正することを心掛けて下さい。

もし、自分は指導する立場になる場合は、相手の目線に合わせた指導のあり方と相応しい態度で対応することを心掛けて下さい

今月(12月)の八白土星は「権力」を象徴する六白金星が本命星の上に被ります。(年盤上で兌宮回座の八白に六白が被る「六白被同会」)

無意識に権威的な態度が現れるかもしれません。

もちろん! 本人としては全く権威的な態度をとっているつもりはないのですが…

今月(12月)の八白土星には「月破」が付くので、誤解が生じやすい傾向が現れるかもしれません

なので、何事においても「工夫」を施すことを心掛けて下さい。

感性が高まる月運が巡っているので、その様な事で神経を使うことで気疲れするかもしれませんが。

今月(12月)は可能な限り争いごとは極力避けることをお勧めします。

今月(12月)は「飾る」ことにおいて高いクオリティを発揮することが出来る月運に恵まれます。

企画書や原稿の文飾等に能力を発揮できるでしょう

 

 

八白土星 12月の恋愛運

恋愛運・人間関係

飾り映えする月

今月(12月)の八白土星は、感受性が強く美意識も高まる月運に恵まれます。

自らを飾ることにおいては、かなりのクオリティで仕上げることが出来るでしょう。

ただ、他者を判断する上で「見た目重視」になる傾向が現れる可能性があり、その影響から好き嫌いが激しくなるかもしれません。

新たな出会いにおいては、時間をかけてお相手の内面をしっかり見抜くことから始めて下さい。

 

「人の振り」から学ぶ

今月(12月)は知識や年相応の社会経験が少ない人や未熟で子どもじみた人と出会う可能性があるでしょう。

ただし! その方の未熟さを指摘すると、その方は『人間性や本質的な性質を否定された』と誤解するかもしれません。

わざわざ、知り合ったばかりの人にあえて指摘するような事は避ける方が無難です。

今月(12月)は様々な出会いを通して「人のフリみて」自分ならどうするか?を自分なりに考え、探求して学んでみると良いでしょう。

自己の内面を磨くことで良いご縁に繋がるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

八白土星 12月の金運

金運

今年(2021年)は西の「兌宮」に本命星が回座し「収穫の年」です。

その年運のピークは10月(寒露)に迎え、11月立冬からは2022年の年運がゆっくりと生じ始める月を迎えました。

2022年は「変化運の年」を迎え、変化を通して転換期が入ります。

今年の収穫期から次のステージに向けて大転換が始まるので、これまでの金銭感覚から意識も変えていかなければなりません。

今月(12月)は未熟な知識を養い、将来的に必要になる情報を取り入れて学ぶ月運を活用して経済を学ぶ良いタイミングです。

自分自身の能力に更なる知識を加えて鍛えることで将来の経済力に良い結果をもたらすでしょう

 

スポンサーリンク

 

2021年 八白土星 金運アップの財布

九星別 金運財布

2021年 八白土星に相応し金運財布と購入日

金運アップ財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

八白土星 12月の健康運

健康運

今月(12月)の八白土星は感受性が高まるせいもあって、それがストレスに繋がる可能性があります。

ストレス要因となる外部情報を上手に受け流して抱え込まない能力の「鈍感力」を加えたいのですが。

まぁそんなに都合よく鈍感力を使いこなす事は難しいと思います。

しかし、物理的に鈍感力を使用することは可能かもしれません。

その方法は「寝る」ことです。

疲労回復に一番効果があるといわれているのが睡眠です。

睡眠中は日中に使われた脳細胞が休まり、全身の新陳代謝と疲労回復が得られます。

今月(12月)は頭脳活動が活発化する月ですので、睡眠が一番の健康アップ法となります。

 

スポンサーリンク

九星気学 12月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2022年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
建築事に用いられる十二直の吉凶も記載!
詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

八白土星 2022年の運勢 変化で進化!吉兆のサイン

2022年 壬寅 八白土星 運勢

変化で進化!吉兆のサイン
八白土星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 八白土星の運勢」御覧下さい。

八白土星 2021年の運勢

 

損が徳に向かう!きっかけ創りの年
八白土星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 八白土星の運勢」御覧下さい。

八白土星の月運

九星気学 八白土星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

八白土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

八白土星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

八白土星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

八白土星 2023年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

申年 巳年 寅年 亥年
1956年(昭和31)
2月5日 5:13~
1957年(昭和32)
2月3日まで
丙申年
1965年(昭和40)
2月4日 9:46~
1966年(昭和41)
2月3日まで
乙巳年
1974年(昭和49)
2月4日 14:00~
1975年(昭和50)
2月3日まで
甲寅年
1983年(昭和58)
2月4日 18:40~
1984年(昭和59)
2月4日まで
癸亥年
1992年(平成4)
2月4日 22:48~
1993年(平成5)
2月3日まで
壬申年
2001年(平成13)
2月4日 3:30~
2002年(平成14)
2月3日まで
辛巳年
2010年(平成22)
2月4日 7:48~
2011年(平成23)
2月3日まで
庚寅年
2019年(平成31)
2月4日 12:14~
2020年
2月3日まで
己亥年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ