八白土星 2019年12月の運勢 好機の兆しチャレンジあるのみ

八白土星 12月 運勢吉方位
12月7日
2020年1月5日まで
言霊でチャンスを引き寄せる

八白土星 12月 運勢 吉方位

年盤の吉方位:東・北西
月盤の吉方位:南西・北西・南東(天道)
年盤・月盤共に吉方:北西

2019年 八白土星 吉方位

 

 

八白土星 12月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

南西

七赤金星が巡る 12月の南西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • 安定と安心のある恋愛に恵まれる
  • 安定収入が期待できる

 

南東月盤:天道

九紫火星が巡る 12月の南東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • 交渉力強化に繋がるアイディアに恵まれる
  • ハイレベルな人とのご縁に恵まれる

 

北西

二黒土星が巡る 12月の北西の祐気エネルギー

年盤・月盤共に吉方位です。移動距離は長距離、引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

  • 上からの引き立てに恵まれる

 

 

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる
日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

八白土星 生まれ月別(月命星)12月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

2020年の初詣と恵方参り

初詣は恵方参り二年参りと正月三が日の「初詣の恵方参り」についての記事は下記リンクからご覧ください。

 

八白土星 2019年12月の運勢 ~全体運~

八白土星の今年(2019年)は、物事の因果関係の原因を自分として捉え改善と整備を行う年で、自己成長において熟成される一年。

年運のエネルギーも強く、周囲(組織)の要(なかめ)となって活躍する一年。

そんな年も早いもので12月を迎えます。

九星気学における「年運」は、来年2月(立春)から始まりますから、あとラスト二ヶ月!

その内の一ヵ月である、12月の月運は、7日19時18分から二十四節気の「大雪」以降から始まります。

好機到来!その勢いのまま2020年へ

先月(11月)から月運は、上昇運気に入り始めたものの、多少の停滞感が残っていたのですが。

今月(12月)に入り、運気は更に上昇し、期待感高まる月運となります。

この「期待感」は、今月(12月)のみならず、2020年に繋がる「チャンスの芽吹き」です。

なので、何事も前向きと捉え、自主的に活動する意識を発動させましょう!

今月(12月)の月盤では、八白土星は東の「震宮(しんきゅう)」という宮に入ります。

この宮は、日が昇る「東」にあるので「夜が明ける」「草木も動き始める」といったことを象徴します。

正に新たな始まりを表します。

従って、今月(12月)の八白土星は、新たなチャレンジがしたい!気持ちが盛り上がり、新規事が始まる月運に恵まれています。

この時期に「始めてみよう!」と思ったことは、とにかく始めるべきです。

殆どの人は、新たな事に挑む直前に「時間がない」とか「お金が…」「夫が…」「親が…」「子どもが…」など、環境や他者のせいにして「やらない理由」を都合よく見つけ出そうとします。

しかし、「始めない(やらない)」ことは「結果(成果)」を放棄した事と同じなのです。

2020年の八白土星は、これまで積み重ねた成果を「結実」に繋げる年に向かいます。

その「結実」の元となる「チャンスの芽が芽吹く」月運に恵まれていますから、始めの一歩を踏み出すか?

自分自身が自主的に歩むしかありません。

さらに、年が明けて来月(1月)の月運も好調で、12月のチャレンジ(チャンスの芽吹き)が成長し、具体化させる(物事が調う)月運が巡ってきます。

そして、2020年の好機を迎えます。

 

スポンサーリンク

 

八白土星 12月の仕事運

九星気学 仕事運

これまで温めていたプランや新たな企画があれば提案する良いタイミングです。

多少仕上がりが未熟でも、未完成な部分に何らかの意見が得られるはずです。

なので、自分の中にある「完璧さ」を満たすまで温めているとチャンスを逃すかもしれません。

今月(12月)は、あらゆる意見が表面化する月運に恵まれていますから、その意見を取り入れながら完成に向かわせると良いでしょう。

この時期は、「自主性」は大切な開運マインドですが、独断専行のような行動は慎みましょう。

今月(12月)は、目上や上司などの権威者からの意見や引き立てに恵まれる月運なので、その恵まれた運気を大いに活用しましょう。

12月はコミュニケーションが大切な開運ポイント!

「言霊」のエネルギーが強く、2020年の好機に大きな影響を与える可能性があります。

クライアントとの談話には、具体的な展望を織り交ぜた対話を交わすと良いでしょう。

 

 

八白土星 12月の恋愛運

恋愛運 開運福来るinfo

気持ちが明るく、若返ったような気分に促す月運に恵まれています。

夢や希望を抱き、ワクワクしながら、イキイキ活動している人は本当に輝いています。

そのイキイキとした明るさが際立ちます。

その人柄に惹かれて、八白土星はモテモテ!

ただ、本人は新たな歩みに向けて「夢や野望」に意識が向いているので、自分がモテている感覚はないかもしれません。

それが、かえって人々を引き付けるのでしょう。

何事も「新規事」に恵まれる月運ですから、新たな出会いを求めている方にとっては出会いのチャンスを多いはずです。

ただ、何度も申し上げたとおり「自主性」がなければ良い結果が得られません。

気になる相手にアプローチする前に『断られたらどうしよう…』と言った、アプローチしない選択肢を自らで創らないで下さい。

自分がアプローチする権利があれば、相手は「受け入れる」「拒否する」の二分の一で応える権利があるのですから…。

とにかく、この時期は「勇気を出す」ことが一番大事なのです。

仕事運の件でも申し上げが通り「言霊」のエネルギーを大いに活用して、常にポジティブ感情を促す言葉を自分に投げかけましょう!

アプローチやプロポーズなど相手に働きかけるタイミングとしてはとても良い月運に恵まれています。

 

スポンサーリンク

2020年 八白土星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

2020年に受ける「気」を上手に生かして金運アップ!

金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

 

八白土星 12月の金運

九星占い 金運 開運福来るinfo

今年(2019年)は、これまで内省を調えたり、改善や修正などが多く「成長」を感じることが少なかったと思います。

しかし、その活動と努力が報われる2020年を迎えます。

その運気も2月(立春)から本格的に始まりますが。

その兆しが今月(12月)から現れ始めます。

今月(12月)の月運も「成長」の運気が巡っています。

従って、気の流れとしては「蓄財」よりも「投資」のような傾向が強く現れます。

基本的に蓄財意識が強い八白土星ですが、その「蓄財」はただ単に「ストック」している訳ではないはずです。

あらゆる情報をしっかり掴み取る能力も高まっていますから、体中の全神経を使って「本物の価値を見出す」ことに投じるタイミングでしょう。

無理に貯金する必要はないが…

向こう見ずな投資にならないように心がけて下さい。

 

 

八白土星 12月の健康運

九星占い 健康運 開運福来るinfo

今月(12月)の八白土星は何事も顕現化する月運です。

なので、自身の身体でウィークポイントとなる部位、もしくは持病など何らかのカタチで現れた際は、きちんと治療しましょう。

師走の忙しさも相まって、慌ただしい日々を過ごす方が多いと思ます。

日々の行動は、時間にゆとりをもって行動するようにしましょう。

慌てていると、ちょっとした段差などで転んでケガをすると、後の活動にも影響が出ます。

今月(12月)に続き来月(1月)も好調な月運に恵まれていますから、健康運も同様に好調!

ただ、好調だから無理が利くわけではありません。

規則正しい生活のリズムと健康的な食生活は必須です!

特に!今月(12月)は、早起きをして朝日に浴びると運気と健康共にアップします!

 

スポンサーリンク

 

2020年 八白土星の運勢

九星気学 2020年 八白土星の運勢と開運吉方位八白土星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 八白土星の運勢」御覧下さい。

 

九星気学 12月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

2019年 運勢と吉方位関連記事

 

八白土星 2019年 月運バイオリズムグラフ

2019年 八白土星の月運バイオリズム2019年の月運の流れをしっかり把握して充実を図る!
2019年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

九星気学 八白土星 運勢カレンダー

運勢カレンダー 開運福来るinfo

 

八白土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

申年 巳年 寅年 亥年
1956年(昭和31)
2月5日 5:13~
1957年(昭和32)
2月3日まで
丙申年
1965年(昭和40)
2月4日 9:46~
1966年(昭和41)
2月3日まで
乙巳年
1974年(昭和49)
2月4日 14:00~
1975年(昭和50)
2月3日まで
甲寅年
1983年(昭和58)
2月4日 18:40~
1984年(昭和59)
2月4日まで
癸亥年
1992年(平成4)
2月4日 22:48~
1993年(平成5)
2月3日まで
壬申年
2001年(平成13)
2月4日 3:30~
2002年(平成14)
2月3日まで
辛巳年
2010年(平成22)
2月4日 7:48~
2011年(平成23)
2月3日まで
庚寅年
2019年(平成31)
2月4日 12:14~
2020年
2月3日まで
己亥年

八白土星 2019年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

八白土星 2020年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ