八白土星 2024年の運勢 底堅い運の基盤創りの年

八白土星 2024年の運勢と吉方位
八白土星 2024年の運勢と吉方位手離しと学びで生涯運の底上げを構築

 

 

目次

八白土星 2024年の吉方位「南西・南東・北東

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

年盤の影響力を得る条件としては、移動距離が遠方であること、若しくは長期間の滞在です。

期間:2024年2月4日17時27分から2025年2月2日まで

吉方位:南西・南東・北東

九紫火星が回座する南西の祐気効果

西南西の十二支「」は年盤上で形成される「三合水局」を担う干支で三合作用の「拡大」を得る方位です。

  • フラットな人間関係に恵まれ、安定した居場所の確保が得られる。
  • 気持ちが明るくなり、何事も前向きに捉えて突き進む気力が湧く。
    4月・1月生まれ(月命:九紫)は、月命殺凶方位
    7月生まれ(月命:六白)は、月命殺凶方位

二黒土星が回座する南東の祐気効果

東南東の十二支「」は年盤上で形成される「三合水局」の大歳です。

180度反対の西北西の「」に歳破が付くので、長期滞在を経て本年中に現在地へ戻る場合は用いることはできません。

  • 物事が調いスムーズな進展が得られる。
  • 信用を獲得し、周囲からの応援を得る環境が整う。
    2月・11月生まれ(月命:二黒)は、月命殺凶方位
    9月生まれ(月命:四緑)は、月命殺凶方位

六白金星が回座する北東の祐気効果

  • 事業運営において絶妙な改革策を得て、立て直しのチャンスを得る。
  • 有能な実力者からの引き立てや知恵を借りるチャンスに恵まれる。
    7月生まれ(月命:六白)は、月命殺凶方位
    4月・1月生まれ(月命:九紫)は、月命殺凶方位

 

2024年の恵方は「東北東やや東(甲)

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

北から0度の一周360度を二十四分割して表す「二十四方位(にじゅうしほうい)」では、「東から北へ15」で十干の「」の方位です。

一般的には二十四方位ではなく「16方位」で表されていることが多いので、異なる表現をされると混乱するかもしれませんが、東から北で南東の範囲に入らない辺りです。

上記もしくは下記の年盤に記載している「恵方」が2024年の恵方方位です。

 

 

 

 

2024年 八白土星の年盤解説

各九星の定位置を表す「後天定位盤」と2024年の年盤を重ね合わせて年運を読み解きます。

2024年 八白土星の年盤 坎宮回座 一白同会

積極的に活かす年運

2024年の八白土星が一年間在泊する「坎宮(かんきゅう)」は、一白水星の定位置(本座)です。(坎宮回座の一白同会)

9年周期で巡る運気の中で坎宮に回座する一年は「衰運の年」を迎えます。

一般的に「」と表現されることが目につくのですが…。

決して「悪い年」ではなく寧ろ! 将来的に必ず訪れる「成長期」に向けて内面を磨き、強固な基盤を構築する大切な一年なのです。

また、20年毎に運気の大枠が切り替わり、第九運が始まる年に「新たなステージの基盤づくり」のタイミングが巡るので非常にラッキーな巡り合わせであります。

強固な基盤づくりの鍵は一白象意にあり、それを積極的且つ、適切に活かすことが課題で置かれている環境でもあります。

主な一白象意

水、穴、苦悩、忍耐、思考、内観、孤独、親和、流動性、物事の始まり、溺れる、秘密、不倫、色情、妊娠、睡眠、中年男性、部下、子ども

 

対処力が磨かれる年運

八白土星の定位置である北東に位置する「艮宮(ごんきゅう)」には、「六白金星」が一年間在泊します。(六白被同会)

イメージとしては『外出中の八白土星の家に六白金星がお邪魔している』ような状況なので受動的なスタンスです。

運の作用としては、六白象意を他動的に持ち込まれて「被る」ようなスタンスになります。

主な六白象意

天、宇宙、剛健、完全、完成、公事、統率、権力、威厳、寛容、神仏、信仰、高級、円、勝負、決断、充実、超過、過剰、乗り物、大統領、支配者、権威者、父、夫

 

三合水局の恩恵を獲得しよう!

2024年の干支は「甲辰(きのえたつ)」で、その十二支「」に「木星の精」といわれる「大歳が付きます。

何事も「生成は吉」とされており、大歳が担う「発展と拡大の作用」は同宮に在泊する九星を通して発現します

2024年 三合水局

大歳が付く「」を起点に「」そして「」に繋がり、この3つの十二支で「三合水局」を形成します

各十二支には十干が腹蔵されております。

  • 大歳を担う十二支の「」には「乙・・戊」の十干
  • 」には「己・・庚」の十干
  • 」には「壬・癸」の十干

十二支に腹蔵する共通の五行「水(壬・癸)」で融合するのですが。

五行においては「辰は土」、「申は金」、「子は水」の異質な五行で融合します。

つまり、異質な個性を活かしながら融合を経て、三合水局の発展と拡大が発現します。

 

主な「三合水局」の効果と事象について

  • 水は「生命の源」と言われ、人間関係に発展と拡大が生じます。
  • 水は「情報を記録する媒体」でもあるので、学びや技術習得力で発展と拡大が生じます。

このような効果と事象は「異質」なものが複雑に絡み合って生じる事象なので、「水物」と言われる「経済」にも派生します。

八白土星は一年間在泊する「坎宮」の十二支が「」ですので、「三合水局の作用」を得る年運に恵まれます。

 

生年月日の十二支で「三合水局の作用」を得る方

  • 生まれ年が「年」の方
  • 誕生の十二支が「(12月大雪以降)」または「(8月立秋以降)」の方
  • 誕生の十二支が「(12月大雪以降)」または「(8月立秋以降)」の方

八白土星の申年12月生まれの方は、本年の十二支「」の3つの十二支で「三合水局の作用」を方位に関係なく得られます

 

方位を用いて三合水局の作用を獲得する

三合水局の作用は、生年月日の十二支や九星だけでなく、積極的に吉方位を用いることで獲得が可能です。

  • 大歳が巡る「」の東南東に在泊する二黒土星が吉星になる方。
  • 三合水局の作用を得る「」の西南西に在泊する九紫火星が吉星になる方。

吉方位として用いることで、この上ない吉方位効果が期待できます。

ただし! この方位は「本命星と月命星共通の吉星」が巡る方位の「最大吉方」であることが条件です。

大歳の「東南東」を用いる場合の注意!

長期滞在を経て本年中に出発地点へ戻る場合は「歳破」を犯すことになるので、用いることはできません

大歳の「」方位は「東南東」…巽宮に回座する「二黒土星」が最大吉方

  • 4月・1月生まれ(月命:九紫)
  • 5月生まれ(月命:八白)
  • 6月生まれ(月命:七赤)
  • 7月生まれ(月命:六白)
  • 8月生まれ(月命:五黄)

三合水局の「」方位は「西南西」…坤宮に回座する「九紫木星」が最大吉方

  • 2月・11月生まれ(月命:二黒)
  • 5月生まれ(月命:八白)
  • 8月生まれ(月命:五黄)
  • 9月生まれ(月命:四緑)
  • 10月生まれ(月命:三碧)

三合作用を有意義に活かす「現実的な開運行動」は、異分野の要素を取り入れる

そして融合的な連携を用いた活動や創造に活かすことが重要なポイントになります

 

三合水局による社会的事象

「辰・子・申」の融合による「三合水局」は物質的な「水」そのものに限らず、経済や情が複雑に絡み、社会に広がります。

その一例としては、八白土星が担う「過去の蓄積や組織」に「変化」が生じ、坎宮が担う「水」による浄化により「リセット」が施されます。

それを受けて、九紫火星が担う「露呈」が広がり、これまでの因習を「離の作用」によって断ち切る事態が生じるでしょう。

そして、二黒土星の象徴する「大衆」が「本物の平等でかつ公平な社会」を望む集団意識が広がります。

 

福徳を司る歳徳神の恩恵を得る方位は「

甲辰

十干の甲が巡る年は「」の方位が恵方となり、歳徳神さまが2025年の節分まで滞在されます。

甲は東に位置する「震宮(しんきゅう)」に内包されている十干の「」で、方位は「東北東やや東」です。

天の氣」を担う十干精神を司るので、歳徳方位は精神的幸福の「知恵と福徳」を与えてくれます。

地の氣」は本年の十二支「」が担う「大歳」から広がり、現実的な事柄や物質的な「発展と拡大」を促します。

今年の干支「甲辰」は、龍が宿る御神木でありますから、穢れない生き方を心掛けることで開運への道が開きます。

 

西に五黄土星で東の一白水星に暗剣殺が付く

兌宮の五黄と震宮の一白原因と結果を担う「五黄土星」が、西に位置する「兌宮(だきゅう)」に一年間滞在します。

様々な象意があるのですが…兌宮の主な象意である「贅沢や雄弁」が原因となって結果をもたらします。

その影響を対面の震宮に滞在中の「一白水星」に暗剣殺として刺激を得ます。

感知は震宮象意の「震」によって、一白水星に伝わります。

震宮と兌宮は共に「言葉」を担う宮ですので、ミスコミュニケーションが生じる危うさを抱えています。

また、口論だけに止まらず、兌宮が担う金銭トラブルに発展もしくは、金銭問題が原因かもしれません。

このような事象は世の中で起こり得る社会的事象なのですが、八白土星においても「対岸の火事」ではありません。

なので、オフィシャルな情報発信や表現においては丁寧に扱う意識を高めておくことをお勧めします。

争いごとを嫌う大歳の恩恵を受ける一年ですので、穏やかに過ごすことを心掛けて下さい。

 

2024年の「」に巡る歳破

その年の十二支には「大歳」が巡り、対局の方位には「歳破が巡ります。

2024年は「」に歳破が付き、戌を内包する「乾宮(けんきゅう)」に四緑木星が一年間滞在します。

乾宮は六白金星の定位置で主に「巨額の事業資金を回す重責」を象徴し、その環境下におかれる四緑木星は「貿易・流通・信用」担う星です。

そして、十二支から持ち込まれる破壊殺によって「対立と衝突」が生じます。

なので、「物流の2024年問題」は視野に入れて「海峡封鎖危機」は注視が必要でしょう。

乾宮は金銭に関わる宮でもあり、乾宮の主である六白金星は「変化と停止」の環境におかれる「艮宮(ごんきゅう)」に一年間滞在します。

つまり、大きな資金が動く債券市場や税、公的な資金が注がれる市場には「変化と滞り」が生じる可能性があります。

社会的事象ではありますが、金銭に関わることは万人と繋がっているので、リスク管理と警戒は高めておく必要があります

 

「驚き」を担う三碧が中心的役割を果たす年

2019年の年末から以降は驚くような出来事が多発的に起こる動乱期の真っ只中なのですが…

2024年においても「驚き」が生じる氣が高まります

中宮に回座する星は、その年に最もエネルギーが旺盛に高まっている星が在泊する宮で「帝王が君臨する宮」です。

2024年は三碧木星が中宮に一年間在泊し、三碧象意の「驚き」を旺盛に発揮します。

雷のような刺激的な言葉を担う「震宮」(三碧の定位置)に、「暗剣殺を背負った一白水星」が一年間在泊するので、謀計的なことに強い言葉を利用されるような事象が現れるでしょう。

社会的事象では「ショック・ドクトリン」で、個人レベルでも惨事を利用した詐欺的な事象が生じるでしょう。

恐ろしい一年のようなイメージを抱かれるかもしれませんが…。

しかし、冷静なメンタルを保ち、真実を知る意識を高めて対応することで最高のチャンスを獲得し得る一年でもあります。

何事においても「正確な一次情報」を理解して、自分の頭で考えて判断することを心掛けて下さい。

また、専門知識が必要な場合は信用できる専門家に相談する方が良い結果が得られます。

 

八白土星 2024年の運勢

2024年2月4日(立春)から2025年2月2日(節分)までの全体運

2024年の八白土星は北に回座し、一白象意を担う「坎宮(かんきゅう)」に一年間在泊します。

北は季節の「」を示し、一白象意の代表的な事象は「苦悩や忍耐」なので、一般的に忌み嫌われるような表現が広がっていますが…

決して「凶」のような一年ではありませんし、「運が弱い」わけでもありません

「外出と在宅」で例えると「在宅」の状況です。

外出中は神経やお金を使うので全てのリソースが「外」に向かいますが。

在宅中はセルフケアで心身ともに養い、じっくり考えて創造する「内なる活動」です。

人は「外向」のピークを迎えると「内向」へ向かい、「内向」のピークを迎えると「外向」へ向かいながら均衡が保たれています。

「内向のピーク」は絶対必要で、この時期の「基盤創り」が将来の収穫に大きな成果をもたらします

 

葛藤を伴う手放しでチャンスを掴む

八白土星は文字通り「土の星」で、その土が積み重なった「山」を象徴し、その象意を得て「蓄積する」ことを好む傾向があります。

それが八白土星の個性であり長所でもあるのですが…

2024年(立春)から「第九運」が始り、世の中全体が大きく変わります

もう既にその兆しは現れているのですが、2024年からは「顕現化と分離」の作用が加わるので後戻りすることなく、役割を果たしたものは終焉を迎えます。

この事象は世の中で起こる社会的事象ではありますが、八白土星もその時代を共に過ごすことになります。

つまり、時代的には「手離し」を促され、九星の年運では次の9年サイクルへ更新する運気を迎えるので「戸惑いと葛藤」が生じるかもしれません。

なので、心情的には『やむを得ず手離す』ような状況で、何となくモヤモヤする気持ちに陥るかもしれませんが…

しかし、時代遅れで通用しないものや執着を手離すことで身軽になるので、新たなチャンスを掴みやすくなります

 

捉え方の方向性で「発展と拡大」の結果が変わる

2024年の八白土星は、年間通して意識が内向きに向かう傾向があるでしょう。

ただ、内面を磨くための内向きは一白象意を上手に活かしている状態なのですが…。

あらゆる事象において悲観的な他責思考で捉えると「苦悩の沼」に陥るリスクを高める可能性があります。

2024年の八白土星は十二支の「子」から生じる「三合水局」の発展と拡大の作用を得ています

良くも悪くも全て拡大する作用が働くのでネガティブ思考が生じると、その思考も拡大させてしまう傾向があるので「悲観的な捉え方」を慎むことを心掛けて下さい。

八白土星 申年生まれ

1956年(丙申)1992年(壬申)立春以降に生まれた方が該当します。

八白土星が在泊する坎宮の「」と、生まれた年の「」、そして本年に巡る「」の3つの十二支が揃う三合水局の作用を得る一年です。

その事象は、概ね公的な場面で生じる傾向があります。

三合作用は、レバレッチのような作用で良い効果は大きく現れる反面、問題も大きく広がる可能性があります。

何事も取り組むことにあたっては、大雑把に処理しないように心掛けて下さい。

また、どうなるか分からないことをあれこれ心配し過ぎないよう「建設的な思考」を心掛けて下さい。

 

「自分磨き」と人生の基盤創りの年

八白土星は易経の「山水蒙(さんすいもう)」を得る一年です。

」は八白土星であり、「」は在泊する坎宮を象ったものを表し「蒙昧・啓蒙」の「(もう)」です。

八白土星が置かれている環境は「モヤで視界が悪い」蒙昧な状態を表し、「学び(啓蒙)」によって道が開かれることを表しています。

積極的に自ら学びを蒙る(こうむる)ことで、物の道理を見抜いて本質をとらえる能力が得られ、2024年の課題である「基盤づくり」が成されます。

2024年の八白土星は、これまでの学びや体験を経てワンランク上のステージに置かれています。

未来に向けた基盤づくりにおいては知らないことが多く、目に見えない部分から基盤をつくる必要があり、今年の課題でもあります。

頑丈な基盤こそが生涯運の底上げに繋がり、将来必ず訪れる大きな成果に繋がります

 

八白土星 2024年の月運バイオリズムグラフ

八白土星 2024年の月運バイオリズムグラフ上記の図は、月運の勢いを可視化した図です。

回座宮の解説

下記の図は、回座する各宮の主な事象をコンパクトに一言でまとめた遁甲盤で、丸数字は飛泊する順序を表した数字です。

勢力盤

2月の八白土星 艮宮回座の六白同会、坎宮にて一白被同会

艮宮回座2月立春から本格的に2024年の年運が始まります。

月運のエネルギーは下降局面に入り、物事の停滞と変化が生じる月運が巡ります。(⑧変化)

    3月の八白土星 離宮回座の七赤同会、坎宮にて九紫被同会

    離宮回座周囲から認められる機会に恵まれる月運が巡ります。(⑨分離)

    ただ、目先の利益や損失に囚われると感情が乱れ人格的魅力を損なうかもしれません。

    アンガーマネジメントが重要!

      4月の八白土星 年盤と同じ月盤が重なる月(坎宮回座の八白土星)

      坎宮回座月運は最も衰勢となる月運が巡り、モチベーションが上がり辛いだけで「悪い運気」ではありません。(①陥入=坎入)

      ただ、他者からの配慮は期待せずに何事も落ち着いて対応すれば問題なく過ごせます。

      体に負担を掛けないように規則正しい生活を心掛けて下さい。

        5月の八白土星 坤宮回座の九紫同会、坎宮にて七赤被同会

        坤宮回座月運は上昇局面に入り、モチベーションが上向き、周囲にも明るさの兆しが現れます。(②播種=種を蒔く)

        何事も見た目の良さだけで判断せず、詳しく調べて判断することを心掛けて下さい。

          6月の八白土星 震宮回座の一白同会、坎宮にて六白被同会

          震宮回座月運は上昇局面で最も推進力が高まる月運ですが…現実的な成長は得られないかもしれません。(③萌芽=芽吹き)

          しかし、学びを通して精神的成長から道が開きます。

             

            7月の八白土星 巽宮回座の二黒同会、坎宮にて五黄被同会

            巽宮回座月運は上昇運気のピークを迎え、何事も調いを得る月運に恵まれます。(④開花)

            しかし、足元をしっかり固めて歩む「慎重な心掛け」は必要です。

               

              8月の八白土星 中宮回座の三碧同会、坎宮にて四緑被同会

              中宮回座月運のエネルギー最も高まる運気は、自己の実力を養うことにリソースを注ぐと良いでしょう。(⑤結実)

              口にする言葉で人間性を養い、口にする食べ物で身体を養う月運に恵まれます。

                9月の八白土星 乾宮回座の四緑同会、坎宮にて三碧被同会

                乾宮回座月運は成長期から充実期に入り、成果を意識した活動が積極的にできる月運に恵まれます。(⑥完成)

                この時期に現れた腐敗的な問題は素早く排除することで良い結果が得られます。

                  10月の八白土星 兌宮回座の五黄同会、坎宮にて二黒被同会

                  兌宮回座月運においては「収穫の月」を巡り、飲食を通して人と語らう機会を得る月運に恵まれます。(⑦収穫)

                  収穫を得れば、次の収穫に向けてプランを練るタイミングでもあります。

                  習慣化した方法は見直しを検討して見ると良いでしょう。

                    11月の八白土星 艮宮回座の六白同会、坎宮にて一白被同会

                    艮宮回座月運における転換期が訪れ、早くも2025年に向けての変化の兆しが現れるでしょう。(⑧変化)

                    2025年から上昇運気に入り、現実的な活動を通して「発展の準備」を仕込む「種蒔きの年」を迎えます。

                       

                       

                       

                      八白土星 2024年の仕事運

                      仕事運

                      仕事面に関しては、従事する業務内容や立場によって、運気から得る影響が個々で違いがあると思います。

                      常に成果を求められるような方はプレッシャーを感じるような場面を体験するかもしれません。

                      一方、マイペースで淡々と作業をされる方は、探求心が高まり、集中力アップも期待できます。

                      いずれにしても「健康状態」で、その状況が大きく変わるので、健康管理の徹底がパフォーマンス強化に直結します。

                      2024年の八白土星はランクアップしたステージの下地作りを水面下から構築する年運が巡るので、素早く成果を上げることは厳しいかもしれません。

                      とは言え、厳しい冬のような運気は一年中続くことはなく、2月立春から半年くらいで5月頃から月運における高運期に入り、年運においてもゆっくり寒さが和らぐ運気へ移行します

                       

                      正攻法が得策

                      本来、八白土星は高所から見下ろして物事を把握する「俯瞰力」に長けているのですが。

                      今年の八白土星は「穴の中」に入って物事を見るような環境におかれるので、得意な俯瞰力を活かせない年運です。

                      なので、曖昧で透明性が得られない内容の仕事を引き受けたり、納得できない方法で不安を抱えたまま進めたりせず、目上や指導者の忠告や助言を得ることを心掛けて下さい

                      行き詰まりを感じて「破れかぶれ」で取り組んでも、偶然の好運は期待できないでしょう。

                      また、無謀な奇策で逆転を企てても、結果的には「振り出しに戻る」ような事態に陥るかもしれません。

                      労力を無駄に費やしてめんどうに感じても、正攻法で歩むことが一番の得策です。

                       

                      スポンサーリンク

                       

                      八白土星 2024年の人間関係

                      結婚運 恋愛運 人間関係

                      昨年の八白土星は華やかな環境におかれていたのですが。

                      今年は真逆で、パーティーのような「華やかさ」が必要になる場では『違和感』を覚えるかもしれません。

                      その感覚は正しくて、運気を敏感に感じ取っている証です。

                      今年の八白土星は落ち着いて話が出来る人との関係を大切にして「信頼を深める」ような関係性を築くことが大事です。

                      ただ、人間関係の広がりが全くない一年ではありません。

                      深い関係から生じる「新たな人間関係」が始まる年運でもあります。

                       

                      恋愛運

                      ドラマチックな展開は期待できない年運ではありますが、二人の関係を深めるような運気に恵まれます

                      ただ、今年の八白土星は在泊している「坎宮」からの象意を得ているので、ウエットでセンチメンタルな思考傾向が時折現れるかもしれません。

                      自分の相手をして貰いたい欲求が強くなると、ことあるごとに「自己憐憫(じこれんびん)に浸る」ような言動を無意識に発してしまう傾向が現れるでしょう。

                      パートナーに対して独占欲が強く現れると、関係を拗らせてしまうので「かまってちゃん」に変貌しないように意識的に心掛けて下さい。

                      現在、シングルで恋活中の方は、信頼できる人や愛する人の温もりを感じながら不安や寂しさを払拭したい、安心感を得たい、という欲求が現れるかもしれません。

                      「恋」という存在に憧れてパートナーを求めると「真のご縁」と疎遠になるので、固執や執着を手離してから恋活を始めましょう!

                       

                      八白土星 壬申年 9月生まれ

                      八白土星が在泊する坎宮の「」と、生まれた年の「」、そして本年に巡る「」の3つの十二支が揃い三合水局の「発展と拡大作用」を強く得る一年です。

                      さらに、9月(白露以降)生まれの方は、本年の「辰」と生まれ月の十二支「酉」の強い結びつきに加えて、思考性においても異質な性質と溶け込むことが容易に起こり、それが感情面で生じる傾向があります。

                      三合水局は人間関係で現れやすい象意なので「健全が担保できる環境に身を置く」ことを心掛けて下さい。

                      八白土星 10月生まれ

                      10月の寒露以降に生まれた方は誕生月の十二支が「戌」ですので、本年の大歳「辰」と対局となります。

                      誕生月の十二支は感情面に現れやすいので、敵対心や心が乱れるような感情が現れるかもしれません。

                      何事も二元論で捉えず、表裏一体として捉えると「新たな気づき」が得られ、アンガーマネージメント力が強化されます

                       

                       

                       

                       

                      八白土星 2024年の金運

                      金運

                      金運は「現実の社会状況」から受ける影響力が強く、運気の強さや象意だけでの解説では成し得ないのではないかと感じています。

                      そこで、消費税を通して賃金が上がらない原因の一例をご理解頂いて「金運アップ」に繋げて頂けると幸いです。

                      金銭の支払い時に必ず課せられる「消費税」は事業者が国に納めます。

                      賃金が上がらない原因

                      上記の図は大雑把ではありますが、分かり易く消費税が課せられる部分を表した図です。

                      ピンクの部分が国に納める消費税なのですが…あら! びっくり! なんてことでしょう!

                      直接雇用されている社員やアルバイトの人件費に消費税が課せられる!!

                      つまり、事業主が従業員の賃金を上げれば自動的に国に納める消費税が上がる仕組みになっています。

                      賃金が上がらない原因は他にも沢山あると思いますが、労働者の賃金に影響があるのは確かです。

                      ちなみに派遣社員は「外注費」扱いです。

                      省略に省略を施した雑な説明で申し訳ございません。

                      ちなみに YouTubeの「イラストで楽しく学ぶ 谷田部会計チャンネル」を参考にさせて頂きました。

                       

                      九星気学に全く関係のない話のように思われるかもしれませんが、現実はそうではありません!

                      2024年(立春)から始まる「第九運」からは「知らない」では済まされない時代に入っています

                       

                      とくに! 金銭の中でも「」においては日常生活に直結し、潜在意識にも深く刷り込まれる存在です。

                      この機会に「金運」を運任せにしない為にも「実態を知る学び」に取り組むと良いでしょう。

                       

                      金運の底上げに取り組む年

                      これまでは「公務員や大企業に入社すれば安泰」と言われていましたが…

                      その時代から個人が自立して能力を発揮する時代に向かう「移行期」に入りました。

                      その最中で八白土星は、今後必ず訪れる「収穫」に向けて底堅い基盤づくりの課題に取り組む一年を迎えます。

                      通常の基盤創りではなく、時代の移り変わりに対応できる力を鍛えながら自分を磨く必要があるので、目先の収益よりも「自己成長」が重要になり、未来に収益に直結します。

                      なので、刹那的な拝金主義に陥らず、回り道でも腑に落としながら「本質的価値」を見出すことが金運アップに繋がります。

                      自己投資においては、理解不足の状態で始めるのではなく、納得できることに取り組むようにしましょう!

                       

                      八白土星 申年生まれの金運

                      本年の大歳「」から生まれ年の「」と、八白土星が在泊する坎宮の十二支「」と繋がり、三合水局の作用を強く受けます。

                      社会的な活動シーンで事象が現れるのですが、全てにおいて「発展と拡大」が生じるので何事も希望的観測で事を始めないように意識的に心掛けて下さい。

                      水の象意は感情面に現れやすいのですが、情によって金銭は動き出すので中庸を保つことがポイントです!

                       

                      スポンサーリンク

                       

                      八白土星 2024年のラッキーカラー

                      ブラック・ホワイト

                      2024年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「坎宮」の象意カラーは今年一年間のラッキーカラーです。

                      本命星(八白土星)の象意カラーは「イエロー・ベージュ・ブラウン」です。

                       

                      八白土星の生まれ月別ラッキーカラー

                      下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

                      良い環境とご縁の拡大が期待できるラッキーカラーです。

                      生まれ月 ラッキーカラー
                      2月・11月 イエロー・ベージュ・ブラウン
                      3月・12月 シルバー・ホワイト
                      4月・1月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)
                      5月 レッド・パープル
                      6月 レッド・パープル
                      7月 ブラック・ホワイト
                      8月 イエロー・ベージュ・ブラウン
                      9月 ブルー・ネイビー
                      10月 グリーン

                      2024年のラッキーカラーは今年に限ったラッキーカラーです。

                      長期的に使用するのなら、生まれ月別ラッキーカラーをお勧めします。

                      上記表中のカラーは、本命星と月命星を合わせて導き出したラッキーカラーですので、生涯用いることが出来るラッキーです。

                      いずれのカラーを選んで頂いても良いので、ご自身の直感でお選びください。

                       

                       

                      スポンサーリンク

                       

                      八白土星 2024年の健康運

                      健康運

                      2024年の八白土星は「人生の基盤づくり」が課題の年を迎えます。

                      人生で一番大事な「基盤」は「身体」です!!

                      なので、健康管理の徹底を心掛けて頂きたい一年です。

                      特別なことを取り入れる必要はなく、規則正しい生活とバランスの取れた食事で十分です。

                      ただ、気分が落ち込む状態に陥りやすい年運なので、積極的に「朝日を浴びる」ことを心掛けて下さい。

                      2024年は太陽が昇る時間帯を担当する「三碧木星」が、中心的役割を担い最もエネルギッシュな状態なので、その象意である「朝日を浴びる」だけで気分が上がり、健康運アップも期待できます。

                      早寝早起きはマストです!!

                      2024年の八白土星は坎宮に一年間在泊し、十二支の「子」から得る三合作用を得ています。

                      物事の発展と拡大が期待できる作用なのですが「中庸(ちゅうよう)」を維持することを意識的に心掛ける必要があります。

                      なので、体に良いからと言って過度に偏った栄養素を取り入れるような食事やサプリメントの摂取は慎んで下さい。

                       

                      2024年 誕生月から生じる「心と健康」

                      誕生月の干支(月干支)は、心や肉体に関する事象と深く関わります。

                      本年の干支と誕生月の干支で生じる傾向性を解説します。

                      八白土星 卯月生まれ(3月啓蟄以降)

                      価値観を共有できない環境や人物と接する機会があり、ストレスを感じるかもしれません。

                      その状況をネガティブに捉えず、『多様性の尊重を通して自分を磨くチャンス!』として捉えることで自己成長が促されます。

                      さらに!無理なくストレス軽減が成され、健全な精神衛生を保つことが期待できます。

                      八白土星 辰月生まれ(4月清明以降)

                      本年の「辰年」と誕生月の「辰」による増幅作用で「競争心」が生じる可能性があるようです。

                      しかし、人と自分を比較するとネガティブな気分に陥るだけなので、意識的に『人は人、自分は自分』と心で唱えて下さい。

                      心の健全が健康運アップに繋がります。

                      八白土星 申月生まれ(8月立秋以降)と、子月生まれ(12月大雪以降)

                      物事を大雑把に捉える傾向が現れやすく、希望的観測で判断すると身体のバランスを崩すかもしれません。

                      常に中庸を心掛けて下さい。

                      八白土星 酉月生まれ(9月白露以降)

                      気持ちと現実に乖離がなく、人間関係や置かれる環境において「親和性」を感じるのですが。

                      しかし、状況に溶け込み過ぎて流されないように心掛けて下さい。

                      飲酒や趣味に没頭し過ぎないように、節制を心掛けることで健康が保たれます

                      八白土星 戌月生まれ(10月寒露以降)

                      これまでの方法が通用しない場面やイベントが起こり、ストレスを感じるような出来事を体験するかもしれません。

                      精神的ストレスの影響を身体へ繋げないことが健康維持に繋がります。

                      不要な執着を手離すことで、ストレスが軽減され、安定した精神衛生も保たれます。

                       

                      2024年 八白土星の健康運アップ方位

                      誕生月に巡る九星を「月命星」といい、月命を中宮においた「月命盤」は主に身体の特徴や行動を表します。

                      また、身体の弱い部分や苦手な行動パターンも示しているので、吉星が巡る方位を用いることで健康運アップが期待できます。

                      この方位は本命星と月命星共通の吉星」が巡る方位の「最大吉方」であることが条件です。

                      南東…巽宮回座の二黒土星を最大吉方

                      • 5月生まれの(月命:八白)の方
                      • 7月生まれ(月命:六白)の方

                      北東…艮宮回座の六白金星を最大吉方

                      • 2月・11月生まれの(月命:二黒)の方
                      • 3月・12月生まれの(月命:一白)の方
                      • 5月生まれの(月命:八白)の方
                      • 8月生まれ(月命:五黄)の方

                      南西…坤宮回座の九紫木星を最大吉方

                      • 5月生まれの(月命:八白)の方

                       

                       

                      九星気学 2024年の運勢 各九星の一覧リスト

                      九星気学 2024年の運勢 各九星の一覧リスト

                       

                      八白土星 2024年の運勢 底堅い運の基盤創りの年

                      八白土星 2024 運勢手離しと学びで生涯運の底上げを構築
                      八白土星 2024年の運勢仕事・人間関係・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら「2024年 八白土星の運勢御覧下さい。

                      八白土星の月運

                        九星気学 八白土星 運勢カレンダー

                        毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

                        記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

                           

                          節入り前に生まれた方へ

                          誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
                          九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
                          下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

                          九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
                          従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

                          申年 巳年 寅年 亥年
                          1956年(昭和31)
                          2月5日 5:13~
                          1957年(昭和32)
                          2月3日まで
                          丙申年
                          1965年(昭和40)
                          2月4日 9:46~
                          1966年(昭和41)
                          2月3日まで
                          乙巳年
                          1974年(昭和49)
                          2月4日 14:00~
                          1975年(昭和50)
                          2月3日まで
                          甲寅年
                          1983年(昭和58)
                          2月4日 18:40~
                          1984年(昭和59)
                          2月4日まで
                          癸亥年
                          1992年(平成4)
                          2月4日 22:48~
                          1993年(平成5)
                          2月3日まで
                          壬申年
                          2001年(平成13)
                          2月4日 3:30~
                          2002年(平成14)
                          2月3日まで
                          辛巳年
                          2010年(平成22)
                          2月4日 7:48~
                          2011年(平成23)
                          2月3日まで
                          庚寅年
                          2019年(平成31)
                          2月4日 12:14~
                          2020年
                          2月3日まで
                          己亥年

                           

                          関連記事(一部広告含む)

                          コメントは受け付けていません。

                          サブコンテンツ

                          このページの先頭へ