二黒土星 2024年の運勢 追い風に乗って大上昇

二黒土星 2024年の運勢と吉方位
二黒土星 2024年の運勢と吉方位
36年に一度の高運気が巡る年

 

目次

二黒土星 2024年の吉方位「北・南西・北東・南

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

年盤の影響力を得る条件としては、移動距離が遠方であること、若しくは長期間の滞在です。

期間:2024年2月4日17時27分から2025年2月2日まで

吉方位:北・南西・北東・南

八白土星が回座するの祐気効果

の十二支「」は年盤上で形成される「三合水局」に属し、「発展と拡大の作用」を得る方位です。

  • 探求力が高まり、研究の成果が積みあがる
  • 一時的な停滞から刷新が促され、新たな道が開く
    5月生まれ(月命:八白)は、月命殺凶方位
    6月生まれ(月命:七赤)は、命的殺凶方位

九紫火星が回座する南西の祐気効果

西南西の十二支「」は年盤上で形成される「三合水局」に属し、「発展と拡大の作用」を得る方位です

  • フラットな人間関係に恵まれ、安定した居場所の確保が得られる。
  • 気持ちが明るくなり、何事も前向きに捉えて突き進む気力が湧く。
    4月・1月生まれ(月命:九紫)は、月命殺凶方位
    7月生まれ(月命:六白)は、月命殺凶方位

六白金星が回座する北東の祐気効果

  • 事業運営において絶妙な改革策を得て、立て直しのチャンスを得る。
  • 有能な実力者からの引き立てや知恵を借りるチャンスに恵まれる。
    7月生まれ(月命:六白)は、月命殺凶方位
    4月・1月生まれ(月命:九紫)は、月命殺凶方位

七赤金星が回座するの祐気効果

  • 創造力、独創力のクオリティが上がり人々から称賛される。
  • 身辺に明るさが現れ、良き友人や異性との出会いに恵まれる。
    6月生まれの(月命:七赤)は、月命殺凶方位
    5月生まれの(月命:八白)は、月命殺凶方位

 

2024年の恵方は「東北東やや東(甲)

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

北から0度の一周360度を二十四分割して表す「二十四方位(にじゅうしほうい)」では、「東から北へ15」で十干の「」の方位です。

一般的には二十四方位ではなく「16方位」で表されていることが多いので、異なる表現をされると混乱するかもしれませんが、東から北で南東の範囲に入らない辺りです。

上記もしくは下記の年盤に記載している「恵方」が2024年の恵方方位です。

 

 

 

 

2024年 二黒土星の年盤解説

各九星の定位置を表す「後天定位盤」と2024年の年盤を重ね合わせて年運を読み解きます。

2024年 二黒土星の年盤解説

2020年の二黒土星は36年に一度の「拡大と発展」の機運を得る高運気の年

2024年の干支は「甲辰」ですので、年盤上の十二支「」に「木星の精」といわれる「大歳」が付きます

何事も「生成は吉」とされており、大歳が担う「発展と拡大の作用」は九星を通して発現します

つまり、二黒土星は方位に関係なく「大歳の恩恵を得る年」であります。

二黒土星は昨年も大歳の恩恵を得ていたので、2年連続で大歳が巡り2024年は「二年目の年」を過ごします。

本命星が「震宮と巽宮に滞在する2年間」は、9年周期で巡る「高運期」ですが、そのタイミングに「大歳」を得る年運は36年に一度の「高運期」なのです。

 

積極的に活かす年運

2024年の二黒土星が一年間滞在位する「巽宮(そんきゅう)」は、四緑木星の定位置(本座)です。(巽宮回座の四緑同会)

開運の鍵は四緑象意にあり、それを積極的且つ、適切に活かすことが課題で置かれている環境でもあります。

主な四緑象意

風、出入り、発展、繁盛、調う、外交、交際、結婚、縁談、見合い、評判、信用、人望、仲介、長い、遠方、広告宣伝、物流、貿易、均衡、調和、優柔不断、不調、解散、長女、婦人、巫女

 

対処力が磨かれる年運

二黒土星の定位置である南西に位置する「坤宮(こんきゅう)」には「九紫火星」が一年間滞在します。(九紫被同会)

イメージとしては『外出中の二黒土星の家に九紫火星がお邪魔している』ような状況で受動的なスタンスです。

運の作用としては、九紫象意を他動的に持ち込まれて「被るスタンス」になります。

二黒土星の定位置である坤宮に内包されている十二支の「」は、三合水局の作用を得るので「被るスタンスの運気」(九紫被同会)においても「発展と拡大の作用を得ています。

主な九紫象意

火、光、陽気、美麗、目立つ、先見の明、頭脳明晰、学問芸術、露見、最高位、精神性、分離、離合集散、訴訟、手離す、感情、喧嘩、移り気、中年女性、学者、アーティスト

 

三合水局の三合作用とは

2024年の干支は「甲辰(きのえたつ)」で、その十二支「」に「木星の精」といわれる「大歳が付きます。

何事も「生成は吉」とされており、大歳が担う「発展と拡大の作用」は同宮に在泊する九星を通して発現します

2024年 三合水局

大歳が付く「」を起点に「」そして「」に繋がり、この3つの十二支で「三合水局」を形成します

各十二支には十干が腹蔵されております。

  • 大歳を担う十二支の「」には「乙・・戊」の十干
  • 」には「己・・庚」の十干
  • 」には「壬・癸」の十干

十二支に腹蔵する共通の五行「水(壬・癸)」で融合するのですが。

五行においては「辰は土」、「申は金」、「子は水」の異質な五行で融合します。

つまり、異質な個性を活かしながら融合を経て、三合水局の発展と拡大が発現します。

主な「三合水局」の効果と事象について

  • 水は「生命の源」と言われ、人間関係に発展と拡大が生じます。
  • 水は「情報を記録する媒体」でもあるので、学びや技術習得力で発展と拡大が生じます。

このような効果と事象は「異質」なものが複雑に絡み合って生じる事象なので、「水物」と言われる「経済」にも派生します。

2024年の二黒土星は三合水局の「辰」が内包されている「巽宮」に一年間在泊するので「三合水局の作用」を得る年運に恵まれます

この事象は方位だけでなく、生年月日の十二支にも三合水局の作用が生じます。

 

生年月日の十二支で「三合水局の作用」を得る方

  • 生まれ年が「申年」の方
  • 誕生月の十二支が「(12月大雪以降)」または「(8月立秋以降)」の方
  • 誕生日の十二支が「(12月大雪以降)」または「(8月立秋以降)」の方

二黒土星の申年12月生まれの方は、本年の十二支「の3つの十二支で「三合水局の十二支」が揃うので、大きな三合作用が得られます

方位を用いて三合水局の作用を獲得する

三合水局の作用は、生年月日の十二支や九星だけでなく、積極的に吉方位を用いることで獲得が可能です。

  • 三合水局の作用を得る「」の西南西に在泊する九紫火星吉星になる方。
  • 三合水局の作用を得る「」のに在泊する八白土星吉星になる方。

吉方位として用いることで、この上ない吉方位効果が期待できます。

ただし! この方位は「本命星と月命星共通の吉星」が巡る方位の「最大吉方」であることが条件です。

また、大歳の「東南東」は、長期滞在の後に出発地点に戻る場合は「歳破」を犯すことになるので、用いることはできません

三合水局の「子」方位は「」…坎宮に回座する「八白土星」が最大吉方

  • 2月・11月生まれの(月命:二黒)の方
  • 4月・1月生まれの(月命:九紫)の方
  • 7月生まれの(月命:六白)の方
  • 8月生まれの(月命:五黄)の方

三合水局の「申」方位は「西南西」…坤宮に回座する「九紫木星」が最大吉方

  • 2月・11月生まれの(月命:二黒)の方
  • 5月生まれの(月命:八白)の方
  • 8月生まれの(月命:五黄)の方
  • 9月生まれの(月命:四緑)の方
  • 10月生まれの(月命:三碧)の方

三合作用を有意義に活かす「現実的な開運行動」は、異分野の要素を取り入れる!

そして融合的な連携を用いた活動や創造に活かすことが重要なポイントになります

 

三合水局による社会的事象

「辰・子・申」の融合による「三合水局」は物質的な「水」そのものに限らず、経済や情が複雑に絡み、社会に広がります。

その一例としては、八白土星が担う「過去の蓄積や組織」に「変化」が生じ、坎宮が担う「水」による浄化により「リセット」が施されます。

それを受けて、九紫火星が担う「露呈」が広がり、これまでの因習を「離の作用」によって断ち切る事態が生じるでしょう。

そして、二黒土星の象徴する「大衆」が「本物の平等でかつ公平な社会」を望む集団意識が広がります。

 

福徳を司る歳徳神の恩恵を得る方位は「

甲辰

十干の甲が巡る年は「」の方位が恵方となり、歳徳神さまが2025年の節分まで滞在されます。

甲は東に位置する「震宮(しんきゅう)」に内包されている十干の「」で、方位は「東北東やや東」です。

天の氣」を担う十干精神を司るので、歳徳方位は精神的幸福の「知恵と福徳」を与えてくれます。

地の氣」は本年の十二支「」が担う「大歳」から広がり、現実的な事柄や物質的な「発展と拡大」を促します。

今年の干支「甲辰」は、龍が宿る御神木でありますから、穢れない生き方を心掛けることで開運への道が開きます

 

西に五黄土星で東の一白水星に暗剣殺が付く

兌宮の五黄と震宮の一白原因と結果を担う「五黄土星」が、西に位置する「兌宮(だきゅう)」に一年間滞在します。

様々な象意があるのですが…兌宮の主な象意である「贅沢や雄弁」が原因となって結果をもたらします。

その影響を対面の震宮に滞在中の「一白水星」に暗剣殺として刺激を得ます。

感知は震宮象意の「震」によって、一白水星に伝わります。

震宮と兌宮は共に「言葉」を担う宮ですので、ミスコミュニケーションが生じる危うさを抱えています。

また、口論だけに止まらず、兌宮が担う金銭トラブルに発展もしくは、金銭問題が原因かもしれません。

このような事象は世の中で起こり得る社会的事象なのですが、二黒土星においても「対岸の火事」ではありません。

なので、オフィシャルな情報発信や表現においては丁寧に扱う意識を高めておくことをお勧めします。

争いごとを嫌う大歳の恩恵を受ける一年ですので、穏やかに過ごすことを心掛けて下さい。

 

2024年の「」に巡る歳破

その年の十二支には「大歳」が巡り、その方位から180度逆の方位には「歳破が巡ります。

2024年は「」に歳破が付き、戌を内包する「乾宮(けんきゅう)」に四緑木星が一年間滞在します。

乾宮は六白金星の定位置で主に「巨額の事業資金を回す重責」を象徴し、その環境下におかれる四緑木星は「貿易・流通・信用」担う星です。

そして、十二支から持ち込まれる破壊殺によって「対立と衝突」が生じます。

なので、「物流の2024年問題」は視野に入れて「海峡封鎖危機」は注視が必要でしょう。

乾宮は金銭に関わる宮でもあり、乾宮の主である六白金星は「変化と停止」の環境におかれる「艮宮(ごんきゅう)」に一年間滞在します。

つまり、大きな資金が動く債券市場や税、公的な資金が注がれる市場には「変化と滞り」が生じる可能性があります。

社会的事象ではありますが、金銭に関わることは万人と繋がっているので、リスク管理と警戒は高めておく必要があります

 

「驚き」を担う三碧が中心的役割を果たす年

2019年の年末から以降は驚くような出来事が多発的に起こる動乱期の真っ只中なのですが…

2024年においても「驚き」が生じる氣が高まります

中宮に回座する星は、その年に最もエネルギーが旺盛に高まっている星が在泊する宮で「帝王が君臨する宮」です。

2024年は三碧木星が中宮に一年間在泊し、三碧象意の「驚き」を旺盛に発揮します。

雷のような刺激的な言葉を担う「震宮」(三碧の定位置)に、「暗剣殺を背負った一白水星」が一年間在泊するので、謀計的なことに強い言葉を利用されるような事象が現れるでしょう。

社会的事象では「ショック・ドクトリン」で、個人レベルでも惨事を利用した詐欺的な事象が生じるでしょう。

恐ろしい一年のようなイメージを抱かれるかもしれませんが…。

しかし、冷静なメンタルを保ち、真実を知る意識を高めて対応することで最高のチャンスを獲得し得る一年でもあります。

何事においても「正確な一次情報」を理解して、自分の頭で考えて判断することを心掛けて下さい。

また、専門知識が必要な場合は信用できる専門家に相談する方が良い結果が得られます。

 

二黒土星 2024年の運勢

2024年2月4日(立春)から2025年2月2日(節分)までの全体運

2024年の二黒土星は、一昨年から続く「高運期」のピークを迎え、昨年から続く「大歳」の恩恵を受ける年運が巡ります。

物事の進展や拡大の機運に恵まれ、一年間在泊する「巽宮(そんきゅう)」の「万事調う」象意を活かす機運にも恵まれます。

また、本命星(二黒)の定位置「坤宮(こんきゅう)」にも、大歳のエネルギーを受けて「発展と拡大」の作用を受けています。

これまで積み重ねた努力や挑戦したことが整いながら拡大を得る年運に恵まれます。

 

固執せず!将来性を見据える

2024年(立春)から20年毎に訪れる運気の大枠が切り替わり「第九運」の20年間が始まります。

第九運が担う主な象意の「離の作用」は世の中全体で発現する事象で、人々の意識や価値観にも影響します。

これまで通用したセオリーでは「突破できない」ことも起こり得るでしょう。

この事象は二黒土星に限って生じる事象ではなく、社会的事象なのですが。

高運期で発展と拡大の機運に恵まれる二黒土星は結果が大きく現れる傾向があります。

なので、何事も長期的な展望を踏まえた取り組みを心掛けて下さい。

2024年の二黒土星は、四緑象意の「遠方」と九紫象意の「先見の明」を得ているので、活かす機会に恵まれています

 

注意点!

「徹底的に物事を追求する姿勢」は二黒土星の長所であるのですが…

「発展と拡大」を得る運気によって、長所が行き過ぎると「過ぎたるは猶及ばざるが如し」となり、物事の遅延から問題が生じるかもしれません。

つまり、「大歳」から広がる三合水局」の作用である「発展と拡大」は、全てに作用するので常にを意識的に「中庸」を心掛けて下さい。

 

小を積んで大と為す

2024年の二黒土星は、易経では「地風升(ちふうしょう)」を得ています。

」は二黒土星であり、「」は在泊する巽宮を象ったものを表し「(しょう)」は「昇る」ことを表します。

二黒土星の運気そのものをズバリ示すのですが、ただ自動的に「昇る」わけではありません。

正しい道を歩み、道徳に従うことで「上昇」を得ることを示しています。

つまり、大急ぎで物事の決着をつけようとしたり、手っ取り早く成果を得ようとしたりすると「振り出しに戻される」ような事態が生じるので、何事も焦りは禁物です!

目先の悦びや私利私欲に流されると、そこで「ボタンの掛け違い」のような事態が生じ、修正が困難になります。

36年に一度の高運と拡大に恵まれる年運を最大限に活かすには「小さな成果を積み重ねる」ことで、結果的に大きな成果を得ることに繋がる得策であります。

 

2026年に巡る「完成」に向けて!

来年の二黒土星は、最も旺盛な星が在泊する宮の「中宮(ちゅうぐう)」に回座します。

その翌年(2026年)の「丙午」の年は、午に在泊する「大歳」から生じる光が「」、そして「」に繋がり「三合火局」が形成されます。

その年の二黒土星は「」を内包する「乾宮(けんきゅう)」に一年間在泊するので、2026年も三合作用の発展と拡大の恩恵を得ます

今年(2024年)の「調い」は2026年の「大きな完成」に繋がる年運であるので、何事も誠実に取り組み「信用第一」が開運の鍵となります。

二黒土星 申年生まれ

社会的な活動の場が広がる機運を「生まれ年の申」からも得ているので、拘りは手離して、寛容に取り入れることを意識的に心掛けることで想像以上の発展と広がりに恵まれるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

二黒土星 2024年の月運バイオリズムグラフ

二黒土星 2024年の月運バイオリズムグラフ

上記の図は、月運の勢いを可視化した図です。

回座宮の解説

下記の図は、回座する各宮の主な事象をコンパクトに一言でまとめた遁甲盤で、丸数字は飛泊する順序を表した数字です。

勢力盤

2月の二黒土星 坤宮回座で九紫同会、巽宮にて四緑被同会

坤宮回座

2月立春から本格的に2024年の年運が始まります。

月運においては運気が上昇し始める頃にあたります。(②播種=種を蒔く)

周囲からの理解や承認が得られず、理不尽を感じても主張は控えて「負けるが勝ち」。

    3月の二黒土星 震宮回座で一白同会、巽宮にて三碧被同会

    震宮回座

    月運は上昇局面の真っ只中で物事を推し進める気力が漲る月運が巡ります。(③萌芽=芽吹き)

    しかし、周囲は覇気がなく、問題を抱えている雰囲気が漂っているようです。

    言動は常に配慮を心掛けて丁度良いかもしれません。

      4月の二黒土星 年盤と同じ月盤が重なる月(巽宮回座)

      巽宮回座

      月運は上昇局面のピークを迎え、何事も万事調う機運に恵まれます。(④開花)

      雑事が多く、無駄にリソースを消耗する事態もあるが、周囲の人と力を合わせて取り組めば成果は得られます。

        5月の二黒土星 中宮回座で三碧同会、巽宮にて一白被同会

        中宮回座

        月運は上昇局面から充実期に入り、月運のエネルギーとしては旺盛な月が巡ります。(⑤結実)

        原因からこれまでの結果を把握することで、確実性の高い成果を獲得することが出来ます。

          6月の二黒土星 乾宮回座で四緑同会、巽宮にて九紫被同会

          乾宮回座

          月運は充実期の最中に迎える「完成の月」が巡ります。(⑥完成)

          公的な活動範囲が広がり、多忙な日々を過ごすことになりそうです。

            7月の二黒土星 兌宮回座で五黄同会、巽宮にて八白被同会

            兌宮回座

            月運は充実期の終盤に迎える「収穫の月」が巡り、次へ向かうビジョンを描くイメージが膨らむでしょう。(⑦収穫)

            振り返りを通して考えを整理する謙虚な歩みが良い結果へ導きます。

              8月の二黒土星 艮宮回座で六白同会(暗剣殺)、巽宮にて七赤被同会

              艮宮回座

              月運は転換期に入り、公的な環境に何らかの変化が生じる月運が巡ります。(⑧変化)

              変化は新たな動きから生じるので、未経験から戸惑いを感じるかもしれませんが、前向きに歩めば大丈夫です。

                9月の二黒土星 離宮回座で七赤同会、巽宮にて六白被同会

                離宮回座

                月運は転換期の真っ只中に入り、積極的に表現を通して「勝負に臨む」運に恵まれます。(⑨分離)

                相互に与えて助ける関係を通して、求められることで更に運気が上がります。

                  10月の二黒土星 坎宮回座で八白同会、巽宮にて五黄被同会

                  坎宮回座

                  月運は転換期から次の上昇局面に備えるために一旦運気は落ち込みます。(①陥入=坎入)

                  これまでに放出したエネルギーをチャージするタイミングに相応しい月です。

                    11月の二黒土星 坤宮回座で九紫同会、巽宮にて四緑被同会

                    坤宮回座

                    2月から始まった月運のサイクルが終り、新たなサイクルに入る11月は既に2025年に向けて動き始めています。

                    月運は上昇運気が始り運気にも明るい兆しが始まり、運気の流れとしてはとてもタイミングが良い流れです。(②播種=種を蒔く)

                       

                       

                      スポンサーリンク

                       

                      二黒土星 2024年の仕事運

                      仕事運

                      2024年の二黒土星は、在泊する巽宮が担う四緑象意の「調い」を日常的に心掛けることが仕事運アップに繋がります。

                      四緑を代表する自然象意は「風」ですので、風通しの良い職場環境づくりはマストな開運法です!

                      まず、「調い」は整理整頓の徹底です。

                      そして、風通しの良い環境は行動動線を考慮したレイアウトや次工程の作業を踏まえたシステム構築です。

                      この作業は一人で行うと独りよがりになるので、仲間の意見や協力を得ながら取り組むと良いでしょう。

                       

                      追い風は遠くまで広がる

                      2024年に得た信用は遠くまで広がる年運に恵まれています。

                      しかし、不透明で不公正な取引は二黒土星が被る「九紫象意」の「露呈」とセットになって広がるので「謙虚で誠実である」ことがとても重要な開運マインドであります。

                      遠方とのご縁が生じる年運に恵まれ、物理的に距離が遠い「海外」との取引だけでなく、「縁遠い」業種や人物との取引も期待できる年運です。

                       

                      与えることで自己成長を得る

                      二黒土星は「育みの星」なので、新人の育成を任されることは体験されていると思います。

                      2024年はこれまでの指導に加えて、自分自身の成長が必要になり、それを求められるでしょう。

                      新人に対して「吸収力の悪さ」にフォーカスするのではなく、伝え方や理解しやすさを工夫しなければなりません。

                      技術や技の習得よりも「アウトプット」の方が難しく、人間性も現れるので「人としての成長」が必要になります。

                      二黒土星 申年生まれ

                      本年に巡る「生まれ年の「の十二支によって三合作用の発展と拡大が生じ、社会的な活動が広がり「紹介」の数珠繋ぎ効果が得られるかもしれません。

                      広告宣伝、口コミなど、あらゆる方法を活用することで仕事運アップに繋がります

                       

                       

                      スポンサーリンク

                       

                      二黒土星 2024年の人間関係

                      結婚運 恋愛運 人間関係

                      2024年の二黒土星は、四緑象意の「交際、結婚、縁談、見合い、信用、仲介」といった、人と関わる事で生じる事象が巡る一年です。

                      人と関わることで大小様々な「約束事」が発生します。

                      ただ、体は一つしかないので抱えきれない程の約束を安請け合いしないように心掛けて下さい。

                      2024年は社会的な活動の場が広がる一年ですので、常に意識は外へ向かう傾向があります。

                      それは、決して悪いことではなく、運気の流れで必然的に起こる事象ですので、それ自体は問題ではありません。

                      ただ、バランスを崩すと「家庭を顧みない」状況が常態化すると問題が勃発するかもしれません。

                      二黒土星の定位置「坤宮(こんきゅう)」(方位は南西)は、家庭を表す宮です。

                      そこに「炎や感情」を担う九紫火星が一年間在泊しているので、感情の導火線に火をつけないように家族との約束もしっかり守るようにしましょう。

                      現在、交際中の方は、結婚へ進展は期待できるでしょう。

                      現在シングルの方は、出会いのチャンスが沢山得られる年運が巡るので積極的に活動されることをお勧めします

                       

                       

                      二黒土星 2024年の金運

                      金運

                      金運は「現実の社会状況」から受ける影響力が強く、運気の強さや象意だけでの解説では成し得ないのではないかと感じています。

                      そこで、消費税を通して賃金が上がらない原因の一例をご理解頂いて「金運アップ」に繋げて頂けると幸いです。

                      金銭の支払い時に必ず課せられる「消費税」は事業者が国に納めます。

                      賃金が上がらない原因

                      上記の図は大雑把ではありますが、分かり易く消費税が課せられる部分を表した図です。

                      ピンクの部分が国に納める消費税なのですが…あら! びっくり! なんてことでしょう!

                      直接雇用されている社員やアルバイトの人件費に消費税が課せられる!!

                      つまり、事業主が従業員の賃金を上げれば自動的に国に納める消費税が上がる仕組みになっています。

                      賃金が上がらない原因は他にも沢山あると思いますが、労働者の賃金に影響があるのは確かです。

                      ちなみに派遣社員は「外注費」扱いです。

                      省略に省略を施した雑な説明で申し訳ございません。

                      ちなみに YouTubeの「イラストで楽しく学ぶ 谷田部会計チャンネル」を参考にさせて頂きました。

                       

                      九星気学に全く関係のない話のように思われるかもしれませんが、現実はそうではありません!

                      2024年(立春)から始まる「第九運」からは「知らない」では済まされない時代に入っています

                       

                      とくに! 金銭の中でも「」においては日常生活に直結し、潜在意識にも深く刷り込まれる存在です。

                      この機会に「金運」を運任せにしない為にも「実態を知る学び」に取り組むと良いでしょう。

                       

                      追い風に乗る金運

                      ここから二黒土星の年運から生じる「金運」を解説します。

                      年運のくだりで「小を積んで大と為す」と述べた事象は特に!金銭面に現れるでしょう。

                      今年の二黒土星は四緑象意の「長い」が事象として現れるので、成果を得るまでに少々時間が掛かる傾向があります。

                      また、運気としても「開花の運気」ですから「収穫」ではありません。

                      しかし、全く収穫が得られないわけではありません。

                      成果は得られるのですが、手元に止まらず、四緑象意の「風」に転化されます

                      その追い風に乗ることで金運も上昇します

                      寧ろ、お金では買えない「信用」を得て、さらにレバレッチのような効果を発揮して、大きな成果に繋がります

                      金運アップの開運行動としては、積極的に人脈と活動の場を広げましょう!

                      注意点としては、信用や評価も気になると思いますが、物事に固執し過ぎないよう心掛けて下さい。

                      悪い意味の「完璧主義」に陥ると遅延を起こして信用を失っては本末転倒です。

                      追い風に乗れる年運に恵まれているので、自分と仲間を信じて歩むと良いでしょう。

                       

                      二黒土星 申年生まれの金運

                      本年の大歳を担う「」から広がる三合水局は、生まれ年の「」と繋がり社会活動の「発展と拡大」が生じる一年です。

                      この作用は営業活動にも現れるので、活動量や経費にそぐわない収益かもしれません。

                      つまり、個人の希望どおりの事柄が拡大するとは限りません。

                      しかし、収益に囚われ過ぎるとモラルハザードが発動するリスクを高めるので「目先の数字に囚われない」ように意識的に心掛けて下さい。

                      2025年は「中宮」に在泊するので、強い運気で引き寄せ力が高まります。

                      とくに「庚申年生まれの方」は、その効力が期待できるでしょう。

                       

                      二黒土星 2024年のラッキーカラー

                      グリーン

                      2024年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「巽宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

                       

                      二黒土星の生まれ月別ラッキーカラー

                      下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

                      良い環境と人脈の拡大・発展に恵まれるラッキーカラーです。

                      生まれ月 ラッキーカラー
                      2月・11月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)
                      3月・12月 ブルー・ネイビー
                      4月・1月 グリーン
                      5月 イエロー・ベージュ・ブラウン
                      6月 シルバー・ホワイト
                      7月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)
                      8月 イエロー・ベージュ・ブラウン
                      9月 レッド・パープル
                      10月 ブラック・ホワイト

                      2024年のラッキーカラーは今年に限ったラッキーカラーです。

                      長期的に使用するのなら、生まれ月別ラッキーカラーをお勧めします。

                      上記表中のカラーは、本命星と月命星を合わせて導き出したラッキーカラーですので、生涯用いることが出来るラッキーです。

                      いずれのカラーを選んで頂いても良いので、ご自身の直感でお選びください。

                       

                       

                      二黒土星 2024年の健康運

                      健康運

                      2024年の二黒土星は高運期のピークを迎え、さらに「大歳」の恩恵を受けるので必然的に活動量が増えます。

                      時間は有限で誰も平等に1日24時間が与えられているので、活動量が増えても時間は増えません。

                      増えた活動量は、何かの時間を削って、やり繰りするしかありません。

                      そこで、殆どの人は「睡眠時間」を削ってしまいがちです。

                      つまり、今年の二黒土星の方は忙しくて睡眠時間を削ってしまうか…もしくは、高揚感で眠れない状況に陥るかもしれません。

                      とにかく! 質の高い睡眠を確保することを日々心掛けて下さい。

                      睡眠前のスマホや飲酒を控えることをお勧めします

                       

                      2024年 誕生月から生じる「心と健康」

                      誕生月の干支(月干支)は、心や肉体に関する事象と深く関わります。

                      本年の干支と誕生月の干支で生じる傾向性を解説します。

                      二黒土星 卯月生まれ(3月啓蟄以降)

                      価値観が共有できない環境や人物と接することでストレスを感じるかもしれません。

                      この事象は不運な出来事でなく、むしろ自己成長が促される良いきっかけとなり得るので「多様性を尊重する」意識を心掛けると良いでしょう。
                      無理なくストレス軽減に繋がり、健康増進にも繋がります。

                      二黒土星 辰月生まれ(4月清明以降)

                      本年の「辰年」と誕生月の「辰」による増幅作用で「競争心」が高まる可能性があるようです。

                      「人と比較する思考」を制御することで覇権欲が抑えられてストレスも軽減するので健康運アップに繋がります。

                      二黒土星 申月生まれ(8月立秋以降)と、子月生まれ(12月大雪以降)

                      気持ちが大きくなる傾向があり、勢いに乗るのは良いのですがバランスを崩さないように心がけて下さい。

                      二黒土星 酉月生まれ(9月白露以降)

                      気持ちと現実に乖離がなく、人間関係や置かれる環境において「親和性」を感じるでしょう。

                      精神的な安定が得られるので、健康習慣を始めてみると良いでしょう。

                      二黒土星 戌月生まれ(10月寒露以降)

                      これまでの方法が通用しない場面やイベントが起こり、ストレスを感じるような出来事を体験するかもしれません。

                      精神的ストレスが肉体的健康に繋げないことがポイントになります。

                      まずは、物事を二元論や表面的な分析で判断せず、物事を俯瞰して多角的に捉えることを心掛けて下さい。

                      不要な執着を手離すことで、ストレスが軽減され安定した精神衛生も保たれます

                       

                      2024年 二黒土星の健康運アップ方位

                      誕生月に巡る九星を「月命星」といい、月命を中宮においた「月命盤」は主に身体の特徴や行動を表します。

                      また、身体の弱い部分や苦手な行動パターンも示しているので、吉星が巡る方位を用いることで健康運アップが期待できます。

                      この方位は「本命星と月命星共通の吉星」が巡る方位の「最大吉方」であることが条件です。

                      …坎宮に回座する「八白土星」が最大吉方

                      • 2月・11月生まれの(月命:二黒)の方
                      • 4月・1月生まれの(月命:九紫)の方

                      南西…坤宮に回座する「九紫木星」が最大吉方

                      • 2月・11月生まれの(月命:二黒)の方

                      北東…艮宮に回座する「六白金星」が最大吉方

                      • 2月・11月生まれの(月命:二黒)の方
                      • 3月・12月生まれの(月命:一白)の方
                      • 5月生まれの(月命:八白)の方

                      …離宮に回座する「七赤金星」が最大吉方

                      • 3月・12月生まれの(月命:一白)の方
                      • 7月生まれ(月命:六白)の方

                       

                      スポンサーリンク

                       

                       

                      九星気学 2024年の運勢 各九星の一覧リスト

                      九星気学 2024年の運勢 各九星の一覧リスト

                       

                      二黒土星 2024年の運勢 追い風に乗って大上昇

                      二黒土星 2024年 運勢36年に一度の高運気が巡る年
                      二黒土星 2024年の運勢仕事・人間関係・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら「2024年 二黒土星の運勢御覧下さい。

                      二黒土星の月運

                        九星気学 二黒土星 運勢カレンダー

                        運勢カレンダー

                           

                          二黒土星の性格と生涯運

                          二黒土星 性格二黒土星の性格と人生全体を捉える大まかな生涯運をこちらの記事に記載しています。

                           

                          節入り前に生まれた方へ

                          誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

                          九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

                          下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

                          九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

                          従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

                          寅年 亥年 申年 巳年
                          1962年(昭和37)
                          2月4日 16:18~
                          1963年(昭和38)
                          2月3日
                          壬寅年
                          1971年(昭和46)
                          2月4日 20:26~
                          1972年(昭和47)
                          2月3日
                          辛亥年
                          1980年(昭和55)
                          2月5日 1:10~
                          1981年(昭和56)
                          2月3日
                          庚申年
                          1989年(平成元)
                          2月4日 5:27~
                          1990年(平成2)
                          2月3日
                          己巳年
                          1998年(平成10)
                          2月4日 9:57~
                          1999年(平成11)
                          2月3日
                          戊寅年
                          2007年(平成19)
                          2月4日 14:18~
                          2008年(平成20)
                          2月3日
                          丁亥年
                          2016年(平成28)
                          2月4日 18:46~
                          2017年(平成29)
                          2月3日
                          丙申年
                          2025年2月3日
                          23:11~
                          2026年2月3日
                          乙巳年

                           

                          関連記事(一部広告含む)

                          コメントは受け付けていません。

                          サブコンテンツ

                          このページの先頭へ