四緑木星 今月の運勢

四緑木星 毎月の運勢

この記事では、四緑木星毎月の運勢を紹介しています。

運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星が四緑木星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は、四緑木星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”四緑木星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和17年(1942)2月4日 19時49分~昭和18年(1943)2月4日
昭和26年(1951)2月5日 00時14分~昭和27年(1952)2月4日
昭和35年(1960)2月5日 04時23分~昭和36年(1961)2月3日
昭和44年(1969)2月4日 08時59分~昭和45年(1970)2月3日
昭和53年(1978)2月4日 13時27分~昭和54年(1979)2月3日
昭和62年(1987)2月4日 17時52分~昭和63年(1988)2月3日
平成8年(1996)2月4日 22時08分~平成9年(1997)2月3日
平成17年(2005)2月4日 02時43分~平成18年(2006)2月3日
平成26年(2014)2月4日07時03分 ~平成27年(2015)2月3日

九星気学では、立春(節分)で新たな年に変わります。
1月1日から2月の立春までに生まれた方は、五黄土星生まれでございます。
五黄土星の方は、こちら をご覧ください。

 

四緑木星 今月の運気と吉方位

四緑木星 7月 運勢と吉方位
2020年7月7日~8月6日まで四緑木星 7月 運勢と吉方位本命星: 北西(乾宮回座)
7月の吉方位:南西

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:
2020年 四緑木星 年盤

 

 

四緑木星 2020年7月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

夏の土用期間:7月19日から8月6日

土用殺方位:南西(夏の土用期間のみの凶方位)

 

南西

九紫火星が巡る 7月の南西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では南西は本命殺ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

  • 先見の明が高まる
  • 多くの人々(大衆)が必要とすることを見出す知恵に恵まれる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

四緑木星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

運勢 関連記事

     

     

    四緑木星 2020年7月の運勢
    実力アップの積み重ねで自己肯定感獲得と更なるアップへ

    四緑木星 7月「月盤と年盤の関係」
    乾宮回座により八白同会。坤宮にて九紫被同会(上記の年盤と月盤参照)

    7月の月盤では、四緑木星は「乾」と書かれている「乾宮(けんきゅう)」という宮に入ります。

    7月 吉神 月盤

    「乾宮(ちゅうぐう)」の卦徳(八卦における基本的な特徴)は「剛健」

    心身ともに強く、逞しさが増す気が漂う宮ですので、「心」の使い方が非常に大切。

    開運ワードは「慢心せず常に謙虚であれ」

     

    アビリティレベルが上がるきっかけに恵まれる月

    今月(7月)の四緑木星は、公的な事柄で忙しくなる月です。

    今月(7月)の月盤では、多忙ではあるが満たされた状態と完成を象徴する、北西の「乾宮(けんきゅう)」に入ります。

    乾宮は、自分より目上の人、権力者を象徴するので、公的な事柄で忙しくなる原因(依頼者)の殆どが、上司・権威者・大手得意先(クライアント)・目上・親(養父母)などでしょう。

    義理や今後の付き合いなどもありますから、良好な関係は維持する必要もあります。

    この時期の四緑木星は、仕事や公的な事柄で忙しい月となりますから、優先順位を決めて処理しなければならない事態になるでしょう。

    自分のやりたい事やこれまでの流れから予定していた事などは、一旦止めて権威者からの依頼にを優先に取り組むと良いでしょう。

    先着順を入れ替えたり、取り掛かっていることを一旦止めることに何らかの葛藤を感じるかもしれませんが…

    年盤では、北西の「乾宮」には八白土星が一年間滞在していて、今月(7月)の四緑木星は八白と同会する月となります。(八白同会)

    「変化・停止・積み重ねること」を象徴する八白と同会するので、取り掛かっている仕事(事柄)を止めることは、必然的な事象なので、臨機応変に対処する方が良い結果に繋がります。

     

    正攻法が完成への近道

    予定していた作業が進まず、一進一退のような事態になることに焦りを感じるかもしれません。

    しかし、帳尻を合わすことに囚われ過ぎると、モラルハザードやコンプライアンスの欠如を犯し、返って面倒な事態になる可能性を高めてしまいます。

    リスクをとるよりも「正攻法」で取り組み、「確実」を積み重ねるながら完成へ向かうことが開運行動となります。

    今年(2020年)の四緑木星は、「準備・従順・育成」がテーマとなる、南西の「坤宮(こんきゅう)」に一年間滞在しています。(2月(立春)~翌年2月(節分)まで)

    なので、「正攻法で完成させる」ことが、ご自身の実力を育成する上で大きな成功体験となり、さらには自信が身に付き自己肯定感が高まります。

    この自己肯定感は、来年迎える「発展の年」に大きく貢献するマインドとなります。

     

    四緑木星 7月の日運グラフ

    7月7日から21日まで
    四緑木星 7月 日運グラフ

    7月22日から8月6日まで
    四緑木星 7月 日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

    スポンサーリンク

     

    四緑木星 7月の仕事運

    仕事運

    全体運でも述べたように今月(7月)の四緑木星は非常に忙しい月になります。

    ただ、雑用やタスク的要素の強い仕事で忙しくなるのではなく、少しレベルが高い内容の仕事で忙しくなるでしょう。

    なので、仕事に対する遣り甲斐を感じ、充実感も得られるはずです。

    とは言え、高い力量や能力が必要になり、依頼主も自分よりも高い地位の方(得意先)だったりするので少しプレッシャーを感じるかもしれません。

    しかし、この時期の経験がスキルアップに繋がり、9月頃に訪れる「転換のチャンス」に乗る自信に繋がるはずです。

    日々の業務においては、「報告・連絡・相談」を怠ることなく、関係者(特に上司)との意思疎通をしっかり行うことを心掛けて下さい。

    また、合理化を大義名分にして手を抜いたり、自己擁護を目的とした責任の軽減を行うと実力が上がらず、「育成の年」の運気を損なうので、少し背伸びするくらいの勇気が必要となります。

    ハイレベルな仕事とボリュームの多さは四緑木星が期待されている証です!

     

    スポンサーリンク

     

    四緑木星 7月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    今月(7月)の四緑木星は、公的な事柄で忙しくなる月ですので、プライベートでの充実を得る機会は少なくなるかもしれません。

    なので、恋活中の方はスケジュール管理をしっかり行って、計画的に活動しましょう!

    家族や親戚が集まる機会があれば、顔を出してみるのも良いでしょう。

    親や親戚筋からのきっかけでお見合いなどのチャンスがあるかもしれません。

    同窓会やOB会などを通じての出会うチャンスも期待できるでしょう。

    恋愛運においては、来月(8月)と9月にも期待でいる月ですので、休日は休養と癒しでに費やす時間をしっかり確保しましょう。

    カップルの方は、自己の価値観で承認欲求を満たそうとすると、ギクシャクするので気を付けて下さいね。

    自分の問題は「自分の課題」なので、パートナーに理解を求めることは控えましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    四緑木星 7月の金運

    金運

    今月(7月)は、「相続・蓄財・不動産」を象徴する八白と同会する月ですので、この時期の四緑木星の方は蓄財意識が高まる傾向があります。

    また、八白は、現実性と計画性を促す象意がありますから、この運気を大いに活用して、この機会に財政計画をしっかり練り直してみるのも良いでしょう。

    現在、所有している物を改めて見直すと…『これ?本当に必要?』

    と、思う物に今までコストをかけていた事に気づくかもしれません。

    今年(2020年)の年運においても、地に足がついた堅実性が発動している一年ですので「堅実な計画」を構築することが出来るでしょう。

     

     

    2020年 四緑木星 金運アップの財布

    新調財布使い始める日と種銭

    春財布 2020年 四緑木星に相応し金運財布と購入日

    春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    四緑木星 7月の健康運

    健康運

    今月(7月)の四緑木星は、多忙な一ヵ月を過ごすこととなるので過労に注意です。

    月運のエネルギーが強く、気力・体力も十分ありますが無理をして動き続けることは控えましょう。

    今月(7月)に同会する八白は「止まる」ことを象徴します。

    休日はしっかり休んで休養をとることを健康運アップを促します。

    家にいるとはりきって家事をしたり、持ち帰ってまで仕事をする頑張り屋さんには「強制終了」が必要です。

    時間と余裕があれば、家事一切しないで済むようにホテルで宿泊するのも良いでしょう。

    今月(7月)は、仕事に気合が入り、気が付けば座りっ放しでデスクワークをして、腰や肩に負担をける傾向があるでしょう。

    ストレッチ程度の運動は積極的に行うことをお勧めします。

     

     

    2020年 四緑木星の運勢

    2020年四緑木星の運勢

    四緑木星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら四緑木星 2020年の運勢」御覧下さい。

    2020年 四緑木星の月運

    九星気学 四緑木星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    九星気学 7月の運勢

    九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

     

    四緑木星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

     

    四緑木星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    四緑木星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    子年 酉年 午年 卯年
    1960年(昭和35)
    2月5日4:23~
    1961年(昭和34)
    2月3日まで
    庚子年

    1969年(昭和44)
    2月4日 8:59~
    1970年(昭和45)
    2月3日まで
    己酉年
    1978年(昭和53)
    2月4日 13:27~
    1979年(昭和54)
    2月3日まで
    戊午年
    1987年(昭和62)
    2月4日 17:52~
    1988年(昭和63)
    2月3日まで
    丁卯年
    1996年(平成8)
    2月4日 22:08~
    1997年(平成9)
    2月3日まで
    丙子年
    2005年(平成17)
    2月4日 2:44~
    2006年(平成18)
    2月3日まで
    乙酉年
    2014年(平成26)
    2月4日 7:03~
    2015年(平成27)
    2月3日まで
    甲午年
    2023年
    2月4日 11:43~
    2024年
    2月3日まで
    癸卯年

     

    関連記事(一部広告含む)

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ