四緑木星 今月の運勢

四緑木星 毎月の運勢

この記事では、四緑木星毎月の運勢を紹介しています。

運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星が四緑木星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は、四緑木星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”四緑木星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和17年(1942)2月4日 19時49分~昭和18年(1943)2月4日
昭和26年(1951)2月5日 00時14分~昭和27年(1952)2月4日
昭和35年(1960)2月5日 04時23分~昭和36年(1961)2月3日
昭和44年(1969)2月4日 08時59分~昭和45年(1970)2月3日
昭和53年(1978)2月4日 13時27分~昭和54年(1979)2月3日
昭和62年(1987)2月4日 17時52分~昭和63年(1988)2月3日
平成8年(1996)2月4日 22時08分~平成9年(1997)2月3日
平成17年(2005)2月4日 02時43分~平成18年(2006)2月3日
平成26年(2014)2月4日07時03分 ~平成27年(2015)2月3日

九星気学では、立春(節分)で新たな年に変わります。
1月1日から2月の立春までに生まれた方は、五黄土星生まれでございます。
五黄土星の方は、こちら をご覧ください。

 

四緑木星 今月の運気と吉方位

四緑木星 2月 運勢と吉方位
2020年2月4日~3月4日まで四緑木星 2月 運勢と吉方位本命星: 北(坎宮回座)
2月の吉方位:北西・西

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:
2020年 四緑木星 年盤

四緑木星 2020年2月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

年盤では、西:暗剣殺となるので、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

北西

九紫火星が巡る 2月の北西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • これまでに積み重ねた知識から良い知恵が促される。
  • クリエイティブ能力の発揮。称賛運上昇。

 

西 お勧めは恵方「西南西やや西」

一白水星が巡る 2月の西の祐気エネルギー
2月の西には吉神「月徳合」が巡る方位…陰の力に支えられる

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • 新たな出会いのチャンスに恵まれる。
  • 思慮深い思考力と探求力が高まる。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

四緑木星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

運勢 関連記事

四緑木星 2020年2月の運勢
新たなご縁に恵まれる

四緑木星 2月「月盤と年盤の関係」
坎宮回座により三碧同会。坤宮にて五黄被同会。(上記の年盤と月盤参照)

2月の月盤では、四緑木星は「坎」と書かれている「坎宮(かんきゅう)」という宮に入ります。

2月 吉神 月盤

坎宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「低調運」となります。

しかし「低調=悪い運」ではなく、むしろ今後は必ず上昇運気を迎えます。

従って、必ず訪れる好機に備えて「計画と下準備」のタイミングです。

開運ワードは「リサーチ力を最大限に活用」

 

2020年2月(立春)から2023年2月(節分)までの三年間は、年運における上昇運気となります。

この上昇期間は、「人生の成長期」ですから、今後必ず訪れる「結実」そして、目標の達成に大きく影響を促します。

その上昇運気が始める「初年度」がいよいよ!今月(2月)の立春から始まります。

 

2020年の年運のテーマは「種蒔きの年」

今後、必ず「収穫期」が訪れます。

その収穫に「豊かな実り」を得るためには、まずは「種蒔き」は必須です!

昨年、経験した「挫折や失敗」は「敗北」ではなく、その中に必ず「チャンスの元」となる「種」が潜んでいます。

その「チャンスの種」を手に入れた今、その種を育てる具体的な行動を起こす年が巡ってきました!

 

来月から始まる高運期に備える月

いち早く、その「チャンスの種」を蒔き「芽吹き」の喜びを味わいたい!

そのような気持ちが起こり始めるのですが…

今月(2月)の四緑木星はモチベーションが盛り上がらず、ノリノリの環境から距離を置きたい気持ちが起こりやすい気分のようです。

それは、決して悪いわけではなく、むしろ物事を探求しを通して「目標を達成を高める」ことを追求する意識が強く働いているからでしょう。

そして、この時期は綿密なリサーチと計画を施す活動に相応しい運気です。

来月から5月(立夏)にかけて月運は上昇します。

3月(啓蟄)から6月(節分※)は高運期となるので活動量も高まり、それと同時に物事の進展スピードも高まります。(※立春・立夏・立秋・立冬の前日は「節分」)

この活動期に備えて、準備をしっかり行いましょう。

2月の四緑木星が入る坎宮には、月ごとに巡る吉神に恵まれるので「低調感」は少なく、親しい人からの支えが得られます。

改めて「感謝」の意思表示を心掛けて、絆を深めましょう!

 

四緑木星 2月の日運グラフ

2月4日から18日まで
四緑木星 2月 日運グラフ

2月19日から3月4日まで
四緑木星 2月 日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

スポンサーリンク

 

四緑木星 2月の仕事運

仕事運

テンションが低いとさらに低調感が高まるので、職場では常に明るさを保つように心掛けましょう。

周囲の人へ明るく声をかけることで親近感が高まります。

ちょっとしたことですが、そのような日々のやり取りで帰属意識が高まり、仕事のやり易い環境が構築されます。

また、今月(2月)は、低調さを感じないくらい、周囲の人々から助けられる機会に恵まれるでしょう。

その反面、悩み事を相談され、愚痴を聞く機会も多くなる…

正直、愚痴は聞きたくないかもしれませんが。

その愚痴や不満の中に「改善策のヒント」が潜んでいるので、感情に振り回されずに客観的に「意見」として捉えて聞くと良いでしょう。

くれぐれも、一緒になって「愚痴」で盛り上がらないように心がけて下さい。

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 2月の恋愛運

恋愛運・人間関係

2020年の四緑木星は、何事にも「堅実に歩みたい」といった意識が高まる年。

なので、堅実なご縁を意識的に引き寄せる年でもあります。

しかし、必ず全てのご縁が「良縁」とは限らず、しっかり「見極める」ことも必要です。

そのような年運が始まる、今月(2月)は、新たなご縁が始まる機会に恵まれる月です。

ただ、恋愛のように「情」が絡むような出会いにおいては、自分自身の「軸」をしっかり保ち、「情」に流されない意志を持っていただきたい月です。

今月(2月)は、人恋しくなる傾向が高まりやすく、「寂しさ」を紛らわす為にお付き合いを始めてしまうかもしれません…

出会って直ぐの場合、自分自身が良い人を演じると、相手も良い人を演じることが起こり傾向があります。

そうなると…恋に溺れ、ムードに流されるので気をつけて頂きたい。

道ならぬ恋に落ちで悩まない為にも、客観視するくらいの気持ちが大事です。

2020年は「種蒔きの年」ですから、悪い種を蒔かぬよう気を付けて下さい。

今月(2月)の出会い運が悪いわけではなく、「流されない自分」が大事なポイント!です。

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 2月の金運

金運

今年(2020年)の四緑木星は、蓄財意識が高まる反面、自己投資にも意識が高まります。

2021年は蒔いた種が「芽吹く」運気が巡るので、2020年は「蓄財と投資のバランス」とても大事です。

従って「新たな価値を生み出すお金の使い方」を学び、その知識と経験をしっかり育む必要があります。

今月(2月)は、その基盤づくりをしっかり固める月運に恵まれています。

情報収集やリサーチなどを通して「お金」について学びを始めましょう!

世の中の意識全体が「金銭」に向けられる年

2020年の年盤では「七赤中宮」です。

中宮に入る星は、その年のトレンドを表し「七赤的な事柄」が起こりやすい年でもあります。

七赤は「日常的な金」を担当する星で、悦楽的な事柄と直結す場合が多々あります。

ほんの一例を挙げますと…

日常的に使う「クレジットカード」などの扱いを改めて見直してると良いでしょう。

支払いが一定額となる「リボ払い」を常時利用している方は「金利」を改めて計算してみましょう!

欲しい商品を購入する際に10%の消費税を支払い、さらにクレジットカードでリボ払いをすると約15%程の金利が加算されます。

欲しい商品をより安く手に入れる為に走り回っても結局「金利」を見落としていては元も子もありません

人は、大きなお金を動かす際に「相対思考の崩壊」が起こるのです。

まずは、ご自身が利用しているクレジットカードが「自動リボ」の設定されていないか!要確認を!

「七赤金星」は悦楽を担い「不足」の象意を持っています。

これは、世の中全体に漂う象意です。

その気を上手に活かせば、マネーリテラシーを高めことが出来ます。

その知識こそが金運アップの「種蒔き」となります。

 

2020年 四緑木星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

春財布 2020年 四緑木星に相応し金運財布と購入日

春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

四緑木星 2月の健康運

健康運

体調管理を強化して頂きたい月。

著しく体調を壊すような運気ではありませんが、バイタリティーが有り余るほどの月運ではありません。

むしろ、充電の月です。

暦の上では「立春」ですが、まだまだ寒さが厳しい時期です。

寒さ対策はしっかり行い、体を冷やさないように心がけて下さい。

今月(2月)は、体を冷やすような物を摂取することは控えて下さい。

基本的に四緑木星の方は、胃腸が強い方ではありません。

そこに「冷え」によるダメージが加わるとお腹を壊しやすくなります。

腸の機能低下は免疫力を下げてしまい、風邪を引きやすくなるので、お腹に優しい食品を摂取することをお勧めします。

 

九星気学 2月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

2020年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

四緑木星 関連コンテンツ

四緑木星の性格と生涯運

四緑木星 性格

四緑木星の性格と生涯に迎える幸運期などを紹介している記事はこちら四緑木星の性格と生涯運」をご覧ください。

 

2020年 四緑木星の運勢

2020年四緑木星の運勢

四緑木星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら四緑木星 2020年の運勢」御覧下さい。

四緑木星の月運

九星気学 四緑木星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

四緑木星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

四緑木星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

四緑木星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

子年 酉年 午年 卯年
1960年(昭和35)
2月5日4:23~
1961年(昭和34)
2月3日まで
庚子年

1969年(昭和44)
2月4日 8:59~
1970年(昭和45)
2月3日まで
己酉年
1978年(昭和53)
2月4日 13:27~
1979年(昭和54)
2月3日まで
戊午年
1987年(昭和62)
2月4日 17:52~
1988年(昭和63)
2月3日まで
丁卯年
1996年(平成8)
2月4日 22:08~
1997年(平成9)
2月3日まで
丙子年
2005年(平成17)
2月4日 2:44~
2006年(平成18)
2月3日まで
乙酉年
2014年(平成26)
2月4日 7:03~
2015年(平成27)
2月3日まで
甲午年
2023年
2月4日 11:43~
2024年
2月3日まで
癸卯年

 

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ