六白金星 2020年12月の運勢 盛運期の運を2021年に繋げよう!

六白金星 12月 運勢と吉方位
2020年12月7日~2021年1月4日まで六白金星 12月本命星: 南東(巽宮回座)天道
12月の吉方位:北東

年盤・月盤共通の吉方位:北東
遠方旅行・移転・引っ越し吉方位

2020年の吉方位:北東
2020年 六白金星 年盤

 

 

六白金星 2020年12月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

北東

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

一白水星が巡る 12月の北東の祐気エネルギー

  • 悩み事解消に繋がるきっかけやヒントに気づく
  • 親子や親族との絆が深まる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

六白金星 生まれ月別(月命星)日盤吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

六白金星 2021年の運勢
2021年 辛丑 六白金星の運勢

六白金星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 六白金星の運勢」御覧下さい。

2021年 初詣は恵方参り
2021年 恵方二年参りと正月三が日の「初詣の恵方参り」についての記事は下記リンクからご覧ください。

 

六白金星 2020年12月の運勢 ~全体運~

六白金星 12月「月盤と年盤の関係」
巽宮回座により六白同会。巽宮にて六白被同会(上記の年盤と月盤参照)

12月の月盤では、六白金星は「辰巳」(方位は南東)と書かれている「巽宮(そんきゅう)」という宮に入り天道が付きます。

12月 吉神 月盤

巽宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「高運中の盛運」となります。

「万事調う」事柄を担い、幸運は外から訪れます。

開運ワードは「奉仕的活動」

 

2020年の集大成となる月

今月(12月)の月盤は、今年(2020年)の年盤と星の配置が全く同じです。

要するに同じ盤が重なる月となります。

さらに「子の年」の「子の月」なので破壊」が南の「午」に付きます

これも年盤・月盤共に同じです。

従って、今月(12月)は今年を象徴するような、ひと月となり、正に「2020年の気と事象」が強く現れます

そして来月(1月)は、未だ2020年の年の運気がベースではありますが。

1月の月盤が2021年の年盤と全く同じ盤ですので、早々と2021年の気が漂い始めます

 

再び訪れる2020年の盛運月

2020年の六白金星は、物事が整い、何事もスムーズに物事が進展する「盛運の年」を迎え、そして今月(12月)は「盛運月」となります。

また、「三合(さんごう)」といって、十二支のエネルギー(地の気)が「子と辰と申」の三つで「三合水局」を創り出す一部「辰」に本命星(六白)が入る年、そして12月も辰を含む「巽宮(そんきゅう)」に回座(滞在)します。

なので、この一年は現実的な事柄で物事が大きく広がり、そして発展した事柄を結果に繋げるチャンスに恵まれた盛運期

ただ、行動を起こさなかった方は、何となく「フワッ」とした一年だったかもしれません。

そして、今月(12月)は盛運月を迎え「完成と決断」を象徴する六白金星(年盤)の上に乗る「六白同会の月」を迎えます。

さらに!今月は「子の月」なので「地の気」によって運の勢いが加速する月運に恵まれています。

なので、この時期の六白金星は、何事にも積極的に自信を持って活動できる月運なので、2020年の集大成をしっかり結果に繋げることが出来るでしょう。

宇宙からの追い風と何事も現実化を促す「地の気」の応援を受ける月なので、パブリックなシーンで大忙しな12月になるでしょう。

「剛健の気」を大いに活用することが出来る12月の六白金星ですので、忙しく活動している方が充実感が得られるので「忙しい」ことを苦に感じることもないでしょう。

 

ピークの時こそ次に向かう運を知ろう!

六白金星の易位は「☰」で陰がなく、自然界では雲一つない「晴天」を象徴します。

その六白が重なる月なので、さらに「陽のエネルギー」がマックスの状態となります。

なので、公明正大な精神、謙虚さ、誠実さがとても重要な心掛けとなります。

ただ、何事もピークを迎えると、そのエネルギーは衰え、次に向かう為のエネルギーとなるので「発展・拡大」のような歩みは、そろそろ控える頃を迎えます。

これまでの努力と活動の結果が花開く月なので、次は実をつける為の活動に切り替えることも視野に入れて活動しましょう!

来月(1月)の六白金星は、これまでの活動の結果が「結実」として現れる月運が巡り、そして2月立春には「安定・定着・充実を図る年」を迎えます。

 

六白金星 12月の日運グラフ

12月7日大雪から20日まで
六白金星 12月の日運グラフ

12月21日冬至から2020年1月7日まで
六白金星 12月の日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

六白金星 12月の仕事運

仕事運

今月(12月)は「万事調う」運気に恵まれるので、何事も積極的に結果に繋げましょう!

この時期の六白金星は、やる気と気力に満ち溢れているので「自信を持って」行動する事が開運行動となります。

これまでの働きかけや段取りの成果が現れ、本格的に結果に繋げる「勝負月」になるでしょう。

「勝負」と言っても「一か八かの大勝負」ではなく、段取り段階で成果に繋がるアウトラインは既に見えている段階の勝負です。

とは言え、「完璧」の気が高まっている六白金星なので、自分の考えが全て「正しい」と思い込み、他人を意見を一切受け入れない状態に陥ると大きく軌道から外れます。

運のエネルギーが強く、地の気(十二支)からの加速と拡大の運気も加わっているので、道を外すと、その効果も大きく現れます。

なので、強引に物事とを推し進めるのではなく、目上や上司、師匠や専門家の意見に耳を傾けることを心掛けると良いでしょう。

これまでの努力と活動の結果が現れ、成果に繋げる運気ですので、さらに拡大させる運気ではありません。

むしろ、この先は「質を高める」「充実と定着」にエネルギーを注ぐ運気に向かうので「欲張らない」「広げ過ぎない」ことが重要なポイントになります。

 

 

六白金星 12月の恋愛運

恋愛運・人間関係

年間通して人間関係が好調なので、出会いのチャンスも沢山あったのではないでしょうか?

そして、今月(12月)の月運は盛運月で、シーズン的にもイベントの多い月です。

この機会にシングルの方は気合を入れて、全力で恋活されると良いでしょう。

とくに! 紹介運も良いので信頼できる方からの紹介、もしくは友人の結婚式や会社の催しなどのイベントでの出会いも期待できそうです。

現在、交際中のカップルは、結婚の話を進めるタイミングとしては絶好の運気です!

ただ、「完璧さ」を象徴する六白金星と同会する月ですので、何事にも「完璧」を求める傾向が強く現れるでしょう。

それは、パートナーからの要望が完璧すぎたり、逆に自分が完璧さをパートナーに求め過ぎるかもしれません。

「歩み寄る姿勢」を心掛け、まずはパートナーの意見を聞くことから話し合いを始めると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

六白金星 12月の金運

金運

金運においては少しロングスパンで運の流れを捉えると良いでしょう。

そもそも、急に大金が入るような「稼ぎ方」は投機的要素が強く、リスクも大きいので欲張った感覚は慎むようにしましょう。

六白金星は2018年から上昇運気に入り2019年にチャンスの元を創り、2020年に開花させ、来年(2021年)は「結実」を迎えます。

なので、今月(12月)は、これまで培った知識と経験を結果に繋げる月を迎えます。

12月は「完成・完璧」を象徴する六白金星と同会する月なので、大きな成果に繋がる取り組みを完璧にこなすことで今後の運運に繋がります。

2021年に迎えた結実(人脈・知識・システムなど)を「安定」させて、2022年の「完成の年」に大きく収穫する流れになります。

長い年月を費やすことになりますが、六白金星に相応しい金運アップ法なのです。

今月(12月)は、金銭に関わる事で今まで確定していなかったことを積極的に「確定」させることにエネルギーを注ぐと良いでしょう。

これ以上広げるのではなく、確実に「結果」を手に入れることに集中しましょう!

 

2020年 六白金星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

秋財布 2020年 六白金星に相応し金運財布と購入日

金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    六白金星 12月の健康運

    健康運

    非常に強い年運と月運に恵まれる12月ですので、やる気・気力も漲りバイタリティーはマックス!

    心身ともに健全なのでコンディションで過ごせるでしょう。

    ただ、運のエネルギーが強くても、頑張り過ぎて体を酷使すると風邪を引きやすい状態になります。

    一年間本命星(六白)が滞在する宮と今月(12月)に滞在する宮は共に「長い」を象徴する「巽宮」ですので、体調を崩すと完治まで長引く可能性があるので、自分の体力を過信しないように心掛けて下さい。

    自然界では「巽宮」は「風」を担うので、その「気」を活用して、リラックスタイムには柑橘系の香りがするアロマ(エッセンシャルオイル)を楽しまれると健康増進に期待できます。

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 12月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

    六白金星 2021年の運勢 定着・充実・統括が開運行動

    2021年 辛丑 六白金星の運勢

    六白金星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 六白金星の運勢」御覧下さい。

    九星気学 六白金星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

     

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    2020年 縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

       

      六白金星 関連のコンテンツ紹介

      2020年 六白金星の運勢

      六白金星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 六白金星の運勢」御覧下さい。

      六白金星の月運

       

      六白金星 吉方位カレンダー

      一目で見つかる!毎日の吉方位

      この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
      本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

      六白金星 2020年 吉方位カレンダー

      この記事は、生まれ月別で作成しています。
      下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

      六白金星 2021年 吉方位カレンダー

      この記事は、生まれ月別で作成しています。
      下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

       

      節入り前に生まれた方へ

      誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
      九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
      下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

      九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
      従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

      戌年 未年 辰年 丑年
      1958年(昭和33)
      2月4日 16:50~
      1959年(昭和34)
      2月3日まで
      戊戌年
      1967年(昭和42)
      2月4日 21:31~
      1968年(昭和43)
      2月4日まで
      丁未年
      1976年(昭和51)
      2月5日 1:40~
      1977年(昭和52)
      2月3日まで
      丙辰年
      1985年(昭和60)
      2月4日 6:12~
      1986年(昭和61)
      2月3日まで
      乙丑年
      1994年(平成6)
      2月4日 10:31~
      1995年(平成7)
      2月3日まで
      甲戌年
      2003年(平成15)
      2月4日 15:06~
      2004年(平成16)
      2月3日まで
      癸未年
      2012年(平成24)
      2月4日 19:23~
      2013年(平成25)
      2月3日まで
      壬辰年
      2021年
      2月4日 0:00~
      2022年
      2月4日まで
      辛丑年

       

      関連記事(一部広告含む)

      コメントは受け付けていません。

      サブコンテンツ

      このページの先頭へ