六白金星 2020年2月の運勢 積極な活動と慎重な判断で機運促進へ

六白金星 2月 運勢と吉方位
2020年2月4日~3月4日まで六白金星 2月 運勢と吉方位本命星: 東(震宮回座)
2月の吉方位:南東

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:北東
2020年 六白金星 年盤

 

六白金星 2020年2月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

年盤では、南東:本命殺ですからで、移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

 

南東

七赤金星が巡る 2月の南東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • ご縁・出会いの機会が高まり恋愛運向上を促す。
  • 金運上昇に繋がる取引のチャンスに恵まれる。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

六白金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

六白金星 2020年2月の運勢 ~全体運~

六白金星 2月「月盤と年盤の関係」
震宮回座により五黄同会。巽宮にて七赤被同会。(上記の年盤と月盤参照)

2月の月盤では、六白金星は「震」と書かれている「震宮(しんきゅう)」という宮に入ります。

2月 吉神 月盤

その宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「上昇中の高運期」となります。

何事にも「積極的に行動する」その行動量に比例して成長が促されます。

ただし! 思いつきで物事を始めるのではなく、計画・準備のステップを踏まえた上でのスタートです。

開運ワードは「積極的的行動」

 

石の上にも三年

「万全調う」何事も結果に繋げる年が、いよいよ2月(立春2/4)から始まります。

三年連続で年運における上昇期が2018年から始まり、2020年は三年目となります。

「石の上にも三年」ということわざがありますが、そのことわざ通り結果が効果が期待できる年でもあります。

また、これまでの努力と行動ぶりが「信用」を促し、あらゆる事柄を結果へと導く、好機に恵まれる一年です。

その一年が始まる、今月(2月)の月運は…

 

急いては事を仕損じる

六白金星は、本来じっとしていることは、あまり好まない活動的な資質を持っています。

なので、今月(2月)は、「奮い立つ」エネルギーに恵まれる月ですから、本来の資質と気のエネルギーと合致します。

気持ち的には明るく、何事においてもポジティブ思考が発動し、その刺激によってあらゆるアイデアも浮かびます。

震宮は「音」を担当する宮ですので、「音」による刺激や情報は頭脳の活性化を促します。

その思いついたアイデアを即実行に移したい気持ちが盛り上がるでしょう。

しかし、全く「0(ゼロ)」からのスタートでは、あまりにも向こう見ずです。

何事もこれまでの調査と準備を積み重ねた上での「チャレンジ」のタイミングです。

今年の年盤では、震宮には五黄が巡り、その上(月盤)に六白が乗っかる月です。(月盤震宮に六白廻座で五黄同会)

なので、何事においても「ベース」を充実させる取り組みが大事なポイントとなります。

今月(2月)は、飛躍に恵まれるので意識的には「前進・前進、もっと前進したい!」

そのような気持ちに発動する時期ではありますが。

周囲の状況や自分自身の能力(実力)を改めて見直し、そして改善を施しながら歩むことを心掛けて下さい。

 

六白金星 2月の日運グラフ

2月4日から18日まで
六白金星 2月 日運グラフ

2月19日から3月4日まで
六白金星 2月 日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

スポンサーリンク

六白金星 2月の仕事運

仕事運

今月(2月)に入り、運気に活気が現れます。

その活気は「躍動感」を促すので、仕事にもスピード感が現れます。

また、新たな案件や目新しい技術など「新たな事柄」に触れる機会も多くなるでしょう。

この時期の六白金星は、神経的新陳代謝が活発になる月運に恵まれています。

なので、積極姿勢で取り組むことをお勧めします。

ただ、その案件や取引先など状況や規模など即実行に取り組める程、軽い内容ではないかもしれません。

引き受けた仕事の内容を低く見積もるのではなく、周囲との連携を図りながら取り組みましょう。

また、周囲や仲間とのコミュニケーションを積極的に図ることで有益な情報や意見が得られるます。

 

六白金星 2月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今年(2020年)の六白金星は、年間通じて「人のご縁」が活発化する一年です。

この「ご縁」は「結果に繋げる」「物事を調える」ことを促すご縁となり得るので「誠実さ」がとても大切な開運行動であります。

そして、今月(2月)は、人との関りで大切なのが「コミュニケーション」です。

また、会話も盛り上がり、楽しい会話が楽しめる月運です。

ただ、軽はずみな発言や根拠や発信先がハッキリしない情報を拡散させるような言動は控えましょう。

新たな出会いを求めて恋活中の方は、出会いのチャンスに恵まれるでしょう。

今年一年、年間通じて「誠実」である事が大切な開運行動ですから、軽いノリで安易に交際を始めるのは…

しっかり検討する為の情報収集と考える時間を設けた方が良いでしょう。

今月(2月)は、過去の顕現化の可能性も高い月運です。

なので、昔の恋人と再燃焼が起こるかもしれません。

年間通じて「婚活に良い年」ですから、今月(2月)と来月(3月)は積極的に活動することをお勧めします。

 

 

スポンサーリンク

六白金星 2月の金運

金運

今年(2020年)の六白金星は外部から持ち込まれる事柄の乗ってチャンスが巡ってくる年です。

なので、「トレンド」はしっかり意識した一年です。

世の中全体の「気」としては「七赤」の気が漂っていることを意識しておきたい一年

そして、今月(2月)は、六白金星に七赤が被る(乗る)月です。(年盤巽宮に六白廻座、月盤巽宮に七赤廻座、従って七赤被同会)

なので、流動的な金銭に対する意識を高めると良いでしょう。

例えば…

株などの投資をされている方なら、改めて自分のトレード方法などを見直し、改善策に取り組むと良いでしょう。(一例です)

神経的新陳代謝が活発になる月ですから是非活用して下さい。

世の中の意識全体が「金銭」に向けられる年

六白金星だけに限った事柄ではないのですが…

2020年の年盤では「七赤金星」が中宮に入るので、今年一年「七赤的な事柄」が起こりやすい一年です。

七赤は「日常的な金」を担当する星で、悦楽的な事柄と直結する傾向があります。

なので、日常的に使う「クレジットカード」などを改めて見直してみましょう。

支払いが一定額となる「リボ払い」を常時利用している方は「金利」を改めて計算してみましょう!

欲しい商品を購入する際に10%の消費税を支払い、さらにクレジットカードでリボ払いをすると約15%程の金利が加算されます。

欲しい商品をより安く手に入れる為に走り回っても結局「金利」を見落としていては元も子もありません。

ご自身が利用しているクレジットカードが「自動リボ」の設定されていないか!要確認を!

「七赤金星」は悦楽を担い「不足」の象意を持っています。

これは、六白金星だけでなく世の中全体に漂う象意ですから、マネーリテラシーの強化をお勧めします!

金銭感覚に優れた六白金星ですから、基本的には問題ないと思いますが…

少々、勝負師的な気質もあるのでリスク管理能力向上は常に大事な金運アップ活動です。

 

2020年 六白金星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

春財布 2020年 六白金星に相応し金運財布と購入日

金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

六白金星 2月の健康運

健康運

今月(2月)は、ワクワク感が高まりやすい月運です。

明るい気持ちで過ごすことは、非常に良いことで今月(2月)の運気をしっかり捉えてる状態と言えます。

ただ、地に足が付かない状態であれば、自重が必要になるでしょう。

「自重」とは、反省的な意味合いよりも「自らを重んじる」「自分を大切にする」ことして捉えて下さい。

何事にも「これくらい大丈夫」と軽く捉えるのではなく、「時間」や「能力」など余裕をもって活動することを心がけて下さい。

運気としては非常に良い運気で好機年の好機月です。

ただ、勢いの良い時期ほど、気持ちを改めて行動する必要があります。

慌てて行動するとケガのリスクを高めるので「時間と体力」の余裕を心掛けましょう。

今月(2月)は、瞬発力は高まる月ですが、その反動の疲れも現れやすいようです。

ビタミンCを積極的に摂取して健康運アップ!に繋げましょう!!

 

スポンサーリンク

九星気学 2月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

2020年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

六白金星 関連のコンテンツ紹介

2020年 六白金星の運勢

九星気学 2020年 六白金星の運勢と開運吉方位六白金星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 六白金星の運勢」御覧下さい。

六白金星の月運

九星気学 六白金星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

 

六白金星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

六白金星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

六白金星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

戌年 未年 辰年 丑年
1958年(昭和33)
2月4日 16:50~
1959年(昭和34)
2月3日まで
戊戌年
1967年(昭和42)
2月4日 21:31~
1968年(昭和43)
2月4日まで
丁未年
1976年(昭和51)
2月5日 1:40~
1977年(昭和52)
2月3日まで
丙辰年
1985年(昭和60)
2月4日 6:12~
1986年(昭和61)
2月3日まで
乙丑年
1994年(平成6)
2月4日 10:31~
1995年(平成7)
2月3日まで
甲戌年
2003年(平成15)
2月4日 15:06~
2004年(平成16)
2月3日まで
癸未年
2012年(平成24)
2月4日 19:23~
2013年(平成25)
2月3日まで
壬辰年
2021年
2月4日 0:00~
2022年
2月4日まで
辛丑年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ