六白金星 2021年の運勢 定着・充実・統括が開運行動

六白金星 2021年の運勢と吉方位
六白金星 2021年の運勢 定着・充実・統括が開運行動
振り返りと改善の年
足枷となる執着は手離す方が良し!
引き際と妥協点を決めつつ歩む

 

 

六白金星 2021年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2021年2月3日から2022年2月3日まで

立春の節入りは、2月3日23時59分からですので、実質的には2月4日からとなります。

吉方位:北・西・南

二黒土星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 内に秘めた能力を見出し、新たな可能性を育むことで強固な運の底上げが期待できる。
  • 大衆心理を深く鋭く見抜く能力が高まる。

 

八白土星が回座する西の祐気エネルギー効果

  • 金運・蓄財運上昇が期待できる。
  • 適切な投資能力が身に付く。(株式投資のみならず広い意味での自己投資)

 

一白水星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 華々しい新たなスタートが期待できる。
  • 思慮深さと直観力が高まり、冷静さと瞬時の判断が必要なシーンで能力が発揮できる。

南に回座する一白水星は定位対中となるので流派によっては用いらない。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

月命星も加味したて吉方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

六白金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

2021年の恵方は「南南東」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

正確には南南東やや南」で十干の「」の方位です。

 

2021年 初詣は恵方参り
二年参りと正月三が日の「初詣の恵方参り」についての記事は下記リンクからご覧ください。

 

六白金星 2021年の運勢

2021年2月3日(立春)2022年2月3日(節分)までの全体運

「吉・凶」での解説よりも、本命星が回座する(滞在)宮や同会や被同会が可視化されている方が、より具体的に「運」を感覚的に捉えることが出来ます

さらに!視覚情報は意識下にインプットされるので運気を活かす効果が高まります

なので、一般的には記載されていない「後天定位盤」も記載しました。

「後天定位盤」は、時間の経過と共に九星が飛泊しない(飛泊=飛び回る)「九星の定位置を表した盤」です。

九星気学における年運は後天定位盤の上に年盤を乗せて読み解きます

 

六白金星 2021年の課題を示す星と他動的に影響受ける星

五黄同会 七赤被同会

2021年 六白金星の年盤について

年盤の中央「中宮(ちゅうぐう)」という宮に、2月立春から翌年2月節分までの一年間、六白金星が回座します。

年盤の中宮に回座する六白金星

後天定位の中宮を定位置とする五黄土星に乗るので、中宮回座にて「五黄同会」となり五黄土星が示す象意が今年の課題となります。

 

五黄同会による象意から示す課題

最も運のエネルギーが高まりる時期、結果が現れる結実の時期、見直し・振り返りを施し充実させる、過去の問題・クレームやトラブル処理、中心的存在としての役割と責任、人を集めて統括する。

人々の状況(集合意識)を表す「人の気」が「六白金星」となるので六白の象意(エネルギー)による影響が強く現れる一年になります。

 

定位置の六白金星が被る事象とは

後天定位盤の北西(乾)は六白金星の定位置で、その上に年盤の北西(乾)に「暗剣殺を背負う七赤金星」を被り「七赤被同会」となります。

被同会は良くも悪くも他動的作用を被るとされています。

主な事象としては、不足や物足りなさを持ち込まれたり、不平不満などの愚痴を聞かされるような場面を体験するかもしれません。

一見ネガティブに思われる事象ですが、上手に活用する方法があります。

本命星(六白)が中宮に回座する時期は「見直しと改善」を施し、充実と安定を図る良いタイミングです。

従って「被害を被る」ような捉え方をせずに「改善策のヒント」として活用することが出来ます

 

スポンサーリンク

 

中宮の年は八方ふさがり?

中宮に本命星(六白)が回座する年は、世の中の「人の気」を担います。

従って、非常にエネルギーが強く、主な基本象意として「支配、腐敗、破壊、再生、古いもの」を示します。(五黄象意)

少々パンチの効いた象意に驚かれるかもしれませんが…

決して「悪いことが起こる」と言ったことではありません。

確かに中宮回座の年を「大凶」とか「八方ふさがり」と表現されますが、それは「戒め」の部分を強調した表現であります。

そもそも中宮は「結実」を促すので、これまでの思考や行動が何らかのカタチで「結実」として現れます

しかし、人間だれしも好調な状態であれば、その状態が永遠に続くと思い込み、さらに発展と拡大へ向かおうとします

ただ、運のエネルギーとしては既にピークを迎えているのですが…

それに気づかず「欲望」のまま突き進む傾向が現れやすい時期が本命星中宮回座の年になります。

従って『欲張ると八方ふさがりに陥るよ!気を付けて!』という意味で「八方ふさがり」とか「大凶」という表現が使われています

 

稀にない超盛運期を経て2021年を迎える

毎年三つの十二支で起こる「三合局」は、十二支の結合によって一つの強いエネルギーが強化される現象です。

その現象が2019年と2020年は「三合局」による偉大なるエネルギーが六白金星に注がれていました

2019年は「亥の年」なので「亥と卯と未(木局三合)」の方位に入る本命星の運が強化され、六白金星は卯が担当する「東」震宮に回座。(木局三合は発展のエネルギー強化)

2020年は「子の年」なので「子と辰と申(水局三合)」の方位に入る本命星の運が強化され、六白金星は辰巳が担当する「南東」巽宮に回座。(水局三合は縁のエネルギー強化)

九星気学では「高運期」とされる震宮と巽宮に回座したタイミングに、十二支により運が旺盛に強化される二年間を体験されました。

2019年から2020年にかけて、六白金星は運の追い風に乗って飛ぶ鳥を落とす勢いで成長と発展されたと思います。

このような巡り合わせは、36年周期で巡る二年間の超高運期なので、物事の発展や成長がこれまでにない進展が得られたでしょう。

2021年で最も大事な課題は、これまでに築き上げた「結果」を確実に定着させ、充実を図る。

そして、六白金星の長所である「リーダー気質」を活かし、周囲の人々を取りまとめる「統括力」を発揮させましょう。

しかし、抑圧的な態度で周囲の人々を支配したり、自分の意のままに人を操ろうとすると人々は去ります。

そして、これまでの築いた成果を崩壊させる事態を自らが起こすことになります。

この現象こそが五黄同会時に現れる「五黄の凶象意」(八方塞がり)ので、主観的な判断や考えをゴリ押しするような主張は慎んでください。

 

攻めより守りに徹する

36年周期で巡る盛運の追い風に乗って、築き上げた成果を「定着させ」そして大切に守りながら質を高める年!

そして、2022年に迎える「完成の年」に本物の成果を手に入れる運が巡ります。

なので、この時期の「定着と安定」に必要な「振り返りと改善」は重要な開運行動であります!

 

六白金星 2021年の月運バイオリズムグラフ

2021年 六白金星 月運グラフ
2021年1月は、未だ少し2020年の年運による影響を受ける時期ではありますが…

2021年1月の月盤は、2021年の年盤と全く同じ配列で十二支も同じ「丑」です。

既に2021年の運気を月盤から持ち込まれる状態となるので、例年以上に早く2021年の運気へと移り替わり始めるでしょう。

1月から「これまでの強気の攻め姿勢」から「守りの態勢」に切り替えましょう!

これまでは「調子に乗る」ことが出来ていたが、同じような調子では「図に乗る」状態に陥る可能性を高めるかもしれません。

意識的に「謙虚さ」を心掛けましょう。

2月は高運を維持しているが、周囲の意見に耳を傾け、目上を敬い、改めて襟を正して歩みだしましょう!

6月は年内で最も運気が落ち込む月なので、何事も慎重に行動して下さい。

2月雨水以降からの運気は下降し始め、7月小暑までの期間はこれまでの運気からガラッと潮目が変わります。

とは言え、7月小暑から運気は回復し、月運のエネルギーに強さが現れ2022年の「完成と成果の年」へ向かいます。

 

スポンサーリンク

 

六白金星 2021年の仕事運

仕事運 転職 起業

2020年は世の中全体が「大混乱」となりました。

世間とは真逆の六白金星は非常に好調な運気に恵まれ、36年周期で巡る大高運期(2019・2020年)でした。

1月から2月雨水までは、昨年の余韻もあって『今年も更に上を目指したい!』気持ちを抱くかもしれません。

しかし、2020年の混乱は終わらず、むしろ混乱後の影響も警戒しなければなりません。

 

運気の潮目が変わる!攻から守へ

六白金星は「支配・中心・責任」を象徴する五黄土星と同会する一年を迎えます。

昨年までの「発展・拡大」の攻撃態勢から、2021年は「守り」の運気に入ります。

昨年12月の月運は「2020年一番の盛運月」だったので、早急な切り替えが必要になるでしょう。

「攻から守へ」エネルギーの方向性を変える主な内容の一つとしては、組織やグループの仲間をまとめる「お世話役」として全力を尽くすと良いでしょう。

 

中心人物としての真価が問われる

2021年六白は太陽になる

年盤の中宮(中央)に本命星が入る年ですから、中心的存在としての使命を背負うことになるでしょう。

また、これまでの活動が結実として現れる一年ですので、中心的な立場に立たされた際には真価が問われます

五黄同会の年は「破壊と腐敗」のエネルギーが高まっているので、絶対的権力を行使する支配者のような態度は慎みましょう

人の上に立つ立場の方なら職場の仲間や部下などの自分より下の人からの意見を聞くようにしましょう。

とは言え、何かと不満や愚痴っぽい話も聞かされるかもしれませんが…

威圧的な態度や理想を掲げた「べき論」で論破するのは控えましょう。

イソップ寓話の北風と太陽の「太陽」のような存在になることが開運行動となります。

 

量やスーピドより「質を充実」

仕事の進捗としては、昨年のようなスピード感がなく鈍化するでしょう。

しかし、その分「量より質の向上」にエネルギーを注ぐことが出来ます

ただ、過剰サービスや値引きによるサービスは自滅を促し危険です。

他人や他社と比較して競争するのはお勧めできません。

 

 

六白金星 2021年の転職運

2019年から2020年の二年間は「攻めの姿勢」で歩むことが出来る運気に恵まれていましたが…

2021年からは「保守」に徹する年運に入ります。

とはいえ、運気は強く「結実の年」を迎えるので、これまでに目指していた目標が「転職や起業」であれば、実りの年となるでしょう。

 

過去のシステムや常識は通用しない

今年(2021年)の年盤では組織や国の長を表す「乾宮」に暗剣殺を背負う七赤金星が入ります。

社会的現象として「受け身的に災いを受ける」人物が組織の長(家長・社長・大統領・支配者)となるので、どこの会社も内部事情は厳しく、これまでの感覚で転職を行うことは厳しいかもしれません。

また、これからは「自立と孤高の精神」が重要なスタンスとなるので、自らが能動的に行動を起こし、試行錯誤しながら歩まなければならない時代に移り変わっています。

なので、雇ってもらうような転職よりも、組織に頼らない自立を目指す「起業・独立」を小さく始めることも検討してみると良いでしょう。

 

自己研磨と変化の後に輝く

2021年辛丑 三合金局

今年(2021年)は「辛丑の年」で天の気を示す十干は「辛(かのと)」です。

「辛=新」は、厳しい秋気が草木を枯らし、自ずから新しく漲ることを表します。

また、五行では「金」鉱物の原石を表し「辛抱強く磨けば光り輝く」とも言われています。

辛(かのと)は、兌宮に内包されている十干です。(天の気)

そして、2021年の兌宮(西)には「変化と改革」を象徴する八白土星が回座しています。(人の気)

さらに! 2021年は辛丑なので「・巳・酉」の十二支で「三合金局」によって「物質・財のエネルギー」が増幅するのですが。

「丑」は種子が土の中で芽生え屈折しながら地上に目を出すさまを表しているので「時間が掛かる」ことを表しています。(地の気)

従って、辛抱強く「自己研磨」を施しながら変化することで財に繋がるきっかけを見出すことを示しています。

そして、兌宮は「悦び・楽しみ・不足」を担う宮ですので「自分の楽しみが他者を悦ばす」「不足の中に需要アリ」がヒントになるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

六白金星 2021年の出会い・恋愛・結婚

結婚運 恋愛運 人間関係

出会い運

2019年は発展と成長の運気が加速し、翌年(2020年)は人間関係が広がるご縁が拡大する運気が加速する二年間を経て、人々が集まる2021年を迎えるので出会いのチャンスが多い一年になりそうです。

ただ、色んな人が六白金星に集まる一年なので「見極める力」が重要になります。

二人っきりで過ごすだけでは、お相手の本質を見抜くチャンスを失うので、グループ内やお店などでの振る舞いをしっかり観察しましょう!

 

結婚運

恋愛が「結実」へ向かうタイミングとなるので、結婚へ向かうか? それとも…。

これまでに問題なくお付き合いされているのなら、基本的には結婚へ向かう可能性は大いにあり! タイミングとしても全く問題ありません

ただし、金銭や異性関係などの様々な過去の不適切な行動が問題となって表面化する年運です。

本命星(六白)が中宮に回座する年は、必ず暗剣殺が付いた七赤金星が六白金星に被る(七赤被同会)となるので、七赤象意である「金銭・異性関係・口に関わる事」などのトラブルを被るかもしれません。

冷静に対処することを頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

 

人間関係

昨年までのように物事がスムーズに進展するような運気ではなく、停滞を感じるかもしれません。

その原因や責任を他者に向けると著しく人間関係が悪化する可能性があるので適切な自己主張に留めるように心がけて下さい。

また、周囲の為に尽くした行動が認めて貰えなかったり、正論が通用しない少々辛い場面を経験するかもしれませんが。

強硬姿勢は慎み、引き際と妥協点はある程度、事前に想定しておく方が良いでしょう。

 

 

六白金星の方から見た相性表

これまでに六白金星が培った知識・経験・人脈などに『あやかりたい』人々が集まります。

自分の傘下に招き入れる機会も増えるかもしれません。

2021年の六白金星は「中心的存在となる一年」なので、周囲を観察して適切な対応が求められます。

月命星別に作成した相性表は「本命星・月命星・傾斜宮など」を加味した相性表です。

参考程度に是非ご覧ください。

 

六白金星 2021年の金運

金運

今年(2021年)は、六白金星が中宮に回座する年なので、六白象意に該当する事柄(金融・経済)や人物(家長・社長・大統領・支配者)が中心的存在となり、時代の激流にもまれながら舵取りを行うこととなります。

昨年(2020年)までの発展と拡大の運気により「攻め姿勢」だった六白金星ですが。

今年(2021年)は「守り」が重要な年を迎えます。

この影響は金銭面にも現れるので、資金を投資する際は入念な調査を行った上で慎重に判断を下す必要があります

運のエネルギーとしては、昨年同様に強い状態ではありますが「潮目が変わった」ことは重く受け止めるて頂きたく思います

とは言え、これまでの努力や功績が認められ、それが「結果」として現れる年運に恵まれているので、収入においては相応の結果が得られるでしょう

ただ、何事にも収益優先な発想で行動を起こすと「責任感や倫理観の欠如」に陥り、思うような結果が望めません。

目先の利益に囚われると五黄象意である「破壊と腐敗」が発動する可能性を高めるので「引き際を見極め」適切に対処することをお勧めします。

金銭に対する執着、株式投資の深追いは厳禁です!!

今年(2021年)は「改善・メンテナンス」を促す五黄土星と同会する一年なので、住まいのメンテナンスが発生するかもしれません。

もちろん、リフォームもOKです。

ただし、小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、7月(7/6~8/6)は中央(中宮)に小児殺が付くので、この期間の増改築は避けましょう!

 

スポンサーリンク

 

2021年 六白金星 金運アップの財布

九星別 金運財布

春財布 2021年 六白金星に相応し金運財布と購入日

春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

六白金星 2021年のラッキーカラー

イエロー・ベージュ・ブラウン

2021年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「中宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

ちなみに…

六白金星のソウルカラーは「白・プラチナカラー」です。

 

六白金星の生まれ月別ラッキーカラー

下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

良い環境と人脈の拡大・発展に恵まれるラッキーカラーです。

生まれ月 ラッキーカラー
2月・11月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)
3月・12月 イエロー・ベージュ・ブラウン
4月・1月 レッド・パープル
5月 ブラック・ホワイト
6月 イエロー・ベージュ・ブラウン
7月 ブルー・ネイビー
8月 グリーン
9月 イエロー・ベージュ・ブラウン
10月 ブラック・ホワイト

2021年のラッキーカラー、六白金星のソウルカラー、生まれ月別ラッキーカラー、いずれのカラーを選んで頂いても良く、ご自身の直感でお選びください。

 

 

六白金星 2021年の健康運

健康運

「結実の気」は全てに「事象」として、現れます。

健康面も例外なく、人ぞれぞれに何らかのカタチで現れます。

体を鍛えている方なら、その結果が体そのものに現れたり、パフォーマンスならスコアーなどの数値に現れるでしょう。

逆に不摂生を重ねてられた方は、体重の増加や健康診断の数値など…それなりの結果が現るかもしれません。

ただ、いずれにしても「メンテナンスを施す一年」でありますから、自分の体と向き合うことが健康増進に取り組む「始めの一歩」となります。

その取り組みを行う際には、これまでに頻繁に食した食品がヒントになるでしょう。

食生活の改善は比較的早く効果が現れるので、バランスの悪い偏った食生活を送られている方は積極的に完全に取り組むと良いでしょう。

今年(2021年)に六白金星が同会する「五黄土星」が担う飲食物は、納豆、味噌、酒粕、チーズ、ヨーグルト、くさや、などの発酵食品を積極的に摂取すると良いでしょう。

ただし、食べ残しや古くなった食べ物は安易に食べないように気を付けましょう。

暗剣殺が付く七赤金星が被同会となるので「七赤金星」が主に担う「嗜好品」の摂取は控え、禁煙と禁酒は推奨します!

 

九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2021年 運勢

 

2021年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

六白金星 2021年の運勢 定着・充実・統括が開運行動

2021年 辛丑 六白金星の運勢

六白金星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 六白金星の運勢」御覧下さい。

 

九星気学 六白金星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー
記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

六白金星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

六白金星 2020年 吉方位カレンダー
この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

六白金星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

戌年 未年 辰年 丑年
1958年(昭和33)
2月4日 16:50~
1959年(昭和34)
2月3日まで
戊戌年
1967年(昭和42)
2月4日 21:31~
1968年(昭和43)
2月4日まで
丁未年
1976年(昭和51)
2月5日 1:40~
1977年(昭和52)
2月3日まで
丙辰年
1985年(昭和60)
2月4日 6:12~
1986年(昭和61)
2月3日まで
乙丑年
1994年(平成6)
2月4日 10:31~
1995年(平成7)
2月3日まで
甲戌年
2003年(平成15)
2月4日 15:06~
2004年(平成16)
2月3日まで
癸未年
2012年(平成24)
2月4日 19:23~
2013年(平成25)
2月3日まで
壬辰年
2021年
2月4日 0:00~
2022年
2月4日まで
辛丑年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ