七赤金星 2021年の運勢 自己完成へ歩む決断と勝負の年

七赤金星 2021年の運勢と吉方位
九星気学 2021年 七赤金星の運勢
大局的に捉える思考性を鍛える
帰属意識を高め公明正大に生きる
賛同者を固めるて決断する

 

 

七赤金星 2021年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2021年2月3日から2022年2月3日まで

立春の節入りは、2月3日23時59分からですので、実質的には2月4日からとなります。

吉方位:北・西・南

 

二黒土星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 内に秘めた能力を見出し、新たな可能性を育むことで強固な運の底上げが期待できる。
  • 大衆心理を深く鋭く見抜く能力が高まる。

 

八白土星が回座する西の祐気エネルギー効果

  • 金運・蓄財運上昇が期待できる。
  • 適切な投資能力が身に付く。(株式投資のみならず広い意味での自己投資)

 

一白水星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 華々しい新たなスタートが期待できる。
  • 思慮深さと直観力が高まり、冷静さと瞬時の判断が必要なシーンで能力が発揮できる。

南に回座する一白水星は定位対中となるので流派によっては用いらない。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

月命星も加味したて吉方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

2021年の恵方は「南南東」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

正確には南南東やや南」で十干の「」の方位です。

 

2021年 初詣は恵方参り
二年参りと正月三が日の「初詣の恵方参り」についての記事は下記リンクからご覧ください。

 

七赤金星 2021年の運勢

2021年2月3日(立春)2022年2月3日(節分)までの全体運

「吉・凶」での解説よりも、本命星が回座する(滞在)宮や同会や被同会が可視化されている方が、より具体的に「運」を感覚的に捉えることが出来ます

さらに!視覚情報は意識下にインプットされるので運気を活かす効果が高まります

なので、一般的には記載されていない「後天定位盤」も記載しました。(下記図参照)

「後天定位盤」は、時間の経過と共に九星が飛泊しない(飛泊=飛び回る)「九星の定位置を表した盤」です。

九星気学における年運は後天定位盤の上に年盤を乗せて読み解きます

 

七赤金星 2021年の課題を示す星と他動的に影響受ける星

六白同会 八白被同会

2021年 七赤金星の年盤について

2021年の年盤上では、七赤金星は北西の「乾宮(けんきゅう)」という宮に回座し、滞在期間は2月立春から翌年2月節分までの一年間です。

七赤金星が北西に回座する際、対面となる南東に五黄土星が入るので、七赤金星には暗剣殺が付きます。

この現象は、9サイクルで起こるので、年盤・月盤・日盤・刻盤で必ず起こります。

 

年盤の乾宮(北西)に回座する七赤金星

後天定位の乾宮(北西)を定位置とする六白金星の上に年盤で回座する七赤金星が乗るので、乾宮回座にて「六白同会」となります。

従って、六白金星が示す象意が今年の課題となります。

 

六白同会による象意から示す課題

運のエネルギーは強く、昨年に現れた「結実」に改善を施し、いよいよ!「完成の年」を迎えます。

季節で例えると「秋の収穫期」

公明正大であること、法令遵守責任を負う決断力が求められる。

六白金星が象徴する「父・社長・大統領・支配者」のような自分より格上の人とのご縁が重要になる。

また「完成・充実・威厳・統率・権威者・責任」に関わる事象が現れたり、2021年の七赤金星が果たす課題となります。

 

定位置の七赤金星が被る事象とは

後天定位盤の西(兌)は七赤金星の定位置で、その上に年盤の西(兌)に八白土星が被る「八白被同会」となります。

被同会は良くも悪くも他動的作用を被るとされています。

主な事象としては、依頼心の強い人、固定観念が強い人と関わる。

変化する状況や環境に振り回され、物事の滞りが起こる。

一見ネガティブに思われる事象ですが、上手に活用する方法があります。

昨年(2020年)から世の中全体が激変し、変わらなければならない時代を迎えています。

なので、八白土星が担う「変化」は受け入れ「変わる」ことを「楽しく受け止める」感覚が得られます。

また、過去の歴史を振り返り、分析を通して未来を俯瞰しながら計画を立てる建設的な思考に繋げるこで良い活用法となります

 

スポンサーリンク

 

努力の成果と自己完成へ

これまでを振り返ると…

2017年から上昇運気と共に成長期へ向かい、2018年の飛躍運では定位対冲となるので自分と向き合いながらチャレンジする一年でした。

定位対冲とは本命星の定位置と180度反対の位置に本命星が回座することを言います。

七赤金星の場合「東」に回座する年(震宮回座の年)となります。(本命星が向き合う状態)

そして、「万事整う」盛運の年となる2019年は「歳破」によって何事も一筋縄ではいかぬ事態を経験されたと思います。

様々な体験を経て、鍛えられた七赤金星はそれ相応の実力がついています

これまでの努力と功績が実り、その成果を収穫する「成果の年」を迎え、それに伴い自己を完成させることを促される運気となります。

何事も「原因」があってこその「結果」ですので、目的がなければ目的における「結果」も「それなり」であります。

 

公明正大な精神性を発動させる!

前に述べたように六白同会の年でありますから、2021年の七赤金星は六白特有の気質が現れやすい一年となります。

なので、自己の完璧性においては自負する傾向が強く現れるでしょう。

しかし、七赤金星の易象では「☱(兌)」ですので、六白金星の易象の「☰(乾)」ように全て陽ではなく、一つ欠けているところがあってこそ七赤金星の良さがあります。

従って、にわか完璧主義では通用しない事態が起こるでしょう。

何事も力任せに押し切るような活動は慎みましょう。

とは言え、2021年は何事においても「決断」を迫られる事態が発生する一年でもあります。

様々な利害関係や対立などを見極めて対処しなければならない事態が起こるでしょう。

なので、孤立しない事と極力透明性を確保することを心掛けて下さい。

今年(2021年)の七赤金星は暗剣殺が付く一年ですので、組織や家族のような集団の問題を独断的に決断したり、その内容に透明性がなければ周囲から反発は避けられません

欲を捨てて全体の利益(幸福)を考えることが開運行動となります。

公明正大な精神性を精一杯発動させて問題解決に取り組むことを心掛けて下さい。

 

七赤金星 2021年の月運バイオリズムグラフ

2021年 七赤金星 月運グラフ2021年1月は、未だ少し2020年の年運による影響を受ける時期ではありますが…

2021年1月の月盤は、2021年の年盤と全く同じ配列で十二支も同じ「丑」です。

既に2021年の運気を月盤から持ち込まれる状態となるので、例年以上に早く2021年の運気へと移り替わり始めるでしょう。

1月からは「守りの態勢」から、視野を広げ「帰属意識」を高める

そして、何事も大局的に捉える感覚を養い始めましょう!

これまでに取り組んだ事柄が「成果と完成へ向かう」運気が本格的に2月立春から始まります

年間通して予期せぬ出来事が発生する可能性が高い一年なので法令遵守と日常的なルールは守ることを心掛けて下さい。

規則を守ることは「身を守る」ことに直結します

5月立夏以降は運気が落ち込み、何かと周囲の雑音が気になるでしょう。

大きな決断においては、6月にしっかりリサーチした後の7月頃の方が良いでしょう!

8月立秋以降には月運における盛運月を迎えます。

10月は年盤と同じ星の配列(月破は除く)となる月盤が重なる月を迎えるので、2021年の気が高まり、事象も強く現れる月を迎えます。

なので、9月は周囲や内省をしっかり把握して、問題があれば解決に取り組むタイミングです。(振り返りと改善の月)

11月立冬以降からは、2022年の気が徐々にグラデーションのように漂い始めます。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 2021年の仕事運

仕事運 転職運

仕事そのものにおいては、「完成の気」が高まる一年です。

目標達成が見え始め、周囲からの期待にも応えられる実力も付き始めます。

その仕事ぶりを評価する実力者が現れ、後ろ盾が得られるでしょう。

ただ、『支援して欲しい』といった余裕のない状態だと後ろ盾が得られないでしょう。

自分の役割をしっかり自覚し、さらに精神的な余裕が現れ、その「ゆとりのスペース」に天からのギフトが届けられます。

これまでの努力や功績が「実質的完成」と自己成長に繋がる「精神的完成」を促される一年ですので、大きな山を乗り越えるような体験をするかもしれません。

みんなで「山」を乗り越える

2021年の七赤金星は「えぐる・ほじり出す」という事象が現れやすい一年です。

職場では、これまで放置してい問題を解決しなければならない事が起こるかもしれません。

何だか、面倒で関わりたくない気持ちになるかもしませんが…

事なかれ主義では、解決するどころか…それが今後足枷になる可能性もあります。

その問題は絶対に!一人で抱えるのではなく、周囲を巻き込んで公明正大に処理することを心掛けて下さい。

その為には、一人一人が帰属意識が高まるような「空気」と「風通しの良い」人間関係の構築が大切になります。

2021年の年盤では公を表す乾宮(北西)に金銭を象徴する七赤金星が入り暗剣殺が付いているので、金銭に関する事柄においては公表としかるべき対応を行いましょう。

 

 

七赤金星 2021年の転職運

2021年の七赤金星は運のエネルギーは強い状態でありますが…

暗剣殺」が付く年なので、何事においても「事を起こす」ことに躊躇するかもしれません。

交渉事を担う巽宮(南東)に五黄土星が回座するので、交渉の度に問題が発生する傾向が世の中全体に現れやすい一年です。

その煽りを受けやすいのが七赤金星となるので身構えてしまうのも当然だと思います。

ただ、現在の職場に留まることで、今現在抱えてる問題が悪化する可能性があるのなら、問題解決に取り組む方が良いでしょう。

それが、結果的に「転職」となっても良いと思います。

目の前の損得よりも、自分の本質を創り上げている「価値観」をないがしろにすると…

後々、何かをこじらすかもしれません。

 

過去のシステムや常識は通用しない

今年(2021年)の年盤では組織や国の長を表す「乾宮」に暗剣殺を背負う七赤金星が入ります。

社会的現象として「受け身的に災いを受ける」人物が組織の長(家長・社長・大統領・支配者)となるので、どこの会社も内部事情は厳しく、これまでの感覚で転職を行うことは厳しいかもしれません。

また、これからは「自立と孤高の精神」が重要なスタンスとなるので、自らが能動的に行動を起こし、試行錯誤しながら歩まなければならない時代に移り変わっています。

なので、雇ってもらうような転職よりも、組織に頼らない自立を目指す「起業・独立」を小さく始めることも検討してみると良いでしょう。

ただし、今年の七赤金星は少々気持ちが大きくなる傾向があるので、借金をしてまで大きく起業を始めるのはお勧めできません

 

自己研磨と変化の後に輝く

2021年辛丑 三合金局

今年(2021年)は「辛丑の年」で天の気を示す十干は「辛(かのと)」です。

「辛=新」は、厳しい秋気が草木を枯らし、自ずから新しく漲ることを表します。

また、五行では「金」鉱物の原石を表し「辛抱強く磨けば光り輝く」とも言われています。

辛(かのと)は、兌宮に内包されている十干です。(天の気)

そして、2021年の兌宮(西)には「変化と改革」を象徴する八白土星が回座しています。(人の気)

さらに! 2021年は辛丑なので「・巳・酉」の十二支で「三合金局」によって「物質・財のエネルギー」が増幅するのですが。

「丑」は種子が土の中で芽生え屈折しながら地上に目を出すさまを表しているので「時間が掛かる」ことを表しています。(地の気)

従って、辛抱強く「自己研磨」を施しながら変化することで財に繋がるきっかけを見出すことを示しています。

そして、兌宮は「悦び・楽しみ・不足」を担う宮ですので「自分の楽しみが他者を悦ばす」「不足の中に需要アリ」がヒントになります。

この思考力は七赤金星の十八番なので上手に捉えて創造へ繋げることが出来るでしょう。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 2021年の出会い・恋愛・結婚

結婚運 恋愛運 人間関係

出会い運

運のエネルギーとしては、力強くバイタリティーも発揮することも出来る一年ですので。

積極的に行動する事をお勧めします。

ただ、今年(2021年)は、プライベートよりも公的な事柄れ忙しくなる一年なので、しっかりスケジュール管理を行って行動する事が重要にポイントになりそうです。

女性の場合、姉御肌っぽさが現れやすい年なので、柔らかい雰囲気を醸し出すようなメイクが良いでしょう。

 

結婚運

2021年の七赤金星は「決断」を下すことが多く発生する一年です。

恋愛においても今後のことを決断しなければならない事態が発生するかもしれません。

現在交際中の方なら「結婚」を決めるタイミングの年を迎えています。

ただし、お互いの家を訪ねて、正式にご挨拶した後に結婚へ進めましょう。

今年(2021年)の七赤金星は「目上・親」と言った、自分より上の立場の人との関りが重要な年であります。

順序と筋をきちんと通すことは心掛けて下さい。

 

人間関係

今年(2021年)の七赤金星は、とても多忙!

家庭のことまで気が回らいほど忙しく、ついつい家庭の事は後回しになるかもしれません。

しかし、仕事運の「みんなで「山」を乗り越える」の件で述べたように家族間においても帰属意識は大事です。

家族間の問題は根深い問題も多く、避けたい気持ちなるかもしれませんが…

今年(2021年)は、先延ばしにしていた問題に決着をつけるタイミングの年を迎えています。

ただし、威圧的な態度で強引に解決することは出来ないので感情的な態度は慎みましょう。

 

 

七赤金星の方から見た!気になる「あの人」との相性は…

本命星をさらに月命星別に作成した相性表です。

この相性表は「本命星・月命星・傾斜宮など」を加味した相性表です。

2021年の七赤金星はチームワークと権威者との関りが重要となる一年です。

なので、「良好な人間関係」が、とても大事!

参考程度に是非ご覧ください。

 

七赤金星 2021年の金運

金運

昨年(2020年)から世界的に経済の雲行きが怪しくなり、日本では消費増税前から景気の衰退がはじまっていました。

そして、今年(2021年)は「政治・経済」を担う六白金星が中宮に回座し、世の中の人々が注目する課題となります。

そのような最中、七赤金星は「達成の年」を迎えるので、これまでの貢献度に見合う対価は得られるでしょう。

とは言え、世の中全体的に消費欲が落ち込んでいるので、対前年比でみると厳しいかもしれません。

七赤金星の年運による影響としては、金銭の出入りが激しくなる一年であります。

小さな金額ではなく、比較的まとまったお金が出入りするので収支の管理をしっかり行いましょう。

最終的には、マイナスに陥らないようにしっかり管理を行いながら、自己投資も必要になります。

今年(2021年)の七赤金星は「勝負師的な思考」が働く傾向があるので、金銭においては投機的にならないようにしっかりリスク管理を行いましょう。

 

スポンサーリンク

 

2021年 七赤金星 金運アップの財布

九星別 金運財布

春財布 2021年 七赤金星に相応し金運財布と購入日

春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

七赤金星 2021年のラッキーカラー

白・プラチナカラー

2021年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「乾宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

ちなみに…

七赤金星のソウルカラーは「ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)」です。

 

七赤金星 生まれ月別ラッキーカラー

下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

良い環境と人脈の拡大・発展に恵まれるラッキーカラーです。

生まれ月 ラッキーカラー
2月・11月 シルバー・ホワイト
3月・12月 シルバー・ホワイト
4月・1月 イエロー・ベージュ・ブラウン
5月 レッド・パープル
6月 ブラック・ホワイト
7月 イエロー・ベージュ・ブラウン
8月 ブルー・ネイビー
9月 グリーン
10月 イエロー・ベージュ・ブラウン

2021年のラッキーカラー、七赤金星のソウルカラー、生まれ月別ラッキーカラー、いずれのカラーを選んで頂いても良く、ご自身の直感でお選びください。

 

 

七赤金星 2021年の健康運

健康運

今年(2021年)七赤金星が同会する六白金星は「丸いもの・速い」と言った物質的象意を持っています。

それを実質的な物に置き換えると「車輪・エンジン」にあたります。

今年(2021年)の七赤金星は、自動車の運転には細心の注意を払いましょう!

また、運転だけではなく、整備においても怠らないようにして下さい。

今年、七赤金星に付く「暗剣殺」は、自らが能動的にトラブルを起こすよりも「余儀なく他動的にトラブルがやってくる」ようなトラブルのことを表します。

近年問題になっている「煽り運転」や「高齢者のドライバー」にも気を付ける必要があります。

なので、この機会にドライブレコーダーを設置すると良いでしょう。

七赤金星が同会する六白金星が担当する身体部位は「脳(頭部)、顔、心臓、血圧、肋骨、肺、右足」です。

毎年健康診断を受けている方でも今年(2021年)は、脳ドックをプラスして受けることをお勧めします。

2021年は、忙しい一年になりますから、日ごろの体調管理をしっかり行って下さい。

 

九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2021年 運勢

2021年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

七赤金星 関連コンテンツ

2021年 七赤金星の運勢

2021年 辛丑 七赤金星の運勢

七赤金星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

七赤金星の月運

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー
記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

七赤金星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

七赤金星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

酉年 午年 卯年 子年
1957年(昭和32)
2月4日 10:55~
1958年(昭和33)
2月3日まで
丁酉年
1966年(昭和41)
2月4日 15:38~
1967年(昭和42)
2月3日まで
丙午年
1975年(昭和50)
2月4日 19:59~
1976年(昭和51)
2月4日まで
乙卯年
1984年(昭和59)
2月5日 0:19~
1985年(昭和60)
2月3日まで
甲子年
1993年(平成5)
2月4日 4:37~
1994年(平成6)
2月3日まで
癸酉年
2002年(平成14)
2月4日 9:24~
2003年(平成15)
2月3日まで
壬午年
2011年(平成23)
2月4日 13:33~
2012年(平成24)
2月3日まで
辛卯年
2020年
2月4日 18:04~
2021年
2月3日まで
庚子年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ