七赤金星 2021年11月の運勢 円満から開運へ

七赤金星 11月 運勢と吉方位
2021年11月7日~12月6日
まで七赤金星 11月本命星: 西(兌宮回座)
11月の吉方位:・南西・北西・北東

年盤・月盤共通の吉方位:
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北・西・南
2021年 七赤金星の吉方位

七赤金星 2021年11月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

立冬の節入り時刻は、2021年11月7日13時57分です。

 

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

一白水星が巡る の祐気効果

  • 潜在能力を育成し、顕現化に向かわせる力が高まる。
  • 親しい人間関係がより親睦が深まる。

 

南西

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上では三碧木星が回座し「未」方位歳破が付き年間通して歳破殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

二黒土星が巡る 南西の祐気効果

  • 勤勉気質が高まり、技術や能力アップが期待できる。

 

北西

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上では本命星が回座し、暗剣殺がつくので年間通して本命殺暗剣殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

六白金星が巡る 北西の祐気効果

  • 目上や実力からの引き立てに恵まれる。
  • 気力と目的意識が高まる。

 

北東

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上では九紫火星が回座し、年間通して殺気方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

八白土星が巡る 北東の祐気効果

  • 健全な変化と改革の機運に恵まれる。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

月命星も加味したて吉方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    七赤金星 2021年11月の運勢 ~全体運~

    九星気学 11月 運勢

    七赤金星 11月の月盤と年盤の重なりについて

    九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

    回座と同会について

    11月の月盤上では、西の「兌宮」に本命星が回座し、年盤上では兌宮に回座している八白土星と同じ宮で会います。(八白同会

    11月の七赤金星は、兌宮回座による「七赤象意」と八白同会による「八白象意」が主な課題となります。

    兌宮回座による主な九紫象意

    沢、口、酒、悦び、趣味、贅沢、宴会、社交、交際、誘惑、親密、結婚、飲食、現金、金利、消費、商売、口論、不足、不便、少女、愛人、巫女、芸能人

    八白同会による主な一白象意

    山、静止、高尚、変化、保守、停滞、閉塞、不動、蓄財、再起、復活、相続、継目、改修、強引、肥満、神主、少年、兄弟、親類縁者、相続人

    被同会について

    年盤上の乾宮(北西)に回座する本命星月盤上の六白金星が本命星の上に被り同じ乾宮で会います。(六白被同会

    被同会は否が応でも六白象意を他動的に被る事象が現れます。

    六白被同会による主な六白象意

    天、宇宙、剛健、完全、完成、公共性、統率、権力、威厳、寛容、神仏、信仰、高級、円、勝負、決断、充実、予算超過、乗り物、大統領、支配者、権威者、父、夫

     

    スポンサーリンク

     

    今月(11月)の月盤は「五黄中宮」です。

    先月(10月)年盤・月盤が同じ「六白中宮の月」を迎え、今年の中心的存在となる「六白金星の気」がピークを迎えました。

    そして今月(11月)の月盤は、2022年の年盤(五黄中宮)と同じ盤の「五黄中宮の月」を迎えます。

    五黄土星の気が中心的存在となる月の気が始まる11月立冬以降から、ゆっくり2022年の気が少しずつ生じ始めます。

    しかし、本格的に2022年の年運が本格的に始まるのは2月立春からです。

    今年迎えた「完成の年」を経て、2022年は「収穫の年」を迎えます。

     

    2022年に向けた意識づくり

    2021年の七赤金星は、年盤の北西(乾宮)に回座し、180度反対の南東(巽宮)に五黄土星が回座するので七赤金星に暗剣殺がつく一年となります。

    この暗剣殺は人生の進路に立ちはだかる障害物のようなものです。

    確かに「障害物」がない方が物事はスムーズに進み、エネルギーの消耗も少なくて済みます。

    しかし、障害を乗り越えることで知識と経験値が上がり、強化された七赤金星が誕生します。

    今年は「辛丑の年」で「天の気」を担う十干が「辛」が示す文字通りの「つらい、からい」天の気が世の中全体に漂いました

    今年(2021年)の七赤金星は辛い障害物(暗剣殺+辛)を乗り越えることで、これまでにない成長を遂げます

    今月(11月)はフォーシーズンズの「冬(立冬)」に入り、残りはこのワンシーズンとなりました。

    暗剣殺=凶」という自己成就予言から脱却し暗剣殺=成長を促す課題」として捉る意識を構築しましょう!

    その意識は根拠ないポジティブ感情から発せられる薄っぺらい自信ではありません。

    困難を乗り越えて手に入れた知識と経験で強化された意識から発せらる自己成就予言は「これか歩む先にはチャンスしかない」と思う意識が芽生えます

    今月(11月)の月盤は「2022年の年盤」と同じ星の配置です。

    なので、この時期に感じる気や構築される意識は2022年に繋がります

     

    悦びを分かち合う

    今月(11月)は「喜悦」を担う西に位置する「兌宮(だきゅう)」に「喜悦」を担う七赤金星(本命星)が回座します。

    七赤金星の本領を発揮しつつ、人とのふれあいを通して会話や趣味が楽しめる月運に恵まれます

    そして、八白土星と同会する月ですので、八白象意が環境を彩ります。

    従って、「悦びや楽しみ」を家族やパートナーと互いに共有することが課題であり開運行動に繋がります。

    そのポイントは、本命星の七赤象意「酒、趣味、贅沢、飲食」を大いに活用して、自らが積極的に振る舞い、そして他者に喜びを提供することが重要です。

     

    七赤金星 11月の日運グラフ

    11月7日 立冬(13時57分)から
    七赤金星 2021年11月の日運グラフ

    11月22日 小雪(11時34分)から
    七赤金星 2021年11月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    七赤金星 11月の仕事運

    仕事運

    今月(11月)は先月までの忙しさから少し解放され、ゆとりも現れるでしょう。

    また、これまでの努力や活動の成果が現れ「収穫」を手にするような感覚も得られるでしょう。

    今月(11月)は「保守、改修」を担う八白土星と同会する月です。

    従って、八白象意を適切に活用することが課題であり、開運行動に繋がります。

    また、八白の自然象意である「山」は「積み重ねる」ことを表すので、人間関係においては組織や上下関係にあたります。

    穏やかな月運に恵まれる「運」の後押しも得られるので、職場の仲間や関係者との「人間関係最適化」を図ると良いでしょう

    七赤金星が担う「口(くち)」に派生することは最適に最大限に活用することをお勧めします。

    コロナが落ち着いているこの機に可能な限り、食事会などを通して腹を割った意見を交わすと良いでしょう。

    ただし、目上や権力者に対しては「無礼講」は通用しません

    「虎の尾を踏む」リスクが潜んでいるので失礼のない対応を心がけて下さい

     

    スポンサーリンク

     

    七赤金星 11月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    現在、パートナーがいない「お一人様」にとっては、積極的に恋活されることで出会いのチャンスを得ることが出来るでしょう。

    出会いのポイントは、月並みですが…「価値観が同じ」であればある程、距離感が縮まるでしょう。

    今月(11月)は「口(くち)」を担う七赤象意の宮「兌宮」に本命星が回座するので、飲食に共通点があると話も弾みます。

     

    思いも寄らない出会いが内に秘めている

    これまで「縁のない人との出会い」が起こる傾向があります。

    もちろん、行動を起こすことで「ご縁が広がる」ことは当然起こることなのですが、しかし必ず「良縁に恵まれる」とは限りません。

    出会いのチャンスが沢山生じれば、それに比例して様々な人が紛れています。

    玉の輿のような出会いもあれば、デート商法を目的にした出会いに遭遇することもあるかもしれません。

    新たな出会いにおいては、フィーリングだけで判断を下すことは控えた方が良いでしょう。

     

    心と時を積み重ねた関係を大切に!

    今月(11月)は、家族や親せきなど「これまでに関係を積み重ねた」人間関係と過ごす時間を大切にされると良いでしょう。

    まずは、家内安全を心掛けて下さい!

    そして、同じ志を持つ仲間と良好な関係を構築しましょう!

    2022年は「喜悦の年」を迎え、人間関係を通して豊かな気持ちが得られる年運に恵まれます

    なので、この時期に自分の足元を支えてくれている「縁」に感謝の気持ちを尽くすことが2022年の開運に繋がります

    新たな出会いを求めている方で、この時期に何らかの収穫が得られなくても2022年に迎える年運から得られる出会いの方が期待できます

     

    スポンサーリンク

     

    七赤金星 11月の金運

    金運

    今月(11月)に回座する「兌宮」は本命星の月運に派生し、金銭面に色濃く現れる傾向があります。

    担当する自然象意の「沢」は、凹んだ土地に水が溜り、その土地が潤います。

    このような事象が金銭面に生じると、これまでに何らかの経済活動の収穫が得られ潤うことを表します。

    得られる収穫は活動量に比例するのですが。

    本業とは別の副収入もしくは臨時収入が期待できるでしょう。

    年間通して「お金を回す一年」ですから、そろそろこの辺りで「蓄財」に回したいと思われるでしょう。

    今月(11月)は「保守、蓄財」担う八白象意の環境におかれているので当然かもしれません。

    しかし、家族サービスはケチらずに可能な範囲で施されると良いでしょう。

     

    スポンサーリンク

     

    2021年 七赤金星 金運アップの財布

    九星別 金運財布

    2021年 七赤金星に相応し金運財布と購入日

    金運アップに相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    七赤金星 11月の健康運

    健康運

    今月(11月)は「口(くち)」を担う兌宮に「口(くち)」を担う七赤金星(本命星)が回座する月ですので「口腔ケア」に徹底されると良いでしょう。

    口は食道から胃、さらに腸、そして肛門まで繋がっているので「口腔内のトラブル」は健康を害するリスク因子となり得ます。

    この機に歯間ブラシやフロスなどと使い方をしっかり学んで口腔ケアのレベルを上げて健康増進に繋げる取り組みをされると良いでしょう。

    日々の活動においては、階段や道路上にある段差に注意して下さい。

    基本的に体調を崩すような月ではありませんが、滞りを感じるかもしれません。

    ストレッチや柔軟運動で身体の柔軟性維持を心掛けて下さい。

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 11月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

     

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    七赤金星 2021年の運勢

    2021年 辛丑 七赤金星の運勢

    七赤金星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

    七赤金星の月運

    九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー

     

    七赤金星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    七赤金星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    七赤金星 2022年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    酉年 午年 卯年 子年
    1957年(昭和32)
    2月4日 10:55~
    1958年(昭和33)
    2月3日まで
    丁酉年
    1966年(昭和41)
    2月4日 15:38~
    1967年(昭和42)
    2月3日まで
    丙午年
    1975年(昭和50)
    2月4日 19:59~
    1976年(昭和51)
    2月4日まで
    乙卯年
    1984年(昭和59)
    2月5日 0:19~
    1985年(昭和60)
    2月3日まで
    甲子年
    1993年(平成5)
    2月4日 4:37~
    1994年(平成6)
    2月3日まで
    癸酉年
    2002年(平成14)
    2月4日 9:24~
    2003年(平成15)
    2月3日まで
    壬午年
    2011年(平成23)
    2月4日 13:33~
    2012年(平成24)
    2月3日まで
    辛卯年
    2020年
    2月4日 18:04~
    2021年
    2月3日まで
    庚子年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ