九紫火星 2020年11月の運勢 完成と次に向かう変化が訪れる

九紫火星 11月 運勢と吉方位
2020年11月7日~12月6日まで九紫火星 11月本命星: 北西(乾宮回座)
11月の吉方位:北・南

年盤・月盤共通の吉方位:
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:北・南西・北西
2020年 九紫火星 年盤

 

 

九紫火星 2020年11月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

四緑木星が巡る 11月のの祐気エネルギー

  • 親しい人との関係性が深まり強い信頼関係が長く続く
  • 内に秘めている才能や能力に気づく

 

三碧木星が巡る 11月のの祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では歳破殺方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

  • 成長や飛躍に必要な知識や学びに気づく
  • 表現や発信力に貢献するヒラメキに恵まれる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

九紫火星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

九紫火星 2020年11月の運勢 ~全体運~

九紫火星 11月「月盤と年盤の関係」
乾宮回座により八白同会兌宮にて一白被同会(上記の年盤と月盤参照)

11月の月盤では、九紫火星は「戌亥方位」の「乾」と書かれている「乾宮(けんきゅう)」という宮に入ります。

11月 吉神 月盤

「乾宮(ちゅうぐう)」の卦徳(八卦における基本的な特徴)は「剛健」

心身ともに強く、逞しさが増す気が漂う宮ですので、「心」の使い方が非常に大切。

開運ワードは「慢心せず常に謙虚であれ」

 

11月7日08:14から立冬

二十四節気の「立春・立夏・立秋・立冬」の「立」は新たな季節の始まりを意味し「立冬」は「冬」の始まりを表します

そして、今年も残り1クォーター(4分の1)弱となりました。

人の気を表す「九星」は「引継ぎ・変化」を担う八白土星が「中宮」に回座するので、八白が中心的な役割を担います。

月盤の震宮(東)に回座する六白に天道が付き、年盤上の六白(南東)には月破が付いた七赤が被同会するので…

「政治・経済(六白象意)・金(七赤象意)」の問題に注目を浴びそうですね。

go to 2021 辛丑

「人の気」は早々と2021年の運気に向けて意識(集合的無意識)が注がれています。

11月の月盤では、一白は九紫同会、二黒は一白同会、三碧は二黒同会(歳破)、四緑は三碧同会、五黄は四緑同会、六白は五黄同会、七赤(月破)は六白同会、八白は七赤同会、九紫は八白同会です。(上記の年盤・月盤参照)

同会が成立する宮は違いますが。

下記の図は、後天定位盤の上に2021年の年盤を乗せた図です。

八白土星

各九星が同会する星としては「2021年の年盤と同じ」です。

2021年の九紫火星の場合、北東にある「艮宮」に回座して「八白同会」となります。

なので、11月の出来事は2021年の運気が始まる前の「序章」のような気が漂う月となるでしょう。

 

徳の高い人から導かれる

今月(11月)の月運は「統率・決断・完成」を象徴する「乾宮(けんきゅう)」という宮に入ります。

北西(乾)は、天へのぼる入り口「天門」の位置とされています。

この宮に本命星(九紫火星)が巡ると自分より地位の高い人物によって上へ引き上げて頂けるチャンスに恵まれます

なので、パブリックなシーンで権威者からの依頼が増え、かなり忙しくなるでしょう。

今年(2020年)の年盤では、乾宮に八白土星が巡っているので、その影響も受けます。

八白土星は、土を積み重ねた「山」を表します。

従って、仕事が山積みになったり、仕事の依頼が殺到したり、これまでに積み重ねた事を完成に向けて活動することになります。

その為、とにかく「忙しい月」となるので、何事もメリハリとケジメはきっちり付けて取り組むようにしましょう。

同会する八白土星には「停止」という象意もあるので、しっかり休養を取ってエネルギーチャージと疲れを癒してから取り組むようにしましょう!

この時期は、何らかの「変化」が起こり、対応に追われることもあるかもしれませんが、その変化は「賽の河原の石積み」が崩れるような事に繋がるような変化ではありません。

むしろ、来年(2021年)に繋がるような「変化」なので現状維持バイアスは解除する方が良い結果に繋がります。

 

2021年から転換期を迎える

2021年の九紫火星は「変化運」を迎え、その変化によって転換期を迎えます。

想定外の展開や全く期待していない展開によって、翻弄させられるかもしれません。

しかし、既に世の中全体が「激動の時代」の渦中にいるのですから、この時期に迎える「change(変化)」は「chance(好機)」でもあります。

今年(2020年)の九紫火星は、次のステージに向けて運気が動いているので、11月の変化は2021年のプレ(Pre)転換なのでネガティブな妄想は無用です!

 

一陽来復に向かう陰極まる月

11月(立冬)は「丁亥の月」。

「亥月」を易の八卦で表すと上下「」となる坤為地(こんいち)です。

この気は、この時期に全ての九星が受けている気です。

陰の気が最も極まるのですが、内側では「陽」をじっくり育んでいます。

陽は外に向けるエネルギーですので、そのエネルギーの根源を育む気が漂う月であります。

なので、この時期の気づきは来年に必要な事柄に繋がる「ヒント」かもしれません。

「偶然は必然」ですので、ご縁や物事のきっかけなどは敏感に感じ取る「洞察力」を高めると良いでしょう。

逆にネガティブな事柄も来年に向かわせる可能性があるので、危機管理はしっかり行いましょう。

 

九紫火星 11月の日運グラフ

11月7日から22日まで
九紫火星 11月の日運グラフ

11月22日から12月6日まで
九紫火星 11月の日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

九紫火星 11月の仕事運

仕事運

今月(11月)の九紫火星は「統率・決断・完成」と言った乾宮回座による六白象意の気による影響を受けます。

なので、リーダー的な役割を任されたり重要な決断、またはハードルを上げられた結果を求められるかもしれません。

その為、人によっては強いプレッシャーと重い責任に押し潰されそうな気分になる人もいるでしょう。

しかし、孤独に陥ることはなく、むしろ自分の回りには高い知識や豊富な経験を持った実力者が身近にいます

  • 実力者やの人の意見を謙虚に心して聞く。
  • 単独行動よりチーム一丸となって取り組むような活動を心掛ける。

自分より目上や上司、そして部下などを巻き込んで一丸とならなければ、大きな成果は上げられません。

裏を返せば、それだけ大きな事を成し遂げる月運が巡っているのです。

 

 

九紫火星 11月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今月(11月)は、パブリックな事柄で忙しく、世のため人の為に時間を費やす月運が巡っているのでプライベートを楽しむ時間がないかもしれません。

とは言え、出会い運がないわけではなく、仕事やボランティアなど様々なパブリックイベントを通じて出会うチャンスはあります

「情けは人の為ならず」の精神で活動している姿を見て、好意を寄せる人が現れるかもしれません

また、高い知識を有する人、専門知識が豊富で独創的な人に惹かれる事もあるでしょう。

この時期の九紫火星はリーダーシップを発揮する月運が巡っているので、頼もしい姿に惹かれる人も現れる可能性もあります。

出会い系のイベントに参加するのも良いのですが、単純な「飲み会」のようなパーティーイベントよりも、参加者全員が一つの事を成し遂げる必要があるようなイベントが良いでしょう。

例えば…各々材料を持ち込み協力し合って行うバーベキューやクッキングイベントなどです。

 

スポンサーリンク

 

九紫火星 11月の金運

金運

これまでに人類を脅かす世界的感染症は過去に何度もありました。

しかし、経済においては各国それぞれ自国内での処理で止まりましたが。

現在ではグローバル化されているので、海外の経済情勢による影響をモロに受けやすくなっています

そんな渦中ですので、必然的にあらゆる価値観が変わり、終身雇用は完全崩壊し、国や企業は副業を推奨しています

公助・共助のウエイトは下がり、「公助>共助>自助」ではなく「自助・自助・自助」要するに「自助」一色になろうとしています。

これまでは「働く→税金天引き→お金を手にする」システムにどっぷり浸かっていましたが、これからは「真の自立」が重要になります。

この機会に雇われ労働ではない「自立した副業」を検討してみると良いでしょう。

長年サラリーマンをされていた方にとっては、かなりハードルは高いかもしれませんが。

それは「意識」レベルのハードルですので「知恵やスキル」のハードルは高くありません。

むしろ、自分の好きな事、趣味、得意な事から派生させるのですから「好きな事でお金を稼ぐ」ことが出来るので、正に人生の主役は「自分」になります。

ポイントは限りなく投資資金は「ゼロ」を目指しましょう。

これだけインターネットが普及した世の中なので、この環境を利用しない手はありません。

このような取り組みを通してマネーリテラシーや税においても意識が高まります。

青色申告しようとする年の3月15日までに申告をすると最高で65万円の青色申告特別控除を受ける事が出来ますし、按分ではありますが家賃や電気代なども経費に出来るので節税になります。

これは、九紫火星だけに限らず、全ての九星の方に巡っているチャンスの一例です。

また、九紫火星においては、2021年から転換期を迎えるので「現状維持バイアス」に囚われ続ける意識や執着を手離すことが今後の発展を促し、金運アップにも繋がります。

 

2020年 九紫火星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

秋財布 2020年 九紫火星に相応し金運財布と購入日

秋財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

九紫火星 11月の健康運

健康運

月運のエネルギーは少し下降へ向かっていますが。

心身ともにパワーが漲る月なので、健康面においては比較的順調です。

ただ、少々疲れがたまりやすい傾向があるようです。

今月(11月)の月盤上の九紫火星は、積み上げる事を象徴する「八白土星」と同会する月ですので、何事も積み重ねる傾向が現れやすくなります。

従って、体に良いルーティーンを行い、健康的な日々を積み重ねることを目指しましょう

ストレッチなどで体の滞りをほぐす簡単なことを癖づけてしまいましょう!

この時期の九紫火星は少々プライドが高くなる傾向があるので、些細なことで頭にくるかもしれません。

その事柄にフォーカスすると更に苛立ちが沸き起こるので、自分も含めて俯瞰して見るくらい「心の視野」を広げましょう。

この時期の感情が行動に現れると事故やケガに繋がる可能性を高めてしまいます。

腹が立つと「物にあたる癖」がある方は、無意識を意識的に捉えて顕在意識化して向き合うことで心身ともに健全を促します。

 

***** ***** *****

11月の月運記事なのですが、2021年の運気的な要素が多く含む記事になりました。

11月の月盤をじっくり眺めていると…『やはり!2021年のシグナルが出てるなぁ』と思い、このような内容を記載させて頂きました。

10月の九紫火星の記事が更新していない状態につきましては、お詫び申し上げます。

***** ***** *****

 

スポンサーリンク

九星気学 11月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

2020年 九紫火星の運勢

2020年九紫火星の運勢

九紫火星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2020年 九紫火星の運勢」御覧下さい。

2020年 九紫火星の月運

九星気学 九紫火星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

九紫火星 2020年の運勢バイオリズムグラフ

九紫火星2020年バイオリズムグラフ
九紫火星 2020年の月運バイオリズムグラフを活用して喜悦運をさらに!アップ

詳細は下記リストをクリックして記事をご覧ください。

2020年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

九紫火星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

九紫火星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

九紫火星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

未年 辰年 丑年 戌年
1955年(昭和30)
2月4日 23:18~
1956年(昭和31)
2月4日まで
乙未年
1964年(昭和39)
2月5日 4:05~
1965年(昭和40)
2月3日まで
甲辰年
1973年(昭和48)
2月4日 8:04~
1974年(昭和49)
2月3日まで
癸丑年
1982年(昭和57)
2月4日 12:46~
1983年(昭和58)
2月3日まで
壬戌年
1991年(平成3)
2月4日 17:08~
1992年(平成4)
2月3日まで
辛未年
2000年(平成12)
2月4日 21:41~
2001年(平成13)
2月3日まで
庚辰年
2009年(平成21)
2月4日 1:50~
2010年(平成22)
2月3日まで
己丑年
2018年(平成30)
2月4日 6:29~
2019年(平成31)
2月3日まで
戊戌年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ