九紫火星 2021年11月の運勢 継続で機運創り

九紫火星 11月 運勢と吉方位
2021年11月7日~12月6日
まで九紫火星 11月本命星: 南(離宮回座)
11月の吉方位:南西・・北東

年盤・月盤共通の吉方位:
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北・東・西
2021年 九紫火星の吉方位

九紫火星 2021年11月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

立冬の節入り時刻は、2021年11月7日13時57分です。

 

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

三碧木星が巡る の祐気効果

  • 自身を鼓舞する勇気が湧き気持ちが調う。
  • 社会的信用を獲得する行動力が高まる。

 

南西

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上では三碧木星が回座し「未」方位歳破が付き年間通して歳破殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

二黒土星が巡る 南西の祐気効果

  • 勤勉気質が高まり、技術や能力アップが期待できる。

 

北東

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上では本命星が回座し、年間通して本命殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

八白土星が巡る 北東の祐気効果

  • 健全な変化と改革の機運に恵まれる。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

九紫火星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    九紫火星 2021年11月の運勢 ~全体運~

    九星気学 11月 運勢

    九紫火星 11月の月盤と年盤の重なりについて

    九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

    回座と同会について

    11月の月盤上では、南の「離宮」に本命星が回座し、年盤上の一白水星と同会します。(一白同会

    11月の九紫火星は、離宮回座による「九紫象意」と一白同会による「一白象意」が主な課題となります。

    離宮回座による主な九紫象意

    火、光、陽気、美麗、目立つ、先見の明、頭脳明晰、学問芸術、露見、最高位、精神性、分離、訴訟、手離す、感情、喧嘩、移り気、中年女性、学者、アーティスト

    一白同会による主な一白象意

    水、穴、苦悩、忍耐、思考、内観、孤独、親和、流動性、物事の始まり、溺れる、秘密、不倫、色情、妊娠、睡眠、中年男性、部下、子ども

     

    被同会について

    年盤上の艮宮に回座する本命星には月盤上の八白土星が被ります。(八白被同会

    被同会は否が応でも八白象意他動的に被る傾向が現れます。

    八白被同会による主な八白象意

    山、静止、高尚、変化、保守、停滞、閉塞、不動、蓄財、再起、復活、相続、継目、改修、強引、肥満、神主、少年、兄弟、親類縁者、相続人

     

    スポンサーリンク

     

    今月(11月)の月盤は「五黄中宮」です。

    先月(10月)年盤・月盤が同じ「六白中宮の月」を迎え2021年の気がピークを迎えました。

    そして今月(11月)は来年(2022年)の年盤と同じ盤の「五黄中宮の月」を迎えます。

    今月(11月)からゆっくり2022年の気が少しずつ生じ始める月となります。

    しかし、本格的に2022年の年運は始まるのは2月立春からです。

     

    相反する気質の接点を利用する

    今月(11月)の九紫火星は南の「離宮(りきゅう)」という宮に回座します。

    この宮は九紫火星の定位置ですので、九紫火星にとっては気質を活かしやすい運気に恵まれます。

    しかし、2021年の年盤では「離宮」に一白水星が一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在中なので、今月(11月)は一白水星と同会する月となります。

    九紫火星は「火」を担い、一白水星は「水」を担うので、相反する気質を持った星が重なる状態となります。

    本命星の資質と運は「火」のエネルギーを活かそうとするのですが、一白同会による環境は「水」によって冷やされるような雰囲気を感じるかもしれません。

    また、そのような状況が心の中で起こる可能性もあります。

    一見、不安定な状態のように感じられるかもしれませんが…

    「分離と結合」といった真逆の気質を活用して、考えや思いを巡らせて結論を導き出す能力を高めることが出来ます

     

    「可能性に挑む」構想を精神面からつくる

    来年(2022年)の九紫火星は南に位置する「離宮」に回座する年を迎えます。

    光を浴びる運気に恵まれる離宮に十二支が担う「地の気」による三合火局が旺盛となる「大三合」による発展と拡大の恩恵も受けます

    (下記の図は2022年の年盤です)

    2020年 三合火局

    非常に目立つ存在となり、これまでの功績が評価される運気を迎えます。

    これまで評価されなかったことや今までひたすら温め続けてたことを世に出すチャンスに挑む年

    実力と能力を試す試験を受ける、研究成果を執筆する、絶好の年でもあります。

    そのような年(2022年)を目前にする今月(11月)は、情熱(火性)と思考(水性)の両方からのアプローチで「可能性を磨き極める」絶好のタイミングの月運に恵まれます

     

    未完成は伸びしろ!

    今月(11月)は一白水星が担う「水」の上に九紫火星の「火」が乗っかります。

    易経では「火水未済(かすいびせい)」となり「物事が未だに済まない未完成」を表します。

    得意なことであっても未完成な部分があり、その部分に気づくチャンスの11月です。

    未完成な部分を伸びしろと捉えて取り組むことで、2022年の「躍進の機運」に備えを完成させましょう!

     

    九紫火星 11月の日運グラフ

    11月7日 立冬(13時57分)から
    紫火星 2021年11月の日運グラフ

    11月22日 小雪(11時34分)から
    紫火星 2021年11月の日運グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    九紫火星 11月の仕事運

    仕事運

    「火、光、美麗、目立つ」といった事象を担う離宮に本命星が回座する月ですので、仕事を含む公的なシーンでは「目立つ」立場に立たされる傾向があります。

    目立つ内容においては人それぞれなのですが…

    今月(11月)の九紫火星は全体運で述べたましたが「未完成」が事象として現れる可能性があります。

    未完成な仕事はミスとして認識され、ネガティブな事柄で目立つ事態を発生させるかもしれません。

    仕上げた仕事は必ずチェックしてから次工程へ進めることを心掛けて下さい。

    また、やり直しや修正が容易に出来るようにバックアップを取りながら仕事を進めるような方法を試みても良いでしょう。

    今年(2021年)一年間、本命星が滞在している「艮宮(ごんきゅう)」に今月(11月)は八白土星が回座します。(八白被同会)

    主に「停滞、閉塞、引継ぎ」を担う八白土星が本命星に被ることで、仕事の引継ぎや再構築などが持ち込まれる可能性があります。

    通常の作業にイレギュラーな作業が加わることで、進捗の停滞を強いられるかもしれません。

    仕事が思うように進まないことに感情的にならないように心掛けて下さい。

    今月(11月)の努力が表面化しなくても、隠れた努力で内に秘めた資質が磨かれ、能力と経験値が蓄えられます。

     

     

    九紫火星 11月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    離宮を担当する九紫象意の「感情」に熱が加わると気持ちを苛立たせるかもしれません。

    恋愛だけに関わらず、人間関係全般において本命星が回座する「離宮」による「離の作用」が発動する可能性もあります。

    何らかの問題を抱えている関係なら「手離す」良いタイミングです。

    その反面、新たな事の始まりを担う一白水星と同会する環境におかれているので、別れもあれば出会いもアリ!となる月運です。

    年間通して「艮宮」が担う八白象意を受けている九紫火星が、今月(11月)は八白象意を被る月運が巡ります。

    なので、家族や親戚、結婚されている方なら配偶者の家族から持ち込まれる事柄に対応を強いられるかもしれません。

    相続や行事ごとなら冠婚葬祭など多岐にわたるでしょう。

    お世話事が発生して多忙となるかもしれません。

     

    スポンサーリンク

     

    九紫火星 11月の金運

    金運

    今年(2021年)の九紫火星は変化運の最中にいるので、変化する環境に対応しなければならない場面を体験されたと思います。

    その影響で保守意識が高まり、その意識が金銭面にも表れていると思います。

    ただ、人によっては守りに疲れて気晴らしが散財に向かわないように気を付けて下さい。

    知的好奇心や内面磨きに投じるお金は死金にはならないので大丈夫です。

    家族や親戚のことで、お世話事と同時に出費も発生するかもしれません。

    急な出費に備えて、日常の出費を控えておくと良いかもしれません。

     

    2021年 九紫火星 金運アップの財布

    九星別 金運財布

    2021年 九紫火星に相応し金運財布と購入日

    金運アップに相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

     

     九紫火星 11月の健康運

    健康運

    今月(11月)は体を冷やさないように心掛けて下さい。

    11月7日から立冬にはいり、空気も冷たくなり始め冬の気配が現れます。

    日没も「つるべ落とし」のように一気に暮れて昼の温かさなくなり、グッと冷え込みます。

    温かいお風呂でしっかり身体を温めるようにして下さい。

    火を担う「離宮」に水を担う「一白水星」が回座する離宮はまるで温泉です。

    日々のお風呂も良いですが、非日常を堪能できる温泉でリフレッシュもお勧めです。

    スマートフォンで動画やサイトを頻繁に見る方はスマホスタンドなどを利用して、ストレートネックの姿勢を長時間続けないようにしましょう。

    首の疲れや目の疲れから眼精疲労が発生すると頭痛を発症させてしまうかもしれません。

    普段から体調管理は大事なのですが、今月(11月)と来月(12月)の二ヶ月は特に「保温」をベースにしっかり管理して下さい。

    この「保温」は衣服や環境だけでなく「食事」による保温も意識的に行うことをお勧めします。

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 11月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    九紫火星 2021年の運勢

    2021年 辛丑 九紫火星の運勢

    新機軸を打ち出し変化で進化へ向かう
    九紫火星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 九紫火星の運勢」御覧下さい。

    九紫火星の月運

    九星気学 九紫火星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

     

    九紫火星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

     

    九紫火星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    九紫火星 2022年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    未年 辰年 丑年 戌年
    1955年(昭和30)
    2月4日 23:18~
    1956年(昭和31)
    2月4日まで
    乙未年
    1964年(昭和39)
    2月5日 4:05~
    1965年(昭和40)
    2月3日まで
    甲辰年
    1973年(昭和48)
    2月4日 8:04~
    1974年(昭和49)
    2月3日まで
    癸丑年
    1982年(昭和57)
    2月4日 12:46~
    1983年(昭和58)
    2月3日まで
    壬戌年
    1991年(平成3)
    2月4日 17:08~
    1992年(平成4)
    2月3日まで
    辛未年
    2000年(平成12)
    2月4日 21:41~
    2001年(平成13)
    2月3日まで
    庚辰年
    2009年(平成21)
    2月4日 1:50~
    2010年(平成22)
    2月3日まで
    己丑年
    2018年(平成30)
    2月4日 6:29~
    2019年(平成31)
    2月3日まで
    戊戌年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ