九紫火星 2021年4月の運勢 上昇運始まる!盛運期に向けて動き出そう

九紫火星 4月 運勢と吉方位
2021年4月4日~5月4日まで九紫火星 4月本命星: 南西(坤宮回座)
4月の吉方位:北(天道)・南東

年盤・月盤共通の吉方位:
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北・東・西
2021年 九紫火星の吉方位

九紫火星 2021年4月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

清明の節入り時刻は、2021年4月4日22時35分です。

春土用の期間は4月17日~5月4日まで、この期間中は南東が土用殺となります。

 

北(天道)

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

八白土星が巡る の祐気効果

  • 疎遠になっていた人との交流が再び始まるチャンスが現れる

 

南東

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤(五黄回座)の南東五黄殺方位です。

移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

また、4月17日~5月4日までの土用期間中は南東が土用殺となります

二黒土星が巡る 南東の祐気効果

  • 身近な人間関係の風通しが良くなり良好な関係の継続が期待できる。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

九紫火星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    九紫火星 2021年4月の運勢 ~全体運~

    九星気学 2021年4月の運勢

    九紫火星 4月の月盤と年盤の重なりについて

    九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

    回座と同会について

    4月の月盤上では、本命星が南西の「坤宮」に本命星が回座し、年盤上の三碧木星と同会します。(三碧同会

    4月の九紫火星は、坤宮回座による「二黒象意」と三碧同会による「三碧象意」が主な課題となります。

    坤宮回座による主な二黒象意

    大地、努力、堅実、柔順、温和、準備、技術、労働、無気力、勤勉、怠惰、育成、古い問題、迷う、遅い、裏方、大衆、従業員、母、妻

    三碧同会による主な三碧象意

    雷、音、顕現、発奮、発展、意欲、躍動、震動、猛進、決断、勇気、新規、自己主張、主観、軽率、競争、論争、長男、青年、インフルエンサー

     

    被同会について

    年盤上の艮宮に回座する本命星には月盤上の六白金星が被ります。(六白被同会

    被同会は否が応でも六白象意を他動的に被る傾向が現れます。

    六白被同会による主な六白象意

    天、宇宙、剛健、完全、完成、公共性、統率、権力、威厳、寛容、神仏、信仰、高級、円、勝負、決断、充実、予算超過、乗り物、大統領、支配者、権威者、父、夫

     

    スポンサーリンク

     

    平静を保ち冷静に処理を進めて準備する

    今月(4月)から月運における高運期に入ります

    本命星は「大地、堅実、準備、安定、母性」を担う「坤宮(南西)」に回座するので、これから始まる高運期に向けて堅実的に行動し始める月運が巡ります。

    さらに運気にレバレッチが利いている!

    今月、4月の十二支は「辰」ですので、「辰」から発するエネルギーにより「辰・申・子」の三つの干支で三合水局が形成されます

    三合水局の「水」は、縁(人間関係)を担います。

    三合とは、三つの干支(子・辰・申)が力を合わせて「水=人間関係」を強めます。

    その三支に属する「申」は「坤宮(南西)」に内包され、月盤上の本命星(九紫)が坤宮に回座します。

    従って、今月(4月)は、身近な人間関係と良好な人間関係を築くことが、今後の発展に必要な「準備すること」を表します

    「身近な人間関係」は家族だけでなく、物理的に距離の近い人物やフラットな人間関係も含めるので「職場の仲間やコミュニティの仲間」を含みます。

    ただ、今年(2021年)の九紫火星は「変化運」が巡っているので、引っ越しや転勤など周囲の様々な変化が刺激となって「ご縁が育まれる」場合もあります

    年盤上では、三碧木星が回座している坤宮と本命星が同会するので、三碧象意の「音、発奮、意欲、躍動、猛進」が推進力を促す月運の影響も受けます。

    母性的な愛情と躍動感あふれる推進力が相俟った月運となります。

    何事にも細部にわたって気を配ることが出来るのですが。

    それを反射的に表現すると周囲からは「小言」と認識されるので、感情的に軽率な言葉を発しないように心掛けて下さい。

    気が付いたことは具体的に話し合う機会を設けて、建設的な意見として伝えましょう。

    伝える際には、問題点を具体的にし、ぼんやりとしたイメージや精神論で述べるのではなく、分かりやすく噛み砕いて説明することを心がけて下さい。

    今月(4月)に同会する三碧木星には「歳破」が付帯しているので「伝達」に何らかの行き違いやトラブルが発生する危険が潜んでいるので、感情的な表現は慎んで下さい

     

    尻込みせずに歩みだそう!

    今月(4月)に回座する坤宮象意には「怠惰、迷う、遅い」があるので、物事を先延ばしにする傾向が現れるかもしれません。

    その行動を正当化することに三碧象意の「音(言葉)」を使うと「保身のための言い訳」に消耗してしまいます。

    それでは、これから始まる高運期に乗り遅れるので「先延ばしはしない」ことを心掛けて下さい。

    今月(4月)に回座している坤宮は「育み」を促すので、悪い癖をつけると習慣化されます。

    逆に、悪習慣を「良い習慣」に置き換えることで習慣の改善を果たすことが出来るでしょう。

     

    九紫火星 4月の日運グラフ

    4月4日清明(22時35分)から
    九紫火星 4月 グラフ

    4月20日穀雨(05時33分)から
    九紫火星 4月 グラフ

    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    九紫火星 4月の仕事運

    仕事運

    先月(3月)の低調な月運が明けて、明るさが現れ、やる気と気力も沸き上がる月運に恵まれます。

    一気に物事を推し進めたい気持ちが現れるかもしれませんが、堅実に歩みだす方が運気と噛み合います。

    今年(2021年)の九紫火星は艮宮(北西)に一年間回座し、月盤上では「権力者」を象徴する六白金星が本命星の上に被ります。(六白被同会)

    仕事面で六白被同会の事象が現れると、上司や目上から依頼された仕事を引き継ぐような事柄が発生するでしょう。

    ただ、その仕事の内容が急に変更されたり、方針性が変わったりするなどの事態が発生し、振り回されるような状況に陥るかもしれません。(艮宮象意の変化)

    その状況に苛立つことなく、平静を保ってやり遂げる方向で歩むことを心掛けて下さい

     

    今年(2021年)の干支である「」の方位から木星の精と言われる「太歳」の光が入り、九紫火星はその光を一年間浴びています

    そして、「・巳・酉」の三つの干支で三合金局が形成され、地の気(十二支)によって物質・金銭」を担う「」が強まっています

    また、太歳は争いを嫌うので「怒り」を爆発させると、状況が意図しない方向へ発展し、金のエネルギーが好ましくない方向へ拡大させてしまうかもしれません

    何らかの刺激があってこそ「成長」が促されるので、ネガティブ感情を抱くことなく、焦らず一歩ずつ歩むことを心掛けて下さい。

    月の後半からは仕事の進捗はスムーズに進み、来月(5月)の飛躍運に乗ることが出来るでしょう。

    6月には盛運月を迎えるので、4月に始まったことは投げ出さずに取り組むことをお勧めします。

     

     

    九紫火星 4月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    今月(4月)の九紫火星は「安心、安定」を心地よいと感じる傾向が強く現れるようです。

    ノリやフィーリングだけでは相手の良さが理解できないかもしれません。

    合コンやパーティーなどの出会いよりも、信頼できる人からの紹介や友人の友達のように素性がハッキリしている方との出会いの方が良いかもしれません。

    今月(4月)は「身近な人」との関係を通して「自分自身のあり方」や「価値観」と向き合うと良いでしょう。

    九紫火星 4月

    上記の図は、今年の年盤と4月の月盤を重ねた図です。

    年盤では本命星(九紫)は「艮宮(北東)」に回座し、月盤はその対面となる「坤宮(南西)」に回座しています。

    年盤と月盤で本命星(九紫)が向かい合う状態が形成される坤宮と艮宮は「血族の人間関係」を表します。(上記図の黄色の部分)

    家族でも別の人格を所有する「個人」ですので、改めて個々の価値観を認め合う関係性構築に繋がる「気づき」を自分の中から見出してみましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    九紫火星 4月の金運

    金運

    今月(4月)の九紫火星は何事にも細部にまで、よく気が付く月運に恵まれています。

    この運気を利用して、固定費をチェックや保険の見直しなどに取り組んでみると良いでしょう。

    ただし、あまりにもお金に細かくなると家庭内で小言が増えるかもしれません。

    建設的な経済観念を用いてチェックすることを心がけて下さい。

    上手に無駄をなくして、蓄財に繋げることが出来るかもしれません。

    「蓄財」を担う艮宮に一年間本命星が回座しているので、年間通して蓄財意識は高まっています。

    ただ、その蓄財を増やしたい意識が高まり、投機的な取引を試みるのは控えて下さい。

    「堅実・安定」の気が巡っている月ですので、他者から持ち込まれる投資話も「学び」までに留めておきましょう。

     

     

     九紫火星 4月の健康運

    健康運

    今月(4月)に回座する坤宮は二黒土星の定位置ですので、二黒土星が担う身体的部位の「胃腸」を労わって下さい。

    今月(4月)から仕事や公的な事柄で忙しくなり、食生活が乱れるかもしれません。

    ジャンクフードや外食で食事を済ます日々が続くと「胃腸」負担が掛かり、肌荒れの原因になります。

    美意識の高い九紫火星にとって「肌荒れ」は精神的にも良くないので、食物繊維をしっかり摂取して良好な腸内環境を育みましょう!

    今月(4月)に同会する三碧木星が担う身体的部位の「咽頭のケア」も心掛けて下さい。

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 4月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    九紫火星 2021年の運勢

    2021年 辛丑 九紫火星の運勢

    新機軸を打ち出し変化で進化へ向かう
    九紫火星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 九紫火星の運勢」御覧下さい。

    九紫火星の月運

    九星気学 九紫火星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

     

    九紫火星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

     

    九紫火星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    未年 辰年 丑年 戌年
    1955年(昭和30)
    2月4日 23:18~
    1956年(昭和31)
    2月4日まで
    乙未年
    1964年(昭和39)
    2月5日 4:05~
    1965年(昭和40)
    2月3日まで
    甲辰年
    1973年(昭和48)
    2月4日 8:04~
    1974年(昭和49)
    2月3日まで
    癸丑年
    1982年(昭和57)
    2月4日 12:46~
    1983年(昭和58)
    2月3日まで
    壬戌年
    1991年(平成3)
    2月4日 17:08~
    1992年(平成4)
    2月3日まで
    辛未年
    2000年(平成12)
    2月4日 21:41~
    2001年(平成13)
    2月3日まで
    庚辰年
    2009年(平成21)
    2月4日 1:50~
    2010年(平成22)
    2月3日まで
    己丑年
    2018年(平成30)
    2月4日 6:29~
    2019年(平成31)
    2月3日まで
    戊戌年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ