九紫火星 2019年12月の運勢 ご縁と人間関係に恵まれる月

九紫火星 12月 運勢吉方位
12月8日
2020年1月5日
福運月

九紫火星 12月 運勢 吉方位

年盤の吉方位:北・南
月盤の吉方位:東・西・北東
年盤・月盤共に吉方:なし

2019年九紫火星 開運福来るinfo

 

九紫火星 12月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

八白土星が巡る 12月の東の祐気エネルギー

  • 八白の象意「心機一転」の祐気エネルギーの恩恵を得る
  • 活動力アップ
  • 才能を社会的功績へ向かわせる気づきとチャンスに恵まれる

 

北東

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

四緑木星が巡る 12月の北東の祐気エネルギー

  • 信用による好転のチャンスに恵まれる
  • 積み重ねた信用が信頼となる
  • 交渉事やトレードなど取引を見極める俯瞰力が向上が期待できる

 

西

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

三碧木星が巡る 12月の西の祐気エネルギー

  • コミュニケーション能力向上
  • 才能を報酬へ導く錬金効果が期待できる
  • 恋愛運アップ

 

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

九紫火星 生まれ月別(月命星)12月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、上記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

運勢関連記事

 

九紫火星 2019年12月の運勢 ~全体運~

今年(2019年)の九紫火星は、忙しい日々に追われながら、成果に恵まれ、何事もいい塩梅に物事が進展する一年。

そんな年も早いもので12月を迎え、残り約一ヵ月。

九星気学では「年運」は、来年2月(立春)から始まりますから、あとラスト二ヶ月!

その内の一ヵ月である、12月の月運は、7日19時18分から二十四節気の「大雪」以降から始まります。

幸運期の好機月、人間関係を通じて運気アップへ

今月(12月)の九紫火星は、人との出会いや関りを通じて幸運が巡る月運に恵まれます。

月運のエネルギーも強く、月運としては高運期となります。

人間関係が好調で、その影響は公的な関係に現れやすい傾向があります。

この一ヵ月だけに限ったことではありませんが、特にこの時期は「奉仕力」を上手に活かすことが開運行動となります。

ただし、周囲の人々に何らかの奉仕を施し『これで自分は幸運が得られる』と、心の中で打算的にソロバンを弾いているようでは当てが外れた際には「怒り」や「失望」を抱く可能性を高めてしまいます。

 

大切なのは「帰属意識」

帰属意識とは、自分は組織(グループ)の一員で、その仲間に所属している感覚(意識)のことです。

帰属意識が適切にあれば、損得勘定なしで自然に組織全体の事を考えて行動し、周囲から喜ばれます。

ただし!本人は、決して「喜ばれる」ことを目的にしていない。

自分の中にある「承認欲求」を満たすための行動(奉仕活動)ではないのです。

なので、本人には、一切のストレスがなく、自己犠牲も発生しない。

この「帰属意識」を発動させる月運に恵まれています。

自分には「帰属意識が不足している」と感じる方は、帰属意識を養うチャンスです。

月運としては、何事も物事が「調う」運気に恵まれ、概ね物事はスムーズに進展する運気ですから、ストレスが生じることは少ないでしょう。

また、年運・月運共に好調な運気に恵まれていますから、この機会に不得意な事や自分に欠けている部分を強化する取り組みを行うと良いでしょう。

2020年は悦び多い年で、今年一年間犠牲になったプライベートを取り戻す勢いで充実感に恵まれる年を迎えます。

なので、キーとなるのが「人間関係」ですから、今月(12月)のご縁は2020年に繋げ、さらに人間関係から学んだ経験を活かす意識を心掛けると運はグングン開かれます。

 

スポンサーリンク

九紫火星 12月の仕事運

九星気学 仕事運

職場の仲間とのチームワークを常に心掛けることをお勧めします。

今月(12月)の九紫火星は活躍の場が広がり、遠方との取引やクライアントからの問い合わせも増えるでしょう。

更に暮れの忙しさも相まって、普段以上に忙しくなる傾向があります。

なので、何事も慌てて対応すると連絡ミスやメールの誤送信などのミスを犯すリスクを高めてしまいます。

不備や間違いのないように細心の注意を払いましょう。

常々チームワークを意識することで、フォローしあえる関係の有難さを感じるでしょう。

「感謝」は必ず相手に伝えることで、さらに仲間とも関係が良好となり、仕事にも良い結果をもたらします。

 

 

九紫火星 12月の恋愛運

恋愛運 開運福来るinfo

ズバリ言って「モテ月」

そもそも、九紫火星生まれの方は美男美女が多く、モテる気質を持っています。

その気質と運気の良さが追い風になります。

九紫火星の方は、優れた頭脳の持ち主ですから、非常に頭の回転が速いです。

ただ、状況次第では周りの人がついてこない時もあるでしょう。

今月(12月)の九紫火星は協調性に長け、奉仕的精神も高まっていますから、周りの雰囲気との乖離がない社交性が発揮できるでしょう。

新たな出会いを求めて恋活・婚活中の方にとっては、チャンスに恵まれ、さらに結果にコミットできる可能性が高い月運に恵まれています。

ちょっとした心遣いとマナーが行き届いているだけで、立ち居振る舞いも際立ちます。

12月は何かとイベントの多い季節ですから、人が集う場には積極的に顔を出しましょう。

さらに、紹介運にも恵まれていますから、ネットや仲介など様々な方法を駆使して自分をアピールするのもおススメです!

ただ、人のと交流は必ず自分の思い通りの状況が得られるとは限りません。

ちょっとした行き違いや受け止め方次第では人間関係に摩擦が生じる可能性はあります。

なので、現在、交際中の方や家族とのコミュニケーションでは、すり合わせながら歩み寄ることを心掛けましょう。

今月(12月)の九紫火星の社交の場は「公的」なことが多く、気持ちが外へ外へと向く傾向があります。

パートナーや家族にも気持ちを向ける意識を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

九紫火星 12月の金運

九星占い 金運 開運福来るinfo

12月は、クリスマスや忘年会、そして、お正月や新年会など…

交際費の出費が発生しやすい月です。

さらに今月(12月)の九紫火星は、公的な事柄で社交の場が広がる月運に恵まれていますから、例年以上に交際費の出費が多くなる可能性があります。

人とのご縁を広げ、人脈に繋げる運気に恵まれているのですから、あらゆるチャンスに恵まれる可能性は大いにあります。

なので、このチャンスよりも「貯金」に励んで、お付き合いを削減すると折角のチャンスも巡ってこなくなるかもしれません。

今月(12月)は、収支のバランスをしっかり意識しながら「交際費は経費」として、やり繰りしましょう。

今月(12月)は、臨時収入が得られる月運に恵まれていますが、何事も「原因から結果」が生まれるのですから、再現の可能性やさらなる増収の可能性など「原因分析」を行うと良いでしょう。

今年(2019年)の九紫火星の金運は、高回転でグルグルお金が巡る運気に恵まれているので、お金の出入りが激しい一年だったはずです。

2020年は、「巡る」勢いが緩やかになる年を迎えますから、そろそろ意識を切り替える時期を迎えています。

 

 

九紫火星 12月の健康運

九星占い 健康運 開運福来るinfo

今月(12月)の月盤では、九紫火星は南東にある「巽宮(そんきゅう)」という宮に入ります。

この宮は、「風」を担当する宮で、「風の便り」とか「嵐(トレンド)が起こす」といった、外部からの情報や流行りなどを表します。

なので、この時期の九紫火星は「流行り」に敏感な運気となります。

ただ、世の中のトレンドに敏感なのは良いのですが…

「風邪」や「インフルエンザ」などが流行れば、そのトレンドに乗っかってしまう可能性があります。

人との交流が活発になる運気にも恵まれていますから、人と接触する機会も多いはずです。

「手洗いやうがい」といった通常の風邪対策に加え、バランスの取れた食事と休息を心掛けましょう。

また、風邪予防には「亜鉛」が効果的ですから、サプリメントなども積極的に活用すると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

2019年 九紫火星の運勢を繁栄に向ける!開運法

九紫火星2019年の運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの年運と月運2019年の運気の流れ

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

九紫火星 2019年 月運バイオリズムグラフ

2019年 九紫火星の月運バイオリズム2019年 月運の流れを把握してチャンスを掴む!
2019年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

九星気学 九紫火星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

九星気学 12月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

九紫火星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

未年 辰年 丑年 戌年
1955年(昭和30)
2月4日 23:18~
1956年(昭和31)
2月4日まで
乙未年
1964年(昭和39)
2月5日 4:05~
1965年(昭和40)
2月3日まで
甲辰年
1973年(昭和48)
2月4日 8:04~
1974年(昭和49)
2月3日まで
癸丑年
1982年(昭和57)
2月4日 12:46~
1983年(昭和58)
2月3日まで
壬戌年
1991年(平成3)
2月4日 17:08~
1992年(平成4)
2月3日まで
辛未年
2000年(平成12)
2月4日 21:41~
2001年(平成13)
2月3日まで
庚辰年
2009年(平成21)
2月4日 1:50~
2010年(平成22)
2月3日まで
己丑年
2018年(平成30)
2月4日 6:29~
2019年(平成31)
2月3日まで
戊戌年

九紫火星 2019年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

九紫火星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ