四緑木星2022年の運勢 強運の風に乗る!発展の年

四緑木星 2022年の運勢と吉方位
四緑木星2022年の運勢と仕事・転職・恋愛・結婚・金運を深堀解説
確固たる軸を以って
公正な進路に従い
万事調う!

 

 

四緑木星 2022年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2022年2月4日から2023年2月3日まで

立春の節入り時刻は、2月4日05時51分からです

吉方位北・東・南

 

一白水星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 家族が安泰で心身ともに穏やかに愛情ある家庭に恵まれる。
  • 新たな始まりから人脈が広がり良い人間関係に恵まれる。

三碧木星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 日が昇る方位の東は「震のエネルギー」を通して気力と推進力向上を促す。
  • 誘いや招きからチャンスが得られる

九紫火星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 知的能力が高まり優れた判断力が得られる。
  • 的確な取捨選択能力が向上し、良いご縁と進路に恵まれる。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

まずは、下記の表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

四緑木星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

2022年の恵方は「北北西やや北(壬)」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

正確には北北西やや北」で十干の「」の方位です。

 

四緑木星 2022年の運勢

2022年2月4日(立春)から2023年2月3日(節分)まで全体運

昨年は新規事に取り組む機会が多く、その量に比例して想定外の出来事に驚かされる一年でした。

宇宙から持ち込まれる「天の気」を担う十干は「辛(かのと)」。

文字通り「辛い」意味を表し、社会全体が混沌とした情勢となりました。

その影響を受けながら巡っていた「挑戦の年」でしたから、困難な局面を体験されたと思います。

今年(2022年)努力と挑戦の結果が現れ、その事象がさらに!「発展と拡大」の機運恵まれる年を迎えます

 

原点回帰の年

四緑木星2022年の運勢と仕事・転職・恋愛・結婚・金運を深堀解説

今年(2022年)の四緑木星は「巽宮(そんきゅう)」(方位は南東)に一年間(2月立春から翌年2月節分まで)在泊します。

巽宮は本命星(四緑木星)の本座(後天定位の定位置)です。

四緑象意を担う巽宮に四緑木星が回座するので、9年に一度の「原点回帰の年」を過ごします。

本命星の四緑木星が四緑象意を積極的に用いることが出来る。(四緑同会)同会は自動的

本命星(四緑)の本座に四緑木星が上に被るので、四緑象意を被るような事象も現れます。(四緑被同会)被同会は他動的

いずれにしても、四緑木星の本領を発揮させる機運に恵まれます

その反面、四緑象意の特徴が強調されるので過剰傾向も生じやすい一年です。

 

巽宮および、四緑木星の象意

四緑象意の主な象意は「風、発展、繁盛、整う、外交、交際、結婚、縁談、見合い、評判、信用、人望、仲介、長い、遠方、広告宣伝、物流、貿易、均衡、調和、優柔不断、不調、解散」。

人物象意は「長女、婦人、成熟した人物、商人、外交官(員)、配達・宅配業者、仲介人、世話人、旅人、迷い人」です。

身体象意は「頭髪、神経、気管、食道、腸、呼吸器、筋肉、体臭」です。

 

明確な目的を持つ

今年(2022年)の四緑木星は「巽宮(そんきゅう)」(方位は南東)に一年間在泊し、巽宮の正象である「風」から派生する事象が生じる年を迎えます。

風は定まった動き方はしませんし、そもそも「実態」がありません。

「風」の象意による影響が、さまざまな事象やシーンに派生するので「明確な目的」をもって過ごすことが重要なポイントとなります。

思考停止状態で流されてしまうと四緑象意の「万事調う」を得ることなく、四緑象意の「散る」によって「風に流される」ような事象が現れます。

何事も実体や状況をしっかり把握した上で「目的を果たす」ために意見や要望を考慮した上で「従う」ことは開運行動となります。

 

理想と現実のギャップを埋める

四緑木星の方は優れた順応性を持っており、その能力を発揮するチャンスが巡る年運に恵まれます。

ただ、何事も「目的」よりも「無難」を選択する考えや行動では、現状に甘んじる人生を歩むことになります。

また、過度な依頼心が生じると成果を得ることも難しくなるでしょう。

現状に甘んじることなく「理想と現実のギャップ」を埋める活動を積極的に行うと良いでしょう。

それが出来るくらいの強い運気に恵まれています。

その為には、「出来ない原因」に焦点を当てるのではなく「出来る方法」に焦点を当てると良いでしょう。

9年に一度の「発展と拡大」の大チャンスが巡る年に、ブレーキを掛ける「タラレバ思考」は無用です!

 

リスクを捉えて幸運を得る

今年(2022年)は「風」を担う巽宮に、「風」を担う四緑木星が一年間在泊する年です。

四緑木星は、その環境におかれるので「2倍の追い風」を受けることになります。

当然、物事は追い風に乗って軽やかに進みます。

その反面、強風は転倒もしくは吹き飛ばされるリスクもあります。

環境(運)を変えることが出来ないので、起こりうるリスクの程度を予測して、リスクに対応できる活動と体制を整えておく必要があります

強い運は「偶然の好運」ではなく、強い運を自在にコントロールする「自在力」を活かして獲得する運が「幸運」です

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 2022年の月運バイオリズムグラフ

四緑木星 2022年の月運バイオリズムグラフ

上記の図は、月運の勢いを可視化した図です。

回座宮の解説

下記の図は、回座する各宮の主な事象をコンパクトに一言でまとめた遁甲盤で、丸数字は飛泊する順序を表した数字です。

勢力盤

2022年の年運は2月立春から始まります

 

兌宮回座2月は月盤の「兌宮(だきゅう)」に本命星が回座します。(⑦収穫)

月運は「充実期」の「収穫月」に入り、運気としては下降局面に入ります。

誠意をもって事に当たることを心掛けて下さい。

人間関係に恵まれ、恋愛に関する悦びも期待できるでしょう

 

艮宮回座3月は月盤の「艮宮(ごんきゅう)」に本命星が回座します。(⑧変化)

月運における「転換期」に入り、3月はさまざまなシーンで変化が起こるでしょう。

無理のない計画を立てて、順序を守って事の当たると良いでしょう。

 

離宮回座4月は月盤の「離宮(りきゅう)」に本命星が回座します。(⑨分離)【暗剣殺】

月運の勢いとしては衰退しているのですが、運気に明るさがあります。

ただ、争いが勃発しやすい月運ですので、穏やかな表現や言葉遣いを心掛けて下さい。

何事も感情的にならず、平常心が開運マインド!

 

坎宮回座5月は月盤の「坎宮(かんきゅう)」に本命星が回座します。(①陥入=坎入)

今年(2022年)で最も月運が低下する月なので、体調管理をしっかり行って下さい。

事の進展は期待できない月ですが、問題解決の糸口が見つかる月運に恵まれます。

 

坤宮回座6月は月盤の「坤宮(こんきゅう)」に本命星が回座します。(②播種)

運気は回復し、月運における「成長期」に入り、上昇局面を迎えます。

見た目や体裁よりも中身の充実の方が重要です。

何事も落ちつて、丁寧に取り扱うことを心掛けて下さい。

 

震宮回座7月は月盤の「震宮(しんきゅう)」に本命星が回座します。(③萌芽ほうが)【天道】

月運における「成長期」の真っ只中で運気は一気に上昇します!

強い年運に支えられ、さらに!7月・8月の運気は最高です。

思い通りの事が運ぶ月運に恵まれるので、ヤルベキことはしっかり果たしながら進めることがポイントです。

 

巽宮回座8月寒露は月運の勢いが強いく、本命星が巽宮に回座する月を迎えます。(④開花)

2022年の気が最も高まる月ですので、2022年を象徴するような事象が生じやすい月となります。

月運においては「成長期」のピークを迎え最盛月を迎えます。

何事も正しい教えや賢人に従うことで素晴らしい成果を得ることが出来ます

 

中宮回座9月は月盤の「中宮(ちゅうぐう)」に本命星が回座します。(⑤結実)

2022年の気が最も高まる8月が終わり、9月は2023年の気が少しずつ生じ始める月に入ります。

月運においても「成長期」から「充実期」に入ります。

振り返りと見直しを通して改善を施しながら充実を図りましょう!

何事も一気に片付けるのではなく、一つ一つ丁寧に把握しながら確実に処理することを心掛けて下さい。

 

乾宮回座10月は月盤の「乾宮(けんきゅう)」に本命星が回座します。(⑥完成)【月建】

月運は「充実期」のピークを迎えるので、能力以上の事に当たる場面が発生するでしょう。

感情面においては「執着」が様々な事柄に派生するので、自分の殻を破る事で道が開けるでしょう。

他責思考は運気を損ね、完成の機運を逃すかもしれません。

 

四緑木星 2022年の仕事運

仕事運 転職運

今年(2022年)は四緑木星が一年間在泊する「巽宮」が担う四緑象意の「発展、繁盛」の機運に恵まれます

ただ、自動的に運が舞い込んでくる訳ではなく、信用と人望を創り上げて、得られる「発展、繁盛」です。

今年(2022年)の「発展と繁栄」は、四緑象意の「風」に乗って広がるので、遠方との取引も得られるでしょう。

従って、仕事は非常に忙しくなり、問い合わせも増えるので周囲のサポートが得られる人間関係を継続させることも重要な課題となります。

 

調和と風通しが大事!

経営管理や組織運営においては、四緑木星の成長によって従業員や組織の仲間が成長へ向かいます。

一見、四緑木星がけん引するようなスタンスに見えるかもしれませんが…

実はそうではなく、社会情勢や組織の状況を把握した上で、最適な方法に従うスタンスです。

また、専門家や有識者などの賢人の意見にも耳を傾け、その意見に従うこともお勧めです。

逆に! 周囲の意見や要望に耳を貸さず、自分の思いどおりの管理や運営を行うと内部に不調和を生じさせることになります。

今年(2022年)は四緑木星が回座する「巽宮」の四緑象意である「風」を自らが起こし、皆がその風に乗ってもらうような管理と運営を目指すと良いでしょう。

また、組織の内部に腐敗やわだかまりが生じないように、風通しの良い環境づくりと配慮に努めることで良い成果が得られるでしょう

 

 

四緑木星 2022年の転職運

今年(2022年)は「壬寅の年」で「天の気」を担う十干は「壬(みずのえ)」です。

基本的に「天の気」は万人が受ける気でありますが。

本命星が回座する「坎宮」に「壬」が内包されており、さらに「壬」に恵方(歳徳神)が付くので、力強い恩恵が得られるかもしれません。

「壬」は、糸巻の芯に糸を巻いて中央部分が膨らんだ様子を表した象形文字です。

壬

その様子が「妊婦のお腹」を表し、「女+壬=妊」で「孕む」という意味となります

このような意味を持つ「壬(みずのえ)」が今年(2022年)の「天の気」を担うので、様々な事象を「孕む」若しくは昨年の「辛(かのと)」による「つらさ」を孕んでいるのかもしれません

そして、「人の気」を担う九星は、破壊と再生を象徴する「五黄土星」です。

社会的トレンドとしては、壊れてしまったあらゆる物事を再生させる分野は需要が高まるかもしれません。

 

自分軸が重要!

今年(2022年)の四緑木星は「強い追い風」に背中を押される一年ですので、ご自身の「軸」がしっかりしていないと吹き飛ばされる危険性も孕んでいます。

従って、転職によって「軸がブレる」のであれば控えた方が良いでしょう。

逆に、転職せずに勤務を続ける事で、心身に何らかの問題が発生し得る状態に陥るのであれば転職も選択肢の一つになるでしょう。

 

四緑木星 9年運

上記の図は、2022年から2031年までの四緑木星の年運を可視化した図です。

2024年から始まる20年間は「第九運」に入り、2022年と2023年は「第八運」の最終章と言えます。

社会全体の気が大きく変わる2024年に向けて、社会全体において2022年は「破壊と再生」が生じるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 2022年の出会い・恋愛・結婚

結婚運 恋愛運 人間関係

四緑象意を担う「巽宮」に本命星が一年間在泊するので、四緑象意の「交際、結婚、縁談、見合い」が生じやすい年運に恵まれます。

「万事調う」機運に恵まれるので、事を進めるには非常に良い一年を迎えます

 

出会い

人間関係に恵まれるので、それに伴って交友関係が広がる年運に恵まれます。

もちろん! 出会い運も好調ですから、ご縁に恵まれなかった方もチャンスに恵まれるでしょう。

出会い運だけでなく紹介運も好調ですから、紹介が得られるような状況を整えておきましょう!

 

結婚運

恋愛は結婚へ進む可能性が高く、タイミングとしても非常に良いです!

この時期の恋愛は「結婚」を目的にした恋愛をお勧めします

何事も「調う」機運に恵まれているのですが…

「当たり前」と思う高慢さが現れると、四緑木星の長所と言える「調和」が損なわれ、四緑象意の「解散」を生じさせる可能性を高めるでしょう。

常に「感謝と謙虚」を心掛けるが開運へ繋がります

 

将来性のない恋愛や結論を先延ばしにする恋愛は、互いの時間を奪うだけの結果となり得るので、四緑象意の「解散」を用いることも検討されても良いでしょう

 

人間関係

現在交際中のカップルやご夫婦は、家庭内を整える事を心掛けて下さい。

この年は、家庭外の人々との交流が活発になるので、常に意識が外に向く傾向が生じます。

その結果、家族との交流がいい加減になるかもしれません。

今年(2022年)は非常に強い運気に恵まれる一年なのですが、内情に何らかの問題が現れる可能性があります。

家族だけに関わらず、組織やコミュニティーにおいても内部の不調和を敏感に察知して、対処に取り組むことを心掛けて下さい。

 

 

四緑木星 2022年の金運

金運

今年(2022年)は、巽宮を担う四緑象意の「交渉、仲介、信用」が活性化されるチャンスを得ることが金運アップに繋がるでしょう。

強い年運に恵まれ「成長期」のピークを迎えるので、収益としては増収が期待できるでしょう。

この時期の成長期は「発展と拡大」のチャンスに恵まれるので、それを獲得するための投資は必要となります。

また、活動に必要な交際費や旅費などの経費が、活動量よりも多めに発生するかもしれません。

この時期に発生する出費は必要経費ですので、収支のバランスを調えることが金運アップに繋がります

 

確信をもって事に当たる

今年(2022年)一年間在泊する「巽宮」が担う「風」は「相手に上手く取り入る」とか、「心の隙に付け込む」といった事象が起こり得ることもあります

社会的トレンドにおいては、八白象意の「資産運用」と六白象意の「投資」と九紫象意の「学び」に光が当たる一年となります。

おかれている環境と社会的状況が相まって、四緑木星に儲け話が舞い込んでくるでしょう。

しかし、実態が曖昧で明確な根拠もない儲け話は警戒した方が良いでしょう

 

継続で金運アップ

運用方法や投資方法などは、これまでの成功体験に従って継続されると良いでしょう。

スキルを目的にした「学び」や、高度な知識を身に付けるための「学び」は有益性を高めてくれます

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 2022年のラッキーカラー

ブルー・グリーン

2022年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「巽宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

巽宮は四緑木星の本座(定位置)ですので、本命星らしさを用いるには良いタイミングです。

本命星(四緑)の象意カラーは「ブルー・グリーン」です。

 

四緑木星の生まれ月別ラッキーカラー

下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

良い環境と人脈の拡大・発展に恵まれるラッキーカラーです。

生まれ月 ラッキーカラー
2月・11月 レッド・パープル
3月・12月 ブラック・ホワイト
4月・1月 イエロー・ベージュ・ブラウン
5月 ブルー・ネイビー
6月 イエロー・ベージュ・ブラウン
7月 イエロー・ベージュ・ブラウン
8月 シルバー・ホワイト
9月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)
10月 イエロー・ベージュ・ブラウン

2022年のラッキーカラーは本命星の象意カラーと同じですので今年に限ったラッキーカラーではなく、長期的に用いることが出来ます。

生まれ月別ラッキーカラーは、本命星と月命星を合わせて導き出したラッキーカラーですので、生涯用いることが出来るラッキーカラーです。

いずれのカラーを選んで頂いても良いので、ご自身の直感でお選びください。

 

四緑木星 2022年の健康運

健康運

健康面においては、概ね良好で心配はないでしょう。

四緑木星の方は常にバランスを崩さず、何事においても「中庸」を心掛ける気質を持っています。

ただ、今年(2022年)の四緑木星は、運の勢いが強くチャンスに恵まれることもあって、少々頑張り過ぎる傾向があるようです。

また、人間関係が広がり、行動範囲も広がるので沢山の人々と交流する機会も増えるので、自覚なく気疲れによるストレスを溜めるかもしれません。

その様な状況に陥ると身体の免疫が低下して風邪をひきやすくなります。

風邪の症状が現れた際にはしっかり完治させることを心掛けて下さい

中途半端に症状を抑えて復帰すると風邪をぶり返す可能性があります。

また、気疲れが原因で消化器官の不調が生じるかもしれません。

四緑木星の本命盤

上記図は四緑木星の本命盤

基本的に四緑木星の身体的象意は「腸」です。

そして、本命盤で一白水星が回座する、坤宮の身体的象意にも「腸」があります。

従って、四緑木星の方は基本的に腸は、あまり丈夫ではないようです。

今年(2022年)だけに限らず、常日頃から腸内環境を崩さないように、食事の内容や適切なタイミングで食事を摂取することを心掛けて下さい

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 2022年の運勢

2022年 壬寅 四緑木星 運勢

四緑木星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 四緑木星の運勢」御覧下さい。

四緑木星の月運

九星気学 四緑木星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2022年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

四緑木星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

四緑木星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

子年 酉年 午年 卯年
1960年(昭和35)
2月5日4:23~
1961年(昭和34)
2月3日まで
庚子年

1969年(昭和44)
2月4日 8:59~
1970年(昭和45)
2月3日まで
己酉年
1978年(昭和53)
2月4日 13:27~
1979年(昭和54)
2月3日まで
戊午年
1987年(昭和62)
2月4日 17:52~
1988年(昭和63)
2月3日まで
丁卯年
1996年(平成8)
2月4日 22:08~
1997年(平成9)
2月3日まで
丙子年
2005年(平成17)
2月4日 2:44~
2006年(平成18)
2月3日まで
乙酉年
2014年(平成26)
2月4日 7:03~
2015年(平成27)
2月3日まで
甲午年
2023年
2月4日 11:43~
2024年
2月3日まで
癸卯年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ