三碧木星 2022年の運勢 開運法は挑戦!躍進の年

三碧木星 2022年の運勢と吉方位
九星気学 2022年 三碧木星の運勢
驚きの刺激によって
躍進が促される

三碧木星 2022年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2022年2月4日から2023年2月3日まで

立春の節入り時刻は、2月4日05時51分からです

吉方位北・南東・南

 

一白水星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 家族が安泰で心身ともに穏やかに愛情ある家庭に恵まれる。
  • 新たな始まりから人脈が広がり良い人間関係に恵まれる。

四緑木星が回座する南東の祐気エネルギー効果

  • 心身ともに整い人間関係に恵まれ、社会的信用も高まる。
  • 遠方の方や疎遠の方とのご縁が発生する機運に恵まれる。

九紫火星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 知的能力が高まり優れた判断力が得られる。
  • 的確な取捨選択能力が向上し、良いご縁と進路に恵まれる。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

まずは、下記の表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

三碧木星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

2022年の恵方は「北北西やや北(壬)」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

正確には北北西やや北」で十干の「」の方位です。

 

三碧木星 2022年の運勢

2022年2月4日(立春)~2023年2月3日(節分)までの全体運

昨年(2021年)から運気に明るさが見え始まる高運期に入りました。

とは言え、冬が明けて一足飛びに「春を迎える」ことはあり得ず、運気も季節の移り変わりと同じようにゆっくり進みます。

ただ、三碧木星は「震」を担う「躍動の星」なので、何事もスピード感を以って取り組みたいし、進捗もそうあって欲しいと言う思いを常にもっています

なので、スローペースで物事が進み、雑務と人のお世話(育成)に追われる日々は「三碧木星らしさ」が発揮できないことで少々悶々とすることもあったかもしれません。

しかし! 2021年に育てた事や準備した事は、今年(2022年)の「飛躍運」に多大な貢献をもたらします

 

原点回帰の年

三碧木星2022年の運勢と仕事・転職・恋愛・結婚・金運を深堀解説

今年(2022年)は東の宮「震宮(しんきゅう)」に本命星が一年間在泊します。

この宮は三碧木星の本座(定位置)ですので、三碧象意を担う宮です。

主な象意としては「雷、音、顕現、発奮、発展、意欲、躍動、震動、猛進、決断、勇気、新規、自己主張、主観、軽率、競争、論争」です。

人物象意は「長男、青年、インフルエンサー、音を扱う職業の人、ノリがよく打てば響く人、実年齢より若々しい人」ですので、三碧木星の方は実年齢よりも若々しさが溢れています。

三碧象意を担う宮に三碧木星が一年間在泊するので「三碧木星らしさ」を発揮することが出来る年運に恵まれます。

 

三碧木星は「震動の星」行動量=チャンス量

外から見えない「根」をしっかり創り上げた2020年を経て、昨年は具体的に「収穫を得る」ための準備を施し、そして迎える2022年は「失敗を恐れずチャレンジする」年を迎えます。

これまで、取り組んでこられたことが「顕現化」する年運に恵まれます。

芽吹き始めたチャンスを積極的に掴み取るための行動を起こすことが開運行動となります。

 

新たな挑戦は吉兆を促す

今年(2022年)の一年間は三碧象意を担う「震宮」に本命星が在泊するので「新たな芽吹き」によって運が動きます

なので、「新たな挑戦」を避けて歩むことは、折角の芽吹いた「チャンスの芽」を台無しにすることになります。

基本的に三碧木星の方は好奇心旺盛で凄まじい推進力を以っている「チャレンジの塊」のような人物です。

自らがもっている三碧象意の「雷」、環境から持ち込まれる三碧象意の「雷」によって火花を散らして「チャレンジ精神」のエンジンを発動させるでしょう。

もはや「行動せずにはいられない状態」なので、積極的に行動を起こされると思います。

 

勝ち気で挑む!

失敗を恐れずにチャレンジすることは良いのですが…

負け戦にチャレンジするのは、あまりにも無謀です。

物事に対して真剣に向き合うことが大事です。

その上でのチャレンジに失敗した場合は、改めて進路に立ちはだかる問題や歩み辛くしている足枷のような事柄に気づくことが重要です!

 

内に潜伏している足りないモノに気づく

自分の中に問題があるのなら、その殆どが「知力・財力・人力」が足りないのかもしれません。

ハードルを下げるより「足りないモノ」を補って、再びチャレンジすることをお勧めします。

本命星の三碧木星と回座する震宮の易の卦「☳ 震(雷)」が二つ揃うので、今年(2022年)の三碧木星は「驚き多い年」となりますが、真剣に向き合い対応することで無事を得るでしょう。

年盤上の「」(震宮内の十二支)には、制化力の吉神「太陽神」が一年間滞在しているので凶に打ち勝つ恩恵が得られます

 

スポンサーリンク

 

三碧木星 2022年の月運バイオリズムグラフ

三碧木星 2022年の月運バイオリズムグラフ

上記の図は、月運の勢いを可視化した図です。

回座宮の解説

下記の図は、回座する各宮の主な事象をコンパクトに一言でまとめた遁甲盤で、丸数字は飛泊する順序を表した数字です。

勢力盤

チャレンジによって飛躍運がさらに!極まる年運を迎え、月運の勢いも「勢いの強い月運」からスタートします。

 

乾宮回座2月は月盤の「乾宮(けんきゅう)」に本命星が回座します。(⑥完成)

新たな運気が始まる早々から勢いに乗ってグイグイ前進できる月運に恵まれます。

運の勢いに恵まれる時期こそ丁寧に確認しながら物事に取り組みましょう。

自己過信は猛進を促すのでコントロールは大事!

 

兌宮回座3月は月盤の「兌宮(だきゅう)」に本命星が回座します。(⑦収穫)

月運の勢いはやや下降気味に入りますが「収穫の機運」に恵まれるが、目先の事に夢中になりやすい傾向が現れます。

コミュニケーション上のトラブルに要注意です!批判的な態度と発言は慎んで下さい

 

 

艮宮回座4月は月盤の「艮宮(ごんきゅう)」に本命星が回座します。(⑧変化)

月運における「転換期(4月清明から7月小暑前日まで)」に入り、さまざまなシーンで変化が起こり対応に追われるでしょう。

歩の歩幅は小さい方が良いでしょう。

 

離宮回座5月は月盤の「離宮(りきゅう)」に本命星が回座します。(⑨分離)

月運の勢いとしては衰退しているのですが、運気に明るさが現れます。

この月は頭脳明晰で優れた先見性を発揮することが出来る月運に恵まれます。

何事も先延ばしにせず、早めに処理することが開運策!

 

坎宮回座6月は月盤の「坎宮(かんきゅう)」に本命星が回座します。(①陥入=坎入)

今年(2022年)で最も月運が低下する月なので、体調管理をしっかり行って下さい。

この月は何事においても「解きほぐす」事象が現れる傾向があります。

表面化した問題は解決の糸口を見つけるチャンス!

 

坤宮回座7月は月盤の「坤宮(こんきゅう)」に本命星が回座します。(②播種)

運気は回復し、月運における高運期の入り口に入ります。

何事も着実に成し遂げる、小さな成功体験を積み重ねる良いでしょう。

何事も豫め準備する備えておくことで「心のゆとり」が現れ、今後の上昇運気に乗ることが出来ます。

 

震宮回座8月は月盤の「震宮(しんきゅう)」に本命星が回座します。(③萌芽ほうが)

今年(2022年)の気が強調される月運を迎えるので「2022年を象徴する事象」が現れやすい月運となります。

想定外の出来事に驚くことが発生する月ですが、落ち着いて対処すれば無事を得ます

この体験で「リカバー力」が養われるので、反省と振り返りはしっかり行うと良いでしょう。

 

巽宮回座9月寒露は月運の勢いが強いく、本命星が巽宮に回座する月を迎えます。(④開花)

2022年の気が最も高まる8月終り、9月には少しずつ2023年の気が生じ始めます。

その最中に迎える「盛運月」は「恒常性」にメリットが生じる月運です。

物事を根本的に変えることは控えた方が容易でしょう。

 

中宮回座10月は月盤の「中宮(ちゅうぐう)」に本命星が回座します。(⑤結実)

これまでの活動による結果が現れる月運です。

後回し状態で放置している事は10月中に片付けてましょう。

振り返りと見直しを通して改善を施しながら充実を図りましょう!

11月はこの上なく忙しい月に備えて、ゆっくり過ごされると良いでしょう。

 

三碧木星 2022年の仕事運

仕事運 転職運

今年(2022年)の「飛躍運」はあらゆるシーンで事象が現れますが。

特に! 仕事面においては顕著に表れる可能性があるでしょう。

これまでに温めていた企画や研究など、さまざまな「創造性」が芽吹き始め三碧木星に挑戦のチャンスを促します

新規事には機運に乗るチャンスと捉えて前向きに取り組むことをお勧めします

 

周囲は騒がしい

今年(2022年)に回座する「震宮」は震えることで生じる「音」を担う宮に一年間在泊します。

なので、三碧木星の周囲や環境は騒がしくなる事象が現れるでしょう。

ただ単純に「音」による騒がしさだけでなく、クレーム処理や予想外の出来事で驚かされることも含みます。

そのような環境にいるせいなのか? 本来の気質なのか? いずれにしても精神的にかなり刺激を受ける可能性があります。

あらゆる体験を「学び」と捉えて謙虚に受け取って仕事に取り組むことを強く勧めます。

 

体験が学びになる

今年(2022年)の三碧木星を人に例えると「青年」です。

青年とは、一般的に15歳から29歳までの年頃の人物に当たります。

年齢問わず「2022年の三碧木星」は運気における成長期で「青年期」の真っ只中ですので「自己成長の一年」でもあります。

仕事や関係者とのコミュニティの中で「謙虚に学ぶ」気持ち(心)を失わないで下さい。

焦りが現れると「諦め」や「短気」が生じ、何事も「尻切れトンボ」の結果だけが残り、信用を損ねるかもしれません。

来年(2023年)の三碧木星は巽宮(南東)に回座し、本命星に「暗剣殺」が付くので、暗剣殺が発動する原因になり得る行動は慎んで下さい

非常に勢いが強く、上昇運気に乗る年運ですので、昨年鍛えた「継続力」を大いに活かして飛躍の機運を勝ち取りましょう!

 

 

三碧木星 2022年の転職運

今年(2022年)は「壬寅の年」で「天の気」を担う十干は「壬(みずのえ)」です。

基本的に「天の気」は万人が受ける気でありますが。

本命星が回座する「坎宮」に「壬」が内包されており、さらに「壬」に恵方(歳徳神)が付くので、力強い恩恵が得られるかもしれません。

「壬」は、糸巻の芯に糸を巻いて中央部分が膨らんだ様子を表した象形文字です。

壬

その様子が「妊婦のお腹」を表し、「女+壬=妊」で「孕む」という意味となります

このような意味を持つ「壬(みずのえ)」が今年(2022年)の「天の気」を担うので、様々な事象を「孕む」若しくは昨年の「辛(かのと)」による「つらさ」を孕んでいるのかもしれません

そして、「人の気」を担う九星は、破壊と再生を象徴する「五黄土星」です。

社会的トレンドとしては、壊れてしまったあらゆる物事を再生させる分野は需要が高まるかもしれません。

三碧木星は、これまでの硬い皮をブチ破って「芽吹く」推進力を担う星で、今年(2022年)はその環境下にいます。

社会的トレンドの五黄象意の「再生」と三碧象意の「新たな芽吹き」は、連動する部分があります。

就活中の方は期待が持てるでしょう。

仕事や転職だけに関わらず、全てにおいて今年(2022年)は「早めに行動する」ことと「ヤルベキことを後回しにしない」ことが開運に繋がります。

日々の起床時間も早めに起きて「朝日を浴びる」ことで、さらに!上昇運気を促します。

三碧木星 9年運

上記の図は、2022年から2031年までの九紫火星の年運を可視化した図です。

2024年から始まる20年間は「第九運」に入ります。

2022年と2023年は「第八運」の最終章と言えます。

20年ごとに訪れる「新たな時代」を情報を通して「先取り」する感覚を極めると良いでしょう。

三碧木星の方は、それが出来る資質の持ち主です。

 

スポンサーリンク

 

三碧木星 2022年の出会い・恋愛・結婚

結婚運 恋愛運 人間関係

出会い運

三碧木星の明朗快活な人柄を思う存分アピールするチャンスに恵まれる一年です。

自らが積極的に出会う機会をつくることをお勧めします!

恋活&婚活中の方は絶好の一年ですので、とにかく「出会う」ための行動を起こすことが最大のミッションです!

しっとり落ち着いた恋愛よりも、爽やかで明るい「青春っぽい恋愛」を楽しむことが出来るでしょう。

火遊びのような恋愛は、実態とは異なる尾ひれがついて大袈裟に広がる可能性があります。

また、不倫のような秘密の恋愛は、いつの間にか漏れ伝わり、気が付けば世間に知れ渡って叩かれるかもしれません。

刺激的な恋愛を楽しむことが出来る運気ではありますが…

お相手とは誠実に向き合い、真剣にお付き会いすることを心掛けて下さい

 

結婚運

基本的に三碧木星の方は好奇心旺盛で、いつもワクワクしていたいタイプです。

さらに、今年(2022年)は三碧象意を担う「震宮」に本命星が一年間在泊しているので、通常よりも「ワクワク感」を欲する傾向が現れるでしょう。

恋愛は必然的に「心躍るトキメキとワクワク」を体験できるシーンの一つです。

なので、交際期間が長いカップルは「マンネリ」に陥ると疎遠になるかもしれません。

「新鮮さ」を失わないような工夫をされると良いでしょう。

今年(2022年)は三碧象意の「勇気と決断」を発動させる機会が多く、積極的に用いることが容易に出来る一年です。

現在、結婚を視野に入れて交際をされている方は、勇気を出して!結婚話を具体的に進めると良いでしょう。

ただし! 独断専行な進め方は慎んで下さい。

 

人間関係

三碧木星は基本的に明るくさっぱりしたタイプの方ですので、人間関係において「暗い雰囲気」を持ち込むことはないのですが…

その反面、喜怒哀楽の表現に激しさが現れる傾向があり、今年(2022年)はそれが顕著に表れる可能性があります。

家庭内では気兼ねなくコミュニケーションを交わすことが出来る場ですので、遠慮なく言いたい事を言ってしまうかもしれません。

仕事や人間関係の愚痴をこぼすとヒートアップして、気が付けば家族に八つ当たり…

家族に当たり散らさないように意識的に心掛けて下さい。

あらゆるシーンでのコミュニケーションは「ストレートな表現」や「キツイ口調」にならないように心掛けることをお勧めします。

 

 

三碧木星 2022年の金運

金運

昨年(2021年)から高運期に入り、2022年は「上昇局面の成長期」に当たり、その真っ只中です

「成長期」には、今後の成果に向けて「投じる」ことが多く発生するかもしれません。

その流れに逆らって、投じることを避けると将来的に得る成果が縮小する可能性を促すかもしれません。

とは言え、費用対効果やランニングコストなどを考えずに「投じる」ことは「負債」を抱えることになります。

今年(2022年)は三碧象意の「主観」が強く働く傾向があるので、必ず「主観と根拠」をセットにして金銭を扱う感覚を成長させることを勧めます。

金銭に関しては、収支のバランスをとることだけではなく、見込みのある「芽」を成長させるための効率の良いお金の使い方を学ぶと良いでしょう。

今年(2022年)は五黄中宮の「破壊と再生」が人々の中心にあり、天の恵みを受けて生み出す「地の気」は「寅」ですので種子の萌芽が地上に現れ動き始める時期にあたります。

三碧木星の方は「情報収集と処理能力」に優れています。

運を味方に付けて、その能力を最大限に活かして下さい。

来年(2023年)は人間関係が広がる盛運の年を迎えるので、益々交際費や旅費等の出費が発生するので「生きたお金の使い方」をしっかり身に付けましょう!

今年(2022年)は刺激を促すモノや事柄に関心が向かうので、その方面に金銭が流れる可能性があるでしょう。

自己コントロールを失わないように心掛けて下さい

 

スポンサーリンク

 

三碧木星 2022年のラッキーカラー

ブルー・ネイビー

2022年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「震宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

震宮は三碧木星の本座ですので、本命星らしさを用いるには良いタイミングです。

 

三碧木星の生まれ月別ラッキーカラー

下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

良い環境と人脈の拡大・発展に恵まれるラッキーカラーです。

生まれ月 ラッキーカラー
2月・11月 ブラック・ホワイト
3月・12月 イエロー・ベージュ・ブラウン
4月・1月 イエロー・ベージュ・ブラウン
5月 グリーン
6月 イエロー・ベージュ・ブラウン
7月 シルバー・ホワイト
8月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)
9月 イエロー・ベージュ・ブラウン
10月 レッド・パープル

2022年のラッキーカラーは本命星の象意カラーと同じですので今年に限ったラッキーカラーではなく、長期的に用いることが出来ます。

生まれ月別ラッキーカラーは、本命星と月命星を合わせて導き出したラッキーカラーですので、生涯用いることが出来るラッキーカラーです。

いずれのカラーを選んで頂いても良いので、ご自身の直感でお選びください。

 

 

三碧木星 2022年の健康運

健康運

今年(2022年)は三碧象意が担う「新規」による身体的影響としては「新陳代謝の活性化」が期待できます。

運動もせずにじーっとしているだけでは代謝は下がり、今年用いるべき「震のエネルギー」は行き場をなくし、それがストレスとなる可能性があります。

今年(2022年)は、新たな発見やヒラメキを促す「刺激」を沢山受ける一年ですので、神経が過敏になる傾向もあります。

一日の時間で「静と動」のバランスを保つための取り組みをされると良いでしょう。

基本的には体調を著しく崩すような状況に陥る年運ではないので、上手なストレス解消を施すことで良好な健康状態を継続することが出来ます。

基本的な事ですが「早寝早起き病知らず」と言われる通りで、今年一年間在泊する「震宮」が担う時間帯は午前4時半から7時半の三時間に降り注ぐ「朝日」を浴びることを強くお勧めします

 

九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2022年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

三碧木星 関連のコンテンツ紹介

三碧木星 2022年の運勢 開運法は挑戦!躍進の年

022年 壬寅 三碧木星の運勢

驚きの刺激によって躍進が促される
三碧木星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 三碧木星の運勢」御覧下さい。

三碧木星の月運

九星気学 三碧木星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

三碧木星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

三碧木星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

丑年 戌年 未年 辰年
1961年(昭和36)
2月4日 10:23~
1962年(昭和37)
2月3日
辛丑年
1970年(昭和45)
2月4日 14:46~
1971年(昭和46)
2月3日
庚戌年
1979年(昭和54)
2月4日 19:13~
1980年(昭和55)
2月4日
己未年
1988年(昭和63)
2月4日 23:43~
1989年(昭和64)
2月3日
戊辰年
1997年(平成9)
2月4日 4:03~
1998年(平成10)
2月3日
丁丑年
2006年(平成18)
2月4日 8:27~
2007年(平成19)
2月3日
丙戌年
2015年(平成27)
2月4日 12:59~
2016年(平成28)
2月3日
乙未年
2024年2月4日
17:27~
2025年2月2日
甲辰年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ