一白水星 2022年の運勢 不撓不屈の精神が開運へ

一白水星 2022年の運勢と吉方位
九星気学 2022年 一白水星の運勢2023年から始まる
高運期に向けて
自己を養う一年

 

 

一白水星 2022年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2022年2月4日から2023年2月3日まで

立春の節入り時刻は、2月4日05時51分からです

吉方位東・南東・北西・西

 

三碧木星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 日が昇る方位の東は「震のエネルギー」を通して気力と推進力向上を促す。
  • 誘いや招きからチャンスが得られる

四緑木星が回座する南東の祐気エネルギー効果

  • 心身ともに整い人間関係に恵まれ、社会的信用も高まる。
  • 遠方の方や疎遠の方とのご縁が発生する機運に恵まれる。

六白金星が回座する北西の祐気エネルギー効果

  • 自分より上の立場の方からの援助に恵まれ、事業運アップの期待できる。
  • 生き甲斐と充実感に満たされる。

七赤金星が回座する西の祐気エネルギー効果

  • 副収入などによる金運アップ
  • エンターテインメント性向上が期待できる。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください

一白水星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

2022年の恵方は「北北西やや北(壬)」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

正確には北北西やや北」で十干の「」の方位です。

 

一白水星 2022年の運勢

昨年(2021年)の一白水星は長い年月をかけて成し遂げた「成果」や一白水星の「あり方」など様々なシーンで「称賛と評価」を得る年を過ごされました。

収入アップや地位の向上だけでなく、名誉を得る機会に恵まれ、それを獲得されたと思います。

また、経済や地位だけでなく、知的資産となり得ることも獲得し、最高の自分を創り上げられました。

 

2022年 新たなステージが始まる

一白水星2022年の運勢と仕事・転職・恋愛・結婚・金運を深堀解説

2022年の一白水星は「次のステージ」へ挑戦するための「運の底上げを図る年」を迎えます。

年盤上では、北の宮である「坎宮(かんきゅう)」という宮に本命が回座し、今年(2022年)一年間(2月立春から翌年2月節分まで)坎宮に滞在します。

坎宮は一白水星の本座(定位置)ですので、一白象意を担う宮であります。

主な象意としては「水、穴、苦悩、忍耐、思考、内観、孤独、親和、流動性、物事の始まり」といった内容ですので、一般的には「」を表現されるのですが。

「運の勢いが弱い」のであって決して悪い意味を示す「」ではありません!

四季に例えるなら「冬」の時期にあたり、「冬」に良いも悪いもありません

従って「冬」にしか出来ない事をしっかり行い体験することが、後に訪れる「春」に大輪の花(結果)を咲かせることに繋がります

 

9年サイクルで迎える基盤を水面下で構築する絶好の一年!

運の勢いが弱い時期は、物事の進展や発展が期待できないかもしれませんが。

その反面「自分軸」を更に深く突き刺し、そして「ブレない自分創り」が出来ます!

本命星が坎宮に回座している時期だからこそ出来ることです。

これまで「深堀出来なかったこと」を探求しながら学んだり、疎かにしていた事を見直したり、自分を内観することにエネルギーと時間を費やすことが可能です。

目に見えない「基盤創り」による効果は、長期間の効果が期待できます

 

「不撓不屈」が開運へ

2022年の一白水星は「一難去ってまた一難」といった事柄を体験する傾向が現れやすい年なのですが…

二度目の困難を乗り越えることで、あらゆる困難を乗り越える「自信と経験値」が養われます

常に正しい選択よりも「リカバー力」を養う方が有効性の高い能力が身に付きます

しかし、何事においても「一足飛び」で成果が得られる運気ではありません。

今年(2022年)に乗り越えるハードが一つだけではないようです。

ハードルを乗り越える度に力んでしまうと…

気力体力共に消耗し過ぎて「挫けてしまう」可能性を高めてしまうかもしれません。

力まずに努力する程度が丁度良いでしょう。

また、苦悩や問題と向き合うことで「問題の本質」や「裏に隠れてる事柄」が見えるでしょう。

本来、一白水星が持っている洞察力を最大限に活かす事が出来る年運に恵まれているので、更なる能力強化に加えることでリカバー能力向上が促されるでしょう。

 

正しく養う

今年(2022年)の一白水星は、人生もしくは自分自身の「根」を養う一年です。

知性や精神性は、その人の「根」に直結するので「正しく養う」重要なポイントです。

また、良いタイミングとしても相応しい時期で、この時期に養ったことは長期間効果が持続します。

なので、単に「養う」のではなく「正しく養う」ことが開運に繋がります

なりたい自分創りに必要な能力や知識を身に付ける「学び」を通して「自分を養う」ことも大いにお勧めします。

この時期から向かう目標は大きい方がよく、始める事は基盤の構築なので「意識や思考」レベルから始めると良いでしょう。

ただし! 今年(2022年)の気が最も高まる8月立秋で、翌月9月白露からは2023年の気が生じ始めます。

従って、「坎宮の気」を全力で受けている期間は、8ヶ月程度ですので「思考」にばかり時間を費やしすことは出来ません。

案外、「冬の時期」は短いのです。

 

スポンサーリンク

 

原点回帰の年

今年(2022年)は五黄中宮の年ですので、各九星は本命星の本座にあたる宮に一年間廻座します。(一白水星は坎宮が本座)

一白水星 本命盤

上記の図は一白水星の方が生まれた年の年盤であり「本命盤です。(歳破は省略)

上記の本命盤で本命星の本座(坎宮)に六白金星が回座し、暗剣殺が付いています

一白水星の方は、六白象意を不適切に用いると暗剣殺が発動する可能性を高める傾向があります。

その一例としては、六白象意の「権威性」が過剰に思想や態度に現れ、さらに「慢心」が生じることで一白水星の良さを失います。

このような現象は今年に限ったことではなく、一白水星特有の現象傾向です。

しかし、同じ一白水星でも月命星の影響も加わるので現象に強弱が現れたり、もしくは違った現象が現れたりもします

今年(2022年)は9年サイクルで巡る「原点回帰の一年」(本座に回座)です。

この機に内観を通して、ありのままの自己を受け容れて新たな一歩を歩みだしましょう!

 

一白水星 2022年の月運バイオリズムグラフ

一白水星 2022年の月運バイオリズムグラフ上記の図は、月運の勢いを可視化した図です。

回座宮の解説

下記の図は、回座する各宮の主な事象をコンパクトに一言でまとめた遁甲盤で、丸数字は飛泊する順序を表した数字です。

勢力盤

年運としては勢いが弱く労多い年ですが、月運の勢いは「強い月運」からスタートします。

巽宮回座2月は月運の勢いが強いく、本命星が巽宮に回座する月を迎えます。(④開花)

物事を調えて結果に繋げる気運に恵まれるます。

心の距離を縮めることが信用と対人運アップに繋がります。

     

    中宮回座3月は月盤の「中宮(ちゅうぐう)」に本命星が回座します。(⑤結実)

    月運のピークを迎え、これまでの活動が「結実」として現れるので「充実と改善」を図る月となります。

    この月を境に「成長路線」から「充実路線」へ向かいます。

     

    乾宮回座

    4月は月盤の「乾宮(けんきゅう)」に本命星が回座します。(⑥完成)

    「完成の機運」が高まり、多忙な月となりますが「急いては事を仕損じる」です。

    自分より地位の高い方と「良好な関係」を心掛けて下さい。

     

    兌宮回座5月は月盤の「兌宮(だきゅう)」に本命星が回座します。(⑦収穫)

    月運における「収穫期」となります。

    社交運好調な月運に恵まれるのでコミュニケーションを通して得る収穫もありそうです。

     

    艮宮回座6月は月盤の「艮宮(ごんきゅう)」に本命星が回座します。(⑧変化)

    月運における「転換期」に入り、周囲に変化が起こり対応に追われるでしょう。

     

    離宮回座7月は月盤の「離宮(りきゅう)」に本命星が回座します。(⑨分離)

    「分離の気」を上手に活かして「感性と感情」直結させずに感情を抑えることで月運の有効性が優位になります。

     

    坎宮回座8月は月盤の「坎宮(かんきゅう)」に本命星が回座します。(①陥入=坎入)

    今年(2022年)の気が強調される月運を迎えるので労多い月運となるでしょう。

    しかし、苦労が学びとなり人生の底上げを促し、基盤となる「根(軸)」が養われます

     

    坤宮回座9月は月盤の「坤宮(こんきゅう)」に本命星が回座します。(②播種=種を蒔く)

    ゆっくり穴から抜け出す準備を始める月運が巡ります。

    2023年は具体的に活動する年運を迎えるので、それに向けて準備を始める「種蒔きの月」となり、月運における高運期の兆しが訪れます。

    9月白露以降から2023年の気が生じ始める、それと同時に月運も上昇運気が始まるので実質的には「短い冬」と言えるでしょう。

     

     

    一白水星 2022年の仕事運

    仕事運 転職運

    今年(2022年)の一白水星は「冬の一年」を迎えるのですが…

    この「冬」は、今後必ず訪れる「春」そして「収穫の秋」に向けて、じっくり作用する養分を土に施す時期にあたります。

    また「冬」は「下へ下へと根を伸ばす」シーズンでもあります。

    植物に起こる現状ですが、人間も同じ生物であり、運における「冬の過ごし方」は同じです。

    仕事においては、その傾向が顕著に表れるでしょう。

     

    今年の「養い」は未来に繋がる

    運の勢いが弱いせいか? 気力が湧かない傾向が現れるかもしれませんが…

    一つの事に特化して研究をしたり、将来的に必要な学びを始めたりと、いった「人の目に触れない努力」をする絶好の年です。

    この時期に蓄えた養分(知識・技・人脈)は、三年後の開花(結果)が現れ、さらに三年後の収穫へ繋がります

    今年(2022年)は「成果」を求めるのではなく、長期的な計画を水面下から始める年運に恵まれます

    ただ、事業主の方は経済的余力が必要になりますし、計画を練る前にある程度の未来を見通さなければなりません。

    今年(2022年)の一白水星は「穴」を担う「坎宮」に回座するので、穴の中にいる状態ですので、どうしても先を見通すことが困難になるでしょう。

    しかし、本命星が回座する「坎宮」には、恵方と呼ばれる「歳徳神」「人道、生気」といった吉象の方位神に支えられています

    一白水星の周りには不思議と人が集まるのですが。

    その大半が何らかの悩みを抱えている人のようです。

    ご本人の運気が弱い時期ですの『関わりたくない』気持ちが現れるかもしれませんが…

    持ち込まれた「悩み事や愚痴」などの中に今後の発展に繋がるヒントが埋もれているかもしれません

    歳徳神は「知恵とチャンス」を授ける吉神が、一年間同宮で本命星に寄り添います。

    一白水星らしい「優しさ」と、どんな状況に置かれても対応できる順応性を活かす事で仕事運に大きな恩恵を授けてくれるでしょう

    その効果には、即効性は期待できないかもしれませんが…

    長期間の効果は期待できます。

     

    一度あることは二度ある

    今年(2022年)に体験する「難儀事」は、全て自分を養う「養分」となるので「受け入れる」くらいの器が必要になります。

    ただし! 困難を一つ片づけても、新たな困難が発生する可能性があるので自己犠牲を伴うような対応は慎むべきでしょう

    また、他責思考が発動すると乗り越えられるハードルさえも乗り越えられなくなり、成長を止めることになります。

    一白水星が持っている優れた調査能力を活かして対応することを心掛けて下さい

    一白水星の「易の卦」は「☵」です。

    頭脳は柔らかく、意志(心)は硬く、行動は流れる水のように順応に優れています。

    「心」が定まっていれば、挫けず業務に取り組むことが出来る気質を持っているので、最終的には成し遂げることが出来るでしょう。

     

     

    一白水星 2022年の転職運

    今年(2022年)は「壬寅の年」で「天の気」を担う十干は「壬(みずのえ)」です。

    基本的に「天の気」は万人が受ける気でありますが。

    本命星が回座する「坎宮」に「壬」が内包されており、さらに「壬」に恵方(歳徳神)が付くので、力強い恩恵が得られるかもしれません。

    「壬」は、糸巻の芯に糸を巻いて中央部分が膨らんだ様子を表した象形文字です。

    壬

    その様子が「妊婦のお腹」を表し、「女+壬=妊」で「孕む」という意味となります

    このような意味を持つ「壬(みずのえ)」が今年(2022年)の「天の気」を担うので、様々な事象を「孕む」若しくは昨年の「辛(かのと)」による「つらさ」を孕んでいるのかもしれません

    そして、「人の気」を担う九星は、破壊と再生を象徴する「五黄土星」です。

    従って、壊れてしまったあらゆる物事を再生させる分野は需要があるかもしれません。

    ただ、今年(2022年)の一白水星は「水面下で自己を養う年」ですので、具体的に行動を起こす転職の場合は来年(2023年)の方か良いかもしれません。

    長期計画で起業を目指すのなら「水面下」で取り組むようなところ始めると良いでしょう

     

    スポンサーリンク

     

    一白水星 2022年の出会い・恋愛・結婚

    結婚運 恋愛運 人間関係

    今年(2022年)に本命星(一白)が回座する宮は「坎宮」です。

    「坎(かん)」は「くぼみ、あな」という意味を持ちます。

    卦徳(八卦の基本的な特徴) では「坎は陥なり」とあります。

     

    出会い運

    坎宮回座の年に現れやすい「出会い傾向」の一例では「恋に落ちる」ような出会いが巡る一年と言えます。

    一見、華々しくドラマチックな出会いをイメージされるかもしれませんが…

    「孤独」を感じている人ほど、そのような状況に陥る傾向があるようです。

    今年(2022年)は、心に開いた「穴」を愛で埋めたい気持ちが現れやすく、優しさに触れると流されてしまうかもしれません。

    ただ、運気による影響を受けている為、ご自身が「穴」に入って物事を見ている状態です。

    従って、身にふりかかる利害や主観的な感情などを除いて、物事をシビアに判断する思考力が低下しているかもしれません。

    また、身の回りに集まる人々は問題や悩み事を抱えている方が多く、身の上話を親身になって聞いているうちに情が移る可能性もあるでしょう。

    いずれにしても、空虚感を埋める為の恋愛や同情から始まる恋愛を進展させる前に「自分と向き合う」ことをお勧めします。

    一白水星の方は、見た目や雰囲気に柔らかさがあるのですが…

    本来「固い意志」の持ち主なので難しい課題ではないと思います。

     

    長く続くご縁と巡り合う

    恋愛だけに関わらず、今年(2022年)発生する人間関係は全て良縁とは限りませんが、全て悪縁でもありません。

    良し悪しよりも、今後末永く関わるご縁となる可能性があるでしょう。

    なので、ご本人が「偽りや飾りのないありのままの気持(心)で関わる事が出来る方」と繋がることが大事です。

     

    身近な人と親睦を深める

    今年(2022年)は身近な人間関係(家族や夫婦)の親睦を深めて、良好な関係を継続することを心掛けて下さい

    一白水星の方は辛抱強く、家族やパートナーに心配掛けたくない気持ちが強くなると、隠し事が増えるかもしれません。

    相手を騙すつもりは全くないのですが、家族やパートナーは案外気づいているかもしれません。

    その状況に気づくと一白水星は、さらにガードを固めて隠そうとするでしょう。

    家族やパートナーを思いやる気持ちから現れる行動なのですが…

    それが裏目に出ると相手との間に溝が深まり関係が悪化するかもしれません。

    今年(2022年)は、何事も包み隠さず、心を開いて家族やパートナーと接することを心掛けて下さい

    人生の基盤を固める一年ですので、自分を支えてくれる家族やパートナーとの関係は重要です。

    また、支えることが生きる気力と今後必ず訪れる上昇運気に必要なエネルギー源となるでしょう

     

     

    一白水星 2022年の金運

    金運

    今年(2022年)の一白水星は、本座の北に回座し一年間「坎宮」在泊します。

    運の勢いとしては弱い一年となりますが…

    本命星にとって「実家」で過ごす一年となるので「自分らしさ」を発揮する事が出来る一年と言えます。

    白水星の正象である「水」は、あらゆる状況に応じて「個体・液体・気体」に変化し、広い平地では蛇行しながら川となって流れ、海にたどり着き生命を育みます

    このように時間をかけて、ゆっくり大きな「富」成し遂げる能力を持つ一白水星ですので「精神と知識」をしっかり養うことが金運アップに繋がります

    今年(2022年)は特に!一白象意を担う「坎宮」に本命星の一白水星が在泊する年ですので、改めてご自身の本質を磨くことから始めると良いでしょう。

    今年(2022年)は、知恵とチャンスを授ける「歳徳神(恵方)」と同宮で滞在するので、九星の中でも一番強く恩恵を受けることが出来るでしょう。

    さらに!新機軸の見出しを促す「生気」が十二支の「子」に付き、一白水星に新たな発見を授け、さらに進化への導きが得られるかもしれません。

    今年(2022年)は成果を得ることよりも、成果に繋がる「学び」をしっかり行い、水面下でシステム構築を図ることで、今後大きな成果となります

    一白水星 9年運

    上記の図は運の勢いを可視化した図で、上に上昇すると勢いが強くなって下に下降すると弱くなります。

    「弱い=悪い運」「強い=良い運」ではなく「強弱」を表した図です。

    来年(2023年)は十二支が担う「地の気」による拡大の機運に恵まれ2024年は歳徳神の光を受けて飛躍する年を迎え2025年は「地の気」による拡大と共に繁栄の年を迎えます。

    来年以降は一白水星の活動に「運のレバレッチ」が作用するので、今年(2022年)の基盤創りとても重要な「金運アップの根源づくりの一年」です。

     

    スポンサーリンク

     

     

    一白水星 2022年のラッキーカラー

    ブラック・ホワイト

    2022年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「坎宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

    坎宮は一白水星の本座ですので、本命星らしさを用いるには良いタイミングです。

     

    一白水星 生まれ月別ラッキーカラー

    下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

    良い環境と人脈の拡大と発展に恵まれるラッキーカラーです。

    生まれ月 ラッキーカラー
    2月・11月 ブルー・ネイビー
    3月・12月 グリーン
    4月・1月 イエロー・ベージュ・ブラウン
    5月 シルバー・ホワイト
    6月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)
    7月 イエロー・ベージュ・ブラウン
    8月 レッド・パープル
    9月 イエロー・ベージュ・ブラウン
    10月 イエロー・ベージュ・ブラウン

    2022年のラッキーカラーは本命星の象意カラーと同じですので今年に限ったラッキーカラーではなく、長期的に用いることが出来ます。

    生まれ月別ラッキーカラーは、本命星と月命星を合わせて導き出したラッキーカラーですので、生涯用いることが出来るラッキーカラーです。

    いずれのカラーを選んで頂いても良いので、ご自身の直感でお選びください。

     

    一白水星 2022年の健康運

    健康運

    今年(2022年)で一番徹底して取り組んで頂きたいことが「健康管理」です。

    自分と向き合うのは「心」だけでなく「身体」にも向き合い、体のケアを心掛けて下さい。

    「易経」では、今年の一白水星は「坎為水(かんいすい)」となるので、同じような事が一度だけでなく二度起こる可能性があります。

    健康面では、患った風邪が良くなり完治したように思っていたのに、またすぐに風邪をひくような状態の事を言います。

    軽い症状でも軽視せずに、しっかり完治させることを心掛けて下さい。

    浸透性に優れる「水」の象意を受ける一年ですので、健康診断を通常レベルよりも、より詳しく体の細胞レベルから調べることが出来る検査を受けることをお勧めします。

    日常生活においては、常にリラックスできる環境と時間を確保することを心掛けて下さい。

    質の良い睡眠をしっかりとることが健康運アップに直結するので、寝室や寝具に拘ってみるのも良いでしょう。

    今年(2022年)の開運法は「自己を養う」ですので、身体づくりに欠かせない食事の内容は大事です。

    バランスの取れた食事と、体の内側(臓器)から冷やす作用が強い食品の摂取は控えめにして下さい

     

    九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2022年 運勢

    縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    一白水星 関連コンテンツ

    一白水星 2022年の運勢

    2022年 壬寅 一白水星 運勢
    不撓不屈の精神で自己を養う2022年
    一白水星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら「2022年 一白水星の運勢」御覧下さい。

    一白水星の月運

    九星気学 一白水星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー
    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    一白水星 2022年から9年間の運気

    転職・結婚などの人生のターニングポイントを知る
    一白水星 9年運詳細は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    一白水星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    一白水星 2022年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    卯年 子年 酉年 午年
    1963年(昭和38)
    2月4日 22:08~
    1964年(昭和39)
    2月4日まで
    癸卯年
    1972年(昭和47)
    2月5日 2:20~
    1973年(昭和48)
    2月3日まで
    壬子年
    1981年(昭和56)
    2月4日 6:56~
    1982年(昭和57)
    2月3日まで
    辛酉年
    1990年(平成2)
    2月4日 11:14~
    1991年(平成3)
    2月3日まで
    庚午年
    1999年(平成11)
    2月4日 15:57~
    2000年(平成12)
    2月3日まで
    己卯年
    2008年(平成20)
    2月4日 20:01~
    2009年(平成21)
    2月3日まで
    戊子年
    2017年(平成29)
    2月4日 0:35~
    2018年(平成30)
    2月3日まで
    丁酉年
    2026年2月4日
    5:02~
    2027年2月3日まで
    丙午年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ