九星気学 2021年のビジョンと開運

2021年 辛丑 六白中宮の年
どんな年?
目に見えないエネルギー「天地人三才」

九星気学 2021年のビジョンと開運

「天の気」を担う十干は「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類あり、2021年は「辛」

「地の気」を担う十二支は「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類あり、2021年は「丑」

「人の気」である九星は文字通り種類あり、2021年は「六白金星」

この「天地人」の「三才」とは「天に運動の才があり、地には生成の才があり、人には考慮の才がある」ことを言います。

今年巡る「辛丑 六白金星」は180周期で巡る、目に見えないエネルギー「天地人三才」なのです。

 

 

目次

「天の気」辛(かのと)とは

陰陽五行説は「木、火、土、金、水」の五つの要素があり、一つの要素に「陽を担う兄」と「陰を担う弟」が存在します。

その全10種類で「十干」です。

  • 木性は「陽の甲(きのえ)」と「陰の乙(きのと)」が兄弟
  • 火性は「陽の丙(ひのえ)」と「陰の丁(ひのと)」が兄弟
  • 土性は「陽の戊(つちのえ)」と「陰の己(つちのと)」が兄弟
  • 金性は「陽の庚(かのえ)」と「陰の辛(かのと)」が兄弟
  • 水性は「陽の壬(みずのえ)」と「陰の癸(みずのと)」が兄弟

2021年の十干は「辛(かのと)」ですので「金性の陰」です。

五行説

の音読は「シン」その同音である「新」に通じます。

「新」は「辛+木+斤」で成り立つ、「会意文字」と「形声文字」の特徴を併せ持つ「会意兼形声文字」です。

新は「斧で木を切って新しくものを作る」さまを表すことから「辛」も同じ意味をもちます

また、辛の五行属性は「金」なので、季節は「秋」であります。

枯れた余分な枝を切り落とし、そして新たな芽吹きが始まる意味を持ちます。

2021年の「天の気」は、辛さを伴いながら物事が新たな世代へ向かう年。

とは言え、「辛」は鉱物であり、ダイヤの原石ですので「辛抱強く」磨くことで価値を見出すことを表します

 

スポンサーリンク

 

「地の気」丑(うし)とは

十二支の「丑」の文字は「紐」に通じ、紐は「糸+丑」の会意兼形声文字です。

漢字の成り立ちは、生まれて初めて肘を伸ばし、指先に力を入れる様子を表し、そこから「始める」「掴む」という意味を表します。

 

「天の気」と「地の気」がコラボする 2021年の「辛丑」は…

不必要なもの切り落とし、物事が新たに生まれる年となります。

ただ、何事も「初めて肘を伸ばし指先に力を入れる」ので、なかなか掴み取ることが出来ない。

時代遅れの古い価値や思考、そこから創り出されたルールやシステムという固い殻を破ることから始めなければなりません。

 

2021年の納音「壁上土(へきじょうど)」

納音とは

六十干支を陰陽五行説や中国古代の音韻理論から、「木・火・土・金・水」の五行を30種類に分類し、それに「性質や状態を表す言葉」を名称にして付けてしたものです。

壁上土は「壁の上に塗られた土」のことで「水分を含む泥の様な土を壁に仕上げる難しい」ことを表します。

「人間関係を大切にすることを心掛けよ」と壁上土が諭します。

在り方としては「地道で堅実」「不動の精神力」がポイント!

 

スポンサーリンク

 

2021年の「人の気」を担う「六白金星」

上記のイメージ画像は「三才観(さんさいかん)」を表しています。

「三才」とは「天・地・人」をいい「天(宇宙)=父」・「地(大地)=母」その間に「人=人類」です。

その「人の気」(人類にもたらす「人のエネルギー」)は、六白金星の気が中心になります。

2021年は、六白象意から派生する事柄が、人類の課題であり、注目される事象を表します

2021 年盤
六白金星の基本象意
天、宇宙、太陽、政治、道徳、信仰、寛容、資本、投資、勝負、責任、正義。

六白金星の人物象意
天皇、首相、政治家、官僚、指導者、聖人、夫、主人、軍人、資本家。

 

スポンサーリンク

 

六白金星が担う「政治・経済」

昨年、中宮に回座していた七赤金星と同様で六白金星も「金性の星」です。

七赤と違って、六白金星の方がスケールとしては大きく「政治」が絡む「経済」を担います。

中宮は「破壊と再生」を象徴する宮です。

さらに、宇宙からのエネルギー「天の気」である「辛」が余分なものを切り落とし、新たに次の世代へ向かわせます。

抜本的な改革が「経済・経済」で起こるのだが、覇権争いは避けられないかもしれません。

 

2021年の年盤を俯瞰してみる

庶民を象徴する「二黒土星」は、北に回座し「真冬で困窮状態」に陥りながらも力強く生き残る術を見出す取り組みを水面下で始めるでしょう。

手っ取り早く日銭を稼ぐ人ながら、自己を最大限に活かす副業を始める人が増えるでしょう。

推進力を担う「三碧木星」が、生産を促す坤宮に廻座し「歳破」が付きます

自分の殻を破ることで自己の才能に気づき資質を活かす人々が現れるでしょう。

真の「自立」と「孤高」を楽しみ、そして試行錯誤しながら、仲間をつくり、人々は堅実的に歩み始める年になるでしょう

 

九星気学 2021年のビジョンと開運

三元九運説とは大きな時代の流れ 第八運の終盤

暦では、60年(十干十二支の一周)を3つのセットにして、「180年」を大きな時代として区切られています。

そして、最初の60年を上元、次の60年を中元、そして最後の60年を下元としています。

さらに、一つの元(60年間)を20年で分けます。(60÷20=3)

従って、「上元一運、上元二運、上元三運」「中元四運、中元五運、中元六運」「下元七運、下元八運、下元九運」の9つに分かれます。

これを「三元九運説」と言います。

 

 

三元九運説の表

三元 九運 期 間
上元
60年間
第一運(20年間) 1864年2月(立春) 一白 甲子 から
1884年2月(節分) 九紫 癸未 まで
第二運(20年間) 1884年2月(立春) 八白 甲申 から
1904年2月(節分) 七赤 癸卯 まで
第三運(20年間) 1904年2月(立春) 六白 甲辰 から
1924年2月(節分) 五黄 癸亥 まで
中元
60年間
第四運(20年間) 1924年2月(立春) 四緑 甲子 から
1944年2月(節分) 三碧 癸未 まで
第五運(20年間) 1944年2月(立春) 二黒 甲申 から
1964年2月(節分) 一白 癸卯 まで
第六運(20年間) 1964年2月(立春) 九紫 甲辰 から
1984年2月(節分) 八白 癸亥 まで
下元
60年間
第七運(20年間) 1984年2月(立春) 七赤 甲子 から
2004年2月(節分) 六白 癸未 まで
第八運(20年間) 2004年2月(立春) 五黄 甲申 から
2024年2月(節分) 四緑 癸卯 まで
第九運(20年間) 2024年2月(立春) 三碧 甲辰 から
2044年2月(節分) 二黒 癸亥 まで

「第一運=一白水星」を表し、第七運の1984年から2004年は七赤金星が担う「悦びと金」のバブル経済でした。(バブル崩壊は1991年)

そして、現在は2021年は第八運、八白土星が担う「変化と改革」の20年です。

主な象意(事象)としては、変わり目・変化・停止・天候の変化などを表します。

2021年現在、第八運も既に終盤で2024年には第九運に移り変わります

昨年、庚子で始まった「時代の更新」を引き継ぎ、2021年は「新たな芽吹きが始まり」進化の術を掴み取ろうとゆっくり動き始めます。

このプロセスは、2024年の第九運に向けての動きとなります。

拘りや固定概念などのバイアスを外し、先を見据える「俯瞰力」が非常に大事な時期を迎えています。

なので、個人としては「変化受け入る」「躊躇なく変わる」「チェンジをチャンスとし捉える」ことが開運マインドです。

「変化」をきっかけに今まで「異端」とされていたことが受け入れられる時代へ移り変わるでしょう。

 

第八運「天変地異」

今年だけに限らず、気になるのが「地震」です。

日本は、地震大国であり、自然災害の多い国です。

第八運の終盤となる2021年から2024年の期間は、とくに!防災意識を高める必要性があります。

政府も防災や国土強靭化にもっともっと力を注ぎ、あらゆるテクノロジーの進化に資金を投入して頂きたい。

テクノロジーへの投資(人・モノ・金)は、第九運に繋げる大切な未来づくり。

 

第九運(2024年から2044年)のテーマは「明智」(すぐれた知恵)

嘘偽りのない正しい情報と情報が繋がり、インプットとアウトプットが繰り返され、その共鳴の中で「正しい知識」が蓄えられます。

そして、溢れ出した知識が「知恵」となります。

その知恵が明るい未来を創り上げ、ワンランク上の世界を創り上げるヒントが基盤に貢献します。

第九運は「頭脳」、正に「AI」が人類に浸透する時代を迎えるのでしょう。

 

少し遠い未来の話になりましたが。

第八運の象意は「山」で、その山の頂から見下ろした下界を把握する。

そして、これから起こり得るであろう未来を想定して建設的な計画を立て、手堅く足元を固める必要があるからです。

また、一個人(自分)は人類(75億人)の一員である意識(共同体感覚)を持つことも大切なので、領域を広げて解説させて頂きました。

 

 

一白水星 2021年の運勢

2021年 辛丑 一白水星の運勢
自ら自身を向上させる強い意志で高みを目指す2021年
一白水星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 一白水星の運勢」御覧下さい。

2021年 一白水星の月運

2021年 一白水星の吉方位カレンダー

 

2021年 二黒土星の運勢

2021年 辛丑 二黒土星の運勢

二黒土星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 二黒土星の運勢」御覧下さい。

2021年 二黒土星の月運

2021年 二黒土星の吉方位カレンダー

 

三碧木星 2021年の運勢

2021年 辛丑 三碧木星の運勢

未来の成果に向けて種を蒔く年
三碧木星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 三碧木星の運勢」御覧下さい。

2021年 三碧木星の月運

2021年 三碧木星の吉方位カレンダー

 

四緑木星 2021年の運勢

2021年 辛丑 四緑木星の運勢

真の自立に向けて泥臭い挑戦で才能発揮
四緑木星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 四緑木星の運勢」御覧下さい。

2021年 四緑木星の月運

2021年 四緑木星の吉方位カレンダー

 

五黄土星 2021年の運勢

2021年 辛丑 五黄土星の運勢

何事も大きく広がり新たな拡張で発展へ向かう
五黄土星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 五黄土星の運勢」御覧下さい。

2021年 五黄土星の月運

2021年 五黄土星の吉方位カレンダー

 

六白金星 2021年の運勢

2021年 辛丑 六白金星の運勢

六白金星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 六白金星の運勢」御覧下さい。

2021年 六白金星の月運

2021年 六白金星の吉方位カレンダー

 

2021年 七赤金星の運勢

2021年 辛丑 七赤金星の運勢

七赤金星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

2021年 七赤金星の月運

2021年 七赤金星の吉方位カレンダー

 

八白土星 2021年の運勢

2021年 辛丑 八白土星の運勢

損が徳に向かう!きっかけ創りの年
八白土星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 八白土星の運勢」御覧下さい。

2021年 八白土星の月運

2021年 八白土星の吉方位カレンダー

 

九紫火星 2021年の運勢

2021年 辛丑 九紫火星の運勢

新機軸を打ち出し変化で進化へ向かう
九紫火星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 九紫火星の運勢」御覧下さい。

2021年 九紫火星の月運

2021年 九紫火星の吉方位カレンダー

 

2021年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー

「七箇の善日」天が人を慈しむ7つの吉日
「大明日、鬼宿日、天恩日、神吉日、母倉日、月徳日、天赦日」にフォーカスした吉凶日を記載したカレンダーです。

詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ