九星気学 2022年のビジョンと開運

2022年 壬寅 五黄土星 中宮の年
どんな年?
目に見えないエネルギー「天地人三才」

九星気学 2022年のビジョンと開運

「天の気」を担う十干は「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・・癸」の10種類あり、2022年は「壬」

「地の気」を担う十二支は「子・丑・・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類あり、2022年は「寅」

「人の気」である九星は文字通り九種類あり、2022年は「五黄土星」

この「天地人」の「三才」とは「天に運動の才があり、地には生成の才があり、人には考慮の才がある」ことを言います。

今年巡る「壬寅 五黄土星」は180周期で巡る、目に見えないエネルギー「天地人三才」なのです。

 

目次

「天の気」=「十干」とは

陰陽五行説は「木、火、土、金、水」の五つの要素があり、各五行にに「陽」を担う「兄」と「陰」を担う「弟」が存在します。

五行の五つ×陰陽の二つ=全10種類で「十干」です。

五行の木性

  • 木性の陽は「甲(きのえ)」
  • 木性の陰は「乙(きのと)」

五行の火性

  • 火性の陽は「丙(ひのえ)」
  • 火性の陰は「丁(ひのと)」

五行の土性

  • 土性の陽は「戊(つちのえ)」
  • 土性の陰は「己(つちのと)」

五行の金性

  • 金性の陽は「庚(かのえ)」
  • 金性の陰は「辛(かのと)」

五行の水性

生命の源である「水」が、地中から涌き出て流れる。

季節としては「冬」、方位においては「坎宮(かんきゅう)」の北です。

  • 水性の陽は「壬(みずのえ)」
    植物の内部に種子が生まれた状態

    陽気の水が地中に潜んで生命を孕むことを表しています。
    そこから派生して「妊(はら・ みごもる)」「女」を取り去った「壬」です。
  • 水性の陰は「癸(みずのと)」

2022年の十干は「壬(みずのえ)」で「水性の陽」です。

五行説

新たな誕生の準備=孕む

2022年 壬寅

「壬」は、糸巻の芯に糸を巻いて中央部分が膨らんだ様子を表した象形文字です。

その形が「妊婦のお腹」のようなイメージを漢字で表すと「女+壬=妊」で「孕む」という意味となります。

今年(2022年)の「天の気」は十干の「壬」により、天から降り注がれます

その事象は「孕む」を表します。

次の誕生に向けて「孕む=準備」の年を示します。

その内容においては、昨年の「辛(かのと)」から引き継がれるので「辛さ」を孕みながらも、新たな創造を世に出す準備となります。

 

「軸」が最重要!

天の気 壬

「壬」の象形のように「天と地」がしっかりとした軸で繋がることで、その軸に糸が巻き付き「孕む」ことができます。

組織では「社長と従業員」、個人では「頭と足もと」です。

個人としては、「明確な目的」と「地に足を付け」てしっかりとした軸で繋がることが重要です。

軸がないと「創造と発展」という「糸」が巻き付くことが出来ません。

また、軸がぶれると最悪は「壬」の糸巻が破壊します。

いずれにしても「創造と発展」となり得る「孕む」を成し遂げることが出来ません。

従って、上と下がしっかり繋がり、ブレない軸を創ることが、今年(2022年)の「天の気」からの恩恵を得る開運ポイントとなります。

2023年「卯の年」の「地の気」によって、繁茂(はんも)に恵まれる機運が巡るので、今年(2022年)の「孕む」は重要なミッションと言えます。

 

スポンサーリンク

 

「地の気」=「十二支」とは

十二支は、字が読めない民衆に「十二支」を浸透させるために馴染みのある動物に置き換えて、民衆に伝えました。

「天の気」を表す、十干と十二支を組み合わせた十干十二支が、正しい「干支」であります。

五行の陽にあたる十干と十二支の陽がペアとなります。

例)甲子、丙寅、戊辰、庚午、壬申、など…

また、五行の陰にあたる十干と十二支の陰がペアとなります。

例)乙丑、丁卯、己巳、辛未、癸酉、など…

従って、60種類の十干十二支が存在し、60年で全種類の十干十二支を体験して「還暦」を迎えます。

寅(とら)とは

寅(音読み:イン、訓読み:とら)
壬寅 2022

  • 十二生肖:虎(とら)
  • 五行:木(木性の陽)
  • 方位:東北よりやや東、黄経315度~345度の30度範囲
  • 季節:初春、2月立春~3月啓蟄の節入り前まで
  • 時間:03:00~05:00

寅は「螾」(音読み:イン・訓読み:みみず)という文字の「虫」を取り去ったものです。

春が訪れ草木が生じ、土中で育まれた芽が勢いよく地上に現れる様子を表しているそうです。

易では「地天泰 ☷」の卦に相当し、天の気が地に浸透するさまを表す、即ち地が太陽の光熱を受け入れる春が立つ「立春」のときにあたります。

また、地天泰の「泰」は天下泰平、天地交流して安泰を表します。

方位においては北東から東の30度が「寅の方位」で艮(丑寅)の「鬼門」の範囲に入ります。

日本では、古来から鬼が出入りする方角で「忌むべき方角」と一般的に知られていますが。

太陽(神)が生まれる「生門(きもん)」であり、それゆえ常に清浄の気を保つことで福が授かると言われています

 

スポンサーリンク

 

2022年の「人の気」を担う「五黄土星」

上記のイメージ画像は「三才観(さんさいかん)」を表しています。

「三才」とは「天・地・人」をいい「天(宇宙)=父」・「地(大地)=母」。

そして、天と地の間に存在するのが「人=人類」であり、九星が担う「人の気」です。

2022年の「人の気」は「五黄土星」

五黄象意から派生する事柄が人類の課題やイベントであり、注目される事象を表します

2022 年盤
五黄土星の基本象意
中心、支配、破壊、爆発、腐敗、戦争、クーデター、毒物、中毒、荒野、天変地異、パニック、葬式、自滅、古い問題、再発。

五黄土星の人物象意
帝王、独裁者、ボス、親分、中心人物、野蛮な人物、古物を扱う、暴力団、横領した人、収監されて人。

 

スポンサーリンク

 

五黄土星が担う「破壊と再生」とは

今年(2022年)は年盤の中宮に五黄土星が一年間在泊するので、社会情勢は中心的な出来事においては五黄象意に関する事柄が生じやすい一年となります。

上記の象意を見ると…少々恐ろしい内容ではありますが。

破壊の後には必ず「再生」が生じます。

これまでに五黄象意の戦争を目的に開発された技術によって爆発的な発展を遂げています

例えば、電子レンジは「軍事用レーダー」の実験で偶然見つかったマイクロ波が利用されています。

現在では生活の必需品となったインターネットも軍事利用がきっかけです。

とは言え、日本は自然災害の多い国ですから「災害対策」は常に心掛けておく必要がありますが、2022年は特に強化されることをお勧めします。

「解く」機運が巡る一年

「破壊と再生」に加えて「解く」ことに取り組む相応しい年です。

今まで解決に至らなかった問題の解決に取り組むチャンスの年です。

ただし! 問題解決は早めに取り組むことが大事です。

先延ばしにすると五黄象意の「腐敗」が生じて、手間が掛かる事態が発生するかもしれません。

 

2022年のトレンド

三合火局 2022

今年(2022年)の十二支「寅」太歳の光が当たり「寅・午・戌」の三支によって「三合火局」が形成されます。

五行の木に属する「寅」、火に属する「午」、土に属する「戌」は、それぞれ異なった五行なのですが。

三支の調和によって、最も旺盛になる「午」が担う五行の「火」が「強化された火」となります。

その三支が内包される宮に在泊する九星に拡大作用が生じるので「トレンドのスポットライト」があたるでしょう。

を内包する艮宮に回座する八白土星

蓄財や資産運用、神社仏閣などの八白象意に関する事

を内包する離宮に回座する九紫火星

芸能、芸術、学問、美に関すること全般などの九紫象意に関する事

を内包する乾宮に回座する六白金星

宇宙関連、超高級な貴金属、神社仏閣などの六白象意に関する事

寅・午・戌の三支で強化される「火」は、物体が燃えている事象ですので「火」そのものには実態がありません。

実体がハッキリしないものを妄信して熱くならないように気を付けて下さい

九星気学 2022年のビジョンと開運

三元九運説とは大きな時代の流れ 第八運の終盤

暦では、60年(十干十二支の一周)を3つのセットにして、「180年」を大きな時代として区切られています。

そして、最初の60年を上元、次の60年を中元、そして最後の60年を下元としています。

さらに、一つの元(60年間)を20年で分けます。(60÷20=3)

従って、「上元一運、上元二運、上元三運」「中元四運、中元五運、中元六運」「下元七運、下元八運、下元九運」の9つに分かれます。

これを「三元九運説」と言います。

 

 

三元九運説の表

三元 九運 期 間
上元
60年間
第一運(20年間) 1864年2月(立春) 一白 甲子 から
1884年2月(節分) 九紫 癸未 まで
第二運(20年間) 1884年2月(立春) 八白 甲申 から
1904年2月(節分) 七赤 癸卯 まで
第三運(20年間) 1904年2月(立春) 六白 甲辰 から
1924年2月(節分) 五黄 癸亥 まで
中元
60年間
第四運(20年間) 1924年2月(立春) 四緑 甲子 から
1944年2月(節分) 三碧 癸未 まで
第五運(20年間) 1944年2月(立春) 二黒 甲申 から
1964年2月(節分) 一白 癸卯 まで
第六運(20年間) 1964年2月(立春) 九紫 甲辰 から
1984年2月(節分) 八白 癸亥 まで
下元
60年間
第七運(20年間) 1984年2月(立春) 七赤 甲子 から
2004年2月(節分) 六白 癸未 まで
第八運(20年間) 2004年2月(立春) 五黄 甲申 から
2024年2月(節分) 四緑 癸卯 まで
第九運(20年間) 2024年2月(立春) 三碧 甲辰 から
2044年2月(節分) 二黒 癸亥 まで

「第一運=一白水星」を表し、第七運の1984年から2004年は七赤金星が担う「悦びと金」のバブル経済でした。(バブル崩壊は1991年)

そして、現在は2022年は第八運、八白土星が担う「変化と改革」の20年です。

主な象意(事象)としては、変わり目・変化・停止・天候の変化などを表します。

第八運も既に終盤で2024年には第九運に移り変わります

2020年の庚子で始まった「時代の更新」。

2021年の辛丑で辛い社会情勢の中で縛られながらも硬い殻を破って手足を伸ばす。

2022年の壬寅で繁茂するための具体的な準備に取り組む年を迎えます

 

 

一白水星 2022年の運勢

2022年 壬寅 一白水星 運勢
一白水星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 一白水星の運勢」御覧下さい。

2022年 一白水星の月運

2022年 一白水星の吉方位カレンダー

 

2022年 二黒土星の運勢

2022年 壬寅 二黒土星 運勢

二黒土星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 二黒土星の運勢」御覧下さい。

2022年 二黒土星の月運

2022年 二黒土星の吉方位カレンダー

 

三碧木星 2022年の運勢

022年 壬寅 三碧木星の運勢

三碧木星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 三碧木星の運勢」御覧下さい。

2022年 三碧木星の月運

2022年 三碧木星の吉方位カレンダー

 

四緑木星 2022年の運勢

2022年 壬寅 四緑木星 運勢

四緑木星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 四緑木星の運勢」御覧下さい。

2022年 四緑木星の月運

2022年 四緑木星の吉方位カレンダー

 

五黄土星 2022年の運勢

2022年 壬寅 五黄土星 運勢

五黄土星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 五黄土星の運勢」御覧下さい。

2022年 五黄土星の月運

    2022年 五黄土星の吉方位カレンダー

     

    六白金星 2022年の運勢

    2022年 壬寅 六白金星 運勢

    六白金星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 六白金星の運勢」御覧下さい。

    2022年 六白金星の月運

    2022年 六白金星の吉方位カレンダー

     

    2022年 七赤金星の運勢

    2022年 壬寅 七赤金星 運勢

    七赤金星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

    2022年 七赤金星の月運

    2022年 七赤金星の吉方位カレンダー

     

    八白土星 2022年の運勢

    2022年 壬寅 八白土星 運勢

    八白土星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 八白土星の運勢」御覧下さい。

    2022年 八白土星の月運

    2022年 八白土星の吉方位カレンダー

     

    九紫火星 2022年の運勢

    2022年 壬寅 九紫火星 運勢

    九紫火星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 九紫火星の運勢」御覧下さい。

    2022年 九紫火星の月運

    2022年 九紫火星の吉方位カレンダー

     

    縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    建築事に用いられる十二直の吉凶も記載!
    詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ