五黄土星 2021年の運勢と仕事、転職、恋愛、金運を深堀解説

五黄土星 2021年の運勢と吉方位
五黄土星 2021年の運勢と仕事、転職、恋愛、金運を深堀解説
新たな拡張で発展へ
何事も大きく広がる!

目次

五黄土星 2021年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2021年2月3日から2022年2月3日まで

立春の節入りは、2月3日23時59分からですので、実質的には2月4日からとなります。

吉方位:北・西・北東

二黒土星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 内に秘めた能力を見出し、新たな可能性を育むことで強固な運の底上げが期待できる。
  • 大衆心理を深く鋭く見抜く能力が高まる。

八白土星が回座する西の祐気エネルギー効果

  • 金運・蓄財運上昇が期待できる。
  • 適切な投資能力が身に付く。(株式投資のみならず広い意味での自己投資)

九紫火星が回座する北東の祐気エネルギー効果

  • 悪縁や悪癖を断ち切るきっかけとなる、環境や人間関係の変化が起こり人生が大きく転換する。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

まずは、下記の表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

五黄土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

2021年の恵方は「南南東」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

正確には南南東やや南」で十干の「」の方位です。

 

2021年 初詣は恵方参り
二年参りと正月三が日の「初詣の恵方参り」についての記事は下記リンクからご覧ください。

 

五黄土星 2021年の運勢

2021年2月3日(立春)2022年2月3日(節分)までの全体運

「吉・凶」での解説よりも、本命星が回座する(滞在)宮や同会や被同会が可視化されている方が、より具体的に「運」を感覚的に捉えることが出来ます

さらに!視覚情報は意識下にインプットされるので運気を活かす効果が高まります

なので、一般的には記載されていない「後天定位盤」も記載しました。(下記図参照)

「後天定位盤」は、時間の経過と共に九星が飛泊しない(飛泊=飛び回る)「九星の定位置を表した盤」です。

九星気学における年運は後天定位盤の上に年盤を乗せて読み解きます

 

五黄土星 2021年の課題を示す星と他動的に影響受ける星

四緑同会 六白被同会

2021年 五黄土星の年盤について

2021年の年盤上では、四緑木星は東の「巽宮(そんきゅう)」という宮に回座し、滞在期間は2月立春から翌年2月節分までの一年間です。

 

巽宮宮回座で派生する運気とは

巽宮の方位は「南東」、時間は「辰巳の刻」午前7時から11時、季節は「晩春から初夏」、自然象意は「風」。

主な事象的象意は、進退、出入、柔軟、呼吸、流動、不決断、対応、利益、遠方

遠くと繋がり広がるエネルギーを表します。

巽宮は四緑木星の定位置で、その上に年盤上で巡る本命星(五黄)が乗るので、「四緑同会」となり、四緑木星が示す象意が今年の課題となります。

 

四緑同会の象意が示す課題とは

主な課題としては

  • 行動範囲が広がり、遠くの人と繋がる。
  • 人脈と信用が広がる。
  • 風通しの良い環境づくりと物事を整える。

 

本命星(五黄)定位置に六白金星が被る「六白被同会の事象」とは

後天定位盤の中央(中宮)は、本命星(五黄土星)の定位置です。

後天定位盤の上に乗る年盤の中宮(中央)には、六白金星が被るので「六白被同会」となります。

被同会は良くも悪くも他動的作用を被るとされています。

主な事象としては

  • プライドが高く思い込みの強い完璧主義
  • 権力志向が強く支配的

一見ネガティブに思われる事象ですが。

規則に対して忠実で責任感の強い思想の現れなので、基本的には公明正大な精神性があり学ぶところは沢山あります。

 

スポンサーリンク

 

昨年(2020年)の五黄土星は、トライ&エラーを繰り返しながらチャレンジし続ける一年でした。

その甲斐あって、結果に繋がる兆しが現れ、先行きの期待感が高まっているのではないでしょうか?

その期待通り、2021年の五黄土星は盛運期を迎えます。

 

いよいよ!成長運気のピーク「盛運期の年」

今年(2021年)の五黄土星は、成長運気のピークとなる「巽宮(そんきゅう)」南東の宮に本命星(五黄)が回座します。

本命星が巽宮に回座する年は、何事も整い結果に恵まれる運気を迎えます。

何事も「原因」があって「結果」が現れるので、具体的な目的に向かって歩まれている方は、活動に比例して結果が得られます

これまでは、自分の力で基盤を構築し、成果に繋がるきっかけ創りも自力で頑張ったと、思います。

 

さらなる信用創りで人望が集まる!

2021年は「丑年」で「丑・巳・酉」の十二支が三合金局となり、「地の気」によって運気が増幅します。

三合金局は、巳=生(起こす)→酉=旺(繁栄)→丑=墓(納める)物質的な事柄で起こるので「金運」に関わります。

五黄土星は「巳」を内包する「巽宮」に本命星が回座するので、その増幅効果が期待できる運気を迎えます。

四緑同会の年は、四緑象意による「信用・交渉・情報伝達」を活かすことが課題です。

その取り組みによって発展が促される運気に恵まれています。

従って、これからは多くの人々を巻き込んで歩むフェーズに入るので、思考回路を「帰属意識の強化へ向ける」ことが必要になります

四緑の自然象意である「風」に乗り、そして風通しの良い環境(人間関係)も構築することも開運行動となります。

 

改善主義で歩もう!

今年(2021年)の五黄土星に吹く風は、これまでとは違う「新しい工夫」が必要であることに気づかせようとしています。

今年の十干は「辛(かのと)」で、今年の「天の気」を担います。

の訓読みは「シン」その同音の「新」に繋がっており、その意味は「植物が枯れて新しい世代が生まれる状態」であります。

従って、今後の発展は同じことを繰り返す「思考停止状態」では発展は見込めない…そのような「天の気」が巡ります。

もう既に、2020年から具体的に始まった激変によって変えざるを得ない状況です。

2021年の五黄土星は「新機軸」を打ち打ち出しながら目的達成に向けて歩む必要があります

被同会の六白象意から派生する「完全」が強く発動すると、何事も「完璧」でなければ物事を始める事ができず、先送りにする傾向が現れます。

何事も始めてみないと分からないことも沢山あります。

改善しながら前に進む「改善主義」が開運行動に繋がります。

 

五黄土星 2021年の月運バイオリズムグラフ

2021年 五黄土星 月運グラフ2021年1月は、未だ少し2020年の年運による影響を受ける時期ではありますが…

2021年1月の月盤は、2021年の年盤と全く同じ配列で十二支も同じ「丑」です。

既に2021年の運気を月盤から持ち込まれる状態となるので、例年以上に早く2021年の運気へと移り替わり始めるでしょう。

2月立春から2021年の年運が本格的に始まり、月運はいきなり盛運月となります。

年間通して強い年運に支えられているので、消極姿勢にならずに何事も積極的にチャレンジしましょう!

8月は低調な月運となりますが、深いご縁から人脈が広がる機運に恵まれます。

9月から月運における高運期に入り、物事の発展と拡大が期待できる運気が始まります。

2021年は自らで上限を決めず、成長し続けることにトライしましょう!

2022年は今年成長させた事が結果に向かう機運を迎えます。

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 2021年の仕事運

仕事運 転職運

本命星が巽宮に回座し、四緑同会象意である「情報・遠方・交渉・発展・整う」による年運恵まれます。

これまでの仕事ぶりが評価され、その評判が風に乗っと広がります。

本命星が南東の「巽宮」に回座する際に発生する象意であり、9年周期でおこる「盛運期」となるのですが。

今年(2021年)は「地の気(十二支)」による三合金局を形成し、その影響によって「旺盛な運気」となります。

この巡り合わせは、36年周期で巡る「盛運の年」であります。

 

全身全霊で取り組む絶好の盛運期

社会的な事柄を担う巽宮に本命星が回座するので、仕事面においては大きな影響が現れるでしょう。

これまでに行った基盤づくりから活動と努力の「結果」が開花する年ですので、その活動ぶりに応じて「結果」が現れます

過去三年間は独りでコツコツ努力し、何事も自力で頑張った五黄土星ですが。

これからは多くの人々と「互いに助け合いながら共に繁栄する」ことを心掛けて仕事に取り組むことで発展に繋がる開運行動となります。

活動の場が広がり、遠方からの情報によってビジネスチャンスが訪れる可能性も大いにあります。

 

波及効果をイメージしよう!

運による相乗効果は何事にも「発展」を促しますが、「運」は個人の都合を忖度することがありません!

従って、小さなミスも大きく広がる可能性もあることを意識して業務に励みましょう。

未曾有の事態に陥った2020年の影響を引きずった状態で2021年を迎えるので、時代の変化に対応することは必須となります。

事と次第によっては、因習や発展の足枷となり得る原因をリセットする事も必要になるでしょう。

 

 

五黄土星 2021年の転職運

巽宮に本命星(五黄)が回座する時期は、蒔いた種が成長し「開花」の時期を迎える運気です。

これまでにスキルアップや独立起業などを目的に活動されてた方にとっては、絶好の「転職シーズン」であり、独立起業のタイミングです。

転職においては、「ゼロから始める仕事」に就くよりも、これまでの実績や経験を活かせるような仕事良いでしょう。

とは言え、シナジー効果が期待できる運気でもありますから、「経験や知識」を「要素」として持ち込むことが可能な仕事に就くことがお勧めです。

 

今年(2021年)の年盤では、交渉事を担う巽宮(南東)に「破壊と再生」を担う五黄土星が回座します。

従って、交渉においては、何らかの「問題が発生する」その反面「再生の機運」が混在する傾向が、世の中全体に現れやすい一年です。

「破壊と再生」は五黄土星が担当するエネルギーなので「再生の機運」を掴み、そして大いに活躍することが出来るでしょう。

 

過去のシステムや常識は通用しない

今年(2021年)の年盤では組織や国の長を表す「乾宮」に暗剣殺を背負う七赤金星が入ります。

社会的現象として「受け身的に災いを受ける」人物が組織の長(家長・社長・大統領・支配者)となるので、どこの会社も内部事情は厳しく、これまでの感覚で転職を行うことは厳しいかもしれません。

これからは「自立と孤高の精神」が重要なスタンスとなるので、自らが能動的に行動を起こし、試行錯誤しながら歩まなければならない時代に移り変わっています。

なので、雇ってもらうような転職よりも、組織に頼らない自立を目指す「起業・独立」を小さく始めることも検討してみると良いでしょう。

まずは、現状の仕事で安定収入を確保し、維持しながら、副業を始めるもの良いでしょう。

 

自己研磨と変化の後に輝く

2021年辛丑 三合金局

今年(2021年)は「辛丑の年」で天の気を示す十干は「辛(かのと)」です。

「辛=新」は、厳しい秋気が草木を枯らし、自ずから新しく漲ることを表します。

また、五行では「金」鉱物の原石を表し「辛抱強く磨けば光り輝く」とも言われています。

辛(かのと)は、兌宮に内包されている十干です。(天の気)

そして、2021年の兌宮(西)には「変化と改革」を象徴する八白土星が回座しています。(人の気)

さらに! 2021年は辛丑なので「・巳・酉」の十二支で「三合金局」によって「物質・財のエネルギー」が増幅するのですが。

「丑」は種子が土の中で芽生え屈折しながら地上に目を出すさまを表しているので「時間が掛かる」ことを表しています。(地の気)

従って、辛抱強く「自己研磨」を施しながら変化することで財に繋がるきっかけを見出すことを示しています。

そして、兌宮は「悦び・楽しみ・不足」を担う宮ですので「自分の楽しみが他者を悦ばす」「不足の中に需要アリ」がヒントになります。

昨年持ち込まれた「激動」が事象となって現れる年を迎えるので、更なる調査と情報収集で実現性の高いプランを立てた上でトライしましょう!

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 2021年の出会い・恋愛・結婚

結婚運 恋愛運 人間関係

今年(2021年)の五黄土星は「ご縁と信用」によって発展へ向かう年運に恵まれます。

公明正大な精神性と決断力が重要なポイントとなります。

自分や相手など、あらゆることに「完璧さ」を求めると「優柔不断」が促されます。

出会い運

年間通じて、人とのご縁が広がる運気に恵まれるので出会い運は好調です。

とは言え、「運」が都合よく五黄土星に「ご縁」を運んでくるわけではありません。

自らが積極的に行動を起こさなければ、出会いは巡ってきません

これまでに『出会いに恵まれない…』と、感じている方は「間口を広げる」ことをしっかり行いましょう。

紹介運も好調ですので、「紹介」に繋がりそうな手筈も整えておくと良いでしょう。

ただし、今年(2021年)は、想像以上のチャンスに恵まれる可能性があります。

その為、迷いが生じるかもしれません。

過度に条件を求め過ぎない事と「自立した恋愛」を心がけて下さい

 

恋愛・結婚

現在交際中で、それなりの交際期間を経て現在に至っているカップルは結婚に向けて行動を起こす絶好の年運に恵まれています

まずは、お互いの家族にきちんと挨拶をして、コミュニケーションを取りながら結婚に向けましょう。

恋人との関りにおいては、「平等・バランス・誠実」が大切なポイントとなります。

威圧的な態度や上から目線の物言いをすると、冷たいすきま風が漂う可能性を高めることになります。

今年(2021年)は、交友関係が広がるので意識が外に向きがちになります。

パートナーと過ごす時間をしっかり設けて良好な恋愛関係を築きましょう!

 

人間関係

社交的な付き合いが増える一年ですので、家族団らんの機会を意識的に設ける事を心がけて下さい。

一年なんて「あっ」という間に過ぎていくので、気が付けば「家庭をかえりみなかった…」て、ことになり兼ねません。

大きなイベントを企てるのも良いのですが、日頃のコミュニケーションを大切にして家族愛を積み上げましょう!

年盤の北東は「引継ぎ・相続・蓄財」を担う艮宮(北東)の「丑」光が当たり、先々を予測して判断するタイミングです。

「相続」に関して取り組む時期を迎えている世代なら判断をまとめると良いでしょう。

 

 

五黄土星の方から見た!気になる「あの人」との相性は…

本命星をさらに月命星別に作成した相性表です。

この相性表は「本命星・月命星・傾斜宮など」を加味した相性表です。

2021年の五黄土星は「ご縁を大事にしたい一年」で、年間通してご縁によって発展する運気です。

参考程度に是非ご覧ください。

     

    五黄土星 2021年の金運

    金運

    年運は2019年から上昇し、三年間の成長運気のピークを迎えます。

    その上昇運気と共に五黄土星の金運は、上昇の真っ只中です!

    仕事面においても手応えが感じられ、それが収入に繋がる可能性はあるでしょう。

    運気としては「成長期」となるので、自己成長に必要な「自己投資」や今後の発展に必要なフィールドづくりで発生する交際費などの出費が発生します。

    なので、入ったお金を即「蓄財」に出来る状態ではないようです。

    とは言え、「お金を貯めたい!」と日頃から感じている方は、自己の金銭感覚を見直してみると良いでしょう。

    基本的に「負債」に投資をするとお金は無くなります。

    しかし「資産」に投資をすればお金が産まれます。

    当たり前のことなのですが、実践できていないのかもしれません。

    まずは、現状毎月支払っている「固定費」は、今後自分にとって資産になり得る可能性があるか?

    可処分所得から生活費を除いた分のお金がどれだけあるのか?

    それが貯蓄に回っているかの?

    それらをしっかり把握しなければ「お金に関わる問題」は根本的解決が出来ません。

    そして、これまで「資産」だと思っていたモノが、実は「負債」だとことに気づくことで金銭感覚も変わり、結果も変わります

     

    スポンサーリンク

     

    2021年 五黄土星 金運アップの財布

    九星別 金運財布

    春財布 2021年 五黄土星に相応し金運財布と購入日

    春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    五黄土星 2021年のラッキーカラー

    ブルー・グリーン

    2021年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「巽宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

    ちなみに…

    本命星(五黄土星)の象意カラーは「イエロー」です。

     

    五黄土星の生まれ月別ラッキーカラー

    下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

    良い環境と人脈の拡大と発展に恵まれるラッキーカラーです。

    生まれ月 ラッキーカラー
    2月・11月 イエロー・ベージュ・ブラウン
    3月・12月 レッド・パープル
    4月・1月 ブラック・ホワイト
    5月 イエロー・ベージュ・ブラウン
    6月 ブルー・ネイビー
    7月 グリーン
    8月 (男性)ブルー・ネイビー
    (女性)グリーン
    9月 シルバー・ホワイト
    10月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)

    2021年のラッキーカラー、本命星の象意カラー、生まれ月別ラッキーカラー、いずれのカラーを選んで頂いても良く、ご自身の直感でお選びください。

     

    五黄土星 2021年の健康運

    健康運

    著しく体調を崩すよう運気ではありません。

    ただ、今年(2021年)の五黄土星は忙しい日々が続くので、過労やストレスをためてしまう傾向があります。

    長時間のデスクワークで坐骨神経や五十肩が発生するかもしれません。

    何らかの症状が現れると完治までに時間が掛かる可能性があります。

    規則正しい生活と適度な運動をバランスよく取り入れる事を心がけて下さい。

    今年(2021年)は「ご縁」によって機運が高まる年運です。

    素晴らしい医師や薬剤師、健康指導して下さるトレーナーなどと出会う可能性があるので、専門家の指導の下で前向きに取り組むことをお勧めします。

    2021年はとても忙しくなることは予想されるのですが…

    何事も「今しかない!」と思うと、先延ばしにすることなく行動を起こすことが出来ます。

    今年(2021年)に同会する四緑象意に「長い」を活用して、自分に合った運動法を見つけて、細く長く続けることを試みて始まると良いでしょう!

    細く長く続けることで、ゆっくりでも結果的には健康的な肉体を手に入れることが出来るでしょう!

     

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    2021年 縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    五黄土星 関連コンテンツ

    五黄土星 2021年の運勢

    2021年 辛丑 五黄土星の運勢

    何事も大きく広がり新たな拡張で発展へ向かう
    五黄土星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 五黄土星の運勢」御覧下さい。

    五黄土星の月運

    九星気学 五黄土星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    2020年 五黄土星の運勢

    五黄土星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら五黄土星 2020年の運勢」御覧下さい。

    2020年 五黄土星の月運

     

    五黄土星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    五黄土星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    五黄土星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    五黄土星 2022年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    亥年 申年 巳年 寅年
    1959年(昭和34)
    2月4日 22:43~
    1960年(昭和35)
    2月4日まで
    己亥年
    1968年(昭和43)
    2月5日 3:08~
    1969年(昭和44)
    2月3日まで
    戊申年
    1977年(昭和52)
    2月4日 7:34~
    1978年(昭和53)
    2月3日まで
    丁巳年
    1986年(昭和61)
    2月4日 12:08~
    1987年(昭和62)
    2月3日まで
    丙寅年
    1995年(平成7)
    2月4日 16:13~
    1996年(平成8)
    2月3日まで
    乙亥年
    2004年(平成16)
    2月4日 20:56~
    2005年(平成17)
    2月3日まで
    甲申年
    2013年(平成25)
    2月4日 1:14~
    2014年(平成26)
    2月3日まで
    癸巳年
    2022年
    2月4日 5:51~
    2023年
    2月3日まで
    壬寅年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ