五黄土星 2020年2月の運勢 飛躍の準備を調える

五黄土星 2月 運勢と吉方位
2020年2月4日~3月4日まで五黄土星 2月 運勢と吉方位本命星: 南西(坤宮回座)
2月の吉方位:東・南東・北西

年盤・月盤共通の吉方位:南東・北西
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:南東・北西
2020年 五黄土星 年盤

五黄土星 2020年2月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

年盤では、東:五黄殺です。移動距離は近距離で滞在期間も長期滞在は避けて下さい

 

六白金星が巡る 2月の東の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位ですので、移動距離は近距離です。

  • 気力が漲る
  • 目上や権威者との関係性が活性化する

 

南東

七赤金星が巡る 2月の南東の祐気エネルギー

年盤・月盤共に吉方位です。移動距離は長距離、引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

  • コミュニケーション能力が高まりる
  • 恋愛・金運・信用運アップ

 

北西

九紫火星が巡る 2月の北西の祐気エネルギー

年盤・月盤共に吉方位です。移動距離は長距離、引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

  • 俯瞰能力が高まる
  • 頭脳が冴えヒラメキや知恵に恵まれる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

五黄土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

五黄土星 2020年2月の運勢 ~全体運~

五黄土星 2月「月盤と年盤の関係」
坤宮回座により四緑同会。震宮にて六白被同会。(上記の年盤と月盤参照)

2月の月盤では、五黄土星は「坤」と書かれている「坤宮(こんきゅう)」という宮に入ります。

2月 吉神 月盤

そして、2月は「寅の月」で、寅と対面となる申の方位に「月破」がつくので、坤宮に廻座する五黄土星に月破が付きます。(上記図参照)

坤宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「これから上昇の兆し」の月運となります。

「坎宮」で水面下で計画したこと(思考)を実行に移し、堅実的に構築する運気とされています。

開運ワードは「努力と忍耐で育む」

 

いよいよ始まる飛躍の年

年運における3年連続の上昇運気が昨年(2019年)から入り、2020年は2年目に突入です。

2018年は9年周期で巡る最も低調な年運となる一年でした。

その低調な運気から抜け出したものの…2019年は何かと努力と忍耐が必要な一年。

しかし、その努力と忍耐に対して「苦」を感じることなく、自己実現に向けて堅実に歩まれたと思います。

そして、2020年は9年周期で迎える「飛躍の年」です。

この運気は過去数年とは、全く違う「運気」を感じるでしょう。

これまでにない「好奇心と躍動感」が心の奥底から沸き上がり、ワクワク感も高まります。

この高運期は、2020年から2022年2月(節分)まで、「気」の彩は変わりますが。

年運における「成長による上昇期」であります。

「飛躍の年」が本格的に始まる2月(立春)の月運は…

 

来月に向けて足元を固める

飛躍の年が巡り、早々とロケットスタートで挑みたい気持ちが湧き始める頃ではありますが…

月運としては「堅実的に歩む」運気であります。

とは言え、のんびりと構えて居られる程の余裕があるわけではありません。

むしろ、今月(2月)を境に忙しさが増します。

その内容の殆どが「雑務」のような事ばかりで、若干『バタバタ貧乏』のような感覚を味わうかもしれませんが。

来月(3月)に訪れる「飛躍の月運」に向けて、「飛躍のジャンプ台」をコツコツ創り上げる時期であります。

五黄土星の方は、「潜在意識や精神性」を担う星と「発展を促す環境とご縁」を担う星が同じ星です。

なので、潜在的な意識から発動する事柄を発展させる活動においては矛盾がない運を持っています。

自発的で且つ、私利私欲や感情に振り回されない「自分」を創り上げることが「自己実現を成し遂げるポイント」になります。

今年(2020年)の飛躍は自己実現に向けて「チャレンジ」する年です。

それには「苦手意識の克服」や「現状維持バイアスの解除」が必要です。

その準備期間となる今月(2月)は、チャレンジ精神を養いつつ、小さな成功体験の積み重ねを通じて自己肯定感を育みましょう!

五黄土星は「再生」を担う星ですから、問題解決の取り組みを通して自己成長が促されます。

従って「責任の所在」を他者や環境に向けず、また自己犠牲に陥らない策を見出し、何事も誠実に取り組むことを心がけて下さい。

 

五黄土星 2月の日運グラフ

2月4日から18日まで
五黄土星 2月 日運グラフ

2月19日から3月4日まで
五黄土星 2月 日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。
※五黄土星と冲(対面)により起こる暗剣殺は、五黄土星にはありません。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

スポンサーリンク

 

五黄土星 2月の仕事運

仕事運

低調感から抜け出し、モチベーションも上がり始め、それに伴い勤労意欲も湧いてきます。

遠方からの問い合わせや要望も多く、今後の発展となる見込みに繋がるような案件も含まれています。

ただ、その内容の殆どが即儲けに繋がりそうな気配が見えない程の小さな案件が多いでしょう。

また、仕事のないようにおいても「雑務」が多く、忙しく仕事をこなす割には成果への期待も小さい。

しかし、「忙しさ」を理由に手を抜いたり、丁寧な対応を怠るとトラブルに直結するので気を引き締めて取り組む必要があります。

この時期に強い承認欲求が発動すると自己の欲求不満に振り回される可能性を高めてしまうのでセルフコントロール意識すると良いでしょう。

ただし、自己を押し殺す策を選択することなく、他者(組織)に貢献することで幸せを得るwin-winで建設的な思考へセルフコントロールすることで良い結果に繋がります。

来月(3月)は、飛躍に恵まれる好機月に向けて、今月(2月)は手堅く確実にコマを進めることを心がけて下さい。

 

 

五黄土星 2月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今月(2月)は、遠方や旅行運が好調ですから、吉方を取って旅行に出かけると良いでしょう。

今月(2月)の五黄土星は「ご縁」において非常に恵まれた星のめぐり合わせとなる月です。

2月の月盤では「ご縁や信用」担う四緑と同会(上に乗る)で、四緑の本座となる「南東」が吉方位となり「悦楽と恋愛」を担う七赤が巡っています。

こんな超ラッキーな巡り合わせは度々起こることはありません。

なので、「婚活イベント」で「ツアー」企画があれば、ぜひ参加してみると良いでしょう。

ポイントは「具体的に物事を調わせる環境」が大事ですから、成り行き任せの「合コン」よりも、より具体的な「婚活」の方が出会いに繋げる結果が得られやすいでしょう。

現在、交際中のカップルの方は、これからの方向性を互いに話し合うと良いでしょう。

ただし、自己の価値観をパートナーに押し付けないように心がけて下さい。

互いの価値を認め合う意識を心掛けて話し合えば、明るい展望が見える話で盛り上がるでしょう!

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 2月の金運

金運

2016年から人生の変革期が始まり、その対応に試行錯誤…。

その後、低調な運気に入り、なかなか運気の上昇を感じ辛く、昨年から安定の兆しが現れました。

そして現在、2020年の好機が始まったばかりですから、良好な金運を味わうのは少々先になりそうです。

とは言え、確実に「運」は育まれています。

育んだ「チャンスの種」が芽吹く年が2020年です。

そして五黄土星は、目先の欲に振り回されない「自分」づくりは既に出来ている頃です。

これから挑む飛躍に向けて最後の段取りに取り組む段階とも言える月です。

今月(2月)に育んだ「信用」は飛躍のアシストとなり得ますから、「新たな価値を生み出すお金の使い方」を意識と実質的な取り組みに取り掛かりましょう!

世の中の意識全体が「金銭」に向けられる年

2020年の年盤では「七赤金星」が中宮に入るので、今年一年「七赤的な事柄」が起こりやすい一年です。

また、中宮は五黄土星の本座(本来の居場所)ですから、五黄土星への影響も大きいのです。(年盤では七赤被同会)

一例でとなりますが…

七赤は「日常的な金」を担当する星で、悦楽的な事柄と直結する傾向があります。

なので、日常的に使う「クレジットカード」などを改めて見直してみましょう。

支払いが一定額となる「リボ払い」を常時利用している方は「金利」を改めて計算してみましょう!

欲しい商品を購入する際に10%の消費税を支払い、さらにクレジットカードでリボ払いをすると約15%程の金利が加算されます。

欲しい商品をより安く手に入れる為に走り回っても結局「金利」を見落としていては元も子もありません。

ご自身が利用しているクレジットカードが「自動リボ」の設定されていないか!要確認を!

「七赤金星」は悦楽を担い「不足」の象意を持っています。

これは、五黄土星だけでなく世の中全体に漂う象意ですから、マネーリテラシーの強化をお勧めします!

また、新規事に挑戦する機会が増える一年です。

リテラシーと共にリスク管理もしっかり学び「稼ぐ・増やす・守る」意識を高めましょう。

 

2020年 五黄土星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

春財布 2020年 五黄土星に相応し金運財布と購入日

金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

五黄土星 2月の健康運

健康運

運気の上昇と共に気持ちが上向きますから、健康面においてもポジティブな影響が得られるでしょう。

ただ、昨年12月から現在までに受けたストレスによるダメージが消化器系に少々残っているかもしれません。

なので、今月(2月)は「腸活」に励むと良いでしょう。

発酵食品や腸内細菌の餌となる食物繊維などを積極的に摂取して、腸を調えましょう!

来月(3月)は、2月よりも忙しく(苦にはならない)活気に満ちた月運が巡るので、今のうちにコンディションを整えておきましょう。

また、来月(3月)は、何事も余裕をもって早め早めに行動する事が開運行動に繋がります。

その行動に即移行できるように「早寝早起きの生活のリズム」を今から癖づけておくことをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

九星気学 2月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

九星気学 2020年の月運バイオリズムグラフの一覧

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

2020年 縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

五黄土星 関連コンテンツ

2020年 五黄土星の運勢

2020年五黄土星の運勢

五黄土星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら五黄土星 2020年の運勢」御覧下さい。

2020年 五黄土星の月運

九星気学 五黄土星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

五黄土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

五黄土星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

五黄土星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

亥年 申年 巳年 寅年
1959年(昭和34)
2月4日 22:43~
1960年(昭和35)
2月4日まで
己亥年
1968年(昭和43)
2月5日 3:08~
1969年(昭和44)
2月3日まで
戊申年
1977年(昭和52)
2月4日 7:34~
1978年(昭和53)
2月3日まで
丁巳年
1986年(昭和61)
2月4日 12:08~
1987年(昭和62)
2月3日まで
丙寅年
1995年(平成7)
2月4日 16:13~
1996年(平成8)
2月3日まで
乙亥年
2004年(平成16)
2月4日 20:56~
2005年(平成17)
2月3日まで
甲申年
2013年(平成25)
2月4日 1:14~
2014年(平成26)
2月3日まで
癸巳年
2022年
2月4日 5:51~
2023年
2月3日まで
壬寅年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ