2019年 財布の購入時期と使い始める前は寝かせて種銭投入

春財布と秋財布

春財布とは、お金で財布がパンパンに「張る」を季節の「春」にかけてます。
春に新しい財布を購入することを「春財布」と言われ縁起の良い金運財布です。
購入時期と使い始める時期は、立春(2/4)から立夏の前日(5/5)頃です。

春財布に対して「秋財布」があります。

秋財布は言葉のイメージから「空き財布」と解釈され、まるで財布の中身が「空っぽ」になるような表現があったりしますが…
四季に恵まれた日本では「秋は収穫の季節」ですから、秋財布は実りに恵まれる縁起物です。

  • 秋は五行説の「金」が旺盛になる季節
  • 秋と金を表す方位「西」に金が集まり「北」で貯まる

これらのことから、これまでの努力や投資を漏れなく成果(実り)として確実にキャッチした方にとっては「秋財布」の効果は期待できるアイテムです。

 

春財布の購入日と使い始め日

下記の表は春財布を購入と使い始めに良い日を選びました。(仏滅と不成就日は削除)

2019年2月 丙寅

日にち 干支 九星 行事 六曜
9日(土) 丁丑 二黒 一粒万倍日 大安
10日(日) 戊寅 三碧 天赦日 赤口
13日(水) 辛巳 六白 先負
21日(木) 己丑 五黄 一粒万倍日 大安
22日(金) 庚寅 六白 赤口
25日(月) 癸巳 九紫 先真

 

2019年3月 丁卯

日にち 干支 九星 行事 六曜
5日(火) 辛丑 八白 一粒万倍日 大安
6日(水) 壬寅 九紫 一粒万倍日 赤口
18日(月) 甲寅 三碧 一粒万倍日 先勝
30日(土) 丙寅 六白 一粒万倍日 先勝

2019年4月 戊辰

日にち 干支 九星 行事 六曜
9日(火) 丙子 七赤 一粒万倍日 先勝
11日(木) 戊寅 九紫 天赦日 先負
14日(日) 辛巳 三碧 赤口
23日(火) 庚寅 三碧 先負
26日(金) 癸巳 六白 赤口

 

2019年5月

日にち 干支 九星 行事 六曜
3日(金) 庚子 四緑 一粒万倍日 先勝

スポンサーリンク

秋財布の購入日と使い始め日

様々な「秋の定義」がありますが、ほぼ下記の二点です。

  • 二十四節気では、立秋から立冬の前日
  • 天文学上では、秋分から冬至まで

立秋から立冬の前日までの期間で「秋財布」の購入と使い始めに良い日を選びました。(仏滅と不成就日は削除)



2019年8月 壬申

日にち 干支 九星 行事 六曜
9日(金) 戊寅 七赤 寅の日 先負
12日(月) 辛巳 四緑 巳の日 赤口
14日(水) 癸未 二黒 一粒万倍日 友引
21日(水) 庚寅 四緑 寅の日 先負
24日(土) 癸巳 一白 巳の日 赤口
26日(月) 乙未 八白 一粒万倍日 友引

 

2019年9月 癸酉

日にち 干支 九星 行事 六曜
2日(月) 壬寅 一白 寅の日 大安
5日(木) 乙巳 七赤 巳の日 友引
7日(土) 丁未 五黄 一粒万倍日 仏滅
8日(日) 戊申 四緑 天赦日・一粒万倍日・不成就日※
※不成就日なのですが非常に良い日なので一応記載しています。
大安
14日(土) 甲寅 七赤 寅の日 大安
15日(日) 乙卯 六白 一粒万倍日 赤口
17日(火) 丁巳 四緑 巳の日 友引
20日(金) 庚申 一白 一粒万倍日 大安
26日(木) 丙寅 四緑 寅の日 大安
27日(金) 丁卯 三碧 一粒万倍日 赤口

2019年10月 甲戌

日にち 干支 九星 行事 六曜
2日(水) 壬申 七赤 一粒万倍日 赤口
11日(金) 辛巳 七赤 巳の日 先負
12日(土) 壬午 六白 一粒万倍日 仏滅
20日(日) 庚寅 七赤 寅の日 赤口
27日(日) 丁酉 九紫 一粒万倍日 先勝

2019年11月 乙亥

日にち 干支 九星 行事 六曜
1日(金) 壬寅 四緑 寅の日 友引
4日(月) 乙巳 一白 巳の日 大安
5日(火) 丙午 九紫 一粒万倍日 赤口
7日(木) 戊申 七赤 天赦日 友引

 

財布の使い始めに相応しい日は「天赦日」が最適!

天赦日は、「天がすべての罪を許すという最上の吉日」といわれ、大安より吉日とされています。

また、1年に5~6日しかないので、最もお勧めです。

2019年 財布を使い始める!おススメ日は…

  • 2月10日 戊寅 天赦日寅の日
  • 4月11日 戊寅 天赦日寅の日
  • 9月8日 戊申 天赦日一粒万倍日ただし不成就日
  • 11月7日 戊申 天赦日



一粒万倍日

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)とは、「一粒万倍日に蒔いた一粒のモミが万倍もの稲穂に実る」と、昔から言われ、種まきに相応しい日とされています。

使い始める日としても良いのですが、春財布の購入日としても最適です。

ただし、一万倍日は「借金も万倍に膨らむ」と言われています。
なので、一粒万倍日に春財布を購入する場合は、キャッシュで購入もしはカードでも一括払いをお勧めします。
リボ払いは控えた方が良いでしょう。

寅の日

寅は「虎は千里行って千里戻る」と言われています。
寅の日に財布を購入の為、お金を使っても「お金が戻ってくる」とか「投資したお金が戻ってくる」とされ、非常に勝負強い金運アップが期待できます

巳の日

七福神の中の女神さま「弁財天様」は、芸事や金運(財運)のご利益をもたらす有難い神様です。
その神の使いが蛇と言われています。
また、弁財天様が蛇の化身であるという説もあります。

物事を始めると継続し発展に繋がる日

九星別で財布を使い始める日とし活用することもできます。

  • 本命星が二黒土星・八白土星・五黄土星生まれの方は、「寅の日・巳の日・申の日・亥の日」です。
  • 本命星が三碧木星・六白金星・九紫火星生まれの方は、「丑の日・辰の日・未の日・戌の日」です。
  • 本命星が一白水星・四緑木星・七赤金星生まれの方は、「子の日・卯の日・午の日・酉の日」です。

また、日の干支だけでなく、月の干支も活かすことが出来ます。

  • 「寅月・巳月・申月・亥月」は、本命星が二黒土星・八白土星・五黄土星生まれの方
  • 「丑月・辰月・未月・戌月」は、本命星が一白水星・四緑木星・七赤金星生まれの方
  • 「子月・卯月・午月・酉月」は、本命星が三碧木星・六白金星・九紫火星生まれの方

例えば、本命星が二黒土星・八白土星・五黄土星生まれの方は、2月10日「戊寅」は天赦日ですから春財布を購入もしくは使い始める日に最も適した日となります。

財布を使い始める前に行うこと

お財布は「最初に入れたお金の量(金額)覚えている」と言われています。
ならば!初めに出来るだけ沢山の札束を財布に入れましょう!

春財布 使い始め本物のお金でなくても良くて、諭吉さん(一万円札)の大きさに切った紙でOKです。
ただし、始めの一枚目と最後の一枚は本物の一万円札をご使用ください。
なので、最低でも二万円が必要になります。

スポンサーリンク

財布を寝かせる

新しい財布は、「自分は財布」という意識がなく、ただの革でつくられた入れ物なのです。

なので、パンパンにした財布を10日から2週間ほど寝かせます。

そうすることで、お財布に「自分はお金を入れるための存在である」さらに「お金の量(大金)」を覚えてもらえるのです。

お金は静か場所「北」が好き!

白い紙に包んで、家の最も北、もしくは自分の部屋の北で静かな場所にお財布を寝かせましょう!

トップユーチューバーのヒカキンさんは、お財布専用のお布団を購入してお財布を寝かせています。
ヒカキンさんは、日常的にお財布を休ませるために「お財布専用のお布団」を購入されたようです。(^^♪

さらに!大切なこと!

種銭

種銭とは、投資の元手となるお金のことを言い、お金を増やすことを目的とする「種」となる「お金」です。

「お金にご縁(五円)がありますように」と、五円玉を入れる方がいらっしゃいますが…
そのまま五円玉を入れると「種銭」なのか?「ジャリ銭」なのか?分からなくなり意味がありません。

仲間(お金)を集めてくれる種銭ですから、やはり五円玉よりも諭吉さん(万札)の方が効果が期待できます。

  • 種銭に相応しい条件としては、新しい万円札。
  • お札の番号にこだわるのも良いでしょう。

ただ、極端にこだわると種銭候補となる万札が見つかりません。
お札の番号も末尾が自分のラッキーナンバーにすると良いでしょう。

おススメ数字は「9」

その理由は、まず、9と9を足します。

9+9=18 一の位と十の位を足します 1+8=9

では、9の倍数「18」と「18」を足します
18+18=36 一の位と十の位を足します 3+6=9

では、9の倍数「36」と「36」を足します
36+36=72 一の位と十の位を足します 7+2=9

では、9の倍数「72」と「72」を足します
72+72=144 一の位と十の位と百の位をバラバラにして足します 1+4+4=9

このように「9」が永遠に繰り返されます!
なので「9」は永遠を表す数字であります。

陰陽五行説や占星術では、奇数を「陽」としています。
一つの数字(一桁)では最も大きい奇数は「9」

数秘術では「9」はすべてを受け止め受容すると言われています。

種銭の作り方

「え~っ!未だヤルことがあるの!」って声が聞こえてきそう…(;^_^A

あと一つだけ!です。
お付き合いください m(__)m

種銭を洗い清める

銭洗弁財「天宇賀福神社」で、洗ったお金は「何倍にもなって戻ってくる」と言われています。
弁財天の縁日「巳の日」は特にご利益があるそうです。

2019年2月1日「己巳」は「初己巳」

この日に銭洗弁財「天宇賀福神社」で種銭にするお金を洗って春財布に入れると良いでしょう。

この種銭は、大切な「種銭」です。
間違って使わないように白い紙に包んでお財布に入れておきましょう!

東京 日本橋の小網神社

小網神社「小網神社」では、境内にある「銭洗いの井」で金銭を洗い清めることが出来ます。
「東京銭洗い弁天」とも呼ばれています。

財運向上、強運厄除、都会のパワースポットです。

スポンサーリンク

九星別 金運財布2019年はこれ!

金運アップのアシストに!

九星気学 金運財布2019九星気学の観点から各九星が2019年に担うテーマで色を選び、
さらに心理的作用も加味して紹介しています。

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ