四緑木星2021年の運勢と仕事・転職・恋愛・結婚・金運を深堀解説

四緑木星 2021年の運勢吉方位
四緑木星2021年の運勢と仕事・転職・恋愛・結婚・金運を深堀解説
真の自立に向けて挑戦
泥臭い スタンスから見出す
才能と資質を押し出そう!

四緑木星 2021年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2021年2月3日から2022年2月3日まで

立春の節入りは、2月3日23時59分からですので、実質的には2月4日からとなります。

吉方位:北東・南

 

九紫火星が回座する北東の祐気エネルギー効果

  • 悪縁や悪癖を断ち切るきっかけとなる、環境や人間関係の変化が起こり人生が大きく転換する。

 

一白水星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 華々しい新たなスタートが期待できる。
  • 思慮深さと直観力が高まり、冷静さと瞬時の判断が必要なシーンで能力が発揮できる。

南に回座する一白水星は定位対中となるので流派によっては用いらない。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

まずは、下記の表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

四緑木星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

2021年の恵方は「南南東」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

正確には南南東やや南」で十干の「」の方位です。

 

2021年 初詣は恵方参り
二年参りと正月三が日の「初詣の恵方参り」についての記事は下記リンクからご覧ください。

 

四緑木星 2021年の運勢

2021年2月3日(立春)2022年2月3日(節分)までの全体運

「吉・凶」での解説よりも、本命星が回座する(滞在)宮や同会や被同会が可視化されている方が、より具体的に「運」を感覚的に捉えることが出来ます

さらに!視覚情報は意識下にインプットされるので運気を活かす効果が高まります

なので、一般的には記載されていない「後天定位盤」も記載しました。(下記図参照)

「後天定位盤」は、時間の経過と共に九星が飛泊しない(飛泊=飛び回る)「九星の定位置を表した盤」です。

九星気学における年運は後天定位盤の上に年盤を乗せて読み解きます

 

四緑木星 2021年の課題を示す星と他動的に影響受ける星

四緑木星2021年の運勢と仕事・転職・恋愛・結婚・金運を深堀解説

2021年 四緑木星の年盤について

2021年の年盤上では、四緑木星は東の「震宮(しんきゅう)」という宮に回座し、滞在期間は2月立春から翌年2月節分までの一年間です。

震宮とは

震宮の方位は「東」、時間は「卯の刻」午前5時から7時で日が昇る時間帯、季節は「春」。

震宮から派生する象意

発奮、奮起、移動、地震、音響、波動、電波、勉励、勇気。

躍動しようとするエネルギーを表します。

 

年盤の震宮(東)に回座する四緑木星

後天定位の震宮(東)を定位置とする三碧木星の上に年盤で回座する本命星(四緑)が乗るので、震宮回座にて「三碧同会」となります。

従って、三碧木星が示す象意が今年の課題となります。

 

三碧同会による象意から示す課題

三碧木星が担う季節は「春(啓蟄~春分~清明)」、そして五行は「木」、自然象意は「雷」です。

「天の恵みを受けて生物を育む」ことを担います。

主な課題としては

  • 周到に用意したことを始める。
  • 勇気をもって新たな挑戦を始める。
  • 行動する。

 

定位置の四緑木星が被る事象とは

後天定位盤の南東(巽)は本命星(四緑木星)の定位置です。

後天定位盤の上に乗る年盤の巽宮(南西)には、五黄土星が被るので「五黄被同会」となります。

被同会は良くも悪くも他動的作用を被るとされています。

主な事象としては

  • 我欲が強い人物
  • 破壊的な状況

一見ネガティブに思われる事象ですが。

欲が発生する「根幹」や破壊後に起こる「再生」に必要な要素が「芽吹きの年」に重要な開運ヒントに繋がります

 

スポンサーリンク

 

2020年は今後必ず訪れる盛運期に向けて、事前に準備を行う一年でした。

準備段階では結果が現れないのでモチベーション維持が大変だったでしょう。

 

気力と勇気を奮い起こす年!

四緑木星2021年の運勢と仕事・転職・恋愛・結婚・金運を深堀解説

2021年立春から、これまでの努力が芽吹き始める運気が訪れます。

昨年(2020年)に蒔いた種(準備)が、一斉に芽吹く「春」は「飛躍の年」であり、この成長期には今後必ず訪れる「成果の年」に向けて新たにチャレンジする絶好の運気です!

種子が発芽する際に、自らの力で硬い殻を破って芽を出します。

私達は、それが当たり前のように感じていますが、種子としては相当なエネルギーを発動させています。

それは人間も同じで「運」が回ってきたから自動的に「世に出る」ことが約束されているわけではありません。

チャレンジには勇気が必要ですし、何よりも自分の心を自らの力で奮い起こす必要があります。

2020年の幕開け早々から激動が始まり、その影響による激変で2021年の社会情勢も不安な状態であると思われます。

そのような環境下では、これまで以上の積極性が必要になります。

「芽吹きの運気」に胡坐をかくことなく、調査と情報収集から得たヒントを実際に行動に移すくらいの行動力が必要になります。

 

思いきった挑戦でピンチがチャンスに形勢逆転の機運アリ

四緑木星の定位置である南東(巽宮)には、今年(2021年)は五黄土星が回座します。

従って、今年(2021年)2月立春から翌年2月節分までの期間は五黄被同会となります。

「破壊・腐敗」を象徴する五黄土星が四緑木星に被る状態ですので、交渉事など「物事を整える」段階で問題が現れる可能性があります。

しかし、その問題に真摯に向き合い、根本的解決を施した後に得る結果は素晴らしい成果に繋がるでしょう。

被同会となる五黄土星には「破壊からの再生」による強いエネルギーが備わってるので、ピンチがチャンスに変わり形勢逆転も起こり得ます。

プラスになるモノはどんどん取り入れ、足枷となり得るモノ(事)は切り捨て、躊躇なく変化することも重要なポイントです。

 

四緑木星 2021年の月運バイオリズムグラフ

2021年 四緑木星 月運グラフ2021年1月は、未だ少し2020年の年運による影響を受ける時期ではありますが…

2021年1月の月盤は、2021年の年盤と全く同じ配列で十二支も同じ「丑」です。

既に2021年の運気を月盤から持ち込まれる状態となるので、例年以上に早く2021年の運気へと移り替わり始めるでしょう。

2月立春から2021年の年運が本格的に始まり、月運はいきなり盛運月となります。

年間通して強い年運に支えられているので、消極姿勢にならずに何事も積極的にチャレンジしましょう!

8月は低調な月運となりますが、深いご縁から人脈が広がる機運に恵まれます。

9月から月運における高運期に入り、物事の発展と拡大が期待できる運気が始まります。

2021年は自らで上限を決めず、成長し続けることにトライしましょう!

2022年は今年成長させた事が結果に向かう機運を迎えます。

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 2021年の仕事運

仕事運 転職運

今年(2021年)の四緑木星は、挑戦によって発展の機運が促される年運に恵まれます。

その影響は、仕事上でも運気による事象が現れます。

例えは…

新規事業のプロジェクトメンバーに抜擢され、そのチームのブレーンとしての役割を担い、独創的な発想を求められる。

このように外部からの依頼によって持ち込まれる場合もありますが。

自発的に行動し、自主的に取り組む「自立心の奮起」を最大限に発動する事が開運行動となります。

今年(2021年)は、9年サイクルで巡る運気の中で最も伸び代の大きい成長期を迎えています。

とは言え、瞬発力だけの成長では「安定感と信頼感」が欠け、三碧同会の「声あって実なし」の事象が顕現するだけで終わってしまいます。

今年(2021年)の四緑木星は、新たなにチャレンジする内容と同等レベルの責任を負う覚悟も必要になります。

芽吹きと同時にしっかり根を張らなければ、成長は見込めません。

従って「決意表明と責任」はセットであることをしっかり腑に落として歩んで頂きたい一年です。

この時期の成長に比例して、2022年には花が咲く運気を迎えるので、自分の能力と成長に自らが上限を決めないことを心掛けて下さい。

四緑木星の易象である「巽(☴)」は、「ゆずる、うやうやしい」という意味があり「従う」ことに美徳を感じるタイプの方が多いようです。

それは素晴らしい資質ではありますが…。

今年(2021年)は震宮回座の年なので「震」奮起を発動させ、少々「泥臭いスタンス」で突き進むことで仕事上の発展と成長が期待できる開運行動となります。

 

 

四緑木星 2021年の転職運

今年(2021年)の四緑木星は、目新しいことに挑戦したい気持ちが沸き起こりやすい運気です。

ただ、新たな挑戦は思い付きの行う行動ではなく、用意周到な準備が整ってから始める活動です。

これまでに、更なる飛躍に向けて転職も含めた準備をされた方は、運の勢いを活用する良いタイミングとなります。

ただ、世の中の全体的に経済的に厳しく、不安定な状態です。

今年(2021年)の年盤では、交渉事を担う巽宮(南東)に「破壊と再生」を担う五黄土星が回座します。

従って、交渉においては、何らかの「問題が発生する」その反面「再生の機運」が混在する傾向が、世の中全体に現れやすい一年です。

四緑木星においては、今年の課題となる「突破力と推進力」を養いつつ、問題解決の責任を負うくらいの覚悟を持って取り組む必要が発生するでしょう。

現状の仕事で安定収入を確保できる状態を維持しながら、副業を検討してみるのも一つの手段です。

 

過去のシステムや常識は通用しない

今年(2021年)の年盤では組織や国の長を表す「乾宮」に暗剣殺を背負う七赤金星が入ります。

社会的現象として「受け身的に災いを受ける」人物が組織の長(家長・社長・大統領・支配者)となるので、どこの会社も内部事情は厳しく、これまでの感覚で転職を行うことは厳しいかもしれません。

また、これからは「自立と孤高の精神」が重要なスタンスとなるので、自らが能動的に行動を起こし、試行錯誤しながら歩まなければならない時代に移り変わっています。

なので、雇ってもらうような転職よりも、組織に頼らない自立を目指す「起業・独立」を小さく始めることも検討してみると良いでしょう。

人生のステージを実質的に創った基盤をジャンプ台にして「飛躍」にチャレンジしましょう!

 

自己研磨と変化の後に輝く

2021年辛丑 三合金局

今年(2021年)は「辛丑の年」で天の気を示す十干は「辛(かのと)」です。

「辛=新」は、厳しい秋気が草木を枯らし、自ずから新しく漲ることを表します。

また、五行では「金」鉱物の原石を表し「辛抱強く磨けば光り輝く」とも言われています。

辛(かのと)は、兌宮に内包されている十干です。(天の気)

そして、2021年の兌宮(西)には「変化と改革」を象徴する八白土星が回座しています。(人の気)

さらに! 2021年は辛丑なので「・巳・酉」の十二支で「三合金局」によって「物質・財のエネルギー」が増幅するのですが。

「丑」は種子が土の中で芽生え屈折しながら地上に目を出すさまを表しているので「時間が掛かる」ことを表しています。(地の気)

従って、辛抱強く「自己研磨」を施しながら変化することで財に繋がるきっかけを見出すことを示しています。

そして、兌宮は「悦び・楽しみ・不足」を担う宮ですので「自分の楽しみが他者を悦ばす」「不足の中に需要アリ」がヒントになります。

昨年持ち込まれた「激動」が事象となって現れる年を迎えるので、更なる調査と情報収集で実現性の高いプランを立てた上でトライしましょう!

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 2021年の出会い・恋愛・結婚

結婚運 恋愛運 人間関係

出会い運

人間関係において、四緑木星の方は『スタイリッシュでクール』でありたい傾向があるので、恋愛の出会いにおいてもその様な傾向が現れます。

「スタイリッシュでクール」な要素は「モテ要素」なので恋愛上のテクニックとしては必要なのですが…。

今年(2021年)は、斜に構えていると今年の運気を100%活用することが難しくなります。

むしろ、ハンターのように自らが率先してアタックするくらいの勇気が出会い運アップに繋がります

ただ、素性が曖昧で明確にする事を拒むような相手には警戒した方が良いでしょう。

人間関係は基本「類は友を呼ぶ」ですので、お相手のフィールドに飛び込んで様子を伺うと良いでしょう

 

結婚運

現在交際中のカップルは、結婚を視野に入れて活動するのなら四緑木星の方が率先して話を進めると良いでしょう。

結婚に踏み切る前に同棲を始めるのも良いです!

いずれにしても、必要な下準備はしっかり行う必要があります。

お相手のご両親との意思疎通も心掛けて行動を起こしましょう!

 

人間関係

今年(2021年)は、絡み合った紐を示す「丑」に「太歳」の光があたり、「継ぐ」を象徴する「艮宮」に「分離」を促す九紫火星が回座します。

また、光の逆は陰となる「歳破」が「母・妻」を象徴する坤宮に内包されている「未」に付きます。

艮宮は「受け継ぐ」それに対する坤宮は「生産」の対極関係となり、シーンとしては「家庭」です。

この事象は四緑木星だけに限ったことではないのですが、物事が顕現する影響を強く受ける四緑木星です。

この時期に、センシティブな内容を含む問題を解決する機会が発生するかもしれません。

特に相続問題は、人の死に関わる事柄なので後回しにしがちですが、この「ご時世」をきっかけに取り組んでみると良いでしょう。

 

 

四緑木星の方から見た!気になる「あの人」との相性は…

本命星をさらに月命星別に作成した相性表です。

この相性表は「本命星・月命星・傾斜宮など」を加味した相性表です。

2021年の四緑木星は「自立」を目的にした成長が課題となるので、「共鳴・共感」は良いのですが…。

依存や共依存のような関係構築は慎み、若しくは改善に取り組みましょう。

参考程度に是非ご覧ください。

     

    四緑木星 2021年の金運

    金運

    2019年は下積み期で常に「耕す」ばかりで悩みも発生しやすい年でした。

    そして2020年は実践的な準備と施し未来の収穫に向けて「種蒔き」を行ったと思います。

    これまでの努力の甲斐が芽吹き始める2021年は、いよいよ成果に向けて積極的にチャレンジする年を迎えます

    もちろん「チャレンジ」段階ですから、大きな収穫が期待できる年ではありませんが。

    「芽吹き」による収入アップは見込めそうです。

    経済上の巡りとしては「自己投資」にエネルギーを注ぐ方が多めになるかもしれません。

    とは言え、一方的に金銭を注ぎ込むだけではなく、市場調査や情報収集は絶対必要で怠ったり、過度な期待感を判断しない「シビアな判断力」が必須です!

    そして、現れた「芽吹き」から少しづつ手応え得て、更なる工夫を施す。

    このような、経済の巡りを構築する一年であり、それが比較的スムーズに進展する運気に恵まれます。

    従って、積極姿勢で推し進める勇気が大事です。

    また、新規事業に取り組むチャンスにも恵まれます。

    現状を一変させるような新たな要素が刺激となって、アイデアが浮かび、それが金運に繋がる可能性も大いにあります。

    金運アップに繋がる良いきっかけは「学びと挑戦」です。

    この活動と挑戦から得たきっかけが、2022年の盛運に繋がります

     

    スポンサーリンク

     

    四緑木星 2021年のラッキーカラー

    ブルー・ネイビー

    2021年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「震宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

    ちなみに…

    本命星(四緑)の象意カラーは「ブルー・グリーン」です。

     

    四緑木星の生まれ月別ラッキーカラー

    下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

    良い環境と人脈の拡大・発展に恵まれるラッキーカラーです。

    生まれ月 ラッキーカラー
    2月・11月 レッド・パープル
    3月・12月 ブラック・ホワイト
    4月・1月 イエロー・ベージュ・ブラウン
    5月 ブルー・ネイビー
    6月 イエロー・ベージュ・ブラウン
    7月 イエロー・ベージュ・ブラウン
    8月 シルバー・ホワイト
    9月 ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)
    10月 イエロー・ベージュ・ブラウン

    2021年のラッキーカラー、四緑木星のソウルカラー、生まれ月別ラッキーカラー、いずれのカラーを選んで頂いても良く、ご自身の直感でお選びください。

     

    四緑木星 2021年の健康運

    健康運

    今年(2021年)に回座する「震宮」を人物的象意で表すと「勇者・青年・長男」です。

    このようなイメージから若々しい生命エネルギーが満ち溢れる運気であることが伺えます。

    従って、良好な健康状態で過ごすことが出来る年運に恵まれます。

    ただ、「青年期」頃を思うと…

    徹夜で仕事をしたり、寝る間も惜しんで遊びに夢中になったりした経験があると思います。

    今年(2021年)の四緑木星は「青年期」のような運気であって、肉体そのものが「青年期」のようなバイタリティーが復帰するわけではありません。

    なので、精神的活力で身体的に無理をさせることは控えましょう

    瞬発力が高まる運気に頼ると後々息切れを起こす可能性を高めるので、コントロールしながら活動することを心掛けて下さい。

    四緑木星の易象である「巽(☴)」が象徴する「従う」要素を自分の身体に施しましょう。

     

    四緑木星 2021年の運勢

    2021年 辛丑 四緑木星の運勢

    真の自立に向けて泥臭い挑戦で才能発揮
    四緑木星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 四緑木星の運勢」御覧下さい。

    四緑木星の月運

    九星気学 四緑木星 運勢カレンダー

    毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    2021年 縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    四緑木星 関連コンテンツ

    2020年 四緑木星の運勢

    四緑木星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら四緑木星 2020年の運勢」御覧下さい。

    2020年 四緑木星の月運

     

    四緑木星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    四緑木星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    四緑木星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    子年 酉年 午年 卯年
    1960年(昭和35)
    2月5日4:23~
    1961年(昭和34)
    2月3日まで
    庚子年

    1969年(昭和44)
    2月4日 8:59~
    1970年(昭和45)
    2月3日まで
    己酉年
    1978年(昭和53)
    2月4日 13:27~
    1979年(昭和54)
    2月3日まで
    戊午年
    1987年(昭和62)
    2月4日 17:52~
    1988年(昭和63)
    2月3日まで
    丁卯年
    1996年(平成8)
    2月4日 22:08~
    1997年(平成9)
    2月3日まで
    丙子年
    2005年(平成17)
    2月4日 2:44~
    2006年(平成18)
    2月3日まで
    乙酉年
    2014年(平成26)
    2月4日 7:03~
    2015年(平成27)
    2月3日まで
    甲午年
    2023年
    2月4日 11:43~
    2024年
    2月3日まで
    癸卯年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ