四緑木星 2021年11月の運勢 秩序正しく丁寧な歩みが開運行動

四緑木星 11月 運勢と吉方位
2021年11月7日~12月6日
まで四緑木星 11月本命星: 南東(巽宮回座)
11月の吉方位:北・東・

年盤・月盤共通の吉方位:
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:北東・南
2021年 四緑木星の吉方位

 

四緑木星 2021年11月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

立冬の節入り時刻は、2021年11月7日13時57分です。

 

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上では二黒土星が回座し、年間通して死気方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

一白水星が巡る の祐気効果

  • 探求力と思索力が増し、研究や執筆に有益な効果が期待できる。
  • 苦悩に打ち勝つ粘り強い精神力が養われる。

 

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上では本命星が回座し、年間通して本命殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

三碧木星が巡る の祐気効果

  • 自身を鼓舞する勇気が湧き気持ちが調う。
  • 社会的信用を獲得する行動力が高まる。

 

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

九紫火星が巡る の祐気効果

  • 深く探求した得た知識と教養を知恵に促され優れた頭脳が表面化する。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

まずは、下記の表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

四緑木星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

四緑木星 2021年11月の運勢 ~全体運~

九星気学 11月 運勢

四緑木星 11月の月盤と年盤の重なりについて

九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

回座と同会について

11月の月盤上では、南東の「巽宮」に本命星が回座し、年盤上の五黄土星と同会します。(五黄同会

巽宮を定位置とする四緑木星の「四緑象意」と、同宮で五黄同会による「五黄象意」が主な課題となります。

巽宮回座による主な四緑象意

風、発展、繁盛、整う、外交、交際、結婚、縁談、見合い、評判、信用、人望、仲介、長い、遠方、広告宣伝、物流、貿易、均衡、調和、優柔不断、不調、解散、長女、婦人、巫女

五黄同会による主な五黄象意

中心、支配、破壊、爆発、腐敗、戦争、毒物、中毒、荒野、天変地異、パニック、葬式、自滅、古い問題、再発、帝王、独裁者、野蛮な人物、古物を扱う

被同会について

年盤上の震宮に回座する本命星には月盤上で回座する三碧木星が本命星に被ります。(三碧被同会

被同会は否が応でも三碧象意を他動的に被る傾向があります。

三碧被同会による主な三碧象意

雷、音、顕現、発奮、発展、意欲、躍動、震動、猛進、決断、勇気、新規、自己主張、主観、軽率、競争、論争、長男、青年、インフルエンサー

 

スポンサーリンク

 

今月(11月)の月盤は「五黄中宮」です。

そして、2022年立春から始まる年運を表す年盤も11月の月盤と同じ「五黄中宮」です。

今月(11月)に迎える月運は「2022年の運気」をいち早く感じるような月運になりそうです。

ただし、2022年の年運は始まるのは2月立春からですので、2021年の年盤をベースに月運が巡ります。

 

慎重に丁寧に調えて経験値アップへ

今月(11月)の四緑木星は「福運宮」とも言われる「巽宮(そんきゅう)」に回座します。

運の勢いとしては、強く物事を整える機運に恵まれます。

巽宮は四緑木星の定位置ですので、四緑木星は本領を発揮することが容易に出来る運に恵まれます。

しかし、今年(2021年)の年盤上の巽宮には五黄土星が回座しているので、今月(11月)の四緑木星におかれる環境は五黄同会による事象が漂います

また、11月は「亥月」ですから「亥」が月建となるので、その対面となる「巳」に月破がつきます。

「巳」は四緑木星が回座する巽宮に内包されているので、「破壊」の影響を受ける月となります。

従って「環境から発生する問題」慎重に丁寧に対処しながら歩むことになります。

この状況からネガティブなイメージを抱かれるかもしれませんが、自ら「」のイメージを抱かない頂きたいのです。

一般的に「月破=凶」のように扱われていますが、月破は破壊ですので「壊れることが全て悪い」わけではなくその事象を乗り越えることで経験値が高まり成長が促されます

運勢を読み解くのは「地図を見る」ことと同じで、進む先に「山があるのか」「谷があるのか」を早めに知ることが出来る「技」です。

その技を有意義に活用するには「自ら悪いイメージを刷り込んで自己成就予言に陥らない」ことが大事です。

運の強い時期は油断せず、順序正しく歩めば大丈夫です!

 

「漸進」スタンスで歩む!

今月(11月)の四緑木星は、強い運の勢いに恵まれ、忙しい月になりそうです。

しかし、「破壊と腐敗」を担う五黄象意の環境におかれているので過去からこじれ続けていた問題を根本的に解決しなければならない状況が発生するかもしれません。

もし、これまで先送りしていた事であるなら、この機に処理されると良いでしょう。

本命星が回座する「巽宮」が担う「調いの気」を活かすチャンスに恵まれてるので物怖じすることなく取り組むと良いでしょう。

ただ、今月(11月)の四緑木星は「強い運の勢い」による影響も受けているので、何事も速やかに進めたい気持ちが現れる傾向があります。

その為「合理化」を図ろうとするかもしれませんが…

今月(11月)は「漸進」を心掛けて物事に取り組むことが開運行動となります。

正に「急いては事を仕損じる」です。

何事も順序正しく物事を進め、変則的な方法や独創的な発想で物事を推し進める行動は慎まれることを強くお勧めします

今月(11月)に同会する五黄土星は「再生」を促す作用もありますから、問題やトラブル解決は再生の機運に恵まれるので、単なる「トラブル処理」だけではない「徳」を得ることも期待できます

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 11月の日運グラフ

11月7日 立冬(13時57分)から
四緑木星 11月の日運グラフ

11月22日 小雪(11時34分)から
四緑木星 11月の日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 11月の仕事運

仕事運

今月(11月)は本命星(四緑)が回座する「巽宮」(四緑象意)が担う事柄に派生する月運となります。

その主な象意としては「外交、信用、人望、仲介、遠方、広告宣伝」ですので仕事面においては大きな影響を及ぼすかもしれません。

運の勢いが強い時期ですから大きく発展させるチャンスの月になり得ます

ただ、五黄土星と同会する環境に居る状態ですから、過去の問題解決や壊れかかった体制を整える事から着手しなければならない事態が発生するかもしれません。

五黄象意の「破壊」から「再生」へ導き、四緑象意の「調い」をしっかり活かす事で今までにない「調い」を成し遂げる可能性は大いにあります。

来月(12月)は月盤の中宮に回座し、年盤上で滞在している六白金星と同会する月を迎えます。

六白象意の「完成」の機運に乗っかる月運(12月)を迎えるので、11月に問題解決をされる方は「本物」に近づくチャンスとして捉えて取り組まれると良いでしょう。

 

念には念を入れよ

年運・月運共に強い時期ですので推進力で最大限に発揮して発展と成長を成し遂げたい気持ちが強く現れる時期なのですが…

進捗においてはスピード感を高める為に合理化を図るようなやり方は慎み、過不足とミスを起こさないように入念なチェックが仕事運アップにつなげる開運行動となります。

また、慣れた仕事であっても無意識な動作で作業を進めるのではなく、一つ一つ丁寧に意識づけしながら進めることを心掛けて下さい

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 11月の恋愛運

恋愛運・人間関係

巽宮回座による運としては「交際、結婚、縁談、見合い」といった象意により、出会いのチャンスはあるでしょう。

五黄土星と同会する影響もあって、横柄な人や不機嫌そうな人、何らかの問題を抱えている人との出会いもありそうです。

全ての出会いに問題があるわけではなく、大物も紛れていて、出会いにおいては玉石混合です。

お相手の中身をしっかり見抜く洞察力が重要となるでしょう。

同会する星の影響は対外的だけでなく、本人の内側からも現れる場合もあるので、四緑木星の方が横柄な態度や不機嫌そうな顔する可能性もあります。

意識的に「笑顔」を心掛けるようにされると良いでしょう。

そもそも、四緑木星は爽やかな「風」を担う星ですので難しい行動ではないので大丈夫でしょう!

 

丁寧で誤解のない表現

今月(11月)に回座する巽宮に内包されている「巳」に月破(破壊殺)が付く影響により、言葉や文章に含まれる情緒的な意味が思わぬ捉え方をされる可能性があります。

また、誤字や脱字、伝える相手を間違えるなどのミスを発生させる可能性もあるので、相手に情報を伝える際には入念なチェックを行った後に送ることを心掛けて下さい。

人間関係だけでなく仕事上でも同じようなことが言えます。

今月(11月)に回座する巽宮と本命星(四緑)の主な自然象意は「風」ですので、拡散力が大きいことは意識して「言葉と表現」を丁寧に選んで発信することを心掛けて下さい

 

スポンサーリンク

 

四緑木星 11月の金運

金運

今年(2021年)は震宮に回座し一年通して「飛躍とチャレンジ」に邁進する年運の最中にいます。

そして、今月(11月)は物事を調える機運に恵まれる月運が巡ります。

年運・月運共に高運期で物事や自身が発展と成長する時期にあたるので、得た収益は即投じる方へ向かう傾向があります。

決して悪い巡りではなく、健全な巡りは恒常的に維持すると良いでしょう。

ただ、今月(11月)は環境に何らかの問題があり、その事で身銭を切ることも起こり得るかもしれません。

その金銭を貸し借りで処理を行うと後々こじれる危険性も秘めています。

個人レベルでのお金の貸し借りは慎むことを強く勧めます

「差し上げる」つもりでお金を貸すと、「無利子無担保、ある時払いの催促なし」が通用する人として認識されてしまう原因をつくるかもしれません。

金銭の貸し借りは専門家である金融機関にお任せすることを心掛けて下さい

 

スポンサーリンク

 

2021年 四緑木星 金運アップの財布

九星別 金運財布

2021年 四緑木星に相応し金運財布と購入日

2021年に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

四緑木星 11月の健康運

健康運

体調を著しく崩すような事はないでしょう。

ただ、何らかの持病を持っている方はケアを怠らないように心掛けて下さい。

今月(11月)に同会する五黄土星には「古い問題」といった象意を含むので、昔患った病気の原因がハッキリ理解されている方は同じようなことを発生させるループにハマっていないか?

改めて生活習慣を見直してみると良いでしょう。

「発酵」による象意の恩恵として受けることが期待できる月ですから、発酵食品を積極的に摂取すると良いでしょう。

ただ、発酵も腐敗も同じです。

人間の価値観で有益性をもたらす場合は「発酵」で、有害な場合は「腐敗」とされているので、古くなった食品を口にするのは通常よりも慎重に判断することをお勧めします

 

 

九星気学 11月の運勢

九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2021年 運勢

 

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
建築事に用いられる十二直の吉凶も記載!
詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

四緑木星 2021年の運勢

2021年 辛丑 四緑木星の運勢

真の自立に向けて泥臭い挑戦で才能発揮
四緑木星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 四緑木星の運勢」御覧下さい。

四緑木星の月運

九星気学 四緑木星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

四緑木星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

 

四緑木星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

四緑木星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

子年 酉年 午年 卯年
1960年(昭和35)
2月5日4:23~
1961年(昭和34)
2月3日まで
庚子年

1969年(昭和44)
2月4日 8:59~
1970年(昭和45)
2月3日まで
己酉年
1978年(昭和53)
2月4日 13:27~
1979年(昭和54)
2月3日まで
戊午年
1987年(昭和62)
2月4日 17:52~
1988年(昭和63)
2月3日まで
丁卯年
1996年(平成8)
2月4日 22:08~
1997年(平成9)
2月3日まで
丙子年
2005年(平成17)
2月4日 2:44~
2006年(平成18)
2月3日まで
乙酉年
2014年(平成26)
2月4日 7:03~
2015年(平成27)
2月3日まで
甲午年
2023年
2月4日 11:43~
2024年
2月3日まで
癸卯年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ