一白水星 2021年11月の運勢 親和と親睦が開運へ

一白水星 11月 運勢と吉方位
2021年11月7日~12月6日
まで一白水星 11月本命星: 北(坎宮回座)
11月の吉方位:・北西・西

年盤・月盤共通の吉方位:
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:
2021年 一白水星 吉方位

一白水星 2021年11月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

立冬の節入り時刻は、2021年11月7日13時57分です。

 

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

三碧木星が巡る の祐気効果

  • 自身を鼓舞する勇気が湧き気持ちが調う。
  • 社会的信用を獲得する行動力が高まる。

 

北西

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上では七赤金星が回座し、暗剣殺がつくので年間通して暗剣殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

六白金星が巡る 北西の祐気効果

  • 目上や実力からの引き立てに恵まれる。
  • 気力と目的意識が高まる。

 

西

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上では八白土星が回座し、年間通して殺気方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

七赤金星が巡る 西の祐気効果

  • 金運・社交力アップ。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

下記表中の生まれ月をクリックして日盤吉方をご覧ください

一白水星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    一白水星 2021年11月の運勢 ~全体運~

    九星気学 11月 運勢

    一白水星 11月の月盤と年盤の重なりについて

    九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

    回座と同会について

    11月の月盤上では、「坎宮(北)」に本命星が回座し、年盤上で回座する二黒土星と同宮で会います。(二黒同会

    11月の一白水星は、坎宮回座による「一白象意」と二黒同会による「二黒象意」が主な課題となります。

    坎宮回座による主な一白象意

    水、穴、苦悩、忍耐、思考、内観、孤独、親和、流動性、物事の始まり、溺れる、秘密、不倫、色情、妊娠、睡眠、中年男性、部下、子ども

    二黒同会による主な二黒象意

    大地、努力、堅実、柔順、温和、準備、技術、労働、無気力、勤勉、怠惰、育成、古い問題、迷う、遅い、裏方、大衆、従業員、母、妻

    被同会について

    年盤上の離宮(南)に回座する本命星月盤上の九紫火星が上に被ります。(九紫被同会

    被同会は否が応でも九紫象意を他動的に被る事象が現れます。

    九紫被同会による主な九紫象意

    火、光、陽気、美麗、目立つ、先見の明、頭脳明晰、学問芸術、露見、最高位、精神性、分離、訴訟、手離す、感情、喧嘩、移り気、中年女性、学者、アーティスト

     

    スポンサーリンク

     

    今月(11月)の月盤は2022年の年盤と同じ「五黄中宮」です。

    本格的に2022年の年運が始まるのは2月立春からですが…

    今月(11月)に迎える月運は「2022年のプレ運気」を味わうような月運になりそうです。

    ただ、一白水星は二黒土星と同会する月ですので二黒象意の環境下で「坎宮(一白象意)」の月運となります。

     

    下降運=凶ではない!

    今月(11月)の一白水星は北に位置する「坎宮(かんきゅう)」と言われる宮に回座します。

    従って、月運としては一白象意の影響を受けるのでモチベーションが上がり辛い月となるでしょう。

    運気としては「弱い月」なので一般的に「凶」と表現される場合がありますが、決して「悪い運気」ではありません。

    季節に例えるなら「冬」、一日の時間帯では「真夜中」を表すので「活動的ではない状態」の事を表します。

     

    親和と親睦に恵まれる月

    今月(11月)の一白水星がおかれる環境としては、同会する「二黒土星」が派生する象意の影響を受けつつ、その象意を積極的に活用することが課題となります。

    運気としては一白象意の影響で孤独感を抱えてしまうかもしれませんが…

    二黒同会から派生する環境としては「親和と親睦」を積極的に図る月運に恵まれています。

    この「親和と親睦」とは、身近に触れ合うことが出来る人間関係(家族・恋人・同僚・ご近所)で、その関係に上下はなくフラットな状態で良好な関係を深めると良いです。

    なので、この時期は自分の中から湧き出る孤独感に苛まれないように心掛けることが開運行動となります。

    とは言え、一人で過ごす時間、そして自分と向き合って心の声に耳を傾ける良いタイミングとなる月です。

     

    新たな始まり、新たな目標

    今月(11月)に回座する「坎宮」は一白水星の本座に回座し、一白象意の「新たな始まり」に恵まれます。

    新規事が巡る月運なのですが、何かと気分が乗らずに過ごしてしまう可能性があるようです。

    この時期に始まる「新規事」は2022年の年運に繋がる事象が含まれている可能性が大いにあるので拒まずに取り組む方向でプレスタートされると良いでしょう。

    急成長させることを望まず、基盤から構築することを踏まえて目標設定されると良いでしょう。

     

    離合集散を経て新たな自分が始まる月

    今月(11月)は「親和と親睦」の機運に恵まれる、その反面これまでの人間関係を改めて見直すタイミングでもあります。

    本命星が二黒土星と同会すると必ず、不要なものを手離す「離の作用」を担う九紫火星が被同会します。

    従って、現在親しんでいる人間関係を手離す必要を見極めなければならい事も発生するかもしれません。

    ただ、強制的にバッサリ関係を切るような攻撃的なスタンスではなく、むしろ自分の中にある「執着や依存」を手離すことであります。

    この事象は必ず「人間関係」だけに起こる事象ではなく、目に見えない精神的な領域で起こる傾向があるので「価値観」に何らかの影響が現れるかもしれません。

     

    スポンサーリンク

     

    一白水星 11月の日運グラフ

    11月7日 立冬(13時57分)から
    一白水星 2021年11月の日運グラフ

    11月22日 小雪(11時34分)から

    一白水星 2021年11月の日運グラフ
    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    一白水星 11月の仕事運

    仕事運

    11月7日13時57分より二十四節気で割り当てられた「立冬」を迎え、冬の気配がたち始めます。

    寒くて辛いイメージが強い「冬」ですが、植物にとって冬は大切な季節で冬らしい「冬」を過ごす事で春に大輪の花を咲かし、そして素晴らしい実をつけます

    人間の人生もそれと同じで、ただし人にとっての「冬」単純な寒さではなく「苦悩」にあたります。

    発生した問題から逃げずに対処することで内面的成長を成し遂げられ、そして表面的成長(社会的成長)が促されます

    少々表現が大袈裟になりましたが、必ず何らかの問題が発生するわけではありません。

    ただ、気力が通常よりも下がり気味なので、ネガティブに捉え過ぎないように心掛けて下さい。

    今年(2021年)の運気が始まる立春から始まった月の九星が一回りし、次の春(高運期)に向けて基盤を構築する月運を今月(11月)に迎えます

    来年(2022年)は9年サイクルで迎える「冬のシーズン」を迎えるので、11月はもう既に「冬の気」が生じ始めます。

    この時期に現れる「新たな始まり」は、基礎をしっかり固める必要が生じるので、仕事上では「投資」が必要となるかもしれません。

    そのため、何らかのカタチで出費が発生するでしょう。

    事業をされている方は、このご時世ですから悩みの種となるかもしれません。

    しかし、「蒔かぬ種は生えぬ」ですから専門知識を豊富に持っている方に相談しながら水面下から始めると良いでしょう。

    今月(11月)は身近な人からの応援が期待できる月運に恵まれているので、遠慮せずに相談に乗ってもらいましょう。

    ただし、助けや応援を受ける際には相手を選ぶ必要あります。

    その人の能力・技・経験などを考慮して、お力を借りるようにして下さい。

    坎宮回座による影響は日々の仕事にも事象が現れますから、発展や拡大を追い求めるよりも、一白水星の優れた能力である「探求」を活かした、より深みのある仕事をされると良いでしょう。

    親和力が発揮できる月運に恵まれているので「人づくり」を目的にした活動で、仕事運の底上げを構築することが期待できます。

     

     

    一白水星 11月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    今月(11月)に回座する「坎宮」は一白水星の定位置ですので一白象意の事象が人間関係においても現れるでしょう。

    一白水星の代表的な自然象意は「水」で、その特性を上手に活用することが出来る能力を一白水星の方は持っています。

    今月(11月)の一白水星が置かれている環境は二黒土星が表す「平地」ですので、ゆっくり蛇行しながら大地を潤します。

    このような事象が恋愛面にも現れる可能性があるので、親和性の高い出会いに恵まれるでしょう。

    ただ、新たな出会いにおいては、激しくお酒を飲んで騒ぐようなパリピな場に参加するような気分にはならないでしょう。

    そのような場所に身を置いても運気と環境にギャップを感じて孤独を感じるかもしれません。

    今月(11月)は同会する二黒土星が担当する「身近、慣れ親しんでいる、フラット」から派生する環境での出会いでご縁がありそうです。

    同窓会や参加しているサークル、友人や親族を通しての出会いも期待できるでしょう。

    恋愛だけでなく、全ての人間関係において身近な人との親睦を心掛けると良いでしょう。

    特に! 夫婦水入らずの時間をもうけて、ゆったりとした時間を過ごすことで安心感が高まり不安感が癒されるでしょう。

     

    スポンサーリンク

     

    一白水星 11月の金運

    金運

    将来的に得るの大きな実りの基盤創りが始まる

    2021年は年間通して、目立つ環境におかれる年運の影響もあって、それに伴う出費もあったのではないでしょうか?

    そして今月(11月)は、これまでの出費とは違った出費が発生するかもしれません。

    2022年は今後の成長に必要な基盤を創る一年が始まります。

    そのような運気が生じ始めるので、その新たな始まりに必要な自分の内面を構築するための「基礎創り」の出費となるでしょう。

    例えるなら…

    作物の種を蒔くための「土づくり作業」です。

    なので、現時点の投資が即収益に繋がることは期待できません

    しかし、今後の人生に重要な「基盤」を構築するのですから、長期投資として捉えて取り組むことになるでしょう。

    なので、投じる事柄や目標をしっかり調査して内側から見極めることが重要となります。

     

    スポンサーリンク

     

    2021年 一白水星 金運アップの財布

    九星別 金運財布

    秋財布 2021年 一白水星に相応し金運財布と購入日

    秋財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    一白水星 11月の健康運

    健康運

    今月(11月)は体力を消耗し過ぎると回復に時間が掛かります。

    なので、体調に応じた健康管理をしっかり行って下さい。

    兎に角! 体を冷やさないことを心掛けて下さい。

    のぼせない程度にゆっくり温かいお風呂に入って体の芯から温めてから眠るようにして下さい。

    質の良い睡眠で健康を養う月運に恵まれているので、就寝前の飲食は控えて下さい

    12月には運気上昇と共に体調もかなり良くなりますが…

    今月(11月)の「健康を育む」取り組みが現れる運気を12月に迎えるので、規則正しい生活習慣とバランスの取れた食事を心掛けましょう!

    特別な健康管理に拘るよりも基本をベースにされると良いでしょう。。

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 11月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    建築事に用いられる十二直の吉凶も記載!
    詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    一白水星 2021年から9年間の運気

    転職・結婚などの人生のターニングポイントを知る
    一白水星 9年詳細は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    一白水星 2021年の運勢

    2021年 辛丑 一白水星の運勢
    自ら自身を向上させる強い意志で高みを目指す2021年
    一白水星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 一白水星の運勢」御覧下さい。

    一白水星の月運

    九星気学 一白水星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー
    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    一白水星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    一白水星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    一白水星 2022年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    卯年 子年 酉年 午年
    1963年(昭和38)
    2月4日 22:08~
    1964年(昭和39)
    2月4日まで
    癸卯年
    1972年(昭和47)
    2月5日 2:20~
    1973年(昭和48)
    2月3日まで
    壬子年
    1981年(昭和56)
    2月4日 6:56~
    1982年(昭和57)
    2月3日まで
    辛酉年
    1990年(平成2)
    2月4日 11:14~
    1991年(平成3)
    2月3日まで
    庚午年
    1999年(平成11)
    2月4日 15:57~
    2000年(平成12)
    2月3日まで
    己卯年
    2008年(平成20)
    2月4日 20:01~
    2009年(平成21)
    2月3日まで
    戊子年
    2017年(平成29)
    2月4日 0:35~
    2018年(平成30)
    2月3日まで
    丁酉年
    2026年2月4日
    5:02~
    2027年2月3日まで
    丙午年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ