一白水星 2020年11月の運勢 喜びの提供が運気アップへ

一白水星 11月 運勢と吉方位
2020年11月7日~12月6日まで一白水星 11月本命星: 西(兌宮回座)
11月の吉方位:南・

年盤・月盤共通の吉方位:
遠方旅行・移転・引っ越し吉方位

2020年の吉方位:・南東
2020年 一白水星 年盤

 

 

一白水星 2020年11月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

四緑木星が巡る 11月のの祐気エネルギー

  • 親しい人との関係性が深まり強い信頼関係が長く続く
  • 内に秘めている才能や能力に気づく

 

三碧木星が巡る 11月のの祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では歳破殺方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

  • 成長や飛躍に必要な知識や学びに気づく
  • 表現や発信力に貢献するヒラメキに恵まれる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

生まれ月別(月命星)の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事にジャンプします。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

一白水星 2020年11月の運勢 ~全体運~

一白水星 11月「月盤と年盤の関係」
兌宮回座により九紫同会。艮宮にて二黒被同会(上記の年盤と月盤参照)

11月の月盤では、一白水星は酉方位(西)に「兌」と書かれている「兌宮(だきゅう)」という宮に入ります。

11月 吉神 月盤

兌宮(西)は、喜悦を担当する七赤金星の本座(定位置)です。

主に「口(くち)」に関わる事柄を担当するので、「会話、飲食」を通じて人々と集い、楽しむことを象徴します。

また、西の宮ですので季節としては「実りの秋」に通じ、現代的には「収穫=お金」とされています。

なので、兌宮は本命星が入る月運のエネルギーとしては、ピークが過ぎ、成果を手に入れた後の「宴」のような運気となります。

開運ワードは「次のステージに向けて不足を認め補う」

 

11月7日08:14から立冬

二十四節気の「立春・立夏・立秋・立冬」の「立」は新たな季節の始まりを意味し「立冬」は「冬」の始まりを表します

そして、今年も残り4分の1弱となりました。

人の気を表す「九星」は「引継ぎ・変化」を担う八白土星が「中宮」に回座するので、八白が中心的な役割を担います。

月盤の震宮(東)に回座する六白に天道が付き、年盤上の六白(南東)には月破が付いた七赤が被同会するので…

「政治・経済(六白象意)・金(七赤象意)」の問題に注目を浴びそうですね。

go to 2021 辛丑

「人の気」は早々と2021年の運気に向けて意識(集合的無意識)が注がれています。

11月の月盤では、一白は九紫同会、二黒は一白同会、三碧は二黒同会(歳破)、四緑は三碧同会、五黄は四緑同会、六白は五黄同会、七赤(月破)は六白同会、八白は七赤同会、九紫は八白同会です。(上記の年盤・月盤参照)

同会が成立する宮は違いますが。

下記の図は、後天定位盤の上に2021年の年盤を乗せた図です。

九紫同会

各九星が同会する星としては「2021年の年盤と同じ」です。

2021年の一白水星の場合、南の「離宮」に回座して「九紫同会」となります。

なので、11月の出来事は2021年の運気が始まる前の「序章」のような気が漂う月となるでしょう。

 

明るさが見える、勘が冴える月

今年(2020年)は正に「激動」から幕開けした一年で、その影響でオリンピック中止などの様々な異常事態が続いています。

世の中全体が、有事状態に陥り大きく変わろうとしています。

そして、今年(2020年)の一白水星は転換期が始まる「変化運」となる一年で、職場・家庭・立場などが変わり、その対応に追われながら奮闘!

そんな最中の今月(11月)の一白水星は、頭脳の働きが素晴らしく良好で、先を見通す「先見の明」にも恵まれます

今月(11月)に回座する西の「兌宮(だきゅう)」は、次のステージに向けて思考を向けることを促します。

そして、その宮には一年間(2月立春から翌年2月節分まで)「頭脳明晰と先見の明」を担う九紫火星と同会する月なので、先行きが見え始めるでしょう。

これまでは、先が見えない「変化」に不安を感じることが多かったかもしれませんが…

進む先が見えることで、明るい気持ちになれるでしょう。

 

悦び・楽しみを提供して運気アップ

今月(11月)の月盤では、一白水星は「悦び・楽しみ」を象徴する兌宮に回座するので、「人々を悦ばせる、楽しませる」ことがテーマであり、開運行動となります。

その「悦びや楽しみ」を見つけるヒントとして「不足」です。

足りないモノが満たされると人は喜びますから「不足」こそが「悦びの根源」となります。

なので、不平不満の声を上げる前に「どうして満たすか?」「代わりになるモノはないか?」など、頭脳をフル回転させてみましょう!

頭脳明晰で先見の明に恵まれた月運を大いに活かすチャンスです!

2021年の一白水星は素晴らしく勘が優れるので、この時期の体験が2021年に活かされるかもしれません。

 

一陽来復に向かう陰極まる月

11月(立冬)は「丁亥の月」。

「亥月」を易の八卦で表すと上下「」となる坤為地(こんいち)です。

この気は、この時期に全ての九星が受けている気です。

陰の気が最も極まるのですが、内側では「陽」をじっくり育んでいます。

陽は外に向けるエネルギーですので、そのエネルギーの根源を育む気が漂う月であります。

なので、この時期の気づきは来年に必要な事柄に繋がる「ヒント」かもしれません。

「偶然は必然」ですので、ご縁や物事のきっかけなどは敏感に感じ取る「洞察力」を高めると良いでしょう。

逆にネガティブな事柄も来年に向かわせる可能性があるので、危機管理はしっかり行いましょう。

 

一白水星 11月の日運グラフ

11月7日から21日まで
一白水星 11月 日運グラフ

11月22日から12月6日まで
一白水星 11月 日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

一白水星 11月の仕事運

仕事運

今月(11月)の一白水星は、頭脳の回転が素晴らしく、頭脳明晰なコンディションとなる月運に恵まれます。

単純にタスク処理能力が高まるような頭脳ではなく、創造性が高まり、アイデアが豊富に浮かぶ頭脳です。

この能力を活かして、企画や今後のプランを立て見ると良いでしょう。

来月(12月)は、月運における「変化運」が巡るので、2020年の集大成のような月になりそうです。

なので、この時期に計画することや企画は、汎用性の高い内容で仕上げる方が良いでしょう。

とは言え、根拠やエビデンスを除外した「夢物語」のような企画にならないようにしましょう。

今月(11月)は、気持ちの高揚感やワクワク感が高まる傾向があるので、気持ちを引き締めて注意力は強化して業務に励みましょう!

 

一白水星 11月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今月(11月)は、趣味や娯楽など「悦び・楽しみ」に恵まれる月運です。

一人で趣味に没頭することも良いのですが、趣味を通して多くの人々と関わるコミュニティなどに積極的に参加してみましょう!

今月(11月)一白水星が回座する「兌宮」は「恋愛」を担当する宮でもあり、肉体的部位では主に「口(くち)」を担当するので、飲食や会話を通して楽しい時間を過ごすことが出来るでしょう。

なので、恋活中の方にとっては、出会いのチャンス月となります。

積極的に活動することがチャンスを手に入れる絶対条件となるので、受け身姿勢ではダメです!

「片思い」ほどの思いはなくても、お友達感覚で食事に誘うようなアクションも起こしてみましょう!

少人数のグループ飲み会を企てて、誘ってみましょう!

 

スポンサーリンク

 

一白水星 11月の金運

金運

今年の一白水星は環境や状況の変化が多く、その影響が金銭面に現れる事が多い一年です。

なので、『転職』の二文字が頭に浮かぶことも多かったと思います。

世の中全体が大きく変わり、その影響から価値観や雇用環境も変わり、国や大企業さえも国民に「副業」を推奨しています。

激動の時代を生き抜く方法の一例として、この機会にダブルインカムを視野に入れて、フリーランスのような「副業」を検討してみるのも一つの手段です。

長年サラリーマンをされていた方にとっては、かなりハードルは高いかもしれませんが。

それは「意識」レベルのハードルですので「知恵やスキル」のハードルは高くありません。

むしろ、自分の好きな事、趣味、得意な事を活かして「好きな事でお金を稼ぐ」ことを試みると良いでしょう。

ポイントは限りなく投資資金は「ゼロ」を目指しましょう。

これだけインターネットが普及した世の中なので、この環境を利用しない手はありません。

このような取り組みを通してマネーリテラシーや税においても意識が高まります。

副業でもフリーランスなら経費が認められ、按分ではありますが家賃や電気代なども経費に出来るので節税が可能です。

2021年の一白水星はワンランク上を目指した「学び」を活かして、表現する一年を迎えます。

この運気を上手に活用して金運に繋げましょう!

 

スポンサーリンク

2020年 一白水星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

秋財布 2020年 一白水星に相応し金運財布と購入日

秋財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

一白水星 11月の健康運

健康運

今月(11月)は、体調も良好なので気分も軽く、コミュニケーション能力も高まっています。

この機会にスポーツを始めてみると良いでしょう。

今まで関わる事もなかった人々とのコミュニティが広がり、人脈に繋がるかもしれません。

さらに、健康が手に入って一石二鳥です!

今年(2020年)は、身体的な滞りが起こりやすい一年ですので、運動不足を解消させるチャンスかもしれません。

無理のない運動習慣を少しづつ癖づけて、免疫アップに繋げましょう!

 

スポンサーリンク

九星気学 11月の運勢

九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

2020年 一白水星の運勢

2020年一白水星の運勢一白水星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら一白水星 2020年の運勢」御覧下さい。

一白水星の月運

九星気学 一白水星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

2020年 一白水星 上半期と下半期のバイオリズムグラフ

一白水星 2020 グラフ変化と改革で豊かな人生へ導く!
2020年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

 

2020年 一白水星の相性 ご縁と人間関係

一白水星 相性 20202020年の一白水星は「リコネクティング(Reconnecting)」を活用しよう!
2020年 一白水星と各九星のご縁と相性期 を詳しく、こちらの記事で紹介しています。

 

一白水星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

一白水星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

一白水星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    卯年 子年 酉年 午年
    1963年(昭和38)
    2月4日 22:08~
    1964年(昭和39)
    2月4日まで
    癸卯年
    1972年(昭和47)
    2月5日 2:20~
    1973年(昭和48)
    2月3日まで
    壬子年
    1981年(昭和56)
    2月4日 6:56~
    1982年(昭和57)
    2月3日まで
    辛酉年
    1990年(平成2)
    2月4日 11:14~
    1991年(平成3)
    2月3日まで
    庚午年
    1999年(平成11)
    2月4日 15:57~
    2000年(平成12)
    2月3日まで
    己卯年
    2008年(平成20)
    2月4日 20:01~
    2009年(平成21)
    2月3日まで
    戊子年
    2017年(平成29)
    2月4日 0:35~
    2018年(平成30)
    2月3日まで
    丁酉年
    2026年2月4日
    5:02~
    2027年2月3日まで
    丙午年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ