一白水星 2021年10月の運勢 完成と評価運高まる謙虚さが吉

一白水星 10月 運勢と吉方位
2021年10月8日~11月6日
まで一白水星 10月本命星: 南(離宮回座)天道
10月の吉方位:南西・

年盤・月盤共通の吉方位:
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:
2021年 一白水星 吉方位

一白水星 2021年10月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

寒露の節入り時刻は、2021年10月8日10時36分です。

2021年10月20日~11月6日までは秋の土用期間で「北西」が土用殺方位となります。

 

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

四緑木星が巡る の祐気効果

  • 自身を鼓舞する勇気が湧き気持ちが調う。
  • 社会的信用を獲得する行動力が高まる。

 

南西

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上では未(南西よりやや南)に破壊が付き、年間通して歳破殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

三碧木星が巡る 南西の祐気効果

  • 勤勉さ促され持久力向上。
  • 段取り力が向上する。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

下記表中の生まれ月をクリックして日盤吉方をご覧ください

一白水星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

    一白水星 2021年10月の運勢 ~全体運~

    九星気学 10月 運勢

    2022年の年運の特徴が色濃く現れる特別な月

    九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

    回座と同会について

    10月の月盤上では、「離宮(南)」に本命星が回座します。

    そして、年盤上の離宮には一年間(2月立春から翌年2月節分まで)一白水星が回座しています。

    従って、10月は六白中宮の月盤と六白中宮の年盤が重なる月となります。

    このような現象は九ヵ月に一度、必ず起こる現象です。

    2022年の一白水星は年間通して離宮回座による「九紫象意」から派生する事象が課題となります。

    離宮回座による主な九紫象意

    火、光、陽気、美麗、目立つ、先見の明、頭脳明晰、学問芸術、露見、最高位、精神性、分離、訴訟、手離す、感情、喧嘩、移り気、中年女性、学者、アーティスト

    易では「水火既済 ☵☲」に相当し、主な事象としては「整然と完全」を果たし、様々な評価を得る一年です。

     

    スポンサーリンク

     

    2021年の特徴が強まり、ゆっくり2022年の気が生じ始める

    8月の立秋から2021年の後半に入りました。

    そして、10月は年盤と月盤が同じ盤が重なる月を迎え、今年(2021年)の年運の事象が強く現れる月を迎えます。

    何事もピークを迎えると、次のステージに向かい始めるのでピーク後から少しずつ来年(2022年)の年運の気がゆっくりと生じ始めます

     

    注目され目立つ存在

    今年(2021年)の一白水星は陽の光を強く浴びる「南」に位置する「離宮(りきゅう)」に一年間(2月立春から翌年2月節分まで)本命星と恵方(歳徳神)が同宮で滞在しています。

    その年運の最中に迎える今月(10月)では、同じく離宮に回座し、天道が付きます。

    非常に目立つ場所に居ながら天からの光が降り注ぐ、正に「スポットライト」に照らされてる状態です

    なので、これまでの努力や成果が評価される月運となります。

    九星気学のセオリーでは、2013年の坎宮に回座していた頃に水面下で基盤を構築した事の成果に対する評価となります。

    ただし、2013年以降から巡る高運期から充実期さらに変化運を経て今に至るわけですから今の評価がどこから派生しているか?においては人ぞれぞれです。

    今月(10月)に照らされる光はとても強い光ですので、陰の部分も色濃く現れる可能性があります。

    日々の行動や態度においては、常に「自覚」を意識的に行うことを心掛けて下さい。

    特に「謙虚さ」は失わないことを強くお勧め致します。

     

    「離の作用」を最大限に活かす月

    今月(10月)の一白水星は頭脳の回転がとても良く、何事においても先を見通す能力も高まります。

    その影響のせいか…

    周りの人々の能力に物足りなさを感じて苛立つ感情が現れるかもしれません。

    年運・月運共に「火」を担う離宮に本命星が回座しているので「感情」に火が付くと一気に燃え上がる可能性があります。

    しかし、感情的になって口論や対立が発生させると「陰(闇)」の部分が一気に現れ、ネガティブなスポットライトに晒されてしまう可能性を高めることになります。

    他者を責めたい気持ちが現れたら、他責思考に陥る原因を自分の中から見つけ出しましょう

    年間通して「余分なものを手離す一年」で、さらに「離の作用」が高まる今月(10月)は自分の中にある「執着」を手離しましょう!

    また、執着だけでなく「余分なモノ」や「余分なこと」も手離す事で精神的な新陳代謝が促され、新たな知恵やチャンスに恵まれ、それが次のステージで必要な武器となるでしょう!

    今月(10月)は「天道」即ち「天からの導き」に恵まれる月ですので「執着や葛藤」を手離すことで余裕が現れ、その「ゆとりスペース」に天道と恵方から持ち込まれる「徳」が入ります

     

    一段上の基盤を水面下で構築する2022年

    執着を手離す事で抵抗感なく自己受容が出来ます。

    その上で今の自分の未熟なところを知り、その部分を養うような要素を咀嚼することが出来ます。

    そこから得た栄養素が2022年の基盤創りに重要な栄養素となります。

    一白水星の方は今年(2021年)だけでなく、来年(2022年)から2025年まで何らかのカタチで陽の光を浴びる数年間を迎えます

    下記の図は2022年から10年間の年運エネルギーを可視化した図です。

    一白水星 9年運上記の図で示されている2022年の坎宮回座では「低調」と表していますが「悪い」わけではなく、むしろ今後9年間の基盤を水面下で構築する「大事な土台」を創る一年です。

    その翌年(2023年)から高運期が始まり、芽吹きの年となる2024年から第九運が始まります。

    干支が一回りする60年間を「上元・中元・下元」の三つに区切り、その一つ「20年間」を大運とされています。

    世の中全体の運気が大きく切り替わる過渡期ですので、あらゆる事がきっかけとなって変容しています。

    この時期に得た知識や経験は「貴重な無形財産」となるでしょう。

     

    三元九運説の表

    三元九運は180年で切り、各20年ごとに第一運から第9運があります。

    現在は、下元の第八運の終盤で2024年立春から20年間は第九運が始まることを表した表です。

    三元 九運 期 間
    上元
    60年間
    第一運(20年間) 1864年2月(立春) 一白 甲子 から
    1884年2月(節分) 九紫 癸未 まで
    第二運(20年間) 1884年2月(立春) 八白 甲申 から
    1904年2月(節分) 七赤 癸卯 まで
    第三運(20年間) 1904年2月(立春) 六白 甲辰 から
    1924年2月(節分) 五黄 癸亥 まで
    中元
    60年間
    第四運(20年間) 1924年2月(立春) 四緑 甲子 から
    1944年2月(節分) 三碧 癸未 まで
    第五運(20年間) 1944年2月(立春) 二黒 甲申 から
    1964年2月(節分) 一白 癸卯 まで
    第六運(20年間) 1964年2月(立春) 九紫 甲辰 から
    1984年2月(節分) 八白 癸亥 まで
    下元
    60年間
    第七運(20年間) 1984年2月(立春) 七赤 甲子 から
    2004年2月(節分) 六白 癸未 まで
    第八運(20年間) 2004年2月(立春) 五黄 甲申 から
    2024年2月(節分) 四緑 癸卯 まで
    第九運(20年間) 2024年2月(立春) 三碧 甲辰 から
    2044年2月(節分) 二黒 癸亥 まで

    10月の月運の記事にも関わらず、随分未来の事が含まれたお話になりましたが…

    世の中全体的に今までに経験したことのないことを体験し、世の中全体的な変化が顕著に表れてるのは下元「第八運」終盤で「変化の気」が強く現れ、さらに!今年(2021年)は完全性をもつ六白金星が中宮に回座していることが大きく影響しているのでしょう。

     

    スポンサーリンク

     

    一白水星 10月の日運グラフ

    10月8日 寒露(10時36分)から
    一白水星 10月の日運グラフ

    10月23日 霜降(13時51分)から

    一白水星 10月の日運グラフ
    日運グラフについて

    日運

    日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
    とは言え、過度に委縮する必要はありません。

    十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
    ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

    暗剣殺・日破殺

    必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
    何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
    暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
    日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

    日建

    日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
    ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
    日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    一白水星 10月の仕事運

    仕事運

    今月(10月)は今までの努力や成果が評価される月運に恵まれます

    ただし! ライセンスや国家試験などの受験結果が現れるような月運です。

    頑張った人は頑張った結果が現れます。

    しかし、頑張りがそれなりの人はそれなりの結果が現れる。

    要するに白黒はっきり表れる月運ですので、何事においても無条件で高評価が得られるわけではありません。

    とは言え、良くも悪くも評価を真摯に受け止めることが重要な開運行動となります。

    この時期に得た経験は「次の高みを目指す基盤創り」に必要な要素を手に入れるチャンス月です。

    基本的に試験運は好調ですから、しっかり準備をされた方は昇進試験を受ける絶好のチャンス月です!

    知識や教養の蓄積が溢れ出て「知恵」となって現れますから企画の発表やプレゼンなどはかなりクオリティ高いものを創り出すことが出来るでしょう。

    人前に立って「表現する」チャンスも巡ってくるので気後れすることなく表現してみましょう!

    ただ、人によっては「産みの苦しみ」を味わう方もおられるでしょう。

    そのような事態に陥っても、その状況は決して不運ではありません

    むしろ更なる高みに導かれる「天道」を歩んでいるから起こる事象ですので凹まずに情熱を注いてください

     

     

    一白水星 10月の恋愛運

    恋愛運・人間関係

    不要なモノ、古いモノ、本来の価値を失った物などを手離す良い月です。

    この事象は物質的な範疇だけでなく、技・習慣・人間関係にもおよびます

    恋愛や友人などで「腐れ縁」を断ち切るには良い月運が巡っています。

    「不要な物=廃棄物」には五黄象意が宿りますから、澱みが生じます。

    目に見えない「縁」においても同じようなことが言えますから悪友やオープンにできない恋愛関係から離れましょう

    来月(11月)は大切な人間関係の親和性を深める月運が巡るので「人間関係構築」において大切な月運が巡ります

    さらに! 2022年は一段上の基盤を水面下で構築する年運が巡り、身近な人間関係が重要な年を迎えます

    今月(10月)は「離の作用」により「離合集散」が促されるので「去る者負わず」が良い結果に繋がります

    ただし、一時の感情で人間関係を断捨離するのは信頼を著しく損ねるので「感情」判断することは慎むようにして下さい。

     

    スポンサーリンク

     

    一白水星 10月の金運

    金運

    物質的な成果よりも才能や技能が公で認められる、とか功労や手柄が認められるような事象が強く現れる月ですので、その延長線上の報奨金を獲得するようなカタチで収入アップは期待できそうです。

    「濡れ手に粟」のように手に入れる金銭においては明暗が別れそうです。

    公序良俗に反した方法や法令違反ギリギリのグレーゾーンで稼いだ金銭においては何らかのカタチで審判が下るかもしれません

    また、副業などの収入を申告せずに放置されている方は修正申告をされることをお勧めします。

    一見、華やかな運気に恵まれるのですが…

    未熟な部分にも光が当たる運気ですので「隠ぺい」は表面化する可能性があります。

    逆に「注目」されることで何らかの利益をもたらすことが可能です

    出版や電子書籍、ブログなどのマネタイズを構築して世に出すことで金運アップは期待できるでしょう

     

    金銭感覚においても断捨離!

    今年(2021年)はコロナの影響で様々な面で流れが変わり、世界のあちこちでスタグフレーション(stagnation=停滞とinflation=インフレーションの合成語)が起こり、その影響も日本にも起こる可能性は大いにあります。

    改めて固定費を見直して不必要なお金の流出を防ぎましょう。

     

    スポンサーリンク

     

    2021年 一白水星 金運アップの財布

    九星別 金運財布

    秋財布 2021年 一白水星に相応し金運財布と購入日

    秋財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

    財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    一白水星 10月の健康運

    健康運

    今月(10月)は20日~11月6日までは秋の土用期間とです。

    土用は季節と季節の変わり目の混沌とした期間のことを表すので身体的にも不安定な状態に陥りやすい期間と言えます。

    今月(10月)は精神的な緊張もあって、ストレスを抱え込むことを体験するかもしれません。

    今月(10月)と来月(11月)にかけて免疫力を落とさないように心掛けましょう。

    平常時の体温は低体温に陥らないように身体を温め、さらに身体を温める食材を選んで積極的に摂取することを心掛けて下さい。

    今月(10月)は精神面ならびに肉体面において「口にするもの」による影響が強く反映されます。

    ジャンクフードばかり摂取すると「ジャンクな体」が作り出されます。

    「味覚や嗜好」に依存することなく「体と会話」して「体が喜ぶ」ような食品を摂取することを心掛けて下さい

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 10月の運勢

    九星気学 毎月の運勢
    一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    建築事に用いられる十二直の吉凶も記載!
    詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    一白水星 2021年から9年間の運気

    転職・結婚などの人生のターニングポイントを知る
    一白水星 9年詳細は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    一白水星 2021年の運勢

    2021年 辛丑 一白水星の運勢
    自ら自身を向上させる強い意志で高みを目指す2021年
    一白水星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 一白水星の運勢」御覧下さい。

    一白水星の月運

    九星気学 一白水星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー
    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    一白水星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    一白水星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    一白水星 2022年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。

    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    節入り前に生まれた方へ

    誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
    九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
    下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

    九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
    従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

    卯年 子年 酉年 午年
    1963年(昭和38)
    2月4日 22:08~
    1964年(昭和39)
    2月4日まで
    癸卯年
    1972年(昭和47)
    2月5日 2:20~
    1973年(昭和48)
    2月3日まで
    壬子年
    1981年(昭和56)
    2月4日 6:56~
    1982年(昭和57)
    2月3日まで
    辛酉年
    1990年(平成2)
    2月4日 11:14~
    1991年(平成3)
    2月3日まで
    庚午年
    1999年(平成11)
    2月4日 15:57~
    2000年(平成12)
    2月3日まで
    己卯年
    2008年(平成20)
    2月4日 20:01~
    2009年(平成21)
    2月3日まで
    戊子年
    2017年(平成29)
    2月4日 0:35~
    2018年(平成30)
    2月3日まで
    丁酉年
    2026年2月4日
    5:02~
    2027年2月3日まで
    丙午年

     

    関連記事(一部広告含む)

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ