五黄土星 2020年10月の運勢 盛運期に向けて下準備

五黄土星 10月 運勢と吉方位
2020年10月8日~11月6日まで五黄土星 10月本命星: 北(坎宮回座)
10月の吉方位:南西・東・西

年盤・月盤共通の吉方位:なし
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2020年の吉方位:南東・北西
2020年 五黄土星 年盤

 

 

五黄土星 2020年10月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

秋の土用期間は、10月20日から11月6日までです。

この期間中は、北西土用殺方位となります。

 

南西

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では南西殺気方ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

六白金星が巡る 10月の南西の祐気エネルギー

  • 努力の成果や勤勉な人柄が「評判」となって情報が広がる
  • 予期せぬ出会いがご縁となって物事が発展する

「一日で60日分の日盤吉方の日」

10/9(金)、10/18日(日)、10/27日(火)、11/5日(木)です。

月盤と日盤が同じ盤(九紫中宮)ですので、この日だけ南西で六白の気が高まります。

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

但し、7月生まれ・10月生まれの方は除きます。(月命殺もしくは月命的殺の為)

 

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では五黄殺方位ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

七赤金星が巡る 10月のの祐気エネルギー

  • 恋愛でイニシアチブをとる勇気が湧く
  • 未練や腐れ縁を断ち切り次へ向かう勇気が湧く

 

西

二黒土星が巡る 10月の西の祐気エネルギー

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では西暗剣殺ですから、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

  • 次に向かうイメージが具体化する
  • 価値を生み出す粘り強い努力が高まる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

五黄土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

五黄土星 2020年10月の運勢 ~全体運~

五黄土星 10月「月盤と年盤の関係」
坎宮回座により三碧同会。震宮にて七赤被同会(上記の年盤と月盤参照)

10月の月盤では、五黄土星は「坎」(方位は北)と書かれている「坎宮(かんきゅう)」という宮に入ります。

10月 吉神 月盤

坎宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、「低調運」となります。

しかし「低調=悪い運」ではなく、むしろ今後は必ず上昇運気を迎えます。

従って、必ず訪れる好機に備えて「計画と下準備」のタイミングです。

開運ワードは「リサーチ力を最大限に活用」

 

2021年の盛運期に向けて自分を内観して刺激する

今年(2020年)の五黄土星は、「自身の才能や資質を活かして世に出る」一年です。(三碧象意を活用する年)

2020年立春から飛躍運に入り、チャレンジと前進の連続だったと思います。

月運においては、早くも4月(清明以降)からピークを迎え、その後も充実を図りながら新たなチャレンジに挑まれ続けていたと思います。

そんな年運の真っ只中に迎える10月なのですが…

月運としては、今年最も低調な月運となります。

とは言え、「低調=悪い運」ではありません。

10月の月運を活用して「自分自身を内観」を行い、そこから得た「気づき」が大きなチャンスの元となります

2021年は、9年周期で巡る「盛運の年」を迎えるので、その下準備を行う大切な月です。

年盤の坎宮(北)に「躍動と挑戦」を担う三碧木星が一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在ししています。

そして、さらに木星の精とされる「太歳」の光があたり、10月はその三碧木星と同会する月となります。(三碧同会)

「坎宮」は一白水星の定位置ですので、一白象意の運気によるエネルギーと同会する三碧象意を上手に活かすことがポイントとなります。

一白は水性の星なので、水の性質である「浸透・溶解・冷却」を活用して自分自信を冷静に内観してみましょう。

そして、三碧象意である「才能と資質の顕現化」を促すように働きかけると良いでしょう。

その一例としては、「無意識」という深い潜在意識まで、深く向き合うと良いでしょう。

自分らしく生きる

五黄土星は特別な星で他の八星を支配する強力な星で「破壊と再生」を担います。

破壊するのも、壊滅的な状況や腐敗したモノを蘇らせるのも五黄土星です。

その驚異的なパワーの源は「欲求」にあります。

心理学者マズローの欲求5段階説では、大きく二つに分かれる「欠乏欲求と成長欲求」があります。(下記の図)

マズローの 5 段階 自己実現

自分の人生の主役は「自分」

人間は自分の才能や資質を見出し、人生を自由に思うがままに生きたいと思う「成長欲求」があります。(自己実現)

しかし、生きる原動力が「欠乏欲求」だと環境や他者に依存するので、常に不安や緊張を抱えます

若しくは、必要以上に欠乏欲求に執着しているかも?しれません。

成長欲求に意識を向ければ良いのですが…

成長欲求を欲するエネルギーは非常に弱く、身の回りには欠乏欲求を刺激するモノが溢れ、無意識に欠乏欲求を発動させてしまいます

今年(2020年)の五黄土星は硬い殻を破って芽吹く(世に出る)年に、それが出来ていない、若しくは不安で出来ないと感じている方は「欠乏欲求」の不足と過度な執着が発動していないか?などを自分に問いかけると良いでしょう。

今月(10月)は少し気持ちが落ち込む時がありますが…

そんな時こそ自分と向き合い、探求することで「あっと!驚く」ような気づきが得られるかもしれません

また、外からも驚くような出来事が持ち込まれることもあるでしょう。

しかし、周囲に流されることなく、自らを奮起させる「刺激」の方が良い結果に繋がるでしょう。

来月(11月)から運気は急激に上昇し、翌年1月には盛運月を迎えます。

 

五黄土星 10月の日運グラフ

10月8日から22日まで
五黄土星 10月の日運グラフ

10月23日から11月6日まで
五黄土星 10月の日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。
※五黄土星と冲(対面)により起こる暗剣殺は、五黄土星にはありません。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 10月の仕事運

仕事運

どんな仕事でも、仕事はコミュニケーションや理解・判断など様々な能力を多用し、成果に繋げる高度な活動であります。

なので、働く人にとって「体が資本」です!

今月(10月)は様々な声が掛かり、新たなプロジェクトチームに加わったり、クレーム処理、問い合わせ、相談など…

色んな意味で、周りがザワザワしている状況の中で仕事をすることになりそうです。

基本的に集中力が高まる月運に恵まれているのですが。

体調がイマイチだと集中力どころか、気合を入れて仕事を始める気持ちすら盛り上がりません。

なので、今月(10月)の五黄土星は体調管理に徹することを先ずは第一に心掛けて下さい。

仕事の内容としては、実入りが少ない内容だったり、モチベーションが上がらない内容の仕事が多く、少々ガッカリするかもしれませんが。

とは言え、この時期に発生する仕事は、後々大きな成果に繋がる可能性を秘めています

 

 

五黄土星 10月の恋愛運

恋愛運・人間関係

今月(10月)の五黄土星は、モチベーションが上がり辛い傾向があるので、新たな出会いを積極的にハントする気分になり辛いかもしれません。

しかし、新たな出会いを求めている方は、頭で色々考えるまえに「行動する」ようにしましょう。

10月は新たなご縁が発生する月運に恵まれてます。

その出会いで、雷に打たれたような「ときめき」を感じることもあるかもしれません。

今月(10月)は、恋愛だけに関わらず「出会い」が刺激となって、五黄土星の成長を促す可能性がある月運です。

10月は「喜悦」を担う七赤金星が五黄土星に被る月です。(七赤被同会)

2020年の年盤においても同じく七赤被同会です。

七赤は喜悦を促す星ですから、快楽的な事柄に大きく影響します

五黄土星だけに限らず人間は、新たな快楽的刺激は「とても刺激的」です。

なので、全体運で述べた「欠乏欲求」(特に①生理的欲求)に陥らないように心掛けて下さい。

被同会は良くも悪くも「被る」ようなスタイルで受動的に運気に作用します。

七赤が担当する身体的部位は主に「口(くち)」ですので、口に関する事柄には気を緩めないようにしましょう。

人との関りにおいてコミュニケーションは必要不可欠なので、その際に少々気持ちが落ち込むような言葉を耳にするかもしれません。

その思いを心に留めておくと無意識の領域に刷り込まれ、ネガティブな言葉をうっかり発してまうかもしれません。

ネガティブな言葉は、敏感に反応せず「サラッ」と水に流しましょう。

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 10月の金運

金運

お金は「成果に対する対価」として得るものですので10月の活動が後に「対価」として現れます

なので、この時期に「成果」を得ることよりも、成果に繋がる元を仕込む準備を行いましょう

今月(10月)は成果の元となり得る芽吹きの兆しも現れます。

しかし、現時点で取捨選択せずに「自分らしく活動する勇気」を発動させる取り組みを行いましょう!

即、成果が発生して対価を得ることが出来なくても金運アップに繋がる可能性は大いにあります。

今月(10月)の五黄土星の吉方は、どれも金運アップに繋がる吉方位です。

旅行やお出かけなど、様々なシーンで用いると良いでしょう!

先月(9月)に高額な買い物や派手にお金を使われた方は、今月の支払いが少々厳しく感じるかもしれません。

 

 

2020年 五黄土星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

秋財布 2020年 五黄土星に相応し金運財布と購入日

金運上昇に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

また、財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

五黄土星 10月の健康運

健康運

今月(10月)の五黄土星は物事の始まりを表す「一(いち)」九星的には「一白」に当たる「坎宮」に回座しているので、体力は低下気味なので健康管理に徹することを強く勧めます!

健康は「栄養と休養」がとても重要なので、先ずはしっかり休養を取ること!

そして、口にするものはカロリーベースではなく、体をつくる上で大切な栄養をバランスを考慮して取り入れる事を心がけて下さい

好きな物ばかり食べたり、暴飲暴食は臓器に負担をかけるだけで、不健康に陥ります。

お酒を飲んでそのまま、うたた寝をすると風邪をひくかもしれません。

規則正しい生活習慣を心掛けて下さい。

この時期に風邪をひくと何かと面倒なので気を付けましょう!

 

スポンサーリンク

 

九星気学 10月の運勢

九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

 

五黄土星 関連コンテンツ

2020年 五黄土星の運勢

2020年五黄土星の運勢

五黄土星 2020年の運勢を仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら五黄土星 2020年の運勢」御覧下さい。

2020年 五黄土星の月運

九星気学 五黄土星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

五黄土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

五黄土星 2020年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

五黄土星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

五黄土星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

亥年 申年 巳年 寅年
1959年(昭和34)
2月4日 22:43~
1960年(昭和35)
2月4日まで
己亥年
1968年(昭和43)
2月5日 3:08~
1969年(昭和44)
2月3日まで
戊申年
1977年(昭和52)
2月4日 7:34~
1978年(昭和53)
2月3日まで
丁巳年
1986年(昭和61)
2月4日 12:08~
1987年(昭和62)
2月3日まで
丙寅年
1995年(平成7)
2月4日 16:13~
1996年(平成8)
2月3日まで
乙亥年
2004年(平成16)
2月4日 20:56~
2005年(平成17)
2月3日まで
甲申年
2013年(平成25)
2月4日 1:14~
2014年(平成26)
2月3日まで
癸巳年
2022年
2月4日 5:51~
2023年
2月3日まで
壬寅年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ