五黄土星 2019年10月の運勢 公私の切り替えが運気アップに

五黄土星 10月 運勢吉方位
10月8日
11月7日まで
私的な楽しみに恵まれる月

五黄土星 10月 運勢 吉方位

年盤の吉方:東・北西
月盤の吉方位:北・南西・北東・南
年盤・月盤共に吉方:なし

五黄土星 2019年 坤宮回座

五黄土星 10月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

月盤のみの吉方位ですので、いずれも移動距離は近距離です。

八白土星が巡る 10月の北の祐気エネルギー

  • 探求力が向上し、目標に向けて忍耐強く努力を積み重ねる力が沸き上がる
  • 人間関係の再構築でご縁が深まる(人脈の再構成)

南西

九紫火星が巡る 10月の南西の祐気エネルギー

  • アイディアと直感に恵まれる
  • 技や能力が認められ、地位向上が促される

北東

六白金星が巡る 10月の北東の祐気エネルギー

  • 人脈と後継者運に恵まれる
  • 蓄財運アップ

南(天道

七赤金星が巡る 10月の南の祐気エネルギー

  • クリエイティブ能力が高まる。
  • 恋愛運アップ
  • 10月生まれの方はご縁を通じてチャンスが期待できる

 

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

五黄土星 生まれ月別(月命星)10月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、上記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

 

五黄土星 10月の運勢 ~全体運~

10月8日(23時05分)から寒露に入り、10月の運気がスタートします。

今年(2019年)の五黄土星は、未来の発展に向けて準備を施す「種蒔きの年」です。

その年も、後半の半ばとなり、2020年のテーマとなる「自己成長」の「気」を視野に入れた段取りに意識を向けたい10月です。

 

楽しみ事に恵まれる月

10月は、秋晴れの日も多く、行楽シーズンです。

そのシーズンに相応しく、今月(10月)の五黄土星はプライベートが充実し、趣味やレジャーなど「楽しみ事」に恵まれる月運です。

月運のエネルギーとしては、ピークから緩やかに下り始めるので、何事にも緊張感から解放されるので、家族や友人など親しい人と集い「秋の味覚」を楽しむ機会を企てると良いでしょう。

今年(2019年)に入り、運気は徐々に上昇する年運ですから、初夏からこれまでは非常に忙しく、緊張感もそれなりにあったはず…

今月(10月)に入り、英気を養う気持ちと時間の余裕が現れる反面、少々気の緩みが現れる傾向があります。

人との交流の機会が増える月運に恵まれているので、気持ちがワクワクするような機会にも恵まれます。

ただ、気の緩みから「うっかり発言」だったり、言葉足らずの説明がきっかけとなってトラブルになる可能性もあるので注意する必要があるでしょう。

来月(11月)は、あらゆる面で「変化」が起こりやすい月運に入り、その影響から停滞を感じるかもしれません。

12月には、停滞感も解消されますが、これまでの「あり方」が露呈しやすい月となります。

なので、これまで先延ばしにしていた事は、放置するのではなく、水面下でも取り掛かるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 10月の仕事運

九星 仕事運

先月(9月)は、あらゆる面で「責任」が課せられ、プレッシャーがあっても「遣り甲斐と充実感」に満たされてました。

今年(2019年)のテーマとなる「堅実さと従順さ」を活かし、丁寧な取り組みで成果が得られたでしょう。

ただ、今月(10月)に入り、仕事の進捗や周囲との意思疎通に「物足りなさ」を感じるでしょう。

五黄土星の本人としては、これまでと変わりなく仕事に取り組んでいても、見落としや情報提供不足などが起こりやすいようです。

その「不足の補填」を他者に要求すると職場や取引先との人間関係が悪化させる可能性を高めてしまいます。

または、逆に他者や相手の「不足」に対して苛立ったり、不満を口にしないようにしましょう。

そもそもは、ちょっとした、気の緩みが原因。

たったそれだけの事なので、常に「不足」を起こさないように段取りすることを心掛けることで良い結果に繋がります。

プライベートの充実と人との親睦に恵まれる月運です。

恵まれた月運なので、オンとオフのケジメをしっかりつけて、気を引き締めて業務に取り組むことを日々心掛けましょう!

何事にも「不足」を起こさないことが開運ポイント!

 

 

五黄土星 10月の恋愛運

九星占い 恋愛運

今月(10月)は、人が集う場所に出向くことで、好調な出会い運が更にアップします。

現在、新たなパーティーを求めて恋活中の方は絶好のチャンス月です。

今月(10月)の月盤では、五黄土星は西にある「兌宮(だきゅう)」という宮に入ります。

この宮は、「口(くち)」を担う宮なので、人が集い「会話を楽しむ」とか「食事を楽しむ」ような機会に恵まれる月運です。

なので、恋愛だけに関わらず、家族と団らんや趣味などのコミュニティで開催される飲み会などに参加することで、親睦が深まったり、新たなご縁が発生するチャンスに恵まれます。

ただ、「口(くち)」をネガティブな事柄に使用すると「天に唾する」ような結果となる可能性を高めてしまうので、陰口や誹謗中傷は厳禁です。

例え、「人づてで聞いた」噂話でも、うっかり話してしてしまうと…

陰で秘密を漏洩した犯人扱いを受けるかもしれません。

なので、「口(くち)」は「楽しむ」ことだけに活用することがポイント!

人によっては、今月(10月)の出会いが、あらゆる面で末永くお付き合いする、ご縁となるかもしれません。

出会いにおいては、未来の発展や将来性が望めるような「ご縁」であることをしっかり見極めることを強くお勧めします。

火遊びや冒険的な恋愛(不倫)は、後に後悔する可能性があるので要注意!

 

スポンサーリンク

 

五黄土星 10月の金運

九星占い 金運

今月(10月)は、趣味やレジャーにエネルギーを注ぎたい気持ちになりやすい月運ですから、金銭的のも趣味や交際費などの出費が多くなるでしょう。

趣味や楽しみが仕事と直結している方は、趣味や楽しみから発生する「出費」は投資として捉えると良いでしょう。

しかし、自分の生活を支える「収益」に全く繋がらないのなら、分相応の「出費」を心掛けましょう。

とは言え、楽しみ事に恵まれる月運ですから、しっかり楽しみを堪能して、「ポジティブな自分づくり」に繋げましょう。

今月(10月)の月盤で五黄土星が入る「兌宮(だきゅう)」は、「お金」を担う宮でもあります。

「お金」と言っても事業を回す程の大きなお金ではなく、日銭的でサブ的なお金です。

ちょっとした「ご褒美」を稼ぐような取り組みを水面下で学び始めても良いでしょう。

ただし! 直ぐには結果は現れません。

むしろ、直ぐに結果が現れるより、後々ブレイクさせるくらいの方が良いのです。

なので、初期投資のない、じっくり腰を据えて探求してから始めると良いでしょう。

ポイントとしては、自分の好きなこと、得意なこと、飽きずに続けていること、これが根源となるモノを「等価交換(稼ぐ)」さえる感覚が必要です。

 

 

五黄土星 10月の健康運

九星占い 健康運

10月は、過ごしやすい季節ではありますが…

一日の寒暖の差が激しくなる季節です。

月運としても、先月(9月)のようなパワーが漲るよな月運ではなく、エネルギーとしては、これまでの習慣や勢いのパワーを緩やかに活用する方向へ向かう月運です。

決して、著しく体調を壊すような月運ではありませんが…

お付き合いの機会が増える月運に恵まれていますから、暴飲暴食は控えましょう。

特に! 冷たいモノやお酒の飲み過ぎには注意です。

もし、日頃から「お腹が弱い」などの何らかの特徴を持っている方は、この機会に自分のウイークポイントと向き合ってみると良いでしょう。

来月(11月)は、様々な変化が起こりやすい月運となります。

今、この時点で「改善したいポイント」を見つけることで、来月の「変化」を活かして「変化による改善」を促すことが出来るかもしれません。

スポンサーリンク

 

2019年 五黄土星の運勢と繁栄に向ける!開運法勢

五黄土星 2019 運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢や月運の流れ

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

2019年 五黄土星のバイオリズムグラフ

豊かな発展と成長に向けてチャンスの種を蒔く年

五黄土星運勢グラフ バイオリズム2019年 月運の流れをしっかり捉えて好機を有意義に創り上げましょう!
2019年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

 

九星気学 五黄土星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!福来る 運勢カレンダー

五黄土星 月の運勢

五黄土星 運勢 開運福来るinfo

五黄土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

亥年 申年 巳年 寅年
1959年(昭和34)
2月4日 22:43~
1960年(昭和35)
2月4日まで
己亥年
1968年(昭和43)
2月5日 3:08~
1969年(昭和44)
2月3日まで
戊申年
1977年(昭和52)
2月4日 7:34~
1978年(昭和53)
2月3日まで
丁巳年
1986年(昭和61)
2月4日 12:08~
1987年(昭和62)
2月3日まで
丙寅年
1995年(平成7)
2月4日 16:13~
1996年(平成8)
2月3日まで
乙亥年
2004年(平成16)
2月4日 20:56~
2005年(平成17)
2月3日まで
甲申年
2013年(平成25)
2月4日 1:14~
2014年(平成26)
2月3日まで
癸巳年
2022年
2月4日 5:51~
2023年
2月3日まで
壬寅年

五黄土星 2019年 吉方位カレンダー

生まれ月別で記事を作成しています。

五黄土星 2020年 吉方位カレンダー

五黄土星 2021年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ