六白金星 今月の運勢

六白金星 毎月の運勢

この記事では、六白金星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星六白金星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は、六白金星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”六白金星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和6年(1931)2月5日~昭和7年(1932)2月4日
昭和15年(1940)2月5日~昭和16年(1941)2月3日
昭和24年(1949)2月4日~昭和25年(1950)2月3日
昭和33年(1958)2月4日~昭和34年(1959)2月3日
昭和42年(1967)2月4日~昭和43年(1968)2月4日
昭和51年(1976)2月5日~昭和52年(1977)2月3日
昭和60年(1985)2月4日~昭和61年(1986)2月3日
平成6年(1994)2月4日~平成7年(1995)2月3日
平成15年(2003)2月4日~平成16年(2004)2月3日
平成24年(2012)2月4日~平成25年(2013)2月3日

 

六白金星 今月の運勢

六白金星 2018年11月の運勢
2018年11月7日
(立冬)~12月6日まで
【月盤】本命星:乾宮(北西)
グレーは、凶方位

年盤の吉方は、東・北西・西
月盤の吉方は、南西・北・北東・西
年盤・月盤共に吉方は、西

上記の方位は月命星を考慮していません。
詳細は、吉方カレンダーをご覧ください。

2018年の年盤

2018年の年運については、「2018年 六白金星の運勢」をご覧ください。

六白金星 2018年11月の運勢
大きな目標に向けて自己強化で運気アップ

今月(11月)の六白金星は北西にある「乾宮(けんきゅう)」という宮に入ります。(上記月盤参照)

乾宮は、六白金星にとって実家の家(宮)です。

居心地の良い環境に居ると本来持っている能力を十分生かせる状態になります。

五黄土星が中宮に入る時期は、六白金星だけでなく九星全てが「自分の家(宮)」に収まる状態になります。

新たなスタートの準備

7月から運気がアップし、これまで好調な運気に恵まれていました。

その運気に乗って、今月(11月)もヤル気と行動力に恵まれています。

ただ、体力的に少々不足を感じるかもしれません。

昼間と日没後の気温差が激しくなる時期ですから、体を冷やさないようにしましょう。

今月(11月)は、新しく物事は始まる事も起こりそうです。

新たな事業展開を考えてみたり、新たなご縁や情報からチャレンジを試みようとするかもしれません。

2018年は「チャンスの種を蒔く一年」ですから、この取り組みは必要なことなのかもしれません。

ただ、調査や探究などの取り組みを行わず、自信過剰な気持ちで強引に押し進めるとトラブルの元になるので注意しましょう。

これまでのやり方や経験に拘り過ぎると「迷いや判断ミス」に陥るかもしれません。

六白金星の方は、真面目で責任感が強く、公明正大で独立独歩で人生を歩もうとします。
また、人一倍プライドも高いので、知識不足な面を人に見せたくないタイプです。

しかし、この時期は、自分が向かおうとしている目標に不安を感じたら専門家や有識者などに相談しましょう。

2019年は、更なる飛躍のチャンスに恵まれる一年です。
新たな発展にむけて、新たな意識も発達させる必要がありますから、必然的にチャンスに恵まれるでしょう。

豊かな2019年を迎える前の事前作業として過ごすと良いでしょう。

2019年の運勢については、こちら をご覧ください。

スポンサーリンク

六白金星 11月の仕事運

九星占い 仕事運

これまでの努力の結果を成果に繋げたい気持ちが強く現れる傾向があります。

その目標に向かう為の気力は十分あるのですが…
期待よりも若干小さな成果かもしれません。

しかし!この時期はそれで良いのです。
六白金星の伸びしろは、まだまだ大きくこれからなのです!

むしろ、現実を冷静に受け止める事で地に足が付いた「地道な歩み」を促します。

本当の飛躍は2019年ですから、今は下地を創っている段階なのです。

無理して強引に押し進めない方が良策です。

今月(11月)は、職場の人間関係の親睦を深めると良いでしょう。

六白金星 11月の恋愛運

九星占い 恋愛運

新たな出会いを求めている方や婚活中の方は、出会いのチャンスに恵まれる月です。

ただ、今月(11月)の六白金星の方は、理想が高くなり過ぎたり、自分の価値観に強い拘りに執着する傾向が現れやすいようです。

人の短所は長所でもあります。
何事も「表裏一体」であることを腑に落としてから、出会いの場に飛び込むと良いでしょう。

新たな出会いのチャンスは来月(12月)の方が好調です。

まずは、「ありのままの自分」を認めることで「ありのままの相手」を受け入れる事が出来ます。

自分の内に秘めた価値観や意識を調えてからの方が良いご縁に恵まれます。

ご夫婦や現在交際中の方は、パートナーに対して自分の拘りを強く押し出さないように気を付けましょう。
思いが深いからこそ現れる愛のカタチなのかもしれませんが…。

実は相手をコントロールしたい欲求なのかもしれません。
ほど良い距離感と風通しが必要かもしれません。

スポンサーリンク

六白金星 11月の金運

九星占い 金運

六白金星の「金」は「鉱物」を表し、例えるなら「ダイヤの原石」です。

磨かれて初めて輝きます。
社会で磨かれても良し、自己啓発的に磨いても良し!

今月(11月)の六白金星は、これまでの金銭感覚を改めて磨き直してみると良いでしょう。

例えば…

「お金を使う=お金が無くなる」として捉えていると、自分の技術や能力を高める為に使うお金も「消費」として捉えているかもしれません。

根本的に意識を新たにする(改める)ことで、素晴らしい投資能力が得られるでしょう。

快楽的な「自分へのご褒美」ではなく、「発展と成長に必要な経費」としてお金を使う意識を育ててみましょう。

そもそも、六白金星は教養を知的財産に育てる能力に長けています。

六白金星 11月の健康運

九星占い 健康運

今月(11月)は、何かと忙しい月になりそうです。

その日の疲れは、その日のうちに解消したいのですが…
疲れが取れない日もあるかもしれません。

今月(11月)はだけに限った事ではありませんが、この時期は特に血流を上げる良いでしょう。
血行が良くなると体温も上がりますし、免疫力アップも期待できます。

機会をつくって、日帰り温泉でも良いので、ゆっくり温泉に浸かって温まりましょう。

移動の際は、安全運転を心掛けましょう。

スポンサーリンク

六白金星 2019年の運勢

六白金星 2019年の運勢 を仕事・転職・恋愛・健康・金運の各ジャンルを詳しく紹介しています。
詳細記事は、こちら をご覧ください。

 

六白金星 2018年 上半期と下半期の運気

2018年の流れを知る!
2018年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

九星気学 六白金星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!福来る 運勢カレンダー

 

六白金星 月の運勢

六白金星 運勢

六白金星 2018年 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは2月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

戌年 未年 辰年 丑年
1958年(昭和33)
2月4日 16:50~
1959年(昭和34)
2月3日まで
戊戌年
1967年(昭和42)
2月4日 21:31~
1968年(昭和43)
2月4日まで
丁未年
1976年(昭和51)
2月5日 1:40~
1977年(昭和52)
2月3日まで
丙辰年
1985年(昭和60)
2月4日 6:12~
1986年(昭和61)
2月3日まで
乙丑年
1994年(平成6)
2月4日 10:31~
1995年(平成7)
2月3日まで
甲戌年
2003年(平成15)
2月4日 15:06~
2004年(平成16)
2月3日まで
癸未年
2012年(平成24)
2月4日 19:23~
2013年(平成25)
2月3日まで
壬辰年
2021年
2月4日 0:00~
2022年
2月4日まで
辛丑年

この記事は、生まれ月別で作成しています。

六白金星 2019年 日盤 吉方位カレンダー

六白金星 2020年 日盤 吉方位カレンダー

サブコンテンツ

このページの先頭へ