六白金星 今月の運勢

六白金星 毎月の運勢

この記事では、六白金星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

ご覧になる前にご自身の本命星六白金星なのか?下記の表でご確認下さい。

私は、六白金星です!っという方は、さっそく記事

下記の表中に書かれているの期間中に生まれた方が、本命星 ”六白金星” 生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和6年(1931)2月5日~昭和7年(1932)2月4日
昭和15年(1940)2月5日~昭和16年(1941)2月3日
昭和24年(1949)2月4日~昭和25年(1950)2月3日
昭和33年(1958)2月4日~昭和34年(1959)2月3日
昭和42年(1967)2月4日~昭和43年(1968)2月4日
昭和51年(1976)2月5日~昭和52年(1977)2月3日
昭和60年(1985)2月4日~昭和61年(1986)2月3日
平成6年(1994)2月4日~平成7年(1995)2月3日
平成15年(2003)2月4日~平成16年(2004)2月3日
平成24年(2012)2月4日~平成25年(2013)2月3日

 

 

六白金星 今月の運勢と吉方位

六白金星 2月 運勢と吉方位
2021年2月3日~3月4日まで六白金星 2月本命星: 北西(乾宮回座)
2月の吉方位:北・西・北東

年盤・月盤共通の吉方位:北・西
遠方旅行・移転・引っ越し吉方位

2021年の吉方位:北・西・南
2021年 六白金星の吉方位

六白金星 2021年2月 吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

立春の節入り時刻は、2021年2月3日23時59分です。

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

一白水星が巡る の祐気効果

  • 探求力が高まり知恵と創造力のレベルアップが期待できる
  • 親和性が高まる

西

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

七赤金星が巡る 西の祐気効果

  • 恋愛運・金運アップ

北東

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

年盤では北東死気方位ですので、移動距離は近距離、また方位取り(引っ越し)に用いることはできません

八白土星が巡る 北東の祐気効果

  • 再始動や転機がチャンスへ繋げる機運に恵まれる

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

月命星も加味したて吉方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

六白金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

六白金星 2021年2月の運勢
謙虚と礼儀を重んじる心掛けで開運へ

九星気学 2021年1月の運勢

六白金星 2月の月盤と年盤の重なりについて

九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

回座と同会について

2月の月盤上では、北西の「乾宮」に本命星が回座し、年盤上の七赤金星と同会します。(七赤同会

2月の六白金星は、乾宮回座による「六白象意」と七赤同会による「七赤象意」が課題となります。

主な六白象意

天、宇宙、剛健、完全、完成、公共性、統率、権力、威厳、寛容、神仏、信仰、高級、円、勝負、決断、充実、予算超過、乗り物、大統領、支配者、権威者、父、夫

主な七赤象意

沢、口、酒、悦び、趣味、贅沢、宴会、社交、交際、誘惑、親密、結婚、飲食、現金、金利、消費、商売、口論、不足、不便、少女、愛人、巫女、芸能人

被同会について

年盤上の中宮に回座する本命星には月盤上の五黄土星が被ります。(五黄被同会

被同会は否が応でも五黄象意を受けます。

主な五黄象意

中心、支配、破壊、爆発、腐敗、戦争、毒物、中毒、荒野、天変地異、パニック、葬式、自滅、古い問題、再発、帝王、独裁者、野蛮な人物、古物を扱う

 

スポンサーリンク

 

中心的存在として周囲をプロデュースする年

2月立春から本格的に2021年の運気が始まり、本命星は年盤の中宮に回座します。

これまでは何事にも積極姿勢で歩まれましたが。

今年から「定着と充実」を図り、自分よりも周囲の人々が活躍しやすい環境や状況をプロデュースする中心的役割を果たすことが2021年の課題となります。

 

寛容性を心掛けて運気アップへ

今月(2月)の六白金星は「完成」を担う乾宮に回座し、運気は完成へ向かいます。

プライベートよりも公的な事柄で忙しくなる月運が巡ります。

月運のエネルギーは強く、心身ともに充実し、何事にも意欲的に取り組む気力に溢れています。

六白金星の方は正義感が強く「正義=正しい」と思われている方が比較的多い傾向があります。

ただ、正義を振りかざして威圧的な態度を取ると周囲との関係がこじれる可能性を高めてしまうのでやり過ぎには気を付けましょう。

六白金星には「正義感」と共に「寛容性」も備わっており、高い精神性の持ち主です。

その長所を活かして、周囲の意見に耳を傾けることを心掛けて下さい

今月(2月)に回座する乾宮は六白金星の定位置で、六白金星の本領を発揮しやすい環境下にいます。

なので、攻め姿勢を控え「権力」を使い過ぎないことが開運行動となります。

 

礼節を重んじて無難に歩む

今月(2月)は暗剣殺を抱えている七赤金星と同会する月ですので、七赤金星が担う「口(くち)」に関わる事柄で思いもよらないことが発生する可能性があります

良かれと思って発した言葉が意図しない方向で伝わったり、感じ取られたりするでしょう。

特に目上の方や立場的に自分より強い方に対しては常に「礼儀」を重んじることを心掛けて下さい

自分の立場をわきまえ、謙虚な振る舞いを心がければトラブルに発展することなく過ごせるでしょう

 

六白金星 2月の日運グラフ

2月3日立春(23時59分)から17日まで
六白金星 2021年2月の運勢 謙虚さと礼儀で運気上昇

2月18日雨水(19時42分)から3月4日まで
六白金星 2021年2月の運勢 謙虚さと礼儀で運気上昇

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

六白金星 2月の仕事運

仕事運

2019年、そして2020年は発展と拡大の気に恵まれ行動範囲が広がり、それに伴って仕事のレベルもかなり上がったのではないでしょうか?

その流れを「安定させ」そして「定着させ」ながら「見直しと改善」を施す年運が始まります。

月運においては「完成の気」が満ちているので、六白金星の成長を試されるかもしれません。

任される仕事のハードルが少し高かったり、何らかの工夫を施し、不足を補わなければならない内容の仕事だったりするでしょう。

逃げ腰にならず、上司と相談しながら前向きに取り組むことをお勧めします。

また、チーム一丸となって取り組むことで、責任感と勇気も湧いてきます。

様々な人々を巻き込むことは人間関係が複雑に絡み合い面倒に感じることもあるかもしれませんが…

中心的役割を担う運気が巡っているので、避けずに前向きに捉えて歩み始めましょう!

 

 

六白金星 2月の恋愛運

恋愛運・人間関係

六白金星の定位置である乾宮に本命星が回座するので、六白気質が強く現れる傾向があります。

公的な事柄を取り組む場合姿勢や組織のリーダーとしての能力を発揮するには良いタイミングなのですが…

恋愛においてはプライベートな範疇なので、恋愛に対する意識が薄れる傾向があるでしょう。

とは言え、恋愛を担う七赤金星と同会するので決してチャンスがないわけではありません。

 

新たな出会いを求めている方は、趣味や娯楽、レジャーを通して出会いのチャンスに恵まれるでしょう。

あるいは、仕事関係で出会ったお相手と同じ趣味趣向の持ち主で、その共通点から距離が縮まり交際へ発展する可能性もあります。

 

現在交際中のカップルは、パートナーへの思いやりが不足すると険悪なムードが漂う可能性を高めるかもしれません。

今月(2月)の六白金星は仕事や公的な事柄で忙しく、その状況をパートナーに理解してもらいたい気持ちが高まるでしょう。

その結果、威圧的な態度に現れる傾向があるので「言葉や表現」は優しさを心がけて下さい。

 

スポンサーリンク

 

六白金星 2月の金運

金運

今月(2月)は、金銭の出入りが激しく、大きなお金を動かす機会も発生するかもしれません。

物質欲だけでく「承認欲求」が暴走すると金銭面に派生する可能性があります。

何らかの「不足」を補うため、若しくは「完璧さ」を求めて資金を過剰に投入するかもしれません。

その行動の根源は「承認欲求」で「凄い!」と思われたい、尊敬されたい、認められたいところから発生しているかもしれません。

資金投入とは逆に「稼ぐ」ことに発動することで「過剰な投資」に資金を投入する可能性もあるでしょいう。

いずれにしても、物事を的確に把握して、本物を見抜くことが重要です。

健全な金銭感覚を維持することが金運アップに繋がります。

自分の力量と分相応の財力をわきまえた経済活動を心がけて下さい。

公的資金援助が期待できる月運に恵まれるので、必要な際は相談することを検討してみると良いでしょう。

 

 

2021年 六白金星 金運アップの財布

九星別 金運財布

春財布 2021年 六白金星に相応し金運財布と購入日

春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

六白金星 2月の健康運

健康運

今月(2月)本命星が回座する乾宮は「円、乗り物」を担当し、現代社会に置き換えると「自転車・自動車・飛行機」などの「丸い車輪やグルグル回るエンジン」が付いている物にあたります。

自動車の運転の際には、法令遵守を心掛け、体調が優れない日の運転は控えることをお勧めします

また、うっかりスピードを出してしまう傾向があるので、移動の際は時間にゆとりを持つことを心がけて下さい

六白金星に限ったことではないのですが…

乾宮は六白金星の本座(定位置)で、今年(2021年)の年盤では七赤金星が回座し暗剣殺が付きます

七赤金星は「口や嗜好品」を担う星で、その事柄で世の中全体に何らかの受け身的な影響を受ける傾向があります。

この機会に嗜好品を控えることを通して健康増進を図ると良いでしょう。

例えば、アルコールやカフェインを年間通して控えることで睡眠の質が高まり、効率よく体力回復させることが期待できます。

 

スポンサーリンク

 

九星気学 2月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2021年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
建築事に用いられる十二直の吉凶も記載!
詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

六白金星 2021年の運勢

2021年 辛丑 六白金星の運勢

六白金星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 六白金星の運勢」御覧下さい。

六白金星の月運

九星気学 六白金星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー

 

六白金星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

 

六白金星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

戌年 未年 辰年 丑年
1958年(昭和33)
2月4日 16:50~
1959年(昭和34)
2月3日まで
戊戌年
1967年(昭和42)
2月4日 21:31~
1968年(昭和43)
2月4日まで
丁未年
1976年(昭和51)
2月5日 1:40~
1977年(昭和52)
2月3日まで
丙辰年
1985年(昭和60)
2月4日 6:12~
1986年(昭和61)
2月3日まで
乙丑年
1994年(平成6)
2月4日 10:31~
1995年(平成7)
2月3日まで
甲戌年
2003年(平成15)
2月4日 15:06~
2004年(平成16)
2月3日まで
癸未年
2012年(平成24)
2月4日 19:23~
2013年(平成25)
2月3日まで
壬辰年
2021年
2月4日 0:00~
2022年
2月4日まで
辛丑年

 

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ