二黒土星 2019年12月の運勢 謙虚な向上心を発動させて開運へ

二黒土星 12月 運勢吉方位
12月7日
2020年1月5日まで
思い定まる月

二黒土星 11月 運勢と吉方位

年盤の吉方:・北西
月盤の吉方:南西・
年盤・月盤共に吉方:
(移転・引っ越し吉方)

二黒土星 2019年盤 暗剣殺

二黒土星 12月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

年盤・月盤共に吉方位ですので、移動距離は遠距離・引っ越し吉方として使える吉方位です。

八白土星が巡る 12月の東の祐気エネルギー

  • 八白の象意「心機一転」の祐気エネルギーの恩恵を得る
  • 活動力アップ
  • 才能を社会的功績へ向かわせる気づきとチャンスに恵まれる

南西

月盤のみの吉方位移動距離は近距離です。

七赤金星が巡る 12月の南西の祐気エネルギー

  • 着実な収入アップに繋がる祐気に恵まれる
  • 良妻縁に恵まれる(独身男性は特におすすめ)

 

便利! 毎日の吉方位が一目で分かる
日盤吉方本命・月命星共に吉方となる最大吉方を知りたい方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

二黒土星 生まれ月別(月命星)12月の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

 

スポンサーリンク

 

2019年 運勢関連記事

 

二黒土星 2019年12月の運勢 ~全体運~

2019年の二黒土星は「変革・改革」の一年。

その一年も、あと残り一ヵ月なりました。

九星気学における「年運」としては、来年2月(立春)から新たな運気が始まりますから、実質、二ヶ月ほどの「変革と改革」の運気は続きます。

そして、12月7日19時18分から二十四節気の「大雪」を迎え、12月の月運としての運気が始まります。

 

謙虚さで慢心を抑制して好機を活用!

これまで、8月頃から運気は上昇し、月運としては成長運気の高運期に入っていました。

ただ、運気は良いものの9月・10月の二黒土星に月破が付き「好事魔多し」を体験された方も多かったと思います。

今月(12月)に入り、月運のエネルギーも強い状態を維持しつつ、エネルギッシュに活動が出来る運気に恵まれます。

12月は、年末年始のお休みに向けて、日本国民すべての人々が慌ただしい日々を過ごすシーズ。

そして、二黒土星も例外なく、公私ともに忙しい日々を過ごすことになるでしょう。

今年の忙しさは、公的な事柄で忙しくなり、目上や上司、有力者のような、力関係で言えば自分より上の方との関り多くなるでしょう。

その影響で、少々プレッシャーを感じることもあるかもしれませんが。

今月(12月)の二黒土星は、とてもエネルギッシュで何事にもフル回転で取り組む気力と運気に恵まれています。

なので、多少の忙しさやプレッシャーも活動のエネルギー源となり、精力的に活動されるでしょう。

情熱的な活動ぶりは、他者から見て頼もしさを感じ、回りを明るく元気にしてくれる、そんな存在となる二黒土星ですが。

今月(12月)の二黒土星は、感受性が豊かで、頭脳活動も冴えています

その感性や打てば響く勘の良さが「感情」にまで影響を与えると「感情の起伏」が激しくなる傾向が現れやすくなります。

この時期は、自分の感情に支配されぬよう「謙虚さ」を心掛け、周囲の意見に耳を傾けるようにしましょう。

 

2019年の変化を経て、大きな成長に向けて歩みだす為の「意識づけ(決心)」が現れる月運に恵まれています。

 

スポンサーリンク

 

二黒土星 12月の仕事運

九星占い 仕事運

今月(12月)の二黒土星は「東奔西走」。

あちこちから仕事の依頼やクレーム処理など、多岐にわたる案件で飛び回ることになりそうです。

これまでの実績が買われ、二黒土星のところに依頼が入るのですが…

その案件の多くは「なる早」で、至急を要する案件が多い傾向があるようです。

本質的に何事も堅実的に物事を進展させたい二黒土星にとって、対応が大変になるかもしれません。

今月(12月)の二黒土星は勘に優れ頭脳明晰ですから、感情的にならず「頭脳」を最大限に活かしましょう。

この時期は、目上のや上司との関りが重要なポイントとなる月運に恵まれています。

あらゆる要望を突き付けられるかもしれませんが。

そのやり取りをチャンスとして捉え「お知恵拝借」に活用しましょう。

目上や上司、クライアントなど自分よりも上のポジションの方には、奉仕的態度とお世話を通じてメリットを得る運気に恵まれています。

 

二黒土星 12月の恋愛運

九星占い 恋愛運

今月(12月)の二黒土星は、公的な事柄で日々忙しくなる月ですから、プライベートの時間においてはスケジュール管理をしっかり行う必要になるでしょう。

とはいえ、決して恋愛チャンスに恵まれなわけではありません。

新たな出会いを求めて恋活中の方や婚活中の方は、イベントを通じて「出会う」機会が多くなるシーズンです。

会社や得意先、ボランティアやサークルなどのコミュニティでは、年末年始のイベントやパーティーなどが開催されますから、なるべく時間に都合をつけて参加してみましょう!

「学びの場」での出会いも期待できるしょう。

今月(12月)の二黒土星は、ステイタス意識が高まる運気です。

その意識を自分に向けて、あらゆる意味で自分を磨いてみましょう。

ファッションセンスにおいても輝く要素を上手に取り入れることが出来る月運に恵まれています。

この機に「おしゃれ」を楽しむことで、豊かな気持ちになり、立ち居振る舞いもエレガントに仕上がるでしょう。

ただ、自分の意識の中にある「ステイタス性」を相手に投影して、お相手に熱望すると…

高望みが原因でご縁を逃す可能性を高めてしまいます。

現在、交際中の方は、パートナーとの関わり方で態度や言葉遣いには「優しさ」を意識的に心掛けましょう。

この時期の二黒土星の方は、無意識ではありますが…

少々「強気感」が現れる傾向があるので気を付けて下さい。

恋愛チャンスは、来月(1月)も好調で、運気やタイミング的にも活動しやすく、チャンスも活かせそうです。

 

スポンサーリンク

二黒土星 12月の金運

九星占い 金運

今月(12月)の月盤では、二黒土星は北西の「乾宮(けんきゅう)」という宮に入ります。

この宮は「天」を表し、自然界では「太陽」にあたります。

陽が沈み太陽の姿が見えなくても、常に地球にエネルギーを注いています。

この状況を個人の経済に当てはめると、常にお金がグルグル巡っている状態を表します。

なので、この時期の二黒土星の方は、お金は入るが出るのも激しい状況になるようです。

経済(お金)を人体の部位に例えると「血液」のようなものです。

停滞を起こすと冷え込みますから、グルグル巡っている状態は悪い状況ではありません。

ただ、何事も「永遠」はあり得ませんら、この巡りの良い期間中の「あり方」が今後の金運に影響を与えます

快楽的な出費は控え、費用対効果の高いことにお金を投じることで健全な循環が得られます。

今月(12月)は、忙しさや感情的なことなど様々なことでストレスを抱えるかもしれません。

しかし、単純にストレス発散で散財すると残念な結果になるので、先見の明に恵まれた運気を活用して上手にやり繰りを行いましょう

今月(12月)は、必要な物(事)と不必要な物(事)の見極めをシビアに出来る月運を利用して、しっかり家計と向き合ってみると良いでしょう。

なんでこんな無駄な事に今までお金を費やしていたのだろう?…と、気づくかもしれません。

 

二黒土星 12月の健康運

九星占い 健康運

月運のエネルギーが強く、エネルギッシュに過ごせる月ですが…。

ピークは下りの始まりとなりますから、日頃から無理をしたり、自分の体力に過信しないようにしましょう。

基本的に著しく体調を壊すような運気ではありません。

ただ、忙しさもあって自分の体のケアは、二の次になっているかもしれません。

頭痛がしたり、眼精疲労を感じたら、早めに処置をして休息を取りましょう。

12月22日は冬至です。

冬至は「一陽来復」の日でもあり、これまで衰えていた陽の光が再び勢いを増し始める。

「気」における「ターニングポイント」の日です。

この日に恵方(東北東やや東)の神社に参り、ゆっくり柚子湯に浸かって英気を養いましょう!

 

スポンサーリンク

二黒土星の性格と生涯運

二黒土星 性格二黒土星の性格と人生全体を捉える大まかな生涯運をこちらの記事に記載しています。

 

2019年二黒土星の運勢を繁栄に向ける!開運法

二黒土星 2019 運勢2019年2月立春~2020年2月立春前日までの運勢と毎月の月運

さらに9年間の運気を詳しく記載している記事は下記のリストをクリックするとご覧いただけます。

 

2019年 二黒土星の月運バイオリズムグラフ

2019二黒土星バイオリズムグラフ変化の波に乗って豊かな人生を創る!
2019年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

九星気学 二黒土星 運勢カレンダー

運勢カレンダー 開運福来るinfo

九星気学 12月の運勢

九星気学 毎月の運勢
一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

二黒土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星と月命星が共に吉方となる最大吉方本命星のみの吉方位の色を分けてカレンダー内に記載しています。

各月の4日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。
九星気学では、一年の始まりは3月(立春)です。
従って、立春の前日に生まれた方は前年生まれとして扱います。

寅年 亥年 申年 巳年
1962年(昭和37)
3月4日 16:18~
1963年(昭和38)
3月3日
壬寅年
1971年(昭和46)
3月4日 20:26~
1972年(昭和47)
3月3日
辛亥年
1980年(昭和55)
3月5日 1:10~
1981年(昭和56)
3月3日
庚申年
1989年(平成元)
3月4日 5:27~
1990年(平成2)
3月3日
己巳年
1998年(平成10)
3月4日 9:57~
1999年(平成11)
3月3日
戊寅年
2007年(平成19)
3月4日 14:18~
2008年(平成20)
3月3日
丁亥年
2016年(平成28)
3月4日 18:46~
2017年(平成29)
3月3日
丙申年
2025年3月3日
23:11~
2026年3月3日
乙巳年

二黒土星 2019年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

二黒土星 2020年 吉方位カレンダー

二黒土星 2021年 吉方位カレンダー

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ