一白水星 2020年12月の運勢 2021年に繋がる変化が起こる

一白水星 12月 運勢と吉方位
2020年12月7日~2021年1月4日まで一白水星 12月本命星: 北西(艮宮回座)
12月の吉方位:北・南東

年盤・月盤共通の吉方位:北・南東
遠方旅行・移転・引っ越し吉方位

2020年の吉方位:北・南東
2020年 一白水星 年盤

 

 

一白水星 2020年12月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

 

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

三碧木星が巡る 12月のの祐気エネルギー

  • 今年の太歳そして12月の月建なので「明るさ」が得られるタイミングです。
    気持ちが盛り上がりポジティブ思考が促される
  • 「目を出す」ヒントやきっかけに恵まれる。

 

南東

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

六白金星が巡る 12月の南東の祐気エネルギー

  • 権威者からの引き立てに恵まれる。
  • 何事も整い結果に繋がり、信用が得られる。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください。

生まれ月別(月命星)の吉方位
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事にジャンプします。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

2021年 初詣は恵方参り
2021年 恵方二年参りと正月三が日の「初詣の恵方参り」についての記事は下記リンクからご覧ください。

 

 

一白水星 2020年12月の運勢 ~全体運~

一白水星 12月「月盤と年盤の関係」
艮宮回座により一白同会。艮宮にて一白被同会(上記の年盤と月盤参照)

12月の月盤では、一白水星は丑寅方位(北東)に「艮」と書かれている「艮宮(ごんきゅう)」という宮に入ります。

12月 吉神 月盤

艮宮に本命星が入る月運のエネルギーとしては、ピークが過ぎ「変化」の月運となります。

開運ワードは「変化を受け入れる」

 

2020年の集大成となる月

今月(12月)の月盤は、2020年の年盤と星の配置が全く同じなので同じ盤が重なる月となります。

さらに「子の年」の「子の月」なので「破壊」が南の「午」に付きます

なので、今月(12月)は今年を象徴するような、ひと月となり正に「2020年の気」が強く現れます

そして、来月(1月)は未だ2020年の年運がベースではありますが。

月盤が2021年の年盤と全く同じ盤ですので、早々と2021年の気が漂い始めます。

 

激流を流れる水

今月(12月)の一白水星は、自然界の「山」そして、主な基本象意は「静止・変化・俯瞰・復活」を促す「艮宮(ごんきゅう)」という北東の位置にある宮に回座します。

今月(12月)の一白水星は、年盤で回座している北東(艮宮)の一白水星の上に乗るので「陥る・秘密・探求・悩む」と言った現象が起こりやすい月運となります。

今年(2020年)の一白水星は、仕事上では「転職・退職・異動」や「仕事内容の変化」起こり、プライベートでも様々な変化が起こり、人生の大きな転機を経験されたと思います。

そして、今月(12月)は、最後の変化が起こり、その出来事がきっかけとなって「理想の未来へ」歩み始めます。

12月7日から2021年1月5日までの期間は、変化の対応に追われることになるでしょう。

これまで順調に進んでいる事が突然ストップしたり、転換・変更といった事柄が起こり、困難な状態に陥るかもしれません。

しかし!決して「諦める」ことを選択しない!ことを強く強く願います。

この時期に起こる「困難やトラブル」は、長期的に続くものではなく「チェンジ」がきっかけをもたらし「チャンス」を促します

2020年は先が見えない不安を抱え、試行錯誤しながら変化に対応する一年でした。

もうすぐ訪れる2021年は、先を見通す能力が高まり、頭の中もスッキリクリアな状態となる年を迎えるので、気持ちに「明るさ」が現れます。

なので、この時期は何事も「慌てない」そして「心を落ち着けて冷静さを維持」することが開運行動となります。

また、この経験を通して知性が磨かれ、さらに!自らの能力を高めようとする強い意志にエネルギーが注がれます。

 

一白水星 12月の日運グラフ

12月7日から20日まで
一白水星 12月 日運グラフ

12月21日から2021年1月4日まで一白水星 12月 日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

一白水星 12月の仕事運

仕事運

今月(12月)一白水星は、一白が担当する「坎=穴」が重なっている(一白同会)状況なので、穴に落ちるような現象が続けて起こる可能性があります。

この状況をポジティブに解釈すると「考えるチャンスが度々ある」と捉えることも出来ます。

仕事では、停滞や停止または強制的に方向転換させられるような出来事が起こるかもしれません。

しかし、その度に「しっかり考える」チャンスを与えられるので、何事も慎重に調査しながら進めることが出来ます。

とは言え、一白水星の気持ちとしては「結果を早く出したい」「変更はしたくない」といった気持ちが現れるでしょう。

それが「焦り」に繋がり「穴に落ちる」現象に向かわせます。

うっかりミスは単純に「気を付ける」だけでなく、同じミスを繰り返さない策を練ってから次に進むように心がけて下さい。

小さなことですが…同じケアミスは繰り返さない為の行動と心掛けが12月を上手に切り抜ける開運行動となります。

部下や後輩からトラブルを持ち込まれるかもしれませんが。

優しくフォローすることで後々「情けは人の為ならず」のような運が巡ってきます。

 

一白水星 12月の恋愛運

恋愛運・人間関係

人間関係においても、何らかの変化が起こったり、家族との関係に不安に繋がるような事柄が起こるかもしれません。

この時期は、思い通りに物事が進まず、心が落ち着かない状態に悶々とするかもしれませんが…

今月(12月)に回座する艮宮が表す「山」の頂上から俯瞰して、物事を静観する方が良いでしょう。

相談事を受ける機会も増えると思いますが…深入りはしない方が良いでしょう。

11月生まれの方は兌宮傾斜なので、外から厄介事を持ち込まれる可能性が高く、特に金銭が絡む相談は絶対に引き受けないようにしましょう。

信頼している恋人であっても同じです。

恋活中の方で、出会いに恵まれなかった方は突然新たな出会いに恵まれる可能性があります。

ただ、この時期は、何事も慎重姿勢の方が良いので「冷静さ」を心がけて下さい。

この時期の一白水星の方は、情に流されやすい傾向があるので「俯瞰力」を強く発動させましょう!

 

スポンサーリンク

 

一白水星 12月の金運

金運

今月(12月)は2020年の集大成となる月。

一白水星は山の頂上から遠くを見ながら、今後の計画を練りたい月運が巡っています。

とは言え、何かと状況が変化し、流動的な状態ではプランも立てられない…

本来なら蓄財意識が高まる時期なのですが、想定外の出費や当てにしていたボーナスが期待以下…

金銭面においても少々厳しい状態ではありますが。

この状況こそが一白水星を鍛えぬき、2021年のワンランク上のステージに向かわせます

激動の年となった2020年から経済は激変し、もう過去のような状態には戻りません。

それを一番感じ、理解しているのは、一白水星のはずです!

なので、ローンや保険などの自動更新はしっかりチェックしましょう。

過去に加入した保険や契約したローンが、スライド式に支払金額が上がるようなタイプの契約なら即見直しを考えた方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

2020年 一白水星 金運アップの財布

新調財布使い始める日と種銭

秋財布 2020年 一白水星に相応し金運財布と購入日

秋財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    一白水星 12月の健康運

    健康運

    コロナ感染拡大が始まり、忘年会は中止、もしくは縮小・時短などで大勢の人が集まって飲食を楽しむ機会が減り、逆に家飲みの機会が増えるでしょう。

    ただ、いずれにしても「お酒」の飲む量は極力減らす方が良いです。

    今月(12月)の一白水星は、体調の変化が起こりやすいので気を付けましょう。

    体を冷やさないように心がけて下さい。

    12月は師走で慌ただしく、時間に追われる日々となるかもしれませんが。

    ゆっくりお風呂に浸かる時間は確保して、毎日しっかり温まりましょう!

    エプソムソルトや重曹とクエン酸で炭酸風呂もおススメです。

    今月(12月)は「停止」を促す艮宮に本命星(一白水星)が滞在しているので、睡眠をしっかり取ることが健康増進に繋がります。

     

    スポンサーリンク

     

    九星気学 12月の運勢

    九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

    九星気学 2021年の運勢 各九星の一覧リスト

    九星気学 2021年 運勢

    九星気学 2020年の運勢 各九星の一覧リスト

    記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

     

    一白水星 2021年の運勢 精神的向上果たし次に備える年

    2021年 辛丑 一白水星の運勢
    自ら自身を向上させる強い意志で高みを目指す2021年
    一白水星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 一白水星の運勢」御覧下さい。

     

    2020年 一白水星の運勢

    2020年一白水星の運勢一白水星 2020年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら一白水星 2020年の運勢」御覧下さい。

    一白水星の月運

    九星気学 一白水星 運勢カレンダー

    運勢カレンダー

    2020年 一白水星 上半期と下半期のバイオリズムグラフ

    一白水星 2020 グラフ変化と改革で豊かな人生へ導く!
    2020年を上半期と下半期に分けて、こちらの記事で紹介しています。

     

    2020年 一白水星の相性 ご縁と人間関係

    一白水星 相性 20202020年の一白水星は「リコネクティング(Reconnecting)」を活用しよう!
    2020年 一白水星と各九星のご縁と相性期 を詳しく、こちらの記事で紹介しています。

     

    2020年 縁起のいい日カレンダー

    縁起のいい日
    開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
    あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

     

    一白水星 吉方位カレンダー

    一目で見つかる!毎日の吉方位

    この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
    本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

    一白水星 2020年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

    一白水星 2021年 吉方位カレンダー

    この記事は、生まれ月別で作成しています。
    下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

      節入り前に生まれた方へ

      誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
      九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
      下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

      九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
      従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

      卯年 子年 酉年 午年
      1963年(昭和38)
      2月4日 22:08~
      1964年(昭和39)
      2月4日まで
      癸卯年
      1972年(昭和47)
      2月5日 2:20~
      1973年(昭和48)
      2月3日まで
      壬子年
      1981年(昭和56)
      2月4日 6:56~
      1982年(昭和57)
      2月3日まで
      辛酉年
      1990年(平成2)
      2月4日 11:14~
      1991年(平成3)
      2月3日まで
      庚午年
      1999年(平成11)
      2月4日 15:57~
      2000年(平成12)
      2月3日まで
      己卯年
      2008年(平成20)
      2月4日 20:01~
      2009年(平成21)
      2月3日まで
      戊子年
      2017年(平成29)
      2月4日 0:35~
      2018年(平成30)
      2月3日まで
      丁酉年
      2026年2月4日
      5:02~
      2027年2月3日まで
      丙午年

       

      関連記事(一部広告含む)

      コメントは受け付けていません。

      サブコンテンツ

      このページの先頭へ