七赤金星 2022年の運勢 好機到来!喜悦多い年

七赤金星 2022年の運勢と吉方位
九星気学 2022年 七赤金星の運勢明朗で和悦の心構えで
開運の機運高まる

 

 

七赤金星 2022年の吉方位

年盤上の吉方は年間通して(2月立春~翌年2月節分まで)用いることが出来る吉方位です。

ただし、移動距離は遠方、若しくは長期間滞在が条件となります。

 

2022年2月4日から2023年2月3日まで

立春の節入り時刻は、2月4日05時51分からです

吉方位北・北西・北東

 

一白水星が回座するの祐気エネルギー効果

  • 家族が安泰で心身ともに穏やかに愛情ある家庭に恵まれる。
  • 新たな始まりから人脈が広がり良い人間関係に恵まれる。

六白金星が回座する北西の祐気エネルギー効果

  • 自分より上の立場の方からの援助に恵まれ、事業運アップの期待できる。
  • 生き甲斐と充実感に満たされる。

八白土星が回座する北東の祐気エネルギー効果

  • 変化を味方にする適応力が高まる。
  • 蓄財や相続など問題が好転する変化が期待できる。

 

本命星と月命星が共に吉方になる「最大吉方」

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

月命星も加味したて吉方は、下記の表中の生まれ月をクリックしてご覧ください。

七赤金星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が開きます。

 

2022年の恵方は「北北西やや北(壬)」

恵方とは

その年の福徳を司る神「歳徳神さま」が、一年間(2月立春から翌年2月節分まで)滞在される方位のことを言います。

正確には北北西やや北」で十干の「」の方位です。

 

七赤金星 2022年の運勢

2022年2月4(立春)~2023年2月3日(節分)までの全体運

昨年(2021年)は「完成と成果の年」を過ごし、主に公的なシーン成果を成し遂げ、それに伴い「権力」も手に入れたと思います。

しかし、それと引き換えに「重い責任」が課せられたので強いプレッシャーによるストレスを感じる場面も多かったと思います。

七赤金星の場合、運の勢いが強く「完成の機運」が高まる年(乾宮回座の年)に「暗剣殺」が付くので、予想外に高いハードルを超えなければならない案件(課題・問題)が目の前に現れます

文字のイメージから暗剣殺」は自動的に生じた禍に苦しめられるような自己成就予言に陥るかもしれませんが。

暗剣殺案件(課題・問題)」です。

それを乗り越えることで更なる成長を促されます。

長期的視点から捉えると『あの経験が今に活かされる』と感じる日が訪れるはずです。

スパルタ的に成長を促された2021年を経て、余裕の心でじっくり達成感と収穫を味わう一年を過ごすことが出来るでしょう。

 

七赤金星 原点回帰の2022年

2022年七赤金星の運勢と仕事・転職・恋愛・結婚・金運を深堀解説

今年(2022年)の七赤金星は「兌宮(だきゅう)」(方位は西)に一年間(2月立春から翌年2月節分まで)在泊します。

この宮は本命星(七赤)の本座(後天定位の定位置)ですので、他の宮に回座している時よりも回座宮の象意を積極的に活用する事が容易に出来るでしょう。(七赤同会)

また、本命星(七赤)の本座(定位置)に七赤金星が上に被るので、七赤象意を被るような事象も現れるでしょう。(七赤被同会)

いずれにしても、七赤金星の本領を発揮しやすい運気に恵まれます

その反面、七赤象意の特徴が強調される一年ですので「節度を保つ」ことを常に心掛けるようにして下さい

 

兌宮および、七赤金星の象意

七赤象意の主な象意は「沢、口、酒、悦び、趣味、贅沢、宴会、社交、交際、誘惑、親密、結婚、飲食、現金、金利、消費、商売、口論、引退、不足、不便」。

人物象意は「少女、愛人、巫女、芸能人、金融機関の人、飲食関係者、口や言葉を扱う職業の方」です。

人体象意は「口、歯、舌、頬骨、咽頭、肺、女性性器」です。

 

正しく悦び合う

今年(2022年)の七赤金星は、これまでのプレッシャーから解放され、気持ちにも余裕が現れるでしょう。

一年間、本命星(七赤)が在泊する「兌宮」は「喜悦宮」とも言われる程の宮ですので、「悦びや楽しみ多い」年運に恵まれます

また、喜悦の徳を示す「兌」が二つ重なり、易の卦では「上卦が☱(兌)」で「下卦も☱(兌)」の「兌為沢(だいたく)」となります。

「悦びや楽しみ」は、願いが叶うことで得られる「喜悦」です。

「喜悦」を得るには「正しいさ」でなければ得ることが出来ません。

また、一方だけが悦ぶのではなく「互いに悦び合う」ことが重要な開運ポイントとなります。

 

内を大切にする

今年(2022年)の七赤金星は気持ちに余裕が現れ、表情も穏やかになり「楽しいオーラ」が現れるので、周囲の人々は「楽しさ」を求めて集まったり、自らが積極的に集めたりすることも出来ます

まるで、夏の花火に人々が集まり、露店を出して人々を集めるようなイメージです。

グループの輪が広がったり、新たなコミュニティーを立ち上げたり、自分がリーダーとなって「楽しみの場」を提供する存在となることもあるでしょう。

しかし、人が集まれば内輪で何やらきな臭い問題が生じるかもしれません。

運の勢いとしては下降局面に入り始める時期を迎えるのですが…

とは言え、またまだ強さがあるので「拡大路線」を歩みたい気持ちになるかもしれません。

しかし! 外よりも内を整えて、充実を図ることが問題を勃発させない対策となります。

また、内側とは「組織」だけに関わらず、自分の内側(心根)にも通じます。

見せかで人々を悦ばせ、実体がない悦びを他者に提供する、その行為の根源(心)を改めずに実行すると、七赤象意の「不満」が二倍になって降りかかります。

えこひいきなく、真心で人々と接していれば問題は起こりません

ただ、家族や組織と言った他者が絡む場面は、優しく見守り、さり気なくフォローすることを心掛けると良いでしょう

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 2022年の月運バイオリズムグラフ

七赤金星 2022年の月運バイオリズムグラフ上記の図は、月運の勢いを可視化した図です。

回座宮の解説

下記の図は、回座する各宮の主な事象をコンパクトに一言でまとめた遁甲盤で、丸数字は飛泊する順序を表した数字です。

勢力盤

2022年の年運は2月立春から始まります

 

坎宮回座2月は月盤の「坎宮(かんきゅう)」に本命星が回座します。(①陥入=坎入)

2022年の月運で最も低下する月は、月運の勢いが弱いだけで「悪い運気」ではありません

愚痴をこぼさず内面を磨く月。

内省を整え、何事も中身を見る、見た目に騙されない洞察力を養いましょう!

 

坤宮回座3月は月盤の「坤宮(こんきゅう)」に本命星が回座します。(②播種=種蒔き)

月運においても高運期が始まり上昇局面へ

「足元を固めて準備する月」無理のない計画を正しい順序で取り組む。

 

震宮回座4月は月盤の「震宮(しんきゅう)」に本命星が回座します。(③萌芽)

運気は一気に上昇し、躍進の機運が高まる月です。

正しい人や話に従うことが大事!

雰囲気にだけで判断せず実体と内側もしっかり把握した上で判断することを心掛けましょう。

 

巽宮回座5月は月盤の「巽宮(そんきゅう)」に本命星が回座します。(④開花)

運気は先月よりさらに上昇し「成長運気のピーク」を迎えます。

さらに「万事調う」事象が現れ、何事も結果に繋がり勝負の月になりそうです。

責任を抱えてしますかもしれませんが、強い月運に恵まれているので成し遂げることが出来るでしょう。

 

中宮回座6月は月盤の「中宮(ちゅうぐう)」に本命星が回座します。(⑤結実)

これまでの取り組みが何らかのカタチで「結実」として現れる月運が巡ります。

何事も振り返りと通して充実を図る絶好のタイミング月です。

 

乾宮回座7月は月盤の「乾宮(けんきゅう)」に本命星が回座します。(⑥完成)【暗剣殺】

完成の機運に恵まれるが、ハイレベルな成果を求められるかもしれません。

決断に迫られる事態が発生するかもしれません。

公明正大な精神で取り組みましょう。

 

兌宮回座8月は月盤の「兌宮(だきゅう)」に本命星が回座します。(⑦収穫)

2022年を象徴するような事象が現れやすい月です。

「悦びと楽しみ」触れる機会が多く、共に悦び合える人間関係に恵まれます。

学問・芸術・勉学は吉! 励まし合い、学び合える場には積極的に参加しよう!

 

艮宮回座9月は月盤の「艮宮(ごんきゅう)」に本命星が回座します。(⑧変化)

2022年の気が最も強く現れる月が終わり、9月白露以降からは徐々に2023年の気が生じ始めます。

2023年は変化の年を迎え、その前兆のような変化が月運によって持ち込まれます。

月運における転換期が始まるので、変化は受け入れて進化へ向かう心構えをされると良いでしょう。

 

離宮回座10月は月盤の「離宮(りきゅう)」に本命星が回座します。(⑨分離)

蟹は大きく成長するために脱皮するのですが、10月の七赤金星も大きく成長する為の脱皮する月となります。

人間の場合は一身上で改革が起こり成長します。

目的・手順・タイミングを正しく捉えて改革を進めましょう!

 

七赤金星 2022年の仕事運

仕事運 転職運

七赤金星は西の「兌宮」を本座とする星で、今年(2022年)は「兌宮」に一年間在泊します。

太陽は東から昇ることから「行動を起こす」ことを象徴し、その逆の「西」は「活動の結果」を象徴し、兌宮の身体的部位は主に「口(くち)」を担います。

 

コミュニケーションで本領発揮!

七赤金星は、上手に結論を引き出す会話をされる方が多く、また、コミュニケーションにおいても結果を察しながら話している場合が多々あります。

その優れたコミュニケーション能力が最大限に活かされる年運に恵まれているので、自然に人々が集まる一年となります。

人との集いを通してビジネスが自然に広がるきっかけを得る機運にも恵まれます

 

長所は短所になり得る

武器となるコミュニケーション能力は使い方次第!

真心のない口だけの態度や仕事ぶりでは「集客」どころか、「不満や批判」が集まる可能性があるので、実態が伴わない一時的な「悦び」を提供するような仕事は慎んで下さい

今年(2022年)は「口(くち)」に関する事があらゆる事に派生します。

悪口や批判など、人への口の利き方が悪いと、大きく運を損ねるので慎むことを常に心がけて下さい。

 

学びの集いは開運行動

職場や同じ業種の仲間などを集めて勉強会や意見交換会などを開催して、共に励ましながら学び合う場を自らが積極的に開催されると良いでしょう。

更なる目標を見つける刺激が得られるかもしれません。

 

 

七赤金星 2022年の転職運

今年(2022年)は「壬寅の年」で「天の気」を担う十干は「壬(みずのえ)」です。

基本的に「天の気」は万人が受ける気でありますが。

本命星が回座する「坎宮」に「壬」が内包されており、さらに「壬」に恵方(歳徳神)が付くので、力強い恩恵が得られるかもしれません。

「壬」は、糸巻の芯に糸を巻いて中央部分が膨らんだ様子を表した象形文字です。

壬

その様子が「妊婦のお腹」を表し、「女+壬=妊」で「孕む」という意味となります

このような意味を持つ「壬(みずのえ)」が今年(2022年)の「天の気」を担うので、様々な事象を「孕む」若しくは昨年の「辛(かのと)」による「つらさ」を孕んでいるのかもしれません

そして、「人の気」を担う九星は、破壊と再生を象徴する「五黄土星」です。

社会的トレンドとしては、壊れてしまったあらゆる物事を再生させる分野は需要が高まるかもしれません。

 

分限を踏まえて次の目標へ

転職は会社を辞めて新たな会社で仕事をする「転職」だけではありません

今年(2022年)の七赤金星は、西の宮の「兌宮」に一年間在泊します。

西は「陽が沈む」方位であることから、兌宮(西)の象意には「引退」があります。

その宮に身を置く一年ですので、次に向かうビジョンを抱き始めるかもしれません。

例えば…

プロ野球選手が現役を引退してタレントや全く違った業種に転身するようなパターン。

ライスワークとライフワークの二つの軸を連動させながら仕事をするパターン

50代以上の中高年の方ならアーリーリタイアも選択肢の一つになるかもしれません。

いずれにしても、これまでのキャリヤと人脈を基盤にして、更なる目標を見つけて歩みだすような「引退」ですので、現実逃避であってはいけません。

 

人生で誰もが経験する土星回帰

九星気学から離れてしまうのですが、占星術で用いるホロスコープ上でターニングポイントとなり得る事象が生じる可能性がある方を紹介します。

今年(2022年)に満29歳になられる方(1993年生まれ)は「土星回帰」とか「サターンリターン」と言われる年を迎えます

土星回帰とは、現実化を促す土星が出生時の位置に戻ることを言います。

個人の好みに関係なく「現実を知る」現象が発生する場合と長年の努力が現実化する現象が現れると言われています。

人によって現れるシーンは、それぞれ異なるのですが、中には「転職」も含まれるかもしれません。

持って生まれた目標と現実化の星「土星」と、現実に今巡っている「土星」とが重なる年ですので、逃避行は慎んで下さい。

七赤金星 9年運

上記の図は、2022年から2031年までの七赤金星の年運を可視化した図です。

2024年から始まる20年間は「第九運」に入り、2022年と2023年は「第八運」の最終章と言えます。

社会全体の運気が大きく変わる時期と共に「2023年から転換期」迎えます。

今年(2022年)は、次のステージを視野に入れた活動を意識的に行う年になるでしょう

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 2022年の出会い・恋愛・結婚

結婚運 恋愛運 人間関係

出会い運

今年(2022年)の運気で最も代表的な象意としては「喜悦」と言っても過言ではないでしょう。

悦び(喜び)は、何らかの願望が叶えられときに起こる感情ですので「願望を叶えるための行動」は必須です!

なので、出会い運好調な2022年でも「行動」を起こさないと願いは叶えられません

2月立春早々は、少々腰が重く、行動する気にならないかもしれませんが。

3月には一気に運気が上昇し『人と集いたい』気持ちも盛り上がるので、自然に行動に移すことが出来るでしょう。

さらに!今年(2022年)は、通常以上にコミュニケーション能力が高まるので会話も弾み楽しい時間を過ごすことが出来るでしょう。

ただ、気を付けて頂きたいのが「言葉の表現と話の内容」に他者を誹謗中傷するような発言は絶対にしないで下さい

今年(2022年)の七赤金星は「言霊」を味方に付けることが出来るのですが、その反面、不適切に活用すると敵をつくり、好機な運を損ねてしまいます

出会い運は絶好調!な一年ですので、積極的に人が集まる場に参加すること、それに加えて自らが積極的に人が集まる場を提供されるのも良いでしょう。

 

結婚運

今年(2022年)の出会いが結婚へ進展することもあり得ます。

なので、結婚を視野に入れて「恋活」されることをお勧めします。

現在交際中の方は「結婚」の話は円滑に進むでしょう。

来年(2023年)は「変化運」に入るので周囲の状況や環境も変わりやすい年を迎えます。

従って、恋愛から結婚への変化も良い流れです。

焦らず、順序正しく話を進めると良いでしょう。

 

人間関係

2022年モテ期到来!

独身で現在パートナーを大募集! されている方は嬉しい運気が巡る一年なのですが。

既婚者の方は誘惑の多い年を過ごすので、常に節度ある行動を心掛けるようにして下さい

喜びや楽しみは、一度目の体験が一番刺激的で、二度目、三度目となると新鮮さがなくなり感動も薄れます。

カップルやご夫婦の間で、その様な状況が現れると「刺激を求めて」気持ちが外部へ向かうかもしれません。

恋愛だけに関わらず、趣味やコミュニティーなどでも起こり得る事柄ですので、「喜悦」を求め過ぎる行動は慎んで下さい。

また、「互いに悦び合うこと」が開運行動ですので、人間関係においては「誠実さ」を心掛けて下さい。

 

 

七赤金星 2022年の金運

金運

本命星が収穫を象徴する「西」の「兌宮」に一年間在泊するので「収穫の恩恵」が金銭面に現れる可能性が大いにあります。

ただ、「収穫」はこれまでの努力と活動の成果ですので、行動をされていない方は収穫は期待できないかもしれませんが…

ちょっとした、お小遣い程度の臨時収入は期待できるかもしれません。

今年(2022年)の喜悦運は快楽的な事柄に生じる機運ではありません。

むしろ、知らないことを知る楽しさと悦びも「喜悦」に含まれるのです。

また、この時期は、趣味や好きな事を通して知的好奇心が促され、満たされる悦びを得ようとする年運に恵まれています。

この機に「お金」や「経済」を学ぶと良いでしょう。

独学も良いのですが、何らかのコミュニティーに参加して、あらゆる刺激を受けながら学ぶのも良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

七赤金星 2022年のラッキーカラー

ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)

2022年2月立春から翌年2月節分まで本命星が回座する「兌宮」の象意カラーを用いて運気アップに繋げましょう!

兌宮は七赤金星の本座(定位置)ですので、本命星らしさを用いるには良いタイミングです。

本命星(七赤金星)の象意カラーは「ピンク・オレンジ・カッパー(銅色)」です。

 

七赤金星 生まれ月別ラッキーカラー

下記の表は今年だけに関わらず、常に用いることが出来るラッキーカラーです。

良い環境と人脈の拡大・発展に恵まれるラッキーカラーです。

生まれ月 ラッキーカラー
2月・11月 シルバー・ホワイト
3月・12月 シルバー・ホワイト
4月・1月 イエロー・ベージュ・ブラウン
5月 レッド・パープル
6月 ブラック・ホワイト
7月 イエロー・ベージュ・ブラウン
8月 ブルー・ネイビー
9月 グリーン
10月 イエロー・ベージュ・ブラウン

2022年のラッキーカラーは本命星の象意カラーと同じですので今年に限ったラッキーカラーではなく、長期的に用いることが出来ます。

生まれ月別ラッキーカラーは、本命星と月命星を合わせて導き出したラッキーカラーですので、生涯用いることが出来るラッキーカラーです。

いずれのカラーを選んで頂いても良いので、ご自身の直感でお選びください。

 

 

七赤金星 2022年の健康運

健康運

今年(2022年)は精神的な解放感が得られるので、心の底からリラックス出来るでしょう。

「解放と自由」によって精神的な健康は得られるのでが…。

人と集まって飲食を楽しむ機会も増えるので、食事の栄養面や生活習慣が崩れやすくなるでしょう。

特に! 外食ばかりだとカロリー十分過ぎるぐらい満たされるのですが。

ホルモンのバランスを調えてくれるミネラルや腸内環境を整えてくれる食物繊維などが不足する事で体調を崩すかもしれません。

運の勢いに強さが残るものの…

2022年からは下降局面に入り始めるので健康面においては謙虚に向き合うようにしましょう

兌宮が担う七赤の人体的象意である「口、歯、咽頭」のケアは健康だけでなく運気アップに繋がるので徹底されると良いでしょう

 

九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2022年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
あらゆる事に使える!詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

七赤金星 関連コンテンツ

2022年 七赤金星の運勢

2022年 壬寅 七赤金星 運勢

七赤金星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 七赤金星の運勢」御覧下さい。

七赤金星の月運

九星気学 七赤金星 運勢カレンダー

毎日の運勢をチェック!運勢カレンダー
記載記事は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

七赤金星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。
本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

七赤金星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。
下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。
九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。
下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。
従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

酉年 午年 卯年 子年
1957年(昭和32)
2月4日 10:55~
1958年(昭和33)
2月3日まで
丁酉年
1966年(昭和41)
2月4日 15:38~
1967年(昭和42)
2月3日まで
丙午年
1975年(昭和50)
2月4日 19:59~
1976年(昭和51)
2月4日まで
乙卯年
1984年(昭和59)
2月5日 0:19~
1985年(昭和60)
2月3日まで
甲子年
1993年(平成5)
2月4日 4:37~
1994年(平成6)
2月3日まで
癸酉年
2002年(平成14)
2月4日 9:24~
2003年(平成15)
2月3日まで
壬午年
2011年(平成23)
2月4日 13:33~
2012年(平成24)
2月3日まで
辛卯年
2020年
2月4日 18:04~
2021年
2月3日まで
庚子年

 

関連記事(一部広告含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ