二黒土星 今月の運勢

二黒土星 毎月の運勢

この記事では、二黒土星毎月の運勢を紹介しています。
運勢は、その年の運勢があり、その年運をベースに”月運”があります。

大きな目標を具体化させる為のタイミングやメンテナンスを行うには、”月運” を利用すると非常に有効です。

こちらの記事をご覧になる前にご自身の本命星二黒土星なのか?下記の表でご確認下さい。

表中の期間に生まれた方が二黒土星生まれの方です。

生まれた年 干支
昭和10年(1935)2月5日~昭和11年(1936)2月4日
昭和19年(1944)2月5日~昭和20年(1945)2月3日
昭和28年(1953)2月4日~昭和29年(1954)2月3日
昭和37年(1962)2月4日~昭和38年(1963)2月3日
昭和46年(1971)2月4日~昭和47年(1972)2月4日
昭和55年(1980)2月5日~昭和56年(1981)2月3日
平成元年(1989)2月4日~平成2年(1990)2月3日
平成10年(1998)2月4日~平成11年(1999)2月3日
平成19年(2007)2月4日~平成20年(2008)2月3日
平成28年(2016)2月4日~平成29年(2017)2月3日

表中の日付を見て頂くとお分かりのように、一年の区切りは1月1日ではありません
九星気学では、一年の始まり(運勢)は、立春(節分)から始まります

 

 

二黒土星 今月の運気

二黒土星 12月 運勢と吉方位
2021年12月7日~2022年1月4日
まで二黒土星 12月本命星: 東(震宮回座)
12月の吉方位:北・北東

年盤・月盤共通の吉方位:北東
(遠方旅行・移転・引っ越し吉方位)

2021年の吉方位:西・北東
2021 二黒土星 吉方位

 

二黒土星 2021年12月の吉方位

吉方位から得られる祐気エネルギーの一例を紹介します。

大雪の節入り時刻は、2021年12月7日6時57分です。

 

月盤のみの吉方位、移動距離は近距離です。

年盤上のには本命星が回座し、年間通して本命殺方位となります。

従って、長距離移動の方位取り、長期滞在となる引っ越しに用いることはできません

九紫火星が巡る の祐気効果

  • カオス状態の悩み事を分離して解消する知恵に恵まれる。

 

北東

年盤・月盤共に吉方位です。

長距離移動や引っ越し等の長期間滞在で、使える吉方位です。

七赤金星が巡る 北東の祐気効果

  • 変化を通して人生の新陳代謝に繋がるチャンスに気づきが得られる。

 

本命星・月命星の共通吉星が巡る「最大吉方」

生まれ月については、節入りで区切るので節入り前に生まれた方は前月生まれとみなします。
(例:6月2日生まれは「5月生まれ」)

上記の吉方位は本命星のみの吉方位ですので、月命殺・月命的殺は考慮していません。

下記表中の生まれ月をクリックしてリンク記事をご覧ください

二黒土星 生まれ月別(月命星)吉方
2月・11月生まれ 3月・12月生まれ 4月・1月生まれ
5月生まれ 6月生まれ 7月生まれ
8月生まれ 9月生まれ 10月生まれ

上記、表中の生まれ月をクリックすると吉方カレンダーの記事が表示されます。

 

スポンサーリンク

 

運勢 関連記事

二黒土星 2022年の運勢 基本に徹して継続と準備の年

2022年 壬寅 二黒土星 運勢

二黒土星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 二黒土星の運勢」御覧下さい。

二黒土星 2021年月の運勢 今年一番の高運月

九星気学 12月 運勢

二黒土星 12月の月盤と年盤の重なりについて

九星気学では、時間の経過で九星が飛泊しない各九星の定位置を表す後天定位盤の上に年盤が乗り、さらに年盤の上に月盤重ねて月運を読み解きます

回座と同会について

12月の月盤上では、「震宮(東)」に本命星が回座し、年盤上の四緑木星と同会します。(四緑同会

12月の二黒土星は、震宮回座による「三碧象意」と四緑同会による「四緑象意」が主な課題となります。

震宮回座による主な三碧象意

雷、音、顕現、発奮、発展、意欲、躍動、震動、猛進、決断、勇気、新規、自己主張、主観、軽率、競争、論争、長男、青年、インフルエンサー

四緑同会による主な四緑象意

風、発展、繁盛、整う、外交、交際、結婚、縁談、見合い、評判、信用、人望、仲介、長い、遠方、広告宣伝、物流、貿易、均衡、調和、優柔不断、不調、解散、長女、婦人、巫女

被同会について

年盤上の坎宮に回座する本命星には月盤上の九紫火星が被ります。(九紫被同会

被同会は否が応でも九紫象意を他動的に被る傾向が現れます。

九紫被同会による主な九紫象意

火、光、陽気、美麗、目立つ、先見の明、頭脳明晰、学問芸術、露見、最高位、精神性、分離、訴訟、手離す、感情、喧嘩、移り気、中年女性、学者、アーティスト

 

スポンサーリンク

 

2021年を締め括る月は「始まりの月」

12月の月支(月の十二支)は「子(壬子)」です。

「子(ね)」は、十二支で一番目の干支で「新たな始まり」を担う「地の気」であります。

そして、12月22日には「冬至」を迎える月です。

冬至のことを「一陽来復(いちようらいふく)」と言われ「易経」に出てくる言葉です。

意味としては「陰の気が極まった後に陽の気が少しずつ復る」また、「悪いことが続いた後に幸運に向かう」ことを言います。

暦法上では子月の後半に訪れる「冬至」が1年の始まりとされています。

そして、来年(2022年)は「壬寅の年」従って「天の気」は「壬(みずのえ)」です。

「壬」は、糸巻きの真中が太くなった様子を表わす象形文字です。

その文字に人(女性)を足す「妊」に通じ「陽気を下に姙(はら)む」という意味があります。

「天の気」を担う十干が「壬の年(孕む年)」を迎える前にしっかり締め括り、そして12月の「子月」による地の気のエネルギーを用いて「新たな創造」へ歩む月となります。

 

穴から抜け出す「復活の月」

2021年の二黒土星は、北に位置する「坎宮(かんきゅう)」という宮に一年間回座する年です。

「穴、陥る、暗い」言った事象を担う宮ですので、運気に「明るさと熱」が得られ辛く、その影響から「熱意」をもって活動する気力の維持を継続することが大変だったかもしれません。

その年運も残りわずかとなり、今月(12月)の月運は「復活と回復」に恵まれます。

月運の勢いは強く、東の宮である「震宮(しんきゅう)」に本命星が回座し、三碧象意の「発展と意欲」の月運となります。

東は「陽が昇る」方位ですので「上昇」や「明るさ」といった象意の恩恵を受けます

今月(12月)は月運における高運期の真っ只中で、来月(1月)も好調な状態が続きます。

そして、運気上昇の追い風に乗って2022年へ向かい、年運における高運期が始まる年を迎えます

 

一陽来復!運気は最高!

前述に記載していますが…

今月、12月22日 0時59分に冬至を迎え、万人が「一陽来復(いちようらいふく)」の恩恵を受けます

二黒土星の場合はさらに!

月運そのものが「一陽来復」の月運が巡るので九星で一番「一陽来復」を実感できる月となります。

その効果としては、「意気込みをなくした気持ち」や「一旦廃止しや停止しているもの(事)」などの個人的心情や状況、若しくは社会的立場など様々なシーンで「回復と復活」の兆しが期待できるでしょう。

さらに! ただの「回復と復活」ではなく、息を吹き返したもの(事)ほど勢い強く前進する可能性があります。

 

順序正しく、慌てず堅実に歩んで吉!

分外な望みでなければ順調に物事が進む運気ですので、一足飛びの進展を図るような行動は慎んで下さい。

合理性を優先にし過ぎると手順を飛ばしてしまうかもしれません。

今月(12月)の順序を守って小さな成果を積み上げることが開運行動となります。

今月(12月)の二黒土星は「震宮」に本命星が回座し、年盤上で滞在中の四緑木星の上に乗っかる「四緑同会」による環境におかれています。

四緑象意の「風」を大いに活用することが出来るので、追い風に乗ることが出来る月運です。

ただし、慌てて行動を起こしたり、先を急いだりすると「散らばる」事態が生じ、振り出しに戻る事になるので「性急」を起こさないことが確実に上昇運に乗る心構えとなります

 

スポンサーリンク

 

二黒土星 12月の日運グラフ

12月7日 大雪(06時56分)から
二黒土星 12月の日運グラフ

12月22日 冬至(00時59分)から
二黒土星 12月の日運グラフ

日運グラフについて

日運

日運エネルギーが最も高い日は「欲」が高まるので、自重(じちょう)と共同体感覚を意識的に心掛けましょう。
とは言え、過度に委縮する必要はありません。

十分な準備が整い、ベストコンディションであれば、その高いエネルギーは最高のパフォーマンス発揮へ促します。
ただ、これまでの努力と活動量に応じた「結果」が現れます。

暗剣殺・日破殺

必要以上に委縮したり怯える必要はありません。
何事にも「余裕を持って行動する日」として捉えて下さい。
暗剣殺日は、日盤で本命星と五黄土星と冲(対面)する日で、9日周期で巡ります。
日破殺日は、その日の十二支と冲(対面)する方位に本命星が配置される日です。

日建

日建は、その日の十二支を表し、本命星に日建が付くと周囲からの助けが得られたり、物事の解決策などの突破口に恵まれるとされています。
ただ、自信過剰となる傾向が現れやすくなるので自制心を上手に発動させる必要があります。
日運エネルギーが高い日に日建が付く日は自制力強化を心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

二黒土星 12月の仕事運

仕事運

今月(12月)は2021年で最も運の勢いが強い月を迎えます。

今月(12月)に本命星が回座する「震宮」は、月運の勢いや強さと共に三碧象意の特徴的な象意の「顕現化」が現れやすい月となります。

これまで努力したことに顕現の機運が得られるので、進路の先に光が見えるでしょう。

また、新規事が始まり、周囲の支援や声援も得られるでしょう。

 

知恵を授かるチャンス!

年盤上で本命星が回座している北に位置する「坎宮」には「知恵」を担う九紫火星が二黒土星の上に被ります。(九紫被同会)

九紫象意の人物象意である「有識者や専門家」からの知恵や支援も得られるので、進めている仕事やこれから新たに取り組むことに何らかの迷いや不安を感じたら積極的に助言を頂きましょう!

その際に得たアドバイスは今後の仕事に貢献するヒントに繋がるかもしれません。

また、勧められたことは前向きに試みることを心掛けて下さい。

今月(12月)は、前進姿勢が吉運を呼び込み、退くことは運を損なう月運です。

何事も新たな事に関心を持って、それを取り入れて前進することを心掛けて下さい。

二黒土星の方は基本的に受け身姿勢になりがちですが、この時期は自ら発信することを意識て活動されると良いでしょう。

 

疎遠の方と繋がるチャンス!

季節柄の活用して、これまで疎遠の方への挨拶も行いやすいシーズンですので、これを機に遠方の方や疎遠の方への挨拶文や電話で連絡されると良いでしょう。

今後と仕事に良い影響をもたらすかもしれません。

 

「忙しくなる、声が掛かる、新規事が始まる、復活」といった事態が起こることは上昇運気に乗れている証です。

 

 

二黒土星 12月の恋愛運

恋愛運・人間関係

上昇運気のエネルギーを受けて、恋愛運や対人面においても好調さがあられます。

年盤上で今年一年間(2月立春から来年2月節分まで)本命星が回座している坎宮による一白象意から「親和、秘密」と言った事象が起こりやすい年運です。

ご夫婦や恋人との関係がより一層深まる年運に恵まれているので、基本的に恋愛運においてはそれなりの良さを感じながら過ごされたと思います。

ただ、新たな出会いにおいては「行動する」ことが大事ですので、自ら積極的に異性を口説いてゲットする程のパワーが出し辛かったかもしれません。

現在もその年運の最中ではありますが…

月運のエネルギーを活用して引きこもっていた穴から抜け出し、さらに!『積極的に活動する!!』意識が高まっているので、心機一転!積極姿勢で恋活に挑まれると良いでしょう

新たな出会いを求めている方は、引っ込み思案は好機を逃すことを捉えておいて下さい

フレッシュでセンスの良いファッションで明朗快活に異性にアタックされることをお勧めします。

 

元サヤの可能性も

「復活や復帰」の運気もありますから、復縁の可能性もあるかもしれません。

ただ、離別の原因を根本的に解決されていない状態での復縁はトラブルの再発の可能性があるかもしれません。

 

スポンサーリンク

二黒土星 12月の金運

金運

金銭面においては、かなり厳しい一年を過ごされたのではないでしょうか?

二黒土星の方に限らず、今年(2021年)は「天の気」を担う十干が「辛(かのと)の年」ですので、文字通り「辛い」ことを表します。

天の気による影響は万人が受ける「気」ですので、万人が痛みを被ることになるので社会情勢に大きく影響します。

「金は天下の回りもの」と言われるように「巡ってなんぼのもん」にも関わらず、社会的に巡らない状態(デフレ)に陥り続けているます。

その不安感を強く感じていたのが坎宮に回座している二黒土星かもしれません。

そんな最中でも今月(12月)は光と共に動きが生じる月運に恵まれるので金銭面においても息を吹き返すような動きが得られるでしょう。

ただ、月運における高運期は「成長期」でありますから「収穫期」ではありません。

収穫に向けて成長する時期ですので、「得る」よりも「投じる」方向へエネルギーが向いています。

ただし、本格的な「種まき」が始まるのは来年(2022年)の2月立春からです。

今は情報収集や投じる前に必要な技能や知識を積み上げる時期ですので、一足飛びに金運アップを図ることはお勧めしません。

 

スポンサーリンク

 

2021年 二黒土星 金運アップの財布

九星別 金運財布

春財布 2021年 二黒土星に相応し金運財布と購入日

春財布に相応しいお財布の形や色・素材選びは、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

財布を使い始める縁起の良い日お金を呼び込む金運アップ法は、下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

 

二黒土星 12月の健康運

健康運

上昇運気の月運に恵まれるので、明るい気持ちで過ごすことが出来るでしょう。

その気によるプラシーボ効果となって健康面においては良い影響が得られるでしょう

今月(12月)は「復る」という事象が特徴的に現れる傾向があるので、何らかの持病をお持ちの方は再発防止を徹底して下さい。

運気がもたらす「復る」は個人の好みに忖度することなく現れる事象です。

今月(12月)に本命星が回座する震宮は三碧象意を担い、身体的部位としては主に「神経、筋、肝臓」です。

月運による症状一例として…

普段は後根神経節に潜伏してる「帯状疱疹ウイルス」ですが。

ストレスや疲れがきかっけとなって帯状疱疹を起こすかもしれません。

また、持病で神経痛の方も再発防止策を講じることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

九星気学 12月の運勢

九星気学 毎月の運勢一白水星から九紫火星の各九星一覧リストです。

九星気学 2022年の運勢 各九星の一覧リスト

九星気学 2022年 運勢

縁起のいい日カレンダー

縁起のいい日
開業・増改築・婚礼・事始めの日取りを選ぶためのカレンダー
建築事に用いられる十二直の吉凶も記載!
詳細は下記リストのテキストリンクをクリックしてご覧ください。

二黒土星 2022年の運勢 基本に徹して継続と準備の年

2022年 壬寅 二黒土星 運勢

二黒土星 2022年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2022年 二黒土星の運勢」御覧下さい。

二黒土星 2021年の運勢

自己内観を通して人生の基盤を固める
二黒土星 2021年の運勢仕事・転職・出会い・恋愛・結婚・健康・金運の深掘り記事は、こちら2021年 二黒土星の運勢」御覧下さい。

二黒土星の月運

九星気学 二黒土星 運勢カレンダー

運勢カレンダー

 

二黒土星の性格と生涯運

二黒土星 性格二黒土星の性格と人生全体を捉える大まかな生涯運をこちらの記事に記載しています。

 

二黒土星 吉方位カレンダー

一目で見つかる!毎日の吉方位

この「日盤 吉方位カレンダー」は、その日の吉方位をカレンダー式に記載しています。

本命星・月命星の吉星が巡る「最大吉方」本命星のみの「吉方位」の色を分けてカレンダー内に記載しています。

二黒土星 2021年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

二黒土星 2022年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

二黒土星 2023年 吉方位カレンダー

この記事は、生まれ月別で作成しています。

下記リストの生まれ月のテキストリンクをクリックしてご覧下さい。

 

節入り前に生まれた方へ

誕生された「日にち」が月の始め1日~8日(節入り日頃)に生まれた方は、月命星をご確認ください。

九星気学では、月の切り替わりが二十四節気の節入りとなるので節入り前に生まれた方は前月生まれと見なします。

下記の表中に記入されている「生まれた年」をクリックすると確認できるページに移動します。

九星気学では、一年の終わりは「2月の節分」で、始まりは「2月(立春)」です。

従って、立春の前日(節分)までに生まれた方は前年生まれと見なします。

寅年 亥年 申年 巳年
1962年(昭和37)
2月4日 16:18~
1963年(昭和38)
2月3日
壬寅年
1971年(昭和46)
2月4日 20:26~
1972年(昭和47)
2月3日
辛亥年
1980年(昭和55)
2月5日 1:10~
1981年(昭和56)
2月3日
庚申年
1989年(平成元)
2月4日 5:27~
1990年(平成2)
2月3日
己巳年
1998年(平成10)
2月4日 9:57~
1999年(平成11)
2月3日
戊寅年
2007年(平成19)
2月4日 14:18~
2008年(平成20)
2月3日
丁亥年
2016年(平成28)
2月4日 18:46~
2017年(平成29)
2月3日
丙申年
2025年2月3日
23:11~
2026年2月3日
乙巳年

 

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ